世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アメコミ映画:要因は格差社会? 「ダークナイト」「アイアンマン」不振の背景(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)

この日記で感想は書いていないけど、「ダークナイト」も「アイアンマン」も、ぼく観てるんだよね。
で、この2作が不振だった理由が、ぼくなりになんとなく分かる気がする。

格差社会が理由、なんてことはもちろんないだろう。
なんでもかんでも格差社会のせいにすればいいってもんじゃあない。

基本的に、「登場人物に感情移入できないから」という理由は、観た人の感想だ。
この映画を観ようかどうしようかというときに、「主人公が金持ちで感情移入できそうにないからやめよう」などと判断する人がそう多くいるとは思えない。
「主人公に感情移入できなかったから、2回目観に行くのはやめよう」なら分かるけどね。

もちろん、感情移入できないから面白くなかったということで、観た人の評価が芳しくなく、それゆえ口コミが広まらなかったからヒットしなかったという図式も成り立たないわけではないけど。
「ダークナイト」はたしか、観た人の評価は概ね良好だったはず。
なのできっと、そういうことじゃない。

理由はもっと単純で、話題性に乏しいからだろうと思う。

まず、アメコミ自体の話題性が、そんなにない。
海外じゃ、バットマンだアイアンマンだといえばそれなりの知名度と話題性があるのかもしれないけど、日本じゃそうは期待できんでしょう。
バットマンはそれでも名前は知られているだろうけど、まず、「ダークナイト」がバットマンの映画だという言うことを知らない人って、たぶん多い気がする。
アイアンマンに至っては、ミクロマンとどっちの知名度が上か下かといったくらいじゃないのかと。

基本的に、女の子を初めてのデートに誘う際に、誘いにくい映画はヒットしないと言っていいと思う。

たとえば、「今度一緒にダークナイト観に行かない?」と誘えるかって話だ。
女の子が「ダークナイトってどんな映画?」と訊いて来るよね。
「バットマンの映画」と答えて、「わあ、観たい! あたし、バットマン好きなの」というリアクションは期待できそうにない。
どちらかというと、「えぇ~、バットマン・・・」というリアクションのほうが目に浮かぶ。
それに対して、「いや、バットマンの映画なんだけど、いわゆるスーパーヒーロー映画らしからぬシリアスな内容が売りで。特にジョーカーっていう敵キャラがクレイジーでいい味出してるんだ」などとその魅力を語っても、語れば語るほど離れて行きそうです。

「アイアンマン」の場合は、更に。
主人公が試行錯誤しながらパワードスーツを自作していく過程がいかに男の子魂をくすぐるか、そうして完成したパワードスーツによる鋼と鋼の肉弾戦がいかに男の子魂を熱くさせるかを力説しても、むしろ逆効果じゃない?

これらに比べれば、「ウォンテッド」なんてちょろいもんだ。
「アンジェリーナ・ジョリーがワイルドでセクシーですごいらしい。映像もスタイリッシュでクールらしいよ」でOKだろ。

映画がヒットするかどうかの半分以上は、素材そのもののネームバリューか、出演者のネームバリューだろうと思う。
「ダークナイト」もブラッド・ピットが出てればヒットしたんじゃないの?
[PR]
by kude104 | 2008-10-17 21:43 | 映画

パコと魔法の絵本

というわけで、「パコと魔法の絵本」を観てきました。

結論から言うと、ぼくの好みではないけど、世間的には好評価な作品だろうな、と。
ギャグシーンではけっこう笑いが、感動シーンではすすり泣きが聞こえていたし、終わった後も「面白かったね!」という感想を述べている人が目立ちました。

ぼくも決してつまらないわけではなかった。
というか、どちらかと言えば面白かった。
ただ、ぼくの好みとはちょっとズレているねというだけで。

何と言うかなぁ、素人劇団のコント芝居を見ているような感じなんですよね。
いちいち過剰なんだよ。
もちろん、役者の演技が下手でそうなっているのではなくて、そういう芝居をわざとやっているわけだけども。
だから、そういうノリが好きな人にはドストライクなんだろうけど、ぼくはどちらかというと、「微妙にずれているのがおかしい」系統が好きだから。

たとえば、國村隼さんにケバいオカマの役をさせる。
そりゃ確かに面白いというか、可笑しいですよ。
でもなぁ、「そういう笑いが好き」というのは、ちょっと抵抗があるというか。
「ベタやなぁ」と思ってしまうんですよね。

映像的な部分では、これは面白かった。
なんというか、絵本ぽいというか、おもちゃっぽいイメージのCGの世界観は、とても見事でした。
実写とCGの融合で、ここまで違和感なく安っぽくもない出来栄えは素晴らしい。
邦画じゃ、ちょっと他に類を見ない映像美です。

一見子供向けっぽいけど、ターゲット層は若者だろうと思います。
笑いのツボさえはまれば、面白い映画なんじゃないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2008-10-01 23:59 | 映画
うわー、惜しい!
120点行きそうな素材で80点!
──って感じ。

今週で上映が終了しちゃうということなので、観てきました「デトロイト・メタル・シティ」
で、冒頭の感想です。

いや、面白いんですよ。
80点といったら、けっこう高得点ですよ。
普通なら、「これは面白い!」とオススメしちゃう点数です。

でも、素材が。
素材のポテンシャルが想像以上に高すぎて。
面白かった80点はそれとして、「でも、120点くらい行けただろう」と思ってしまう悲劇。

ぼくの中で、足りなかった40点が何かと考えてみると、変に『感動』を入れようとしたのが余計だったのではないかと思います。
主人公は、自分が本当にやりたいことでは認められず、やりたくないことで才能を認められるわけです。
そうした苦悩と葛藤、そして挫折。
その果てに、たとえ自分のやりたくないことでも、それが誰かの夢や希望になっているということを知ります。

うん、たしかに感動的なテーマです。
ただ単純なギャグ映画というのじゃなくて、こういう良質なテーマ性を盛り込んで作品に深みを持たせることは、決して間違っていない。
というか、むしろ正しい。
──これが普通の映画ならば。

たぶんね、企画段階、脚本段階では、誰がどう見てもそれで正解だったと思うのよ。
でも、「デトロイト・メタル・シティ」は、クラウザーさんの破壊力が凄まじすぎた。
映像になって、クラウザーさんが動きだした時点で、「あ、これ違ったな」と。
「これ、『感動』無理だな」ってことになっちゃったと思うんですよね。
クラウザーさんのあまりの破壊力に、『感動』が完全に殺されちゃってます。
これは企画段階では予測不能、不可抗力だよなぁと、作り手に同情します。

異形のクラウザーさんが日常の風景の中にぽつんと存在する、それだけで可笑しい。
というか、可笑しすぎる。
この可笑しさの前では、主人公の苦悩や葛藤というのは、ギャグの前フリにしかなり得ない。
なり得ないものをどうにか頑張って『感動』に押し込んだ、そこがブレーキになっちゃってた。
『感動』を諦めて、全開ギャグで突っ走ってたら大爆発したと思うだけに、勿体ない。

聞くところによると、この「デトロイト・メタル・シティ」の主題歌「SATSUGAI」は、カラオケで歌詞が表示されないという。
たぶん、内容がアレすぎるからでしょうね。
そんな映画に『感動』は、やっぱ向いてなかったんだよ。

あ、それと、ライブの映像は実にカッコよかった。
ぼく、メタル系は好きじゃないんだけど、あのライブのシーンには「あ、メタルもいいかも」と、ちょっと持ってかれそうになった。
さすがです、クラウザーさん。
[PR]
by kude104 | 2008-09-22 23:59 | 映画

崖の上のポニョ

というわけで、無事に「崖の上のポニョ」を観ることができました。
世間ではかなり賛否両論だし、ぼくとしても「はいはい、どうせストーリー破綻してるんでしょ。でもまぁ、イベントものですから」といった感じで軽く考えていたわけですけれども──。

正直すまんかった。

すげぇよ。
これすげぇ。
面白い面白くない、好き嫌いで言うなら、過去の宮崎作品あるいは他の映画でもポニョを超えるものは多々あるだろうけど、「すごい」という点で言うなら、ポニョを超えるあるいは匹敵する作品というものをちょっと思い浮かばない。
宮崎駿の名はまず間違いなく後世の何か──国語なのか社会なのか芸術なのか知らないけど──教科書に載るだろうと思うけど、そのときどれかひとつが彼の代表作として選ばれるとするならば、ナウシカでもラピュタでもトトロでもなく、ポニョだろうと思う。

ストーリー的な面白さでいえば、たしかにラピュタやなんかが上でしょう。
でも、というか、そもそもというか、ポニョは「ストーリーが破綻している」とか、そういったところとはもう別の次元に逝っちゃってる。
ラピュタやナウシカの頃の宮崎さんをハヤオ1.0とすれば、ポニョはハヤオ3.0くらいじゃないだろうか。
もうね、あのひとにトトロやラピュタを重ねて見るのは、「あなた、いつまでそんなところに居るんですか」って感じだと思うのよ。
本人はとっくに3.0まで進んじゃってるよ。

ポニョは、大ざっぱに分類するなら、おとぎ話や童話の類だと思う。
ポニョの物語の理不尽さに対するツッコミというのは、たとえば浦島太郎のお話に「海の中に竜宮城があるなんてありえねー」とか「玉手箱を開けるとジジイになるとか意味わかんねー」などとつっこむようなものじゃないだろうか。
宝島のつもりで浦島太郎を読んで「がっかりした」と言っている人が多いような、そんな印象を受けます。
これはまぁプロモーションの影響もあるのだろうけど、ハヤオと聞けばどうしてもハヤオ1.0を期待してしまうからでもあるんだろうなぁ。

おとぎ話や童話の類なんて、小説として読んだらたいして面白くない。
ポニョもたぶん、小説にしてもたいして面白くないだろう。
でも、その「小説にしてもたいして面白くない」ポニョをアニメーションにしたら、めちゃくちゃ面白い──というのが、たぶんアニメーション監督宮崎駿の真骨頂だろうと思う。
あんな、あっけらかんと彼岸を描いちゃうようなクレイジーなお話を一般向けの娯楽映画としてとにもかくにも成立させてしまう剛腕は、彼以外にいないだろ。
ほんとすごい。

というわけで、ポニョは面白い面白くないということよりも、「何だかわからないけどすごいものを観た」という映画でした。
ぼくの中では、宮崎駿の最高傑作だと思います。

ちなみに、ポニョについての宮崎さんの言葉として、「試写で作品を見た子供たちの反応が全く無く、『子供たちのために作ろうとしたのに空振りだったのか』と落ち込んだ」というものがあります。
思わず「そりゃそうだろ!」とつっこんでしまいますが、これが心底本当に子供たちのために作ろうとしてあれを作っちゃうところが彼の恐ろしいところだと思うのです。
[PR]
by kude104 | 2008-09-02 23:59 | 映画
夏休みも終わり間近かの8月末ということで、例によって、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。

といっても、今回こそは「崖の上のポニョ」を観るぞと。
ふと油断すると無意識に「ポ~ニョポニョポニョさかなの子」と口ずさんでいる自分がいて、げに恐ろしきはあの主題歌なりやと。
女の子が歌っている映像も、なにあの親戚の子の発表会を見ているような気分にさせられる魔力。
ハヤオ・・・恐ろしい子!

余裕があれば、あるいは、またしても「ポニョ」がだめだった場合は、「ダークナイト」を観たい。
バットマンの最新作だけど、すごく評判イイね。
最近ぱっとしない洋画だけど、本気でアクションムービー作らせたら、やっぱりハリウッドはすごいと思う。

あと、「デトロイト・メタル・シティ」も面白そう。
評判もイイみたいだし。
アクションはハリウッドでも、コメディは邦画のほうが面白いよね。
笑いのツボには、文化の違いが大きく影響するってことでしょうね。
(どうでもいいけど、公式サイト重すぎ)
[PR]
by kude104 | 2008-08-30 18:23 | 映画

洋画が不調な理由

洋画離れ止まらず 興行収入4割減少 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

邦画が好調で洋画が不調なんだったら、それは単に、「邦画に持ってかれた」ということじゃないだろうか。

ぼくの場合、今年劇場で観た映画は10本。
内、洋画は3本しか観てない(「ミラクル7号」を入れたら4本だけど)。
ぼくが物心ついた頃なんて、邦画は(個人的には)ぜんっぜん面白くなくて、「洋画しか見ない」と言っても過言ではなかった。
なのに最近じゃ、洋画より邦画のほうが面白そうな作品が多い気がします。

「DVDで済ます」影響は確かに大きかろうと思いますが、それでも邦画は好調だってんなら、魅力的な作品があれば客は来るわけで。
「吹き替えの海外テレビドラマに慣れた若者が、字幕の洋画を嫌っているのでは」という分析がたしかなのであれば、吹き替え版を上映すりゃいいじゃんと思うわけで。
やっぱり、「問題はそういうことじゃないだろ」という気がしてしまいます。

個人的には、公開本数が多くなり、公開から終了までの回転が速くなったことが、ひとつの大きな原因じゃないかと考えます。
劇場で映画を観るというのは、イベントなわけですよ。
単に映画の内容を観たいだけなら、それこそDVDでもいい。
それをわざわざ映画館まで出かけるのは、「劇場で観る」ことにイベント性を感じるからでしょう。

多くの人は、たいてい誰かと観に行くわけだ(ぼくは独りだけど)。
そうすると、「なに観に行く?」とか、「あれ面白そうじゃない?」とか、何を観るか選ぶところからすでにイベントなのです。
ほとんどの人は、ネットで情報集めて面白そうな作品を探して観に行くなんてことはしない。
「話題の映画」を観に行くのです。

で、公開本数が多く、回転が速いとどうなるか。
話題力が低下するんですよ。
本数が多いと、AさんとBさんとCさんが別々の作品を観ちゃうから共通の話題にならない。
回転が速いと、口コミでようやく話題になったころに公開が終了したりする。

邦画が好調なのは、洋画に比べて話題性が高いからだと思います。
洋画に比べて本数が少ないし。
テレビなどでよく宣伝されるし。
ワイドショーやスポーツ紙の芸能ニュースになったりもするもんね。
ハリウッド俳優の誰々が主演というより、日本人俳優の誰々が主演という方が、日本人にとって共通の話題になりやすいし。

そういう意味では、洋画ではピカイチの話題性を持っていたアレこういう展開なのはやっぱりじつに残念だなー。
[PR]
by kude104 | 2008-08-25 22:39 | 映画
気がつけば今年ももう折り返し地点ですよー。
――ということで、次の映画サービスデーの話でも。
今回はなかなか豊作で選ぶの迷っちゃうな。

本命はやはり、「ミラクル7号」だろうか。
じつはどんな映画か内容ほとんど知らないんだけど、チャウ・シンチー作品というだけで「たぶん面白かろう」と。
チャウ・シンチー作品といえば「少林サッカー」や「カンフーハッスル」など、基本コミカルとはいえ、そこそこエグいアクション映画というイメージがあるけど、今回のはちょっと雰囲気が違っていそうなところが興味津々。
チャウ・シンチーの新境地が見られるか!?てな感じで、とりあえず見ときたい。

「ミラクル7号」がなければ本命は「ザ・マジックアワー」だったところ。
こちらも、三谷幸喜作品ということで、「まぁ面白かろう」と。
三谷幸喜作品は、若干小さくまとまるというか「良く出来た佳作」レベルにとどまる印象が無きにしも非ずだけど、それでも平均レベルの面白さは保障されている安心感がある。
それに、今作はなかなかの自信作っぽいし。
まぁ、見て損はなかろう。

べつに、それほどファンというわけではないけど、それでもやはり「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」も気になる。
なんつーか、面白い云々は置いといて、「とりあえずイベントだから」みたいなノリで。
それに、どうせ見るなら映画館でという類の映画だしね。

今回はとりあえずこの3本あれば、ぼく的には材料として十分といったところだけど、他にも「隠れた良作」系の作品がいくつかあるし、これから夏に向けて話題作がどんどん出てくるし。
しばらく、映画豊作期間が続きそう。
[PR]
by kude104 | 2008-06-28 22:46 | 映画
GWと言えども平日だからか、むしろ普段より少ないくらいの客足でした。
というわけで、行ってきました映画サービスデー。
今回観た映画は、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『チェスト!』の2本。

まずは『チェスト!』から。
なんというか、一言で言うなら「ベタ」。
ストーリーといい、登場人物のキャラクター設定といい、公式サイトのあらすじや人物紹介を見て、「だいたいこんな映画かな」と想像するまさにその通りの映画です。

失礼な表現だけど、率直な感想として、「素人が一生懸命作りました」という感じ。
技巧的じゃないというか、洗練されていないというか。
「愚直に、素直に、ストレートにそのまま作りました」みたいな。
表現を反対にして言うと、技巧的で洗練された「地元の自主制作映画」のニオイがする。
これが計算でそうしているのだったらすごいけど、たぶん天然だろうな。

で、そうした「素人くささ」がマイナスかというと全然そんなことはなくて。
むしろ、こんなにベタな映画をこんなに純朴にやられたら、もう感動するしかないやん。
ある意味、きたない。
王道を直球ど真ん中勝負で来るからね。
しかも天然で。
たとえるなら、高校野球の「素人くささ」ですよ。
プロ野球のように技巧的で洗練されていないところが、いいんですよ。
とても好感持てます。

ターゲット層としては、「小学生のお子さんとの親子連れ」がベストマッチでしょう。
それで、親のほうが泣くパターンだと思います。
「小学生が友達と一緒にがんばる映画」を期待している人には、まったく期待を裏切らないので、安心してお勧めです。


一方、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』のほうは、『チェスト!』とは対照的に、ものすごく技巧的で洗練された映画です。
『チェスト!』の場合は天然でダサいところがあるけど、こっちは計算でわざとダサく作っている。
あっちが高校野球なら、こっちはまさにプロ野球です。

で、文句なく面白い。
劇場、笑いが絶えませんでした。
見事に老若男女だれでも楽しめるコメディムービーです。

ただ、敢えて言うなら、テレビドラマっぽいけどね。
映画ならではのスケールの大きさを求める人には、ちょっと物足りないかもね。
気楽に笑える映画を見たい人には、文句なくお勧めです。
今のところ、今期ベスト2と言ってもいいでしょう。
[PR]
by kude104 | 2008-05-02 21:59 | 映画
気がつけば4月も終わり、世間はゴールデンウィーク突入ですよ。
そんな最中の映画サービスデーは、きっと客が多いから嫌だなぁ。
――というわけで、なんだか久々な気がするけれど、次の映画サービスデーに観る映画の検討でもしてみましょう。

GW話題の映画と言えば、『少林少女』でしょうか。
超映画批評で、100点満点中4点をたたき出したという超話題作。
(これはきっと過去最低点だなと思ったら、『デビルマン』は2点だった)
他にもブログなどで評判を見るに、どうやら間違いなくダメダメらしい。

「少林少女、なかなか期待できそうじゃん」と実は秘かに思っていたので、なんともがっかりというか、やっぱりというか・・・。
フジテレビプロデュースの映画って、テレビと連動して話題性だけで押し切ってしまう印象あるからなぁ。
つまり、決して内容はよくないという。

「怖いもの見たさ」的な感じで興味が沸かないわけでもないけど、ま、ネタで費やすには金と時間がもったいないのでパス。
ということで、本命は――。

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』
『うた魂♪』
『チェスト!』

あたりかな。
こうして並べると、ぼくの嗜好傾向が分かりやすいね。
この手の、ちょっとコメディタッチの青春ムービーが好きなんすよ。

それにしても、一昔前は、ぼくの中で邦画は「つまらない」の代名詞みたいなもんだったのに。
どんなに面白そうに思っても、昔は邦画を選択するのは「賭け」だったのに。
最近は、邦画にネガティブなイメージは、まったくなくなったなぁ。
[PR]
by kude104 | 2008-04-28 22:48 | 映画

自由自由というけれど

誰か教えて (内田樹の研究室)

圧力をかけたほうでなく、圧力に屈したほうに憤る不思議。
「いじめられるほうにも問題がある」みたいな?

日教組の件はさておき、映画の件については、ぼくは映画館側のほうに同情的です。
そもそも、『靖国YASUKUNI』という映画を上映して儲けが出るとは思えない。
どんな映画か知らないですけど、客呼べる素材じゃないでしょう。
たぶん映画館側としては、配給元との付き合いとかなんとかで上映決めたんじゃないかな。
ただでさえ儲けにならん上に、いろいろ対応にコストがかかるとか面倒に巻き込まれるとかなった日にゃ、やってらんねぇでしょそんなもん。
映画館側の本音を言えばそういうことだと思うんですよね。
「金にならねーのにメンドくせぇことやりたくねぇ」と。

映画館はどだい営利目的ですから、「採算度外視で言論の自由を守れ」と強いるのは酷というものです。
もちろん、営利目的であっても法の範囲内で守るべきものは守らないといけないですけど、この場合、「何を上映するかしないか」を決めるのはそれこそ映画館の「権利」であるので、外野が強いるのはちょっと横暴だという気がします。
言論の自由を守る有志の方々が力とお金を持ち寄って、自分たちで『靖国YASUKUNI』を上映するのが一番いい解決方法じゃないでしょうか。

ちなみに、右翼の方々も言論の自由の範囲内で活動していらっしゃるが故に、法的に手が出せないんでしょうね多分。
[PR]
by kude104 | 2008-04-04 15:57 | 時事・社会