世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
収入学歴はあるけど恋愛経験が皆無の男へ。アラサー女子と和解して幸せになりませんか? - 結婚・恋愛ニュースぷらす
ここらで一歩ずつ譲歩してお互いに幸せになりませんか?
収入学歴はあるけど恋愛経験が少ないアラサー男子はアラサー女子に育ててもらうぐらい
の謙虚な気持ちで仕事や趣味彼女との付き合いを通じて自分を成長させる努力をする。
アラサー女子は多少幼いところには目をつぶり成長意欲があり努力の姿勢が見られるので
あれば多少現時点で未熟なところには目をつぶり長い目で育てる。
名付けてアラサー男女の幸せのための和平交渉。どうですか?
婚活と言いつつ恋愛経験がどうのこうのと言っている時点で間違っている。
結婚相手に「恋愛経験」の豊富さなんて必要ないだろ。
それが「人として幼い」という意味ならば、恋愛経験関係ない。
「人として幼い」のと「女性あしらいが幼い」のとを混同しているなら、まずそれがダメ。

収入学歴はあるけど人として幼いから結婚出来ない男性に対して、女性が母親がわりになって育ててやろうということなら、発言の趣旨はわかる。
アラサーにもなって「人として幼い」ってのはかなりのキズアリだと思うけど、他に相手がいなくて、どうしても結婚したいならそれもしょうがない。

一方、「女性あしらいが幼い」ことに対してどうのこうの言っているのだとしたら、自分自身が「人として幼い」のだということに気がつけ。
[PR]
by kude104 | 2010-12-03 17:53
「普通の結婚」が、手に入りにくくなった理由 - 日経ビジネス Associe(アソシエ)

動物番組なんかを観ていたら、自然界においてはパートナーを得て子孫を残すということが、どれだけ過酷な競争であるかが良く分かる。
もちろん人間は動物とは違うけれど、あれを観ていると、そんな誰しも当たり前のように「普通の結婚」ができるほうがおかしいという気がしてくる。

それをやろうと思ったら、自然なカップリングではなく、強引に組み合わせないと無理だろう。
実際、かつての結婚は、そうした感じだったんじゃない?
で、それを「普通の結婚」と呼ぶかというと、違うだろう。
なら、「普通の結婚」って何かね?と。

たとえば、かつては「普通の結婚」があり、「普通の幸せ」がありました、と。
それが今は手に入り難い世の中になっています、と。
それを事実とするとして。

でも、思うに、「普通の幸せ」を手に入れるために、かつての人たちは、おそらく「普通の不幸」や「普通の苦労」や「普通の我慢」なんかを、同時に引き受けていたのだろう。
「普通の結婚」が「強引な組み合わせ」によって行われていたように。

結婚に限らずとも、たとえば上記の対談で「いまは日常生活の中にセーフティーネットがない」といったことが語られているけれど、近所付き合いはしない、親戚付き合いも希薄、親との同居は嫌、職場の上司同僚とは会社だけでの付き合いですと。
それで、困った時にだれも助けてくれないって、当たり前だよね。

かつての「普通の幸せ」だって、なにも当たり前に享受できたわけではなく、「普通の不幸」や「普通の苦労」とワンセットになっていたはずなのだ。
それを「普通の幸せ」だけ取り出して享受したいと願う、そのこと自体は間違っていない。
社会を良くしていくということは、不幸や苦労をなくしていくということだからね。
ただ、それはもう「普通」の幸せではないよ、ということだ。

きっと、「普通」なんてどこにもなくて、自分なりの幸せを探していくしかないのだろうと思う。
そして、幸せは「平凡な日常」の中に時々あるから「幸せ」なのであって、「幸せな日常」を追い求めると不幸ばかりが増えて行くのだろうな。
[PR]
by kude104 | 2009-11-28 18:36 | 時事・社会

結婚への「高望み」心理

不倒城: 結構本音で、いわゆる「結婚への高望み」の中身について聞いてきた

ふむ。
「結婚によって発生するデメリット(あるいは気乗りの無さ)を考えると、自分の場合、このくらいの条件でなければ結婚するメリットがない」という判断のもとに条件を「高望み」に設定するというのは、「理にかなっている」と思います。
そして、「だから婚活ゲームには(積極的に)参加しない」という行動であれば、理にかなった判断のもとに、理にかなった行動であるよと思う次第です。

問題は、それでもなお、婚活ゲームに参加しようとすることでしょう。
高望みくらいでないと釣り合わない(でも、高望みゆえに叶わない)と思いながら、それでも参加しようというのは、ちょっと理にかなった行動とは思えないから。

その参入が「私なら勝てる!」という判断のもとに成されたものならば、まるで矛盾しているので、「身の程知らず」と笑われるのもしょうがないと思うのだけど。
それはそれで良いとして。

ここで述べられているのは、本人も「勝てるわけない」と分かっていながら、それでも婚活ゲームに参加せざるを得ない状況があるのだ、ということですね。
「多くの」なのか「一部の」なのかは分かりませんが、ある女性たちにとって、婚活というゲームは、降りたくても降りられないのだと。

そうした状況が発生するのは、女性にとって、結婚というものがかなりの社会的ステータスを意味するからでしょうか。
たしかに男性でも、結婚できるやつが社会的に上、できないやつが下、という価値観はありますもんね。
女性の場合は、仕事で社会的ステータスを上げにくいのと、やはり「子どもを産む」という能力によって、男性以上にそれが強くなるのかもしれない。

いずれにせよ。
結婚など別にそんなにしたくないのに、婚活ゲームから降りられないから、参加しているふうを装う。
で、結婚したくないゆえに条件は「高望み」に設定してあるから、不本意にも、「身の程知らず」と笑われてしまう・・・ということなのかもしれない。
だとしたら、女性もいろいろ大変なんだなぁと、なんだか同情してしまう。

あるいは、そこまで合理的な「高望み」設定じゃなくて。

どうせ結婚するなら、そりゃ誰だって、できるだけ好条件で結婚したいと考えるのは普通です。
でも、自分のレベルで現実的に考えるなら、このくらい妥協しないと無理だろうなぁというラインがあって。
そのラインが、自分にとって、ひどく惨めなものであると思えば思うほど。
それを認めることは、自分が惨めであることを自分で認めることになる。
それはやはり、哀しいことですよ。

妥協した結婚をすることが、自分にとっての負けを確定させることならば。
理想の結婚を目指して無理を承知で走り続けるしかないわけだ。
走り続けている以上、負けを認めないでいられるからね。
そうして結婚適齢期を完全に過ぎて、タイムアップでゲームが終了するまで走り続ければ、少なくとも、「理想の相手と出会えなかった」という言い訳が立つ。
自分で自分の負けを認めないでゲームを終えることができる。
だから、そのときが来るまで、笑われながら走り続けるつもりなのかもしれない。

そう考えると、なんだかとても切ない話だなぁ。
[PR]
by kude104 | 2009-07-25 23:42
不況影響…「婚活」新時代、キーワードは“共働き”(産経新聞) - Yahoo!ニュース

ふーむ、たしかに、婚活は女性のほうが大変そうだなぁという印象。

男性は、裏を返して言えば、カネさえ持っていれば結婚できそう。
その「カネさえ持っていれば」がすごく難しいというのはあるけれど、ステージクリアのための条件は分かりやすい。
年収600万くらいあれば結婚できる、なければ諦める、みたいな。

女性の場合は、年収が高ければ結婚できる、というものでもない。
ま、いずれは、「主夫ゲットだぜ」的な働く女性の結婚が珍しくなくなる時代も来るでしょうけど、まだ10年は先じゃないかな。
性格の良し悪しは、男性だろうと女性だろうと、「婚活」ではアドバンテージにならないし。
となると、やはり、女性の武器は「美貌と若さ」ということになるでしょうね。
ってことは、女性の「婚活」は20代のうちが勝負ってことになっちゃう。

20代のうちから婚活市場に参戦して、稼ぎの良い男を探し、あの手この手でアプローチをかけ、ライバルたちを蹴落としつつ、ものにする。
稀少価値の高い「裕福な男性」を戦略的にゲットしようと思ったら、女性はますます「肉食化」して行かざるを得ないよなぁ。
下手をすれば、高校卒業くらいで婚活市場に参戦するのが、最強戦略かもしれない。
婚活する30代40代といった女性たちは、そうしたライバルたちと戦っていかなければならないのだから大変だ。

男性の場合は、言うなれば、仕事のことだけ考えていれば結婚も付いてくる(要するに、年収を上げればよい)けど、女性の場合、仕事と結婚が別だからなぁ。
仕事は仕事で、今の社会じゃ男性並みに出世するのもなかなか大変だろうし、結婚は結婚で、結局「若さと美貌」が決め手なら努力のし甲斐も難しい。

恋愛結婚と婚活市場で需要の高い人以外は、もはや結婚しない・できない時代になったのではなかろうか、と思います。
あとは、試験管ベイビー的な、結婚しなくても子供持てます的なシステムが整えば、苦労して妥協してそれでも結婚する意味合いってあるのかなぁという気がしますね。
[PR]
by kude104 | 2009-06-16 17:25 | 時事・社会

結婚式

どうもご無沙汰です。
この連休は親戚の結婚式に参列するべく、実家に戻っておりました。

いやあ、やばい。
やばいね、結婚式。
よく、「男は結婚して一人前」などと言いますが、その意味が少しわかった気がします。

もちろん一概には言えませんが、それなりに形の整った結婚式を挙げるという行いは、確かに“男の一人前”を感じさせるに十分な儀式であるよと思ったものです。
すなわち、「結婚して一人前」というより、「きちんとした結婚式を挙げることが、一人前になった証し」として機能するのだ。

まず、結婚式を挙げられるだけの財力があることの証明になる。
そして、仕事関係の参列者の顔ぶれ(人数、肩書き)を見れば、その人の会社内でのポジションというものが分かる。
さらに、友人の顔ぶれを見れば、交友関係もわかってしまう。

思わず自分の結婚式をイメージしてみて、愕然とした。
やばい。
絶対、新婦の参列者のほうが多い。
式の費用まで新婦持ちなんてことになりかねない。
てか、それ以前に、新婦にまるで心当たりがない。

今回顔を合わせた従兄弟の中で、未婚の人間では、気がつけばぼくが一番年上になっていました。
そうなると、次はキミだねーなんてことを、会う親戚親戚に言われるわけで。
「いやー、ぼくはまだまだっすよー。○○ちゃんのほうが早いんじゃないですかねー」などと冗談めかして答えるわけですけど、これが実に痛々しい。
だって、冗談になってないんだもの。
謙遜にも照れ隠しにもなってない。

絶望した!
自分の状況に絶望した!

そんなぼくの焦燥などまったくお構いなしに、結婚式は幸せ一杯に終わりました。
ああ、でもいいもんですねー、結婚式って。
どうぞお二人、末永くお幸せに。
[PR]
by kude104 | 2006-10-10 23:59

妥協から始まる愛もある

先日の「妥協で彼氏と付き合っている人」にトラックバックを頂いて、先方さんのブログにコメントを書きこんでいるとき、「あ、今ぼくイイコト言ってる」と自分で自分に感心してしまったので、ここに改めて書いておこうと思います。

交際相手を選ぶ際に妥協するのは悪いことではない。

理想を言えば誰だって、白馬の王子様やアイドルの誰彼や二次元美少女のナントカちゃんみたいな相手と付き合いたいに決まっている。
でも、そんなことを言っていたら、一生誰とも付き合えないでしょう。
ですから、多かれ少なかれ「ま、この人で良いや」と妥協できる人と付き合うことになろうかと思います。
ましてやそれが結婚ともなると、さらにいろいろな条件を考慮しなければなりません。
当然、妥協も多くなります。

この感じ、何かに似ていると思ったんですが、就職に似てませんか。

誰だって、なりたい職業と実際になれる職業とは違う。
ほとんどの人は、妥協して就職することになるでしょう。
いつまでもミュージシャンを夢見てなんていられないってのは、現実認識として正しい。

でも、じゃあ、妥協した職業、妥協した会社で働く人間はみんな不幸かというと、そんなことはない。
思うに、与えられた職場で与えられた仕事を一生懸命やっている人は、たとえそれが妥協から入った仕事であっても、きっと充実感を持って働けるだろうと思う。
そして気がつけば、いつのまにかこの仕事も悪くないと思えるようになっていた──なんてことになるんじゃないかな。

一方、「俺が本当にやりたい仕事は、こんなもんじゃない」と愚痴りながら嫌々仕事をしている人はどうだろう。
たぶん、ちっとも楽しくないし、いつまでたってもその仕事を好きになんかならないでしょう。
まして、「給料を貰えるから出社してやっている」なんて言おうものなら、「お前、何様のつもりだ」って怒られて当然です。

「頑張ってみたけど、やっぱりこの仕事は自分にはあわなかった」となるのは構わない。
それはしょうがない。
でも、初めから「妥協だから。お給料さえ貰えれば良いから」って姿勢はやっぱり違うと思う。
とりあえずでも前向きに取り組むつもりが無いなら、入社するなって思いますね。

ここでいきなり結婚の話に戻るけど、そもそも、仮に30歳で結婚するとして、70歳まで生きるとして、結婚生活は40年間です。
40年間も嫌々一緒に暮らすって、ものすごいしんどいことだと思うんだけどなぁ。
それよりも結婚できないことのほうが嫌なんだろうか。

結婚がある種の契約で、そこに打算が働くのは当然として、物事の優先順位を挙げるなら、まず「40年間一緒に居られる相手」ではないかと思います。
それを満たす相手だから、多少顔が悪くても収入が少なくても妥協するという判断のほうが正しいように思うのですが。

そして、この「40年間一緒に居られる相手」というのは、「恋愛感情を抱ける相手」とは微妙に違うように思います。
たぶん、「家族になれる相手」だろうと思います。
このへん、ぼくも実体験が無いので分かりませんけど。

──とまぁ、書いてみたら、ブログに書いたコメントの内容とは違う方向に話が広がっちゃったようにも思いますが、まぁ、そんな感じで。
要するに、妥協で付き合うような女性とは、40年間一緒に暮らせませんってことで。
[PR]
by kude104 | 2006-07-17 22:51
Diary of Hopeless Sinner : 妥協で彼氏と付き合っている人@独身女性

なにこの切ない言葉の数々は。
ぼくの中のロマンチックな幻想が冷えついた。
怖ぇぇ、結婚を意識した女性は怖ぇぇよ。

これを見ると、「男性は年収と結婚率が比例する」というのも頷ける。
それを聞いて以前は「金のあるやつはいいなぁ、結婚できて」と思っていたけど、これを見たら、「妥協で結婚されるくらいなら、結婚できないほうがマシかも」と思ってしまいますね。
「妥協した」とか高みから思われるのって、想像しただけでまじ腹立つ。

こうした“妥協女”を選んでしまわないために、何に気をつければいいのか考えてみよう。

年齢で言えば、20代後半から30代半ばくらいが危なそう。
それ以前は結婚なんて恋愛結婚しか考えて無いだろうし、それ以降は一番焦る時期を越えて、人生のんびり気楽に行きましょうみたいな境地に達していそうですから。

その中で、恋愛経験の豊富な女性が危なそう。
豊富な経験がプラスに働く場合もあるだろうけど、マイナスに働くケースのほうが多そうです。
なぜなら、裏を返せば、恋愛経験が豊富なのに、恋愛結婚できなかった女性ですから。
ものすごい、打算に走りそうじゃないですか。

あと、自分の人生がつまらなさそうな女性も危ないですね。
自分の人生が充実していれば、強いて妥協しようなんて思わないでしょう。
妥協するということは、相手について妥協するようで、実は自分について妥協しているのだと思います。

──とまぁ、そんな感じでしょうか。

ところで、男の場合はどうなんだろう。
妥協で彼女と付き合っている男性ってのも、そりゃいるだろうと思いますけど。

・・・いや、止めておこう。
男が妥協して女性と付き合う理由なんて、身も蓋も無く、下半身に違いない。
[PR]
by kude104 | 2006-07-15 23:59