世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:present from you ( 1 ) タグの人気記事

present from you

BUMP OF CHICKENの「present from you」を購入。
発売されているの知らなかったんで、知ってあわてて買っちゃった。
今月、緊縮財政なのにマッタク。

今回のアルバムはシングルのカップリング集ということで、シングルを買わない主義のぼくとしては嬉しい一枚です。
やはりカップリング集だけあって、どの曲もいわゆるA面曲ほど磨きあげられていない感じで、全体として素朴というか穏やかというか、そういった印象を受ける。

まず一曲目が「ラフ・メイカー」ってのがいいね。
再生していきなり前奏もなく「涙で濡れた部屋にー」と耳に飛び込んでくるところがいい。
歌詞が特徴的で、曲調もアップテンポでノリが良くて、印象的な一曲です。
曲としては知っていたけど、ようやく所有できて満足。
「どーした? おい、ま、さ、か!」のところが好き。

「Ever lasting lie」は、歌詞の世界のドラマ性が好きな一曲なんですが、(Acoustic Version)になって情感がぐっと強まった気がする。
「愛する人の命に値がついた」
「誰かの胸に腕に身を預けても 心はただ一人を待つ」
ってフレーズが好き。

「真っ赤な空を見ただろうか」も曲としては知っていたけど・・・ってことで、収録されて嬉しい。
ずっといい曲だなーって思ってたもんで。
ストレートな歌詞と、軽妙でテンポのいい曲調とが、聴いていて気持ちいい。
「言葉ばかり必死になって やっと幾つか覚えたのに
 ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは」
「理屈ばかりこねまわして すっかり冷めた胸の奥が
 ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは」
サビのフレーズなんだけど、メロディラインと合わせてぐっと気分が盛り上がる。

そして最後の「プレゼント」って曲。
「THE LIVING DEAD」というアルバムに「Opening」と「Ending」という、アルバムの開幕と終幕を告げるような短い曲があるんだけど、これらをつなげて一曲に仕上げた曲。
(正確には、この曲を分割して「Opening」と「Ending」にしたらしいけど)
これがもうカッコ良くて。
「そう来るか!」みたいな。
聴きなれた「Opening」の曲が終わって、そのあと「世界に誰もいない気がした夜があってー」と新しいフレーズが始まったときのワクワク感というか感動といったらもう!
「ええと、うん
 きっと 今もまだ震えながら 笑おうとして泣いて
 音の無い声で助けを呼ぶ それは 正しい姿」
カッチョイイ~。

隠しトラックと隠しジャケットも、相変わらずバカっぽくて面白くて大好きだ。
アルバム聴いて、一番口ずさんでしまうのは、隠しトラックだったりするもんなー。


普段は慎んでいるけど、布教気分で「プレゼント」にだけYouTubeにリンク貼っちゃおう
すぐに消されちゃうかもしれないけど。
[PR]
by kude104 | 2008-07-06 18:23