世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「火の鳥は近親相姦があるけど規制?」 猪瀬副知事「されません」「傑作であれば、条例なんてないも同然」 - 痛いニュース

東京都の青少年健全育成条例改正案については、いわゆる「子どもに悪影響を及ぼしそうなものは、一般の販路とは別になるよう規制しましょう」という部分については、そりゃもっともなことであるよと思う。

もちろん、有害なものをすべて隠した無菌室のようなところで育った子どもは大丈夫か?という思いはある。
でもまぁそのへんは子どもってたくましいから、どこからともなくエロを仕入れてくるだろうという気もするから、まぁいいか――と。

問題は、有害無害の線引きを誰がどのように決めるのか?というところだろう。
条例の反対派の多くも、この点を強く懸念していたように思う。
結局、条例の改正案は成立してしまったわけで、結果的には反対派の敗北と言えるだろう。
なぜ反対派は敗北したのか?

争点は、「子どもの目に触れさせない」という規制の必要不必要の部分と、「線引きをどうするか?」という規制を実施する場合の運用についての部分と、ふたつあるとする。
反対派は、運用についての部分に問題があるから、規制反対というふうに論を運んだわけだけど、これが駄目だったのではないだろうか。
もしこれを、規制には賛成だけど、運用に問題があるというふうに運んでいたらどうだったろう。

本音を言えば、規制などされたくない。
それはそうだ。
それで世間の賛同を得られるなら何も問題はないわけだけど、世間ではおそらく「規制やむなし」のほうが優勢だ。
ならば最も守らなければならない本丸は何かと言うと、「線引きをどうするか?」だろう。
ここさえ守れたならば、敗北ではなく妥協で済む。

どうせ完璧な線引きなどできるわけがないのだ。
行政側が恣意的に線引きする危険性があるということは、裏をかえせば、出版社側が自分たちの都合のいいように線引きできる可能性もあるということじゃないだろうか。
「誰がどのように線引きするか?」というルールが未確定ならば、そこを自分たちの都合のいいルールにしてしまえば、規制などあって無しが如しである。
いやむしろ、自分たちの都合のいい線引きをして行政のお墨付きをつけられるならば、それは願ったり叶ったりじゃないか。

「運用に問題があるから規制に反対」と主張してしまっては、「規制に反対」の部分だけを取り上げられて、賛成派を敵にまわす。
そうではなくて、「規制には賛成。でも運用には問題があるから」ということで、運用についてだけ反対する。
しかも、ちゃんと対案となる(自分たちに都合のいい)運用ルールを提案する。
そうすれば、賛成派反対派双方の賛同を得られた可能性はないだろうか。

たとえば、行政が線引きすると戦前の検閲のように利用される懸念があるから、民間の有識者で作る審査会で判断する、と。
そのメンバーは行政の息のかからないところで選出する。
すべての出版物を事前に審査するのは困難であるから、基本的には出版社側の自己規制としておいて、発売後等に消費者からクレームの付いたものを対象に審査し、問題があればペナルティを課す形にする。
審査にかかる費用は都が負担する。
・・・みたいな感じにしておけばどうだろう。

あとは新聞やテレビに協力してもらって、「民間によるクリーンな線引きを」という線で押せばいい勝負できたんじゃないかな。
もしこれで成立したなら、実質的には規制反対派の勝利じゃない?
あわよくば賛成派が二分されて、話がまとまらず結局見送りってことになったかもしれないしね。
[PR]
by kude104 | 2010-12-17 20:36 | 時事・社会
今更感があるけれど、なんとなく「東京都青少年健全育成条例改正問題」が気になったのでつらつらと。
といっても、あまり良くわかっていないんだ。

改正の目的はなんだろう。
なんとなく、大筋は児童ポルノへの対策強化であるように思える。
その象徴的なものとして、「非実在青少年」という話が出てきているのだろう。
マンガやアニメなどの架空のキャラクターでも児童ポルノと見なすぞ、と。
「子どもに見えるけど設定上は18歳以上なんです」という言い訳は通用せんぞと。

ぼくとしては、架空のキャラクターを児童ポルノに含めるのは、やはり違和感を覚える。
児童ポルノ自体は根絶して良いと思うのだけど、それは実在の生身の子どもがポルノの対象となるのを防ぐためだ。
ロリコンという性癖を罪悪とせんがためではない。

ロリコン自体は、まぁ個人的にはキモいと思うのだけど、それこそバーチャルな世界で楽しんでいるぶんには構わんだろう。
ロリコンもマザコンも、バーチャルな世界ではどちらも同じく趣味嗜好という扱いで良いと思う。
「キモいから犯罪」というのは、気持ちはわかるけど、やっぱり通らんだろう。

考えようによっては、ロリコンは実在の世界では絶対にその欲望を満たすことが許されないのだから、むしろバーチャルな世界に活路を求めてもらったほうが良いではないか。
よくアニメ好きな方々が、「女は二次元が最高」などと仰るけれど、そんなふうに、「二次元のロリこそが最高!三次のロリなど要らん!」というくらいまで洗脳できればそれに越したことはない。

一方、表現者側も、表現は確かに自由なんだけど、でも、発表の場はやっぱりそれなりに配慮せなアカンよね。
「子どもに見えるけど設定上は18歳以上なんです」みたいなエロ作品が、PTAのおばちゃんたちの目にとまるような状況は、やっぱりダメだろ。
世の中には棲み分けってもんが必要だ。

表現者(というより主には出版者か)が18禁だなんだとゾーニングをきっちりやっていれば、まぁ、こんな話もそうそう出てはこないわけで。
テメエらには任せておけないから、条例でゾーニングやるよってことでしょ?

表現の自由を守るために表現者は戦わなければならないのだけど、戦う相手というのは何も「規制」だけではないという話だ。
野放図に表現の自由を行使したくなる己の欲とも戦わなければならないという話でもあろうと思う。
自由自由というけれど、自由って何かね?と。

本来であれば、アニメだろうと漫画だろうと表現の自由だろうとなんだろうと、エロい作品はきちんとゾーニングして販売すべし、という話であると思うのだ。
「ロリコンキモイ」という感情が紛れ込んでややこしくなっているけれども。

表現者側が自分たちできちんとゾーニングするんで、「非実在青少年」とかバカなこと言わんでくださいと、それで決着できればそれがベストなんだろうけど。
「テメエらには任せておけないから、条例でゾーニングやるよ」って流れだと思うので、きちんとやるったってなかなか信じてはもらえないだろうね。
そのへんは身から出た錆。
なので、条例でゾーニングしますということでの決着は、おそらく避けられないだろう。

問題は、じゃあ条例ならきちんとゾーニングできるのか?ってところだろう。
言うまでもなく、無理だ。
それがエロかそうでないかの判断基準を明確に規定することは不可能だから、本質的に、自主規制はゆるゆるになりがちだし、他者による規制は過度になりがちだ。

ならば。
条例によるゾーニングが避けられないとしたら、その対抗というか救済として、当局によって不当に不健全図書に指定されたと思う場合には、表現者側がきちんと異議申し立てできる制度を合わせて整えるよう主張することが有効なんじゃなかろうか。
当局の規制が不適切に行われた場合は、それによって被ったであろう損害を賠償すべきだ。
そういう制度を整えておけば、ある程度規制する側とされる側がフェアな立場に立てるし、過度な規制への抑止にもなるだろう。

ただただ規制反対!では「ロリコンキモイ」という世の大半のお母さんがたの支持を集めるのは難しそうなので、規制はかまいませんけど、公権力が好き勝手自由気ままに規制できるとしたら表現の自由とか脅かされて怖いんで、その防止策として同時に異議申立制度を整えさせてくださいねと訴えれば、どうにか対抗できないかなぁ。
[PR]
by kude104 | 2010-03-24 22:29 | 時事・社会

生理的に受け付けない

生理的に受け付けないのでエロゲーは規制すべきだ - P2Pとかその辺のお話@はてな

このエントリーの趣旨に同意する一方で、「生理的に受け付けないのでエロゲーは規制すべきだ」という気持ちも分からないではない。
「分からないではない」であって、賛同するものではないけど。

凌辱系というのですか、そうしたエロコンテンツに女性のひとが嫌悪感を抱く気持をぼくなりに想像してみるに、たとえば、どこかの国で日本人を惨殺して惨殺して惨殺しまくるゲームが人気です、という話を聞いたとき、たぶんぼくらはぞっとするんじゃないかと思うんですよね。
もちろん、その国の人は言うでしょう。
「いや、日本人を惨殺して遊んでいるのは、あくまでもゲームの中だけですよ」
「現実では惨殺できないから、ゲームの中で惨殺して発散しているのです」
「惨殺ゲームで発散しているおかげで、むしろ、日本人が殺されずに済んでいるのです」
それはその通りなのだけど、ゲームの中で日本人を惨殺して快感を覚えている人たちを、ぼくらはやっぱり生理的に気味悪く思うんじゃないかな。
もしそれがお隣の国で発売されているなんて話になれば、「これはひどい」タグ付きまくりじゃないでしょうか。

そう考えれば、「生理的に受け付けないので規制すべきだ」と言いたい気持ちは分からんではない。

でもって、こうした「生理的に受け付けないので規制すべきだ」という、言わば感情的な言動が正義として通ってしまうことが、世の中往々にしてある。
たとえば、18禁であるとかモザイクであるとか、ああしたものに「データに基づく客観的な根拠」があるとは思えない。
「生理的に受け付けない」という人が多数を占めて、「規制すべきだ」に共感が集まれば、それで正義がまかり通るのだから。

なので、「規制したけりゃデータを出せ」と余裕を見せていないで、エロゲー支持者のほうが「エロゲーは無害です」という客観的なデータを揃えて権利を勝ち取るつもりでいたほうが良かろうと思います。
不公平だけど、マイノリティーのほうが闘争して勝ち取らなければ潰されちゃうので。
[PR]
by kude104 | 2008-05-25 21:00