世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アバター

ようやく噂の「アバター」を観てきました。
前回「コララインとボタンの魔女」で3D体験に失敗したこともあり、また、どうせ観るならと言うことで、IMAXで観てきました。
なんでも、IMAXシアターは日本に4館しかないそうで、そのうちの一館が幸いにも近くにあるならば、観に行かねば勿体無いよね。

で、観たわけですが、いやあすごかった!
まさかこれ程とは。

ぼくがこれまでに観た3D映像というと、途中リタイヤしたコララインと、あとはUSJのアトラクションくらいです。
なので、アバターの3Dも同じようなものだろうと思って観に行ったんですが、ぜんぜん違った。
これ、同じ3Dと言っていいの?ってくらい違う。

コララインなんかは、言うなれば、飛び出す3Dだ。
平面の映像を基本として、要所要所にキャラクターなりオブジェなりを手前に浮かび上がらせることで、3Dの映像を作っている感じ。

対するアバターは、奥行きを表現することで3D映像を作っている。
まるでスクリーンが窓で、その向こうに映画の世界が実際に存在しているかのような立体感だ。

3Dの映像というと、たいていは飛び出す映像を作りたがるというか、無意識にそういうものだと思ってしまうよね。
それに対して、「3Dの映像とは奥行きの表現である」という、この着眼点はまさに天才的!
こういうところが、天才と凡人の違いなんだなぁ。

アバターが映画として面白いか面白くないかは人それぞれだとしても、この3D映像の「発明」は間違いなく映画史上のエポックメイキングとして歴史に残ることだろう。
サイレントからトーキー、モノクロからカラー、そして2Dから3D。
なにかこう、そういう時代の転換に立会ったような気分になるね。
[PR]
by kude104 | 2010-03-19 16:44 | 映画
今日は映画サービスデーということで、「コララインとボタンの魔女」を観てきました。
もちろん、3Dで。
前回「カールじいさん~」を観た際に、これの予告編を観て、「おもしろそうだなー」と思ってたんですよね。
こういう、ちょっとダークファンタジー的なアニメーションって、好きです。
また、初の3D映画体験としても、「アバター」だとなんかちょっといかにもな感じなので、これくらいがちょうどいいのではないかと思ったりして。
CGアニメーションと3Dって相性良さそうだし。

今回ぼくが観た3D方式はXpanDというやつ。
メガネにちょっとした装置が組み込まれていて、スクリーンからの信号を受けて、メガネの右目と左目の視界が交互に高速に閉じることで、強制的に片目パチパチ状態を作り出して立体視させるというものです。
ちょっとメガネがごついんですが、けっこうストレスなく3D映像が観られるもんですね。

上映前に、「ここでメガネをお掛けください。メガネに不具合があったらスタッフにお知らせください」みたいな映像が流れて、「おいおい、不具合なんてあるの? いやだなー。俺、こういうの引き弱いんだよなー」とドキドキしたけど、問題なく観られて一安心。
ぼく、映画観るときは視力用の眼鏡かけるんだけど、その上から3Dメガネかけても大丈夫だったので、それも安心した。

で、問題の3D映像だけど。
なんか自然に3Dな感じでした。
目の前にぐわっと飛び出してくるようなケースではあからさまに3Dって感じだけど、普段のシーンでは、ごく自然に実物の映像を観ているかのように3Dでしたね。
3Dであることを感じさせない3D。

途中で3Dメガネ外して観てみたんだけど、意外にも、だいたい普通に2Dとして観られた。
ときどき部分部分で映像がブレた感じになっているところがあって、きっとそこが立体的に見えている部分なのだろう。
あの感じだと、基本2Dで、要所要所に3D効果を加えているという感じかな。
だから「3Dであることを感じさせない3D」という印象だったのだろうと思う。

ちなみに、色合いはメガネなしで観た方がきれいに見えるね。
メガネかけると、ちょっとサングラス的な色が付く感じがある。

と、3D映像を楽しんでいたら、上映から30分くらいが経過した頃かなぁ。
突然、映像がチカチカし始めて。
どうも、ぼくのメガネの左右の目を閉じる機能がおかしくなったらしい。
「ええぇ、このタイミングで不具合?!」って感だよマジで。

これが上映前の「メガネに不具合があったらスタッフにお知らせください」ってときであれば、「はい、不具合です」とすぐ交換してもらえますよ。
でも、いま上映中だからね。
交換してもらおうと思ったら、ぼくは中央付近の座席で観ていたので、他のお客さんの前を「すみません、通してください」と謝りながら、ものすごい邪魔になりながら劇場を出て、スタッフ探して、メガネの不調を訴えて、交換してもらって、再び劇場に戻って、「すみません、通してください」と謝りながら、ものすごい邪魔になりながら座席に戻ってこなければなりません。

絶対、イヤ!

考えただけで、げんなりだ。
なので、しばらくの間、メガネをはずしてはかけて、直ってないかな・・・やっぱり駄目だ、このまま我慢して観てみようかな・・・やっぱり無理だ、ええいメガネなしで見てやろうか・・・やっぱりつらい、と散々悩んだ挙句、結局、もういいや、と。

「すみません、通してください」と謝りながら、ものすごい邪魔になりながら劇場を出て、スタッフ探して、メガネの不調を訴えて、お金返してもらって帰りました。

正直、劇場からの帰り道、ものすごい悲しい気分でした。
こんないやーな気分を味わうのも久しぶりですよ。
ぼく、こういうの引き弱いんだよなぁ。
次また3D映画観るの、怖いわ。
[PR]
by kude104 | 2010-03-01 20:54 | 映画