世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ITmedia News:YouTubeが動画3万件を削除 日本のテレビ局やJASRACが要請

Googleに買収されてから、違法コンテンツに対する内外の対応が熱っぽくなった感じがありますね。

「権利者が削除要請を出して問題の動画が削除されても、すぐにまた別の人間によって再アップされるから、いたちごっこで効果がない」と言われますが、これって本当なのかな。
ぼくはあまりYouTubeを利用しないので、一度削除された動画が再アップされるスピードと数がどれほどのものか良く分かりません。
そんなにすごいものなのでしょうか。

テレビ局やJASRACくらいの団体なら、YouTube監視員を何人か用意して監視すればいいのではないかと思うのだけれど。
完全自動監視は無理としても、予め設定したキーワードを定期的にYouTubeで検索し、問題ありそうな動画をリストアップするくらいのことは出来そうに思うのだが。
動画の内容自体をある程度チェックすることだって、不可能ではないでしょう。
今回のように、各社・権利団体が共同して監視体制を作れば、より効果的に監視できるだろうし。

そうやって、片っ端から削除要請を出しまくればいいと思うのだけど。
たとえいたちごっこになろうとも、再アップされる側から再削除要請を出し続ければいい。
そうすれば、やがて疲弊するのは、日々膨大な削除要請に追われるYouTubeのほうではないかと思う。

また、いくら再アップされるとは言え、頻繁に削除→再アップ→削除→再アップが繰り返されると、閲覧するユーザにとってもウンザリするでしょう。
そうなると、違法動画を観る際の労的コストが上がり、YouTubeの魅力が減少する。

ときどき思い出したように削除要請すのではなく、やるなら徹底してやる。
それができないなら、共存の道を探る。
中途半端は意味がないと思う。
[PR]
by kude104 | 2006-10-20 22:35 | PC&ネット