世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:BUMP OF CHICKEN ( 4 ) タグの人気記事

『天体観測』の歌詞世界

『天体観測』の歌詞を分析するその1 - くりごはんが嫌い
『天体観測』の歌詞を分析するその2 - くりごはんが嫌い

すごく単純な――イメージそのまま、天体観測の情景を唄った歌だと思っていたので、そんなに解釈が『謎』とされているとは知らなかった。

ぼくとしては、歌詞の中に出てくる『君』は、素直に(昔の)友だちだと思うんだよね。
『君』を恋人としてイメージしたくなる気持ちも分かる。
星は恋人と観るほうがロマンチックだし、なにより、「手を握る」という行為が男同士だと気持悪いから。

でも、「震える手を握る」というのは、本当に手を握る行為というよりも、心と心の触れ合いとして「寄り添う」とか「支える」といったことのメタファーと解釈するべきだろう。
「ここで 今 君の手を 掴むためのメロディーフラッグ」の「掴む」なんかと同じだね。
と考えれば、別に男同士で手を握りあっても気持悪くはない。

なので、前半はそのまま。
友だちと二人で望遠鏡を担いで天体観測に行った、という歌だろう。
ただ、「深い闇」や「君の震える手」というのは、天体観測をするその場所が真っ暗で怖いという、そうした叙事描写であるとともに、友だちが何かしら心に不安や悩みを抱えていたという抒情描写にもなっているのだろうと思う。

きっと『僕』は、友だちが悩んでいることを察していて、なんとか力になってあげたいと思い、天体観測に誘ったんじゃないかな。
一緒に星を眺めながら、悩みを聞いてあげようと。
でも、果たせなかったわけだ。
それが『僕』の痛み――後悔になっている、と。

『予報外れの雨』というのも、実際に雨が降って天体観測を中止せざるを得なくなったという叙事に重ねて、友だちの「震え」が「予期せぬ雨」によってもたらされたものであるというメタファーと解釈できる。
PVで言えば、転校なんかは、子どもにとってはまさに『予期せぬ雨』ではないかな。
天候(転校)だけに・・・なーんちゃって。

『ほうき星』は、おそらくこれも叙事とメタファーとをあわせもったキーワードだろう。
実際にほうき星を観に行ったのと、「今」の象徴として。
きっと、普通の星じゃなくて『ほうき星』なのは、それが今日も明日も明後日も見られるものじゃなくて、「今」しか見られない刹那的なものだからだろう。
だったら『流れ星』でもいいじゃないかと思うけれど、「追いかける」には、周回軌道のほうき星でなければならないからこその『ほうき星』なんだろうね。

この『ほうき星』を追いかけているという表現を、歌詞の順に並べると、

君と二人追いかけていた
今も一人追いかけている
今も一人追いかけている
君と二人追いかけている

となる。
最初が「過去」であるのは明らかだ。
つまり、歌詞の構成として、「今も一人追いかけている」『僕』が、過去の「君と二人追いかけていた」ときのことを回想する形になっている。
実際に叙事的な意味で天体観測をしたのも、おそらく「君と二人追いかけていた」ときだけだろう。

で、歌詞の中で唄われているように、「今まで見つけたモノは全部覚えている」「そうして知った痛みが 未だに僕を支えている」わけだ。
だから、今は『僕』一人であっても(二分後に君が来なくとも)、思い出の中であの日のフミキリに戻れば、「君と二人追いかけている」ことになるわけだね。

実に「スタンド・バイ・ミー」的な歌詞世界だと思う。
[PR]
by kude104 | 2009-11-12 22:10

present from you

BUMP OF CHICKENの「present from you」を購入。
発売されているの知らなかったんで、知ってあわてて買っちゃった。
今月、緊縮財政なのにマッタク。

今回のアルバムはシングルのカップリング集ということで、シングルを買わない主義のぼくとしては嬉しい一枚です。
やはりカップリング集だけあって、どの曲もいわゆるA面曲ほど磨きあげられていない感じで、全体として素朴というか穏やかというか、そういった印象を受ける。

まず一曲目が「ラフ・メイカー」ってのがいいね。
再生していきなり前奏もなく「涙で濡れた部屋にー」と耳に飛び込んでくるところがいい。
歌詞が特徴的で、曲調もアップテンポでノリが良くて、印象的な一曲です。
曲としては知っていたけど、ようやく所有できて満足。
「どーした? おい、ま、さ、か!」のところが好き。

「Ever lasting lie」は、歌詞の世界のドラマ性が好きな一曲なんですが、(Acoustic Version)になって情感がぐっと強まった気がする。
「愛する人の命に値がついた」
「誰かの胸に腕に身を預けても 心はただ一人を待つ」
ってフレーズが好き。

「真っ赤な空を見ただろうか」も曲としては知っていたけど・・・ってことで、収録されて嬉しい。
ずっといい曲だなーって思ってたもんで。
ストレートな歌詞と、軽妙でテンポのいい曲調とが、聴いていて気持ちいい。
「言葉ばかり必死になって やっと幾つか覚えたのに
 ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは」
「理屈ばかりこねまわして すっかり冷めた胸の奥が
 ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは」
サビのフレーズなんだけど、メロディラインと合わせてぐっと気分が盛り上がる。

そして最後の「プレゼント」って曲。
「THE LIVING DEAD」というアルバムに「Opening」と「Ending」という、アルバムの開幕と終幕を告げるような短い曲があるんだけど、これらをつなげて一曲に仕上げた曲。
(正確には、この曲を分割して「Opening」と「Ending」にしたらしいけど)
これがもうカッコ良くて。
「そう来るか!」みたいな。
聴きなれた「Opening」の曲が終わって、そのあと「世界に誰もいない気がした夜があってー」と新しいフレーズが始まったときのワクワク感というか感動といったらもう!
「ええと、うん
 きっと 今もまだ震えながら 笑おうとして泣いて
 音の無い声で助けを呼ぶ それは 正しい姿」
カッチョイイ~。

隠しトラックと隠しジャケットも、相変わらずバカっぽくて面白くて大好きだ。
アルバム聴いて、一番口ずさんでしまうのは、隠しトラックだったりするもんなー。


普段は慎んでいるけど、布教気分で「プレゼント」にだけYouTubeにリンク貼っちゃおう
すぐに消されちゃうかもしれないけど。
[PR]
by kude104 | 2008-07-06 18:23
昨日の続きで「人形劇ギルド」の話を。

物語としては、小さな炭鉱の島で暮らす父と娘の親子が主人公です。
二人は貧しいながらも幸せに暮らしていました。
そんな二人のささやかな楽しみは、娘が弾くおもちゃのピアノでした。
父親はおもちゃではなく本物のピアノを買ってやりたいと思うのですが、値段が高くて今の稼ぎではとても手が届きません。
しかし、炭鉱の穴底深くにある“天国”と呼ばれる採掘場なら、今の10倍の稼ぎが得られるという。
でもそのかわり、一度もぐれば何年も帰って来られません。
そしてある日、父親は娘にピアノを贈り、“天国”へと向かうのでした。

──といったストーリー。
非常にストレートというかシンプルというか、印象としてはまさに絵本のような感じです。
余計なセリフやシーンなど一切ない必要十分まで削ぎ落としたストーリーテリングは、いいですね。
無駄なものがない、余計なものがないというのは、実に見ていて気持ちが良い。
俳句や短歌のようにというと大げさかもしれませんが、削ぎ落とすことで濃密に雄弁になるという良い例じゃないでしょうか。
このへんの匙加減というか「削ぎ落とす」のって、人間なかなか出来ないんですよね。
なんでもそうだと思います。
付け足すのはわりと簡単ですが、削るのは難しいもんです。
そのへんはさすがミュージシャンというか、歌詞という限られた言葉の中で世界を表現している人の本領が遺憾なく発揮されているんじゃないでしょうか。

そして、作中で「ギルド」が流れると、やはり「おおっ」と感動しますね。
ちょうど、お父さんが“天国”に向かうシーンで曲がスタートし、来日も来る日も穴を掘る姿が唄の内容とオーバーラップする作りになっています。
ただ、個人的には、ぼくが抱いていた「ギルド」の物語的なイメージとこの人形劇のそれとは、ちょっと違ってましたね。

「ギルド」の歌詞はこちら(うたまっぷ)にありますが、歌詞から受けるぼくのイメージとしては、“人生に疲れた人”が浮かびます。
生きるための様々な日常的行為が無味乾燥で、「人間という“仕事”」だと思えてしまう、そんな気分に寄り添いながらも「ほら、がんばっていこうぜ」と励ましを入れるような、そんな唄に感じています。
なので、「人形劇ギルド」の娘のために一生懸命働く父親の姿とは、ぼくの中ではあまり重ならなかったです。
ま、唄の「ギルド」の歌詞の内容を「人形劇ギルド」にしたわけではなし、解釈は人それぞれなので、違っているからどうだという話ではありませんが。

ぼくの中で「人形劇ギルド」のイメージに近いのは、むしろ、アルバム「THE LIVING DEAD」収録の「Ever lasting lie」でした(歌詞はこちら(うたまっぷ))。
どちらも“掘る人”ということでの連想ですが、それ以外にも、愛する人を幸せにするために始めた行為が、いつしか目的を見失うというか微妙に変質するあたりが共通しているんじゃないかと思います。

愛する人を幸せにするために稼ぎに出たことで、二人は離れ離れになってしまう。
果たしてそれで二人は幸せになれたんだろうか?
本当は、ただ一緒にいることが本当の幸せだったのではないだろうか?
──と思えてくる。
でも、そういった疑問を感じさせて終わるだけなら単に皮肉な物語というだけですが、バンプの物語は、「でも、離れていても、二人の心は通じ合っていた」という救いを最後に添える。
そこがいい。
その小さな救いが添えられていることで、なんとも切なく暖かい詩情を感じます。

そのへんの詩情感が、「人形劇ギルド」に似ているなぁと思うのです。


ちなみに、「人形劇ギルド」とは関係ないけど、「Ever lasting lie」の歌詞の一節にある「愛する人の命に値がついた」って表現は、すごいと思う。
たぶん手術費用だろうと思うのですが、なんかものすごい絶望感を感じさせる表現だなぁと、初めて聴いたときにちょっと衝撃を受けた。
「Ever lasting lie」の歌詞の物語性は、バンプの作品の中でもかなりのものだと思います。
[PR]
by kude104 | 2006-10-03 23:59
昨日は映画を見た帰りに、久々にDVDを買いました。
買ったのは、BUMP OF CHICKEN の「人形劇ギルド」です。

バンプの全楽曲の作詞・作曲・ボーカルをこなす藤原基央さんが原作と脚本とそして音楽を手がけた人形劇アニメーション作品です。
「映像作品か・・・。アルバムのほうが良かったなぁ」と思いつつも、まぁ、いちおうバンプ好きだし、ちょっくら見てみるか・・・みたいな?

ただ、アマゾンレビューでの評判がやたら良すぎるのが、妙に不安を煽ります。
こういうケースは、たいていがファンによる「無条件の賞賛」なんですよね。
あれだけ一様に「感動した、泣いた」と言われると、天邪鬼なぼくとしては、「ほんとかなぁ・・・?」と斜に構えて観てしまいます。
──で、実際に観た感想としましては、上記の不安は「当たらずといえども遠からず」というのが正直なところでした。

まず、内容うんぬんは抜きにして、高い!
DVDに収められている映像時間が24分。
で、お値段2500円。
ボリューム感だけで見れば、圧倒的に高い。
「内容が素晴らしいから2500円の価値がある」と思える人もいらっしゃるでしょうけど、他の映画DVDなんかと比べると、やはりどうしたって割高感は否めません。

このボリュームでこの値段設定で広く売れるとは、おそらく販売側も思っていないでしょう。
つまり、けっきょく端からバンプファンだけをターゲットにした商品だということですね。
「バンプファンなら納得してくれるお値段です」みたいな。

でもまぁ、それは正しくて、実際問題、購入層はほぼバンプファンに限られるでしょう。
アマゾンレビューがやたらと大絶賛なのも頷けます。
バンプファンしか買わないんですから。
そういう意味では、非常にピンポイントに届けたい人に届いて、喜んでもらえているという幸せな商品だと思います。
ただ、逆にいえば、ファン以外が手を出すべきかどうかは何ともいえない。

お値段関係なく評価すれば──商品としてではなく、作品として評価すれば、なかなか良い。
そんな「めちゃくちゃ良い!」ってほどじゃないけど、「なんか良いよねー」という具合には良い。
最近けっこう涙もろいぼくですが、泣きはしなかったですね。
泣きはしないですが、でも、ちょっとしんみりする程度には感動もしました。

もしこれが無料でウェブで公開されていたなら、たぶんけっこうな人気を集めただろうと思います。
ですから、クオリティが低いとか作品としてつまらないというのではありません。
ただ、お値段がお高いなというだけで。
2500円が小銭感覚の経済力の人や、人から貰う分には、観て損はないと思います。

映像時間が24分と書きましたが、本編は十数分程度しかありません。
この作品、もともとはアルバム「ユグドラシル」の収録曲である「ギルド」という唄のPVとして企画されたものです。
しかし、企画が膨らんでPVの枠では収まりきらない(収めたくない)ということで、こうして独立した映像作品としてリリースされました。
ですから、イメージとしては「ちょっと長いミュージックビデオ」のような感じです。
物語としては、「プロローグ」が数分あって、「メインパート」で「ギルド」が1曲まるまるBGMとして流れて、「エピローグ」が数分あって終わり、といった構成になっています。

短いし、基本ミュージックビデオなんで、ふとしたときに気分転換に観ようという気軽さはありますね。
何度も観たくなる魅力も、たしかにあります。
そう、感動の物語を期待するのではなく、丁寧に作られたミュージックビデオをイメージすると外れがなくていいと思います。

──商品としてではなく作品としての感想も書こうと思っていましたが、長くなったので続きはまた明日にでも。
[PR]
by kude104 | 2006-10-02 23:17 | 映画