世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:YouTube ( 13 ) タグの人気記事

このところ、YouTubeを巡る論争を日々興味深くウォッチしています。

いろいろな立場の人がいろいろな意見を述べていますが、YouTube肯定派も否定派も、著作権保有者がYouTubeを積極的に利用するようになれば何も問題はない、そうなるのが一番理想的であるという点においては、同じ意見だろうと思います。
ですからこの問題は、「どうすれば、著作権保有者にYouTubeを認めさせるか」というところに帰着するものと考えます。

できれば、無理やり認めさせるのではなく、自ら進んで認めたくなるような方法は無いものか・・・と思う次第です。

ここからはテレビコンテンツに限って話を進めます。
ぼくとしては、テレビ局がYouTubeを認める──YouTubeへの番組アップを許可する──ことは、まずないだろうと思っています。
アメリカのNBCというテレビ局がYouTubeと提携したという事例がよく引き合いに出されますが、これって番組のプロモーション等にYouTubeを利用するという話ですよね。
「ユーザの皆さん、NBCのテレビコンテンツをYouTubeにアップしても構いませんよ」という話なら、それはすごいですけど。
まぁ、いずれにしても、日本のテレビ局が許可する可能性は、現時点では限りなく低いと思います。

とはいえ、YouTubeが示した「便利さ」への流れは、もはや止めようが無いことは間違いない。
テレビ局としても、この流れには逆らえません。
となるとあとは、いかに上手く流れに乗るかです。

テレビ局がYouTubeに乗っかるのは、現状では失うものが大きすぎて難しい。
とはいえ、視聴者はYouTubeを求めている。
だったらどうするか?と考えて辿り着いた答えは実に簡単で、「テレビ局は自分たちでYouTube的なものを作ればいい」です。

YouTubeが示したテレビコンテンツの新しい視聴の形は避けられなくても、YouTubeは避けられる。
YouTubeを避けるのはべつにYouTubeが憎たらしいからとかそういう理由ではなく、プラットフォームを他人に握られると身動きが制限されるからです。
テレビ局なんてのは、放送局を握っていてこそ存在価値があるのだから、そこを他人に預けるなんて考えられない。

たとえば、自社YouTubeだったら、テレビ番組とテレビCMをマッチングさせて表示するなんてことも自由に出来る。
これがYouTubeだと、YouTubeに「この動画コンテンツにはこの広告が表示されるようにして欲しいんですけど」って頼まなきゃならない。
で、「無理です」とか言われちゃったりしてね。

利用者にしてみれば、自分の見たいテレビ番組がYouTubeと同様に見られるのであれば、それがYouTubeでなくても構わないでしょう。
そりゃ、一ヶ所にまとまっているほうがいろいろ便利でしょうけど、分散してもそれで合法的にテレビコンテンツが利用できるなら、トータルでは文句ないはず。

フジテレビが自社YouTube的な「ワッチミー!TV」をスタートさせたのは、その第一歩となるのかもしれません。
個人的には、テレビ局が持つ自社YouTubeには、一般ユーザからの動画コンテンツの投稿機能なんかなくていいと思いますけどね。
そんなものは、それこそYouTubeに任せておけばいい。
自社YouTubeには、自分のところのテレビコンテンツをがんがんアップして行くだけで、十分利用者はついてくると思います。
だって、YouTubeのアクセスのうち、いったいどれだけがテレビコンテンツかって話ですもん。

自社YouTubeで上手くビジネスがまわるかどうかは分かりませんが、少なくとも、YouTubeで自社コンテンツを解禁するよりは可能性があるのではないかと思います。
というわけで、テレビ局にYouTubeを認めさせるのは難しいが、“YouTube的なもの”を認めさせるのなら可能性があるんじゃないか──と思うわけですが、どうでしょう。
[PR]
by kude104 | 2006-07-20 23:08 | PC&ネット
ニセモノの良心 : Youtubeに不正映像上げてる奴らを排除しろ!

ちょっと過激ですが、気持ちは分かるように思います。
こういった問題では、ぼくも基本的に著作権者側に身を置いて考えてしまうくちなので。

昨日、YouTubeを「テレビ局2.0」と言いましたが、他局の番組を勝手に放送しちゃうテレビ局があったとしたら大問題です。
「もう放送してないから良いじゃない」「たくさんの人に見てもらえて良かったでしょ」なんて言いぐさは、通用しない。
それがインターネットなら許されるということでもないだろうと思うのですが、「許してやれよ」という声が案外大きい。
まぁ、利用者からしてみれば、テレビ局側の事情なんて知ったこっちゃないですからね。

身も蓋も無い言い方をしてしまえば、人は、自分にとって利益になるほうを支持する。
YouTubeを巡る議論の多くは、それだけのことだと思います。
著作権だ何だと言っても、立場が変われば、理屈も変わる。

たとえば、動画コンテンツというとあまり我がことのようにイメージできないので、ブログに置き換えて考えてみる。
ブログのエントリーが、無断で、著者名の表記もなく、あるものは好き勝手に切り貼りされて、アップされているサイトがあったとしたら、どうだろう?

自分のブログで広告収入のある人にとっては、「とんでもない!」と思うだろうし。
自分のブログのアクセス数の少ない人にとっては、「宣伝になっていい」と思うだろうし。
ブログを書かない人にとっては、「便利ならなんでもいい」と思うだろうし。
「著作権の侵害だ」と怒る人も居れば、「どうぞ自由に使ってください」という人も居るでしょう。

ただ、少なくとも、YouTubeよりかは拒否反応が大きいだろうと思うんですよね。
だって、著作権者側に立つ人間が多くなりますから。

まぁ、いずれにしても。
それぞれの立場や考え方があっていいと思うのですが、既存のシステムに不備があるから違法行為も許されるべしという論調は、あまり好きじゃない。
社会が悪いからテロで正せ、みたいな理屈じゃないですか。

まぁ、テロと革命は紙一重というか、成功したテロが革命と呼ばれるわけで。
最終的には、勝ったほうが官軍になるんだろうけどね。
[PR]
by kude104 | 2006-07-13 23:59 | PC&ネット

YouTubeはテレビ局2.0

404 Blog Not Found:Broadcast 2.0

テレビのビジネスモデルを崩壊させるものは、CMスキップ機能付きの録画機器の普及だろうと思っていたのですが、どうやらYouTubeのほうがより強くその役を担いそうです。
YouTubeが電波塔になるとして、はたしてそのとき、テレビのビジネスモデルはどうなるのか・・・?

現在のテレビは、スポンサー企業からテレビ局にお金が支払われ、そのお金を使ってテレビ局が番組を製作し、その番組内でスポンサー企業のCMを流すという関係になっています。
では、もし、番組を100%YouTubeで配信するとなった場合、この関係はどうなるのか。

まず、CMを番組の合間に挿入して流すというスタイルは不可能になります。
なぜなら、視聴者にとって、番組の合間に挿入されるCMは基本的に邪魔なものだから。
もし仮に、テレビ局がCM付きの番組をアップしたとしても、すぐに誰かの手でCMカットバージョンがアップされ、そちらのほうに客が流れてしまうでしょう。
それを「著作権の侵害だ」として排除できるくらいなら、このエントリーは不要です。

CMを番組内に挿入できないとなると、YouTubeのページ上に表示することになります。
そうなると、スポンサー企業からすれば、「YouTubeにお金を支払って広告を掲載してもらう」という形になるわけで、そこにテレビ局の入り込む隙間はなくなるのではないでしょうか。
だって、わざわざテレビ局にお金を払って番組を作ってもらわなくても、YouTubeにいくらでもあるわけですから。

さらに言えば、なにもCMを動画コンテンツの付属物としなくても、CMそのものを動画コンテンツとしてYouTubeにアップしてしまえば、タダでYouTubeに広告を掲載できるわけで。
まぁ、CMの製作費が安いか単純に広告料を支払うのが安いか、みたいな話ではありますが。
でも、テレビ番組に挿入しなくても、CMそれ自体が番組になるという、ある意味こちらのほうが衝撃的かもしれませんね。

いずれにしても重要なのは、YouTubeという電波塔から番組を流すのに、テレビ局は必要ないのではないかと言うことです。
いや、スポンサー企業からすれば、YouTubeという「テレビ局」だけあればいいという話になる。
そう考えれば、YouTubeは、電波塔と言うよりはむしろ「テレビ局2.0」なんじゃないでしょうか。

既存のテレビ局とYouTubeは、いずれスポンサー企業を奪い合う間柄になるのではないか。
それとも、うまくスポンサー企業をシェアし合う間柄になれるのか。
そのへんはYouTube次第という気がします。

YouTubeが電波塔2.0を目指せば共存、テレビ局2.0を目指せば競合ってことで。
[PR]
by kude104 | 2006-07-12 23:59 | PC&ネット