世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

不快なCM

「金麦のCMが女性に嫌われている理由」 ネットで議論に - にゅーす特報。

ぼくもあのCMの女性いいなーと思っちゃうんだけど、女性から見たらムカツクものなのか。
ぼくが思うに、女性からしたら「幸せそうな表情」がムカツクんじゃなくて、「男に見られて嬉しい」という女の表情が、「男に媚を売るヤラシイ女!」ってな感じの不快感を刺激するんじゃないかと思う。

作り手側としては、このCMを見た世の奥さま方が「私も今日は可愛い奥さんしちゃうぞ」てな感じになって、金麦買っちゃうぞ!みたいな?
ないない。
そんなウブなヨメ、いないっての。
世の奥さま方にウケるCMは、ダンナがせっせと金麦で節約して、ヨメが浮いたお金でホテルでディナーみたいなやつだろうにさ。

不快なCMで言えば、ぼくはモバゲーのほうがひどいと思うんだけど。
時任三郎や柳沢慎吾らが出演しているドラマ仕立てのやつ。

http://rokumusai.dtiblog.com/blog-entry-1298.html
↑ これなんか明らかに“不倫”を匂わせる作りになっていると思うのだけど。
バカなおっさんやおばさんに「俺も / 私もモバゲーで大人の出会いがあるかも」みたいな気にさせてユーザー集めよう、みたいな思惑を透かし見てしまって胸くそ悪くんだよね。
そもそもぼく、安易に不倫を扱う輩嫌いだし。
[PR]
by kude104 | 2010-11-30 23:41 | テレビ

今日のテレビ雑感

テレビのチャンネルザッピング中に「クイズ!ヘキサゴン II」の番組終わりをちらっと見たのだけど、なんか、出演者が唄うCDの宣伝がやたらと流れて面白かった。
どんだけCD出してんねん、と。
お前、テレビショッピングかと。

最近のテレビ業界は広告収入が激減していると聞くけれど、なるほど、なりふり構っていられない感じがする。
今までのテレビが番組の合間にスポンサーCMを流すというスタイルだったのに対して、これは、番組自体を番組グッズのCMと位置付けて商売しているような気がする。
いやまあ、番組自体は見ていないので、知らないんですけどね。

「広告収入が激減」つながりで言えば、「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」について。
この4月から放送時間が変わったのですが、引っ越し後、番組の内容自体はほとんど変わっていないようなんだけど、ゲスト出演者の数が半分くらいになっていて笑った。
なんという分かりやすい人員削減。
「引っ越してリニューアル!」みたいな顔で、こっそり削減しているところがカワイイ。
[PR]
by kude104 | 2009-04-22 23:59 | テレビ

Answer堀北

堀北真希さんが出演されているドコモのTVCMがなんか気になる。
たとえば、今やっている「バイトはじめる」篇だけど──。

堀北さんのバイト先の先輩(男性)がいきなり彼女に「かわいいじゃん。そのケータイ・・・と、君もね」と話しかけるというもの。
いやいやいやいや、初対面かどうかは分からないけど、少なくともそんなに親しくなさげな女性に対して、平気でこんなセリフを言うやつってどうなの?
気持ち悪くない?
もしぼくがこんなこと言われたら、引くわー。
と思うのに、言われた堀北さんは「かっこいいかも」とか言っちゃってるのね。
えぇ~、女性って、そーゆーもんなの?

だって、これを男性と女性とを置き換えて考えてみるとだな。
バイト先のさほど親しくない美人先輩にいきなり「かっこいいじゃん。そのケータイ・・・と、君もね」って言われるわけでしょ?
・・・あれ、悪くないね。
うむ、それは惚れてまうかも。
惚れてまうかもー!

このCMシリーズで言えば、「STYLE実感」篇はけっこう好きだった。

その前の回で堀北さんが彼氏にフラれるシーンがあって。
「自分でこたえを見つけて、自分のスタイルを作っていくしかないんだ」という内容を受けてのこの回です。
で、さっそく「自分のスタイル」を披露する彼女に、友人たちは「新しい恋に、新しいケータイってわけだ」と感想を述べるのね。

付き合う相手に合わせて趣味やファッションまでがらりと変わっちゃう人っていますが、この一言が彼女のそういう性格を端的に表していておもしろい。
「そんなワタシと決別する!」とばかりに、自分なりのスタイルに一新したつもりなのに、友だちには「はいはい、またオトコが変わったのね」と軽くあしらわれてしまうという。
友人にそんなふうに思われている彼女って。

だから、最後の「似合ってるね、ソレ」というセリフは、オトコに合わせたスタイルじゃなくて、あなた自身のスタイルとして「似合っている」という意味合いを持つわけだ。
そんなふうに評価してくれる人がいて良かったね──と思っていたら。

「恋の先輩」篇で、たぶん相も変わらず「彼氏が出来たらメールしまくりだよ」とか話している堀北さんを観て、「ダメだこいつ」と思った・・・という話。
そりゃ友人に「新しい恋に、新しいケータイってわけだ」って言われるわけだ。
[PR]
by kude104 | 2009-03-10 19:47 | テレビ
ソフトバンク:携帯電話CMに「いじめ助長」の抗議相次ぐ-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

いやいやいや、それはいくらなんでも被害妄想が過ぎるでしょうよ。
あのCMに対する不快感は、単純に脚本の拙さ(友達同士という設定のわりに、会話の内容が友達を感じさせない)によるものであって、それを「いじめを助長する」とかいって非難しちゃうと、ポイントがずれちゃうでしょ。
批判する時に、より大きな問題にすり替えるのは良くないと思うんですよね。
虎の威を借るキツネじゃないけど、いじめを助長するって非難しときゃ相手がビビるだろ、みたいな感じがしていやらしい。

だいたいさ、CMごときで、いじめは助長されませんって。
CMにそれだけの影響力があれば、スポンサーうはうはだって。

たしかに、いじめのシチュエーションに「あ、そっか。○○じゃないんだー(ケケケ、知ってて言ってんだよバーカ)」みたいに利用されることはあるかもしれない。
でもそれは、まずいじめが先にあって、そのいじめ方のひとつにあのCMを真似るという因果関係でしょう。
助長するも何も、まずいじめありきです。
あのCMを葬れば、いじめ削減に少しは貢献できるかしらなんて思っているとしたら、実におめでたい。

しかしまぁ、こうした人々の反応を見て改めてあのCMを思い返してみると、びっくりするくらい無神経に作られていることに気が付きます。

まず、「多数派対一人」という構図がよくない。
しかも、孤立している人物に「キミちゃん」という個性を与え、多数派には「その他大勢」という言わば集団属性を与えている点は致命的です。
これだと、必然的に主人公は名前を与えられたキミちゃんになります。
視聴者の感情移入も、当然キミちゃんですよね。
そのキミちゃんが集団の中で孤立しているというこの構図は、視聴者自身の「自分が集団の中で孤立する恐怖」を喚起してしまいます。

このキミちゃんがソフトバンクユーザという設定だったら、視聴者の恐怖感はソフトバンクへの応援の気持ちになったかもしれません。
でも、このCMにおけるソフトバンクは、キミちゃんを孤立させている集団の立ち位置です。
ほんとバカじゃねーのって思いますよね。
主人公の敵側に自分を設定してどうする。
そりゃ、あのCMを見た人がソフトバンクに対して「なんかムカツク」と思うのも当然だわ。
[PR]
by kude104 | 2006-12-26 23:46 | テレビ
月がでたでた月がでた - ソフトバンクのあのCMには、明らかな不快感の鍵がある

たしかに。
あのCMを見ると、不快感とまではいかないまでも、「ん?」という感触を覚えますね。

C女「キミちゃんにも電話するね」
キミ「…あ、いいよ。私にかけるとお金かかるし…」
B女「そっか。ソフトバンクじゃないんだ…」
試合の連絡ごときに電話代を気にするキミちゃんもよそよそしすぎると思いますが、もしかしたら彼女らは友達ではなく、「同じチームのメンバー」というだけでまだそれほど親しくない間柄なのかもしれません。

だとしても、キミちゃんの発言に対するB女の「そっか。ソフトバンクじゃないんだ…」というリアクションは変というか、「ふつう、こんな切り返しはしないよね」と思ってしまいます。
ぼくの世界観では、この場面でのB女のリアクションは
C女「キミちゃんにも電話するね」
キミ「…あ、いいよ。私にかけるとお金かかるし…」
B女「え? ああ、いいよそんなの。ぜんぜん気にしなくて」
ですね。
てっきりそういうリアクションをB女がするんだろうと思っているところに、「そっか。ソフトバンクじゃないんだ…」という「それじゃあ、ダメだな」と言わんばかりのリアクションがなされるので、「え? なに言ってんのこいつ?」という違和感を覚えてしまいます。

B女がちょっと気のきいたやつなら、
C女「キミちゃんにも電話するね」
キミ「…あ、いいよ。私にかけるとお金かかるし…」
B女「なんでやねん、どんだけ長電話する気や、自分」
てな感じで、電話代を気にするキミちゃんのよそよそしさにツッコミを入れて笑いにして、「そんなん気にするほうがおかしいねんで」というメッセージを送るくらいのリアクションはあっても良いよね。

ま、要するに、友達同士の会話という設定と、「本当に友達同士なら電話代がかかっちゃってごめん・・・みたいなやり取りしねーよ」という感覚とがバッティングしているのが違和感の原因だろうと思います。
いずれにしても、このCM作った人、センスないよねー。

↓こっちの映像のほうがよっぽどセンスある。
YouTube - AC vs SB
[PR]
by kude104 | 2006-12-22 23:41 | テレビ