世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ONE PIECE FILM ( 1 ) タグの人気記事

0巻

「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」を観てきました。
観に行ったのは月曜日なんだけど、平日なのに超満員だったのには驚いた。
やっぱり、みんな来場者プレゼントの『0巻』目当てなのね。
かく言うぼくもそう。
「ま、無くなることはないだろう」と余裕こいていたけど、この様子だと絶対とは言い切れない感じだね。
とりあえず、無事にゲットできて良かったです。

今回は漫画原作者の尾田栄一郎さんが自らストーリーを書き下ろし、製作総指揮も担当したということで、かなり期待して行きました。
主題歌もミスチルだしね。
なにこの力の入れようは、みたいな。

結論から言うと、ま、期待しすぎた感はある。
言ってもやっぱり、『ジャンプ漫画の劇場版』だなぁ。
ティーンエイジャー向けな感は否めない。
というか、そもそも元からティーンエイジャー向けの映画に、「おっさんが何期待してんだよ」という話なので、間違っているのはぼくのほうだ。
それでもまぁ、それなりに楽しく最後まで鑑賞できたという点で、「かなり出来がいい」と言って良いのかもしれない。
『0巻』のおまけでこの内容なら、充分満足できる。

もっとも、劇場内の客層としては、ティーンエイジャーよりもう少し上の方々が主流だったけど。
女性客が多かったのがちょっと意外でしたが、上映終了後に、そこかしこで彼女たちの「〇〇(登場キャラクターの名前)がチョーカッコよかったぁ!!」というテンション高めな声が聞こえてきて、なんか納得。
基本的には、ワンピース好きが観て楽しむ映画だろうなぁ。
「ワンピース知らないけど人気だし観てみよう」という人には、ま、特にどうということのない映画かと思います。

ぼくは漫画は読んでいるけどTVアニメなどは観ていないので、今回はじめてワンピースのアニメというものを観たのだけど、漫画ではさほど違和感を覚えないボケ・ツッコミや必殺技の名前を、セリフとして聴くとなんかちょっと恥ずかしいのね。
そこが一番「ティーンエイジャー臭」を感じたところです。

などと否定的なことばかり書いていますが、カッコいいことはカッコいい。
へんてこな生き物たちが暴れまくる感じも迫力あるし、敵のアジトに殴り込みに行くシーンなんかは、男の子のハート鷲掴みですよ。
『ジャンプ漫画の劇場版』の期待値で観にいけば、大満足の一品であることは間違いなかろうと思います。
[PR]
by kude104 | 2009-12-23 16:54 | 映画