世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
栗原潔のテクノロジー時評Ver2 > JASRACと信託契約を結ぶ場合の課題について : ITmedia オルタナティブ・ブログ

件の騒動が、広くネット時代の著作権の有り様についての議論に昇華する気配を見せはじめて、ますます興味深くなってきています。
「ネット時代の著作権の有り様」というと、これまでは消費者側の視点での議論が目立ちましたが、今回は作り手側の視点での議論であるところが興味深い。

現行の著作権制度がネット時代の新しい要求に適応できないものであることはたびたび指摘されてきましたが、ならばそれを変えましょう、新たな著作権制度を作りましょうという動きになるためには、権利者側が動くしかないだろうとぼくは考えます。
でも、権利者側は要するに既得権益側なので、なかなか動けないものです。
たとえば、これまでにも現行の著作権制度に対して不満や批判を口にするプロのクリエイターの方々を見かけることはたびたびありましたが、その中で、実際に何か行動を起こしたという人をぼくは少数の例しか知りません。
ほとんどの人は、不満点は多々あれど、反発まではいかないものです。
現行のままで、そう困らないですからね。

そうした中で、CGMフィールドで活躍するアマチュアクリエイターたちという、既得権益側に属さない権利者たちが登場し影響力を持ち始めたことは、大きな変化の兆しになりうるだろうと思えます。
彼らはアマチュア故に、著作権でお金を得ることよりも自分たちの文化を守ることのほうに、より高い価値を見出している。
そして、現行の著作権制度は、そうした自分たちの文化を脅かす脅威になりうるという、反発すべき必然性の火種がある。
そこが今までと違うところですね。

さらに違うのは、CGMの場合、権利者側と消費者側とが一体になりうるということ。
これまでの権利者側の改革の動きがいまひとつ実を結ばなかったのは、数の力がまったく揃わなかったためでしょう。
消費者に比べて圧倒的に少ない権利者の、さらにその一部のムーブメントでは、どうしたって大勢に影響を及ぼすものにはなれない。
でも、CGMの場合、権利者と消費者とが同じ文化を共有する同志であるので、数の力が期待できる。
現に今、初音ミク問題で、権利者と消費者が(共闘と呼ぶにはまだ同じ方向を向けていないけど)同じ問題意識を持ち得ている。
これをひとつの方向に束ねて形作ることができれば、あるいは・・・という可能性は秘めていると思うのです。

ソフトウェアの世界で、自由な創造のための様々なライセンス形態が生み出された経緯が、大いに参考になるのではないかと思う。
ああしたことを、コンテンツ全般においてできないとは思えない。
いままでは「コミュニティ」がなかったから核となる母体が生まれえなかったけれども、ニコニコ動画コミュニティがそれに成りうるとしたら、面白いですね。

CloseBox and OpenPod > 「初音ミク作家協会」が生まれるべきかも : ITmedia オルタナティブ・ブログ

「初音ミク作家協会」ならば本当に発足するかも知れないという気もしますが、どうせなら初音ミクに限定せず、広くネット上での自由な創作活動のための著作権管理団体のようなものが誕生したほうが面白い。

そこがたとえば「非商用なら自由使用OK、商用の場合はこれこれ」みたいな包括的なライセンス形態を策定する。
で、同意する人はそこに作品を登録する。
そこに登録された作品は、ライセンスの範囲内で自由に使用できる。
商用利用などの際にも、その団体に手続きすればOK。
収益等は団体が適切に配分する。
ライセンス違反などのトラブルに対しては、団体が対応する。
――みたいなことですね。
そうした活動を行う非営利団体一個作ってしまえばいいと思う。
JASRACが嫌われるのは、言うなればJASRACの策定しているライセンス形態が嫌われるのであって、著作権を一括で代行管理するという仕組み自体は非常に便利なものだと思うので。

こうした団体が誕生するかどうかが、ひとつの鍵になると思うな。
誕生すれば、新しい創作文化が花開くかも知れない。
誕生しなければ、たぶんやがてはネットもJASRACに覆われるだろうと思います。

問題は、誰が旗印になるかですね。
MIAUあたりじゃ・・・弱いかな。
やはり、このタイミングなら、初音ミクにかかわる誰かを核にしたほうが求心力高まりそうだし。
[PR]
by kude104 | 2007-12-22 18:21 | PC&ネット
ドワンゴによる初音ミクオリジナル曲登録問題まとめ(β)

この騒動がどう決着するのか、非常に興味深い。
なにやらいろいろと問題が噴出しているようですが、ぼくが興味を引かれるのは、やはりニコニコ動画発のオリジナル楽曲がJASRACに登録されたという点です。
このことに対するニコニコ動画ユーザの反応が気になります。

今後、ニコニコ動画で人気を集めたコンテンツがJASRAC登録されてビジネスになるという流れが一般化するとして、果たしてニコニコ動画は今まで通りの場でいられるのだろうかという疑問が湧きます。
ニコニコ動画にオリジナル楽曲がアップされたときに、それを観て「これも人気が出たらJASRACに登録されてカラオケや着うたになるんだろうな」と思って冷めちゃうユーザはたぶんいると思う。
その数が多いか少ないか、ですね。
受け入れる、歓迎する人が多ければニコニコ動画は安泰。
でも、反発する人が多いようだと、ニコニコ動画としてはこうしたコンテンツビジネスを今後の収益の柱と考えているでしょうから、その思惑はとん挫することになるでしょう。

FLASH・動画板Wiki - FLA板終わったな

・職人が技術を求めすぎてユーザーが付いてこなくなった
・Flash作品を商品化したせいでユーザーが離れた
・JASRACの爆撃により以前のような黒作品が作りにくくなった

このあたり、ニコニコ動画もちょっとそういう雰囲気になってきつつあるのかなと。
まぁ、今回の騒動を奇麗に納めれば、まだ当分は安泰だと思いますけど。

それにしても、今回の件然り、かつてののまネコ問題然り、こうしたCGM発のコンテンツをビジネス化するというのはなかなか難しいものだと、関係者の皆さん感じていらっしゃるんじゃないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2007-12-20 23:59 | PC&ネット
音楽保存サービス:ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

法解釈なんて、こじつけようと思ったらどうにでもなるんで、結局なんきょくJASRACには勝てねぇよという諦めムード満載の今日この頃。
むしろ、JASRACがこうしてガチガチに著作権でユーザの行動を縛ることで、脱JASRACの機運が高まるのではないかとそちらのほうに期待するのだけど、現実にはあんまりそういう動きは見られないなぁ。

インディーズにJASRACは必要なのか?にも書いたとおり、JASRAC所属のメジャー楽曲と、JASRACに所属しないインディーズ楽曲との棲み分けが起こると面白いだろうと思う。
JASRACによってガチガチに縛られたメジャー楽曲に対して、比較的ゆるやかに利用できるインディーズ楽曲という路線の打ち出しは、そう悪い戦略でもあるまい。
でも、現状ぼくの知る限りでは、インディーズって結局メジャーへの通過点としての位置づけに過ぎないんだよなぁという印象です。
それはやっぱり、インディーズビジネスでは儲からないからでしょうね。
そして、メジャービジネスを行うにはJASRACを利用しなければどうにもならないという仕組み故に、なかなかJASRAC支配から抜け出せない。

メジャーに対するインディーズ楽曲の最大のウィークポイントは、玉石混交の「石」が多すぎてなかなか「玉」に行きあたらないというところだろうと思います。
すぐれたインディーズ楽曲なんて、ユーザが自ら努力して探さないと、なかなか出会えるものではありません。
そしてそんな面倒くさいこと、だれもやらないっての。

その解決策として、ひとつにはYouTubeのようにブログで楽曲を紹介できるようにする、そしてもうひとつは着うた配信でしょうか。
そのようにして、バイラルで広がっていくような工夫がインディーズ楽曲には必要でしょう。
上で”違法”となったストレージサービスのようなものも、積極的にどんどん行うのがよろしい。

その上で、収益はライブであったりCDやグッズの販売であったり、あとは楽曲データの有料配信であったりと、そういったところから確保することになるわけですが、はたしてそれでどれだけの規模が見込めるのか。
正直、そんなに楽観的な話ではないでしょうね。

ただ、これからのビジネスというものは、コンテンツデータそのものを販売するのではなく、「便利さ」を販売する方向にシフトするのではないかという気がしています。
とくにデジタルコンテンツにおいては、否応なくそうなっていくのではないかと。
そうであれば、いずれJASRACも方針転換せざるを得なくなるだろうと思っているのですが、ただ、そうなる前に長い暗黒時代が続くのは嫌なので、インディーズが先に暗黒時代を突破して新時代を拓いてほしいなぁと思う次第です。
[PR]
by kude104 | 2007-05-27 18:17 | PC&ネット
アンカテ(Uncategorizable Blog) - AppleがJASRACに払った2億5千万の行方は?

思わず「これはひどい」とタグ付けしたくなるような、そんな話です。
一読して「JASRACだめじゃん!」と思ったぼくですが、その後追記紹介されたこれが真実! iPod vs. JASRAC 著作権料2.5億円不払い騒動-家を建てようを読んで、「結局だめなのは朝日新聞か」と。
まぁ、朝日新聞のことは置くとして、「これが真実!~」にて指摘されているとおり、いずれにしても、ネット配信のご時世にJASRACの著作権管理スキームが制度疲労を起こしているのは間違いないと見るべきでしょうね。

そんな中、タイミングよく見つけたOn Off and Beyond: デジタル時代ミュージシャンの収益構造という話が興味深くて、これを見ると、新しい時代のミュージシャンの有り方が見えてくるような気がします。

そもそも、全国区でタイアップもどんどんお声のかかるようなミュージシャンと、基本的に売上はCDとライブだけというミュージシャンとが、同じ”売り方”で良いはずがない。
前者の売り方は、いま各レコード会社の採っているものでいいとして、後者の売り方は、今後「デジタル時代ミュージシャンの~」で示された方向に進むのではないかという気がします。

後者のミュージシャンは、マスメディアで名前を売るといったことはできないので、ネットをフルに活用してファンを増やすことを戦略の柱に据えざるを得ないでしょう。
でもって、売上の規模が絶対的に小さいから、できる限り中間コストをカットする必要がある。
となれば、楽曲データからCDからチケットからグッズから何まで、可能なものは可能な限り自サイトで直販する戦略が正しい。

ミュージシャン個人でそれをこなすのはさすがに大変だろうと思いますから、そこにインディーズ系のレコード会社の役割が生じてくると考えます。
メジャーとインディーズとの違いが、単に全国販売網のある無しとか規模の大小というのではなく、そもそも楽曲の売り方がぜんぜん違う――と、そんな時代になるのではないでしょうか。

で、そうなったとき、インディーズにとって、はたしてJASRACの著作権管理スキームを利用する必要ってあるのかしら?と思うのです。
このへん、ぼく自身、JASRACの役割りをよく分かっていないのですが、インディーズの楽曲をJASRACに預けて受ける恩恵と科せられる制約と、はたしてどちらが大きいのかな、と。

上記のとおり、ネットをフルに活用してファンを増やすことを戦略とするならば、悪質でないケース以外は基本戦略として「自由にどんどんうちの楽曲をコピーして下さい、使用して下さい、紹介して下さい」とするのが正しかろうと思います。
それで失う何がしかの儲け分は、宣伝費として割り切る。
そう腹を括ったなら、JASRACにお世話になることってそうそうないように思うのです。
むしろ、JASRACお預かりだとブログで気軽に紹介できない等々、ネットメインの戦略の上ではデメリットのほうが大きくなっちゃうような気がするのですがどうなんでしょう。
[PR]
by kude104 | 2007-05-21 23:59
痛いニュース(ノ∀`):JASRACら、YouTubeトップページに日本語の警告文を載せろと要請。

いつものことながら、JASRAC、えらく嫌われてるなー。
まぁ、むべなるかなって気はしますが。

でも、じゃあ消費者たる我々は、こうしてJASRACに文句を言って、あるいは小ばかにして、それでどうやねんと思うのです。
溜飲を下げて、それで終わりか。
JASRACはたしかに時代遅れの独裁者かも知れないけど、自分たちの既得権益を守ろうと行動している点は立派だと思わないではない。
少なくとも、行動しない我々が何を言ったところで、それは外野の野次にしかならない。

JASRACがこうやって何のかんのと出張ってくるのは、著作権者がJASRACに権利処理を任せているからだろう。
じゃあ、責められるべきは著作権者たちではないのか。
彼らがJASRACのやり方を承認して権限を与えているのか、あるいは単なる怠慢で一任しているのか、いずれにしてもJASRACにそれをさせていることに対して、彼らが無関係でいいわけはない。
「JASRACが勝手にやっていることです、ぼくたちは知りません」なんてことは言ってくれるなよ、恥ずかしいから。

じゃあ、なぜ彼らは声を上げないのか?
結局、容認しているからだろう。

どうあれ彼らがJASRACに権利処理を任せるのは、そうしないと飯が食えないからだ。
メジャーレーベルに入って、プロモーションしてもらう、タイアップとってもらう。
そうしないと売れない。
生活が成り立たない。
そのためだったら、権限をJASRACに差し出すことくらい、どうということはないだろうさ。

じゃあ、なぜメジャーにならないと飯が食えないのか?
そりゃあ、我々消費者がインディーズアーティストに金を落とさないからだ。
CDも買わなければライブも行かない。
メジャーアーティストにだってそう易々と金を落とさないのに、ましてやインディーズなんかに落とすわけないじゃん。

YouTubeで映像を見て、そのアーティストに興味をもつ人もいるじゃないかと言うのなら。
それでインディーズアーティストを食わせて見せろと思うわけだ。
JASRAC傘下にないアーティストのPVやらライブ映像やらをどんどんYouTubeにアップして、それをみんなでガンガン見て、CDの売り上げぐんぐんアップ、ライブに客がわんさか来て、彼らは食えるようになりましたというサクセスストーリーを見せてくれ。

煽っているのではなくて、できることならぼくがやりたい。
なにか方法があるような気はするんですよね。
そろそろ、そういうサクセスストーリーが登場してもいい環境が整ってきていると思う。
JASRACの独裁を倒したかったら、誰かがJASRAC以外のやりかたで成功してみせるしかない。
やはり、革新的なインディーズアーティストが登場しないと駄目かな。

日本でiPod + iTMSやYouTube、果てはグーグルのような技術革新が出なかったのは、著作権ビジネスの封建体制が強すぎたせいもある。
ちがうね。
結局みんな、僕も含めて、文句を言うだけで自らは何もしないからだと思うね。
[PR]
by kude104 | 2006-12-06 22:48 | PC&ネット