世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:3時10分、決断のとき ( 1 ) タグの人気記事

3時10分、決断のとき

本日は映画サービスデーということで。
今回は特にこれといって観たい作品がなかったので、なんとなくフィーリングで「3時10分、決断のとき」を選んだのですが、これが大正解。
実に面白かった。

捕まった強盗団のリーダーと、彼を護送する一団の護衛を買って出る牧場主。
映画は、この2人の男と男の生き様の物語です。

なによりもまず、強盗団のリーダーが実に魅力的。
人生を達観したかのような言動、捕まっているのに余裕しゃくしゃくの立ち振る舞い。
手下ですら必要とあらば躊躇いなく殺し、それでいて、絶対的な信頼を受けるまさにカリスマ。

一方の牧場主のほうは、南北戦争で片足を負傷し、牧場の経営も上手くいかず借金苦で破滅寸前。
家族からも蔑まれている、いわば負け組。
護衛の報酬200ドルで人生の起死回生を狙って、この役を引き受ける。

タイトルの「3時10分」というのは、強盗団のリーダーを護送する列車が到着する時刻。
その列車に乗せてしまえば牧場主の仕事は終わり、報酬200ドルを手にすることができます。
一方、強盗団のリーダーは彼に囁きます。
「俺を逃がしてくれたら、1000ドルやろう」と。
3時10分が迫り、リーダーを奪還しに来た手下たちに囲まれ、牧場主はまさに絶体絶命。
加えて、護送の間に、彼とリーダーとの間に奇妙な心の交流というか連帯感のようなものが芽生えていて、リーダーは悪党といえども実に魅力的だし、観ていても「逃がしてあげてもいいんじゃないの?」という気になってくる。

そしていよいよ、3時10分、決断のとき・・・!
みたいな。

ひさびさに、100%男くさい映画を観た!という気分です。
最初から最後までノンストップで手に汗握るし、こういうのお好きな方にはぜひお勧めです。
[PR]
by kude104 | 2009-09-01 23:59 | 映画