世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

端末の話とOSの話

Life is beautiful: なぜ横並びで展示されるAndroidタブレットを作ってもだめなのか

この手の話は読み手の中で、ハードウェア(個々の端末)の話とOS(iOS vs. Android)の話が混同してややこしい。
上記のブログはハードウェアの話であるのに、「否定的な意見」の多くはOS(というか、プラットフォーム)の話であるように思う。

ハードウェアの話としては全くそのとおりで、ヨドバシカメラに自社ブランドコーナーを作ってもらえるAppleと、製品コーナーでひとまとめに並べられてしまうAndroid端末メーカーの、どちらが成功しているかというとAppleだろう。
「携帯タブレット(あるいはスマートフォン)では、サムスンよりAppleのほうが儲かっている」とでも書いてあれば、特に異論はでないような気がする。

製品としての完成度の点でも、iPhone/iPadが、OSから端末までひとつのビジョンに則って美しい完成度で創り上げられているのに対して、Androidタブレットはどうしても「とりあえずタブレット作ってみました」感が否めない。
なんというか、「とりあえずiPadみたいな製品をうちも作ろう」という企画が上から降りてきて、下がなんとか納期と予算内でバタバタ作っているイメージだ。
そんなんでAppleに勝てるはずないと、ぼくも思う。

あるいは、Android端末メーカーとてiPhone/iPadのように完成された美しい製品を作る意志と技術があるのだけど、AndroidOSの完成度が足を引っ張っているのかも知れない。
その場合は、やはり「iPhone/iPad vs. Android」という話になるわけだけども、実際のところどうなんだろうね。
AndroidOSはたしか改変自由だったと思うので、メーカーにその気概があれば美しく統合された製品も作れるんじゃないかと思うのだけど。

でも、ハードウェアもソフトウェアも美しく作ることのできる企業って、そうそういないよね。
[PR]
by kude104 | 2011-01-18 19:22 | PC&ネット

GALAXY Tab SC-01C

Androidタブレット「GALAXY Tab SC-01C」を手に入れました。
まだ30分ほどしか触ってないけど、だからこそか、ワクワクするこれ。

使い勝手で言ったら、やっぱりiPhoneのほうが数段上な気がする。
いきなりGALAXY Tabから入れば「こんなもんか」って感じかもしれないけど、iPhoneの操作感に慣れたあとで触ると、なんかギクシャクしてキモチワルイ。
性能差というより、センスの差という感じだね。

でもそんなことはどうでもよくて。
これ触っていたら、iPadが勝つかAndroid Tabletが勝つかってことじゃなくて、もっと大きく、パソコンはタブレットに負けるってことがぼくの中で確信めいてしまったよ。

言うなれば、キーボードのないノートパソコンみたいな感じ。
パソコンなんてネットとメールができればいいって人は、そうでない人に比べて圧倒的に多い。
そういう人たちが、いずれ「キーボードのないノートパソコン」感覚でこうしたタブレットに流れていくのは自明の理だと思える。

でもこれがノートパソコンと違うのは、「いつでもどこでも」感のあるなしだろう。
いつでもどこでも電源を入れればすぐに使える。
そして、いつでもどこでもネットに繋がる。

特に2番目が大きくて、タブレットが現状スマートフォンという電話の位置づけにあるのは、このいつでもどこでもネットに繋げるために携帯電話網を利用せざるをえないからだろう。
正直、タブレットで電話なんてしねーよと思うのだけど、とりあえず携帯電話ってことにしておくのが一番話が早いってことだろうね。
近い将来か遠い将来か、もし仮に公衆無線LANが国内全域をカバーしたら、タブレットは携帯電話の仮面を脱ぎ捨てて、堂々と「キーボードのないノートパソコンです」って顔をするんじゃないかな。
いやむしろ、パソコンというかパーソナルなコンピューターと言えば、当たり前にタブレットってことになるんじゃないだろうか。

iPadを触ったときには、まだ「でっかいiPhoneです」って感触しか持てなかったのは、やっぱり自由度の違いだろうか。
あれはやっぱり、パソコンじゃなくてスマートフォンって感じなんだよなー。
それに比べてGALAXY Tabは、悪く言えばなんかゴチャゴチャして分かり難いのだけど、その洗練されてない感じがパソコンっぽい。
いろいろ弄ればいろいろできそうってワクワク感があるね。
これは多分に男子感覚だろうけど。

というわけで、ぼくの今年の目標は、Androidアプリを作ることにしよう。
なんか面白いもん作りたいなー。
ということで、今年もよろしくお願いします。
[PR]
by kude104 | 2011-01-08 23:41 | PC&ネット

サヨナラiPhone

なぜ iPhone に Flash が搭載されないのか(Appleの弁) - てっく煮ブログ

先日のiPhone OS SDKの規約変更(Appleが許可したプログラム言語以外でiPhoneアプリ作っちゃダメってことにしたから。Flash?ダメに決まってるだろ)で、もう完全にiPhoneでFlashは無いなと腹を括ったので、いまさらその理由などどーでもいいっちゃどーでもいいのだけど。

理由を知ったところで、「そうか、Flashのここがダメだからダメなんだね。じゃあ、それが改善されれば許可されるかもしれないね」などという期待は持つべくも無いからね。
ここに挙げられた問題のすべてが改善されたとしても、きっとiPhoneにFlashは乗らないだろう。

Adobe の Flash は 100% プロプライエタリな製品である。Flash は Adobe のみが提供し、Adobe のみが将来的な機能拡張や値段付けなどを決定できる。Flash は多くの環境で利用可能ではあるが、だからといってオープンとは言えない。なぜなら、Flash は Adobe によって完全に制御されているし、Adobe のみが提供しているものだからだ。
ぼくも、まさに今回のAppleの規約変更で「オープンでないもの」に身をゆだねることの怖さを感じた。
幸いぼくはまだiPhoneアプリを作っちゃいないけど、いずれ作りたいなーと思っていたわけで。
その際にはもちろんFlashで作っていただろうから、タイミングによってはこの規約変更でアウトだった。

iPhone(およびAppStore)もAppleが専制的に支配制御するシステムだから、上の弁のFlashをiPhoneに、AdobeをAppleに置き換えれば、ぼくにもスティーブジョブズ CEOが「オープンでないFlash」を使いたくないとする理由が、まさに彼のおかげで、今ならよくわかる。

Flash は PC 上でマウスを利用することを前提として設計された。そのため、タッチスクリーン上での指を使った操作に対応していない。
これはたしかに、言われてみればそうだなーと思う。
iPhoneでFlashコンテンツが見られたらいいのになーと思っていたけど、いざ実際に見られるようになったらどうだろうと想像してみたら、きっとたぶん使いづらい。
普通にWebページのリンクをクリックするときですら、タッチスクリーン上での指を使った操作はやりづらく感じるのだから、いわんやFlashをや、だ。
iPhoneでFlashコンテンツが見られたら、きっと「(PCと比べて)iPhoneって使いづらい」という感想が多くなるだろうと思う。
それはAppleにしてみれば、悪いのはFlashであってiPhoneではないのだから、耐えられんだろうなぁ。

他のプラットフォームには提供されていない機能である、という理由だけで、Apple のイノベーションや進化から開発者が遠ざけられることは許しがたい。
我々のモチベーションは単純だ。世界一進化した革新的なプラットフォームを開発者が直接利用することで、世界一素晴らしいアプリを作成してもらいたい。
うむ、正義と独善は紙一重。


とりあえず、ぼくの気持ちはiPhoneからAndroidに移っちゃったなー。
今となってはやめときゃ良かった的な気もするけど、個人の趣味的にiPhoneユーザ向けのPCアプリを作ってしまっているものだから(もちろんFlashというかAIRで)、とりあえずこいつを早く完成させてしまって、それでAndroidに向かいたい。
iPhoneも別に嫌いじゃないけど、開発者として関わるのは怖いからやめる。
[PR]
by kude104 | 2010-04-30 18:55 | PC&ネット