世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:視聴率 ( 4 ) タグの人気記事

ABlog テレビって面白い!!!       ただし20年前の

たぶんだけど、テレビ局は面白い番組を作ることが仕事じゃない。
視聴率が稼げる番組を作ることが仕事なんだ。
なぜなら、テレビ局のお客様はスポンサーだから。

スポンサーがお金を出すか出さないかの基準は番組の面白さじゃない。
どれだけの宣伝効果が見込めるかだ。
だから、面白い番組を作ることは視聴率を上げるための手段であって目的じゃない。

昔の番組が視聴率を気にせずにやれたのは、昔はテレビという媒体そのものの広告価値が高かったからじゃないかと思う。
スポンサーになりたい企業など、いくらでもいた時代だろう。
言うなれば、客のほうを向いて商売しなくても売れる時代だったというわけだ。

なぜテレビ番組は視聴率という「その番組の全体的な価値を計るにはあまりにも情報量の少ない数字」で測られるのか。
おそらく、ひとつには先ほど言ったように、昔はテレビ自体の広告価値が高かったので、その程度の情報量で充分だったのだろう。
でも今、視聴率の有効性はかなり薄れた。

じゃあ、視聴率に代わる新たな指標を導入しましょうとなると、困るのはおそらくテレビ局だろう。
スポンサーが欲しい指標は、番組の実際の広告効果を測る数値だ。
でも、そんなものは容易に計測できないし、仮にできたとしたても、下手をしたら「テレビには思ったほど広告効果はない」という結果が出て、自分で自分の首を絞めかねない。

視聴率の代わりに、たとえば「視聴満足度」のようなものを導入したとしても、それが広告効果とどう結びつくのかを説明しなければ、スポンサーにとって意味がない。
でも、「視聴満足度がこれくらいのとき、広告効果はこれくらいになる」というのを示そうものなら、先ほどと同様、下手をしたら「テレビには思ったほど広告効果はない」という結果が出て、自分で自分の首を絞めかねない。

だからたぶん、テレビ局側は動けない。
泥舟と知りつつ、視聴率に乗っかっていくしかないのだろう。

幸か不幸か、テレビの広告収入はどんどん下がっているみたいだから、いずれそのうち視聴率を気にして番組を作ったところでペイできない状況になるかもしれない。
そうなれば、ペイ・パー・ビューやパッケージ販売など、番組をコンテンツとして販売して収益化を測らなければならなくなるだろうから、そこでようやく「視聴者のほうを向いた面白い番組作り」ができるかもしれない。

あるいは、地方の地元ケーブルテレビのような番組ばかりになっちゃうかもしれないけど。
[PR]
by kude104 | 2009-03-06 22:26 | テレビ
NHK朝ドラ 視聴率だんだん低迷 関心薄れ脚本力も低下?(産経新聞) - Yahoo!ニュース

NHKの言い分
『BS2、ハイビジョンなど週6枠で放送しているため、視聴者が分散している』

テレビドラマに詳しい映画評論家の樋口尚文さんのコメント
『女性の社会進出で、主婦を中心に家族で朝ドラを見る生活習慣がなくなった。毎朝見続けるのは難しいと最初から見ない人も増え、ワイドショーなどに流れている』

日本大学の中町綾子准教授(放送脚本論)のコメント
『「筆力のある脚本家がついた作品は数字も伸ばしている」と作品の質に原因があるとみる。例えば落語家へ挑戦するヒロインの奮闘を描いた「ちりとてちん」は視聴率こそ伸び悩んだが

で、これらのコメントを受けて、記事の要約
『原因として、多チャンネル化による視聴者の分散や生活習慣の変化だけでなく、脚本の質の低下を指摘する声もある』


まあ、見事に「脚本の質の低下を指摘する声もある」って言いたかっただけやろという記事。
本当にそう言ったのか、編集されたか知らないが、中町さんのコメントが自己矛盾しているのが笑える。

そもそも、視聴率調査自体が、今の時代、本当に有用なの?という気がしないでもない。
NHKの場合は、べつにビデオリサーチに頼らなくても、独自に「視聴者満足度」みたいな数字を調査すればいいんじゃないだろうかと思う。
たしか、受信料の徴収に際して、客ごとに固有の顧客番号かなにか割り振ってたよね。
それ使ってネットやケータイなどでアンケートとればいいんじゃないかな。
そうすれば、「視聴率落ちてますね」と言われても、「あ、うちの独自調査では好調ですから」って言えるじゃない。
[PR]
by kude104 | 2008-11-09 23:59 | テレビ

民放崩壊への最初の兆候

内外タイムス - ゴールデンタイム平均視聴率 NHKが民放を抜いた

指摘されているように、NHKが上がったのではなく、民放が下がったのでしょうね。
ここ何年かの平均視聴率のグラフを描いてみれば、たぶん、そのへん一目瞭然なのだろうと思います。

「若者のテレビ離れ」というものも、当然あるでしょう。
民放とNHKと、視聴者に占める若者率を比べれば、民放のほうが高いだろうと容易に想像がつく。
なので、同じだけ「若者のテレビ離れ」が進行すれば、民放の下げ率のほうが大きくなってしまう。

とはいえ、それだけではない。
やっぱり、民放の番組制作力が落ちていると見るべきでしょうね。

たとえばオリンピック中継。
オリンピック中継の視聴率というのはたぶん、普段テレビを見ない「浮動票」が大いにかかわってくるのではないかと思います。
この浮動票の奪い合いには、「視聴者に占める若者率」とか関係ない。
これをNHKが制したということは、純粋に民放が番組作りでNHKに敗れたと言っていいんじゃないかと思います。

大局的な流れとして、テレビを視聴する人の数というものは、この先右肩下がりであることは間違いない。
スポンサーからの広告料が主な収入源である民放の未来は、同じく右肩下がりでしょう。
視聴率が下がって、広告収入が上がるわけないんだから。
問題はどこで下げ止まるかだけど・・・どうだろうなぁ。
半分はいかないとしても、3分の2くらいはいきそうだよね。
地デジに移行して何年かしたころに、経営が立ち行かなくなる民放局が出てくるんじゃないかな。

ゴールデンタイムの平均視聴率で民放がNHKに敗れたこのときというのが、後に、民放崩壊に向かう最初の兆候として語られることになるかもね。
[PR]
by kude104 | 2008-09-25 23:59 | テレビ

ドラえもん愛

アマ・ジャナ: 「ドラえもん」の呆れた制作裏事情

たぶん同年代の平均よりもドラえもんアニメを見ている(テレビは毎週見てるし、映画も毎年見ている・・・と改めてこうして書くとまるでドラマニアみたいだけど、違うんですよ)ぼくとしては、ひとことコメントせねばなるまい。

ぼくは別に、「視聴率稼ぎ」と批判されているこれらのやり方を、歓迎はしないまでもさほど不快感もない。
この安達元一さんのブログでの発言は、まぁ、「調子に乗って自画自賛している様子が鼻につく」という部分での不快感は多少あるけど、彼の仕事は「ドラえもんの視聴率を上げること」なんだから、そのためのあの手この手を講じるのは当然といえば当然だよね、というくらいの感想でしかない。

その視聴率を上げるための方法が不愉快だという意見はわかりますけど。
秘密道具コンテストや、たまにドラマの俳優やヨン様が登場するくらいは、まぁ可愛いもんだと思うけどなぁ。
ドラミちゃんの声も、千秋さんでべつにいいんじゃねーかと思ってるし。
皆さんは、そんなに不快なのかなぁ。

「原作の世界観を壊す」とか「天国の藤子先生が泣いている」とか、そう思ってしまうファンの気持ちは分からんではないですよ。
でもどうだろう。
少なくとも、たぶん藤子先生は泣いてなどいらっしゃらないと思う。

ぼくも昔は、自分の好きなマンガや小説が映像化されたときに、「原作の世界観を壊す」と憤っているくちでしたが、その後だんだんとわかってきたのは、一流の作家さんほど「小説と映画は別ですから」といった発言をされるんですよね。
たぶんそうなんでしょう。
メディアが違うということは表現方法が違うわけですから。
マンガならマンガのドラえもん、アニメならアニメのドラえもんがあっていいと思う。

ドラえもん愛を語る皆様は、きっとマンガ版ドラえもんのファンだろうと思います。
なので、皮肉でも何でもなく、マンガ版ドラえもんが面白かったらそれでええやん、と。
マンガはマンガ、アニメはアニメと割り切って、「俺はマンガ派だね」と言っている方が、よっぽど「本物のドラえもん愛」な感じがしませんか。
アニメ版ドラえもんをマンガ版に近付けるべし!と叫ぶのは、ほら、宗教などにおける原理主義の方々の行いっぽくて、ちょっと引いちゃう。

もちろん、視聴率稼ぎのためのあざといやり方は、ぼくも嫌いです。
ドラえもんに速水もこみち登場させて、何がしたいの?って思う。
腹は立たないけど、失笑するよね。
でも、それで実際に視聴率が上がっちゃうっていうんだから、不思議だ。
あれにつられて見る人がいるってことだもん。
「今日、ドラえもんにもこみち出るんだって」
「きゃー! 見る見る! 絶対見る!」
みたいな感じ?
これで視聴率が上がらなかったら非難されて当然だと思うんだけど、上がるってんじゃなぁ・・・。
上がった分の誰かにとっては、「ナイス、安達」ってことだもんね。

まぁ、いろいろ意見もあろうかと思いますが、ドラえもんのメインターゲットはやっぱり子どもだと思うので、子供が喜んで見ていたらそれでいいんじゃないかと思います。
子供たちがね、安達さんのやり方に対して「ドラえもん愛が足りない!」って憤っているなら、テレ朝側は考え直さないといけないと思いますけど。
子供なんて、面白いか面白くないかだけですから。
どんなに策を弄しても、面白くなければ見なくなるだけです。

その結果、アニメ版ドラえもんが終わったって、ちっとも困らないし。
ぼく、そんなにドラえもん愛ないもの。
[PR]
by kude104 | 2006-12-23 23:07 | テレビ