世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今年もどうにか無事にドラえもん映画を観に行くことができました。
今年は「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」ということで、かの鉄人兵団のリメイクですね。

結論から言うと、意外にも!奇跡的にも!ほぼ完璧な出来栄えだった!
いやあ、正直まったく期待していなかっただけに、驚いた。
たとえば、オリジナルの旧作と今作とどっちを観たらいい?と訊かれたとして、場合によっては今作のほうをおすすめしてもいいくらいの仕上がりでしたよ。

鉄人兵団のリメイク妄想ネタは以前このブログに書いたのだけれど、その中で、オリジナルの問題点として挙げていたひとつが「ザンダクロスことジュドの頭脳を改造して仲間にしちゃうのはどうよ?」という点(鉄人兵団をリメイクするなら その2)。
リメイクするなら、ぜひ、リルルとしずかの交流に加えて、ジュドとのび太の交流を描くことで、ジュドが自らのび太たちの「友だち」になる展開を作って欲しいと書いたのですが、まさにそのように作られていた!

リメイク版では、リルルとしずかの交流をよりいっそう深く描くのかと思いきや、むしろジュドとのび太たちの交流のほうがメインになっていましたね。
その際に、ジュドとリルルの心が繋がっているという設定を加えたのが上手いなぁと思いました。
これによって、ジュドとリルルがのび太たちに心を許す展開を、それなりに上手く描写できていたように思います。

ジュドがへんなヒヨコみたいになったときは、「それはどうよ」と思わないでもなかったですが、まぁあれくらいの力技は許容範囲内ということでよしとしよう。
へんなツンデレ演出もね、まぁ、あれはあれでいいかなと思うのですよ。
戦闘シーンなんかもリメイクによって迫力が増しているし、なによりザンダクロスが活躍するシーンがかっこよく描けているのがいい!

唯一残念だったのは、スネ夫の玩具のロボット・ミクロスの活躍が大幅にカットされてしまった点でしょうか。
個人的な不満点というか残念要素はそのくらいです。

ということで、予想に反して実によく出来ていた今回のドラえもん映画。
おじさん、この歳で危うく感動して泣いちゃうところだったよ。
ラストはやっぱり、何度見てもぐっと来るねぇ。
[PR]
by kude104 | 2011-04-03 15:57 | 映画

アバター

ようやく噂の「アバター」を観てきました。
前回「コララインとボタンの魔女」で3D体験に失敗したこともあり、また、どうせ観るならと言うことで、IMAXで観てきました。
なんでも、IMAXシアターは日本に4館しかないそうで、そのうちの一館が幸いにも近くにあるならば、観に行かねば勿体無いよね。

で、観たわけですが、いやあすごかった!
まさかこれ程とは。

ぼくがこれまでに観た3D映像というと、途中リタイヤしたコララインと、あとはUSJのアトラクションくらいです。
なので、アバターの3Dも同じようなものだろうと思って観に行ったんですが、ぜんぜん違った。
これ、同じ3Dと言っていいの?ってくらい違う。

コララインなんかは、言うなれば、飛び出す3Dだ。
平面の映像を基本として、要所要所にキャラクターなりオブジェなりを手前に浮かび上がらせることで、3Dの映像を作っている感じ。

対するアバターは、奥行きを表現することで3D映像を作っている。
まるでスクリーンが窓で、その向こうに映画の世界が実際に存在しているかのような立体感だ。

3Dの映像というと、たいていは飛び出す映像を作りたがるというか、無意識にそういうものだと思ってしまうよね。
それに対して、「3Dの映像とは奥行きの表現である」という、この着眼点はまさに天才的!
こういうところが、天才と凡人の違いなんだなぁ。

アバターが映画として面白いか面白くないかは人それぞれだとしても、この3D映像の「発明」は間違いなく映画史上のエポックメイキングとして歴史に残ることだろう。
サイレントからトーキー、モノクロからカラー、そして2Dから3D。
なにかこう、そういう時代の転換に立会ったような気分になるね。
[PR]
by kude104 | 2010-03-19 16:44 | 映画
今日は映画サービスデーということで、「コララインとボタンの魔女」を観てきました。
もちろん、3Dで。
前回「カールじいさん~」を観た際に、これの予告編を観て、「おもしろそうだなー」と思ってたんですよね。
こういう、ちょっとダークファンタジー的なアニメーションって、好きです。
また、初の3D映画体験としても、「アバター」だとなんかちょっといかにもな感じなので、これくらいがちょうどいいのではないかと思ったりして。
CGアニメーションと3Dって相性良さそうだし。

今回ぼくが観た3D方式はXpanDというやつ。
メガネにちょっとした装置が組み込まれていて、スクリーンからの信号を受けて、メガネの右目と左目の視界が交互に高速に閉じることで、強制的に片目パチパチ状態を作り出して立体視させるというものです。
ちょっとメガネがごついんですが、けっこうストレスなく3D映像が観られるもんですね。

上映前に、「ここでメガネをお掛けください。メガネに不具合があったらスタッフにお知らせください」みたいな映像が流れて、「おいおい、不具合なんてあるの? いやだなー。俺、こういうの引き弱いんだよなー」とドキドキしたけど、問題なく観られて一安心。
ぼく、映画観るときは視力用の眼鏡かけるんだけど、その上から3Dメガネかけても大丈夫だったので、それも安心した。

で、問題の3D映像だけど。
なんか自然に3Dな感じでした。
目の前にぐわっと飛び出してくるようなケースではあからさまに3Dって感じだけど、普段のシーンでは、ごく自然に実物の映像を観ているかのように3Dでしたね。
3Dであることを感じさせない3D。

途中で3Dメガネ外して観てみたんだけど、意外にも、だいたい普通に2Dとして観られた。
ときどき部分部分で映像がブレた感じになっているところがあって、きっとそこが立体的に見えている部分なのだろう。
あの感じだと、基本2Dで、要所要所に3D効果を加えているという感じかな。
だから「3Dであることを感じさせない3D」という印象だったのだろうと思う。

ちなみに、色合いはメガネなしで観た方がきれいに見えるね。
メガネかけると、ちょっとサングラス的な色が付く感じがある。

と、3D映像を楽しんでいたら、上映から30分くらいが経過した頃かなぁ。
突然、映像がチカチカし始めて。
どうも、ぼくのメガネの左右の目を閉じる機能がおかしくなったらしい。
「ええぇ、このタイミングで不具合?!」って感だよマジで。

これが上映前の「メガネに不具合があったらスタッフにお知らせください」ってときであれば、「はい、不具合です」とすぐ交換してもらえますよ。
でも、いま上映中だからね。
交換してもらおうと思ったら、ぼくは中央付近の座席で観ていたので、他のお客さんの前を「すみません、通してください」と謝りながら、ものすごい邪魔になりながら劇場を出て、スタッフ探して、メガネの不調を訴えて、交換してもらって、再び劇場に戻って、「すみません、通してください」と謝りながら、ものすごい邪魔になりながら座席に戻ってこなければなりません。

絶対、イヤ!

考えただけで、げんなりだ。
なので、しばらくの間、メガネをはずしてはかけて、直ってないかな・・・やっぱり駄目だ、このまま我慢して観てみようかな・・・やっぱり無理だ、ええいメガネなしで見てやろうか・・・やっぱりつらい、と散々悩んだ挙句、結局、もういいや、と。

「すみません、通してください」と謝りながら、ものすごい邪魔になりながら劇場を出て、スタッフ探して、メガネの不調を訴えて、お金返してもらって帰りました。

正直、劇場からの帰り道、ものすごい悲しい気分でした。
こんないやーな気分を味わうのも久しぶりですよ。
ぼく、こういうの引き弱いんだよなぁ。
次また3D映画観るの、怖いわ。
[PR]
by kude104 | 2010-03-01 20:54 | 映画

空気人形

昨日は映画サービスデーということで、「空気人形」を観てきました。

なんて言うんだろう、「ダッチワイフ」でいいのかな。
それとも「ラブドール」と言うのだろうか。
空気でふくらます性欲処理用の人形。
そいつが心を持って恋をする――というあらすじも興味深く思えたし、なにより主演のペ・ドゥナさんに興味があったので。

「リンダリンダリンダ」という映画ではじめてペ・ドゥナさんを意識したのだけど、なんだろうね、不思議な魅力というか存在感のある女優さんだよね。
いわゆる「美人」って感じじゃなくて、なんとなく爬虫類系なお顔立ち(と言うと失礼かな)なんだけど、とてもキュートで、独特の空気感があって好きな女優さんです。

そんな感じで気楽にふら~っと観に行ってしまったら、思いのほかしんみり哀しい映画だったのでマイッタ。
設定が設定だけにアダルトな描写が多くあるのだけど、それがちっともエロく思えないのは、「芸術的だから」というより、観ていて哀しくなるからだろうと思います。

主人公の「のぞみ」は空気人形だから、身体の中が空洞です。
一方、他の登場人物たちは人間だけど、みんな心に何がしかの空虚さを抱えている。
身体が空洞の人形と、心が空洞の人間と。
そして「のぞみ」は心を持って、恋をすることで、カラッポの状態からどんどん心を満たしていくのだけど、心が満たされるにつれ、それは同時に心の空洞を作ることになるんだよね。

もうひとつの哀しみは、「代用品」であることについて。
「のぞみ」は「ダッチワイフ」だから、その存在自体が代用品です。
通常本当に抱きたい誰かの代わりに使用されるものだし、また、飽きたり古くなったら別の人形と交換できるから、代わりはいくらでもいる。
一方、他の登場人物たちも、「お前の代わりなんて幾らでも居るんだぞ」と言われるような存在で。

我々は誰しも欠けていて、代用可能な存在だ。
でも、それは人間だけではなくて、生命というものは本質的にそういうものだという。
植物だって、おしべとめしべがあるだけでは不完全で、花粉を運び種を運ぶ鳥や虫や風がその不完全さを補ってくれている。
鳥や虫や風は自分が誰かの不完全さを補っているとは意識せず、気付きもしないけど。
だから、ぼくらも同じように不完全であり、同時に、他の誰かを補う存在でもあるのだと。

みんなどこかが欠けていて、みんなどこかでゆるくつながっている。
それはある種の「癒し」なのかもしれないけれど、ぼくにはやっぱり哀しく思えてしまうのです。

「のぞみ」がアクシデントで身体の空気を失ってしまい、好きな人の息を身体に吹き込んでもらうシーンがあるのだけど、これはどう見てもセックスシーンです本当にありがとうございました。
相手の「息」を身体に注入してもらうことで満たされるって、それ、なんて見事なメタファー。
女性にとって「愛される」ってのはこーゆーことなのかもしれないと変に納得してしまったのだけど、ぼくは男なので良く分かりません。
男の場合は逆に、注入することで満たされるってことなのかなぁ。

ま、いずれにしても、独り身男子が観ると思いのほかテンション下がるから気をつけろ。
独り身女子も、自分を「空気人形」と重ねちゃったりする危険があるから気をつけろ。
独り身じゃなくても、何かしら満たされない気持を抱えている人はテンション下がるから気をつけろ。
ってことはつまり、今幸せいっぱいですという人以外、ほぼ全員テンション下がるから気をつけろ。
それでもまぁ、テンション下がる感じが悪い感じじゃないけどね。

とりあえず、ペ・ドゥナさんになる空気人形があればぜひ欲しいです――という冗談で締めようとして、その人形はきっとぼくじゃない別の誰かを好きになるのだろうと想像してしまって、さらにテンション下がりました。
[PR]
by kude104 | 2009-11-02 21:53 | 映画
ということで今年も観てきました。
『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』

感想としては、悪くなかった。
ここ近年で一番劇場で一緒に見ていたお子様たちがだれずに最後まで鑑賞していたんじゃなかろうか。
去年の『緑の巨人伝』がひどかっただけに、これで「もうずっとリメイクでいいじゃん」という印象をますます強くする結果に。

とはいえ、リメイク版にて今回新たに加えられていた変更点は、無くてもよかったんじゃないかという気はする。
特にモリーナ。
あれは要らないでしょ。
リメイクにあたって何か変えなきゃという事情は分からんではないけど、「余計なもの足しちゃったな」という印象のほうが強い。

あと、皆が皆同じ感想を持つであろうと思うけど、声優がね・・・。
特にクレム役のアヤカ・ウィルソンさんがひどかった。
モリーナ役の香里奈さんも上手くはなかったけど、クレムのまえにはかすんでみえる。
それくらい圧倒的だった。
クレムがしゃべるたびに、おれ苦笑、みたいな。
いったい、誰のどういう思惑でこういう人選になったんだろうか。

対して、こちらも皆が皆同じ感想を持つであろうと思うけど、チャミーが実にかわいい。
オリジナル版でもかわいかった記憶があるけど、リメイク版のチャミーは実に可愛らしいね。
われわれドラえもんファン一同は、チャミーがアヤカ・ウィルソンじゃなかったことを神に感謝せねばなるまい。

『宇宙開拓史』の魅力というものを改めて再確認するに、特に大長編ドラえもんの魅力というのは、子どもたちの「こんな世界に行ってみたい」という夢をかなえて見せるところにあると思う。
その点に置いて、『宇宙開拓史』というのは素晴らしい。
「のび太自身に訊く、大長編で旅した世界のうち、もう一度訪れてみたい世界ベストワンは?」という質問をしたならば、たぶんコーヤコーヤ星じゃなかろうか。
記憶では、オリジナル版のほうがコーヤコーヤ星の描写時間が多かったような印象があるけど、リメイク版でもまずまず十分その魅力は描けていたと思う。

あと、物語の中盤部分で、ジャイアンやらスネオやらといったいつものメンバーが登場しないというのも大きな特徴だね。
その代わりにチャミーやロップルといったゲストキャラとの交流が、大きなウェイトでもって描かれる。
普通ならジャイアンやらスネオやらもコーヤコーヤ星に連れて行って一緒に遊ばせたくなるところを、敢えてそうしないところが、さすが藤子・F・不二雄だ。
下手をしたら、ジャイアンスネオの影が薄くなりかねないのだが、最後の登場シーンが印象的だから、そうは感じさせないあたりもさすがだね。

というわけで、『新』である必要性はないけど、『宇宙開拓史』自体が面白いから『新』もまぁ悪くないよということで、小さなお子様をお持ちのお父さんお母さんは、今年はどうぞ安心して劇場に連れて行ってあげてください。
ま、強いてどちらかを挙げるなら、やはりオリジナル版のほうが完成度高いと思うけどね。
[PR]
by kude104 | 2009-03-18 21:52 | 映画

大阪ハムレット

というわけで観てきました、映画。
いろいろ事前に候補を挙げていましたが、結局観たのはそのどれでもなく、これ。
「大阪ハムレット」
なんやけっこう評判よさ気だったので。

で、観た感想としては、なるほどね。
いや、そんな大絶賛するような作品じゃないとは思う。
でも、たしかに面白かった。
この手の作品は、佳作というか、「ちょっといい映画」ってくらいに褒めるのがちょうどいい感じだね。

観ていると、なんだか「人生いろいろあるけど、ま、ええか」という気持ちにさせられました。
いろいろあるけど、一生懸命生きてたらええか、と。
映画を観てあまり感化されるということはないのだけど、この映画は観終わってなにかちょっと元気が出たというか、「そうだよなぁ。人生いろいろあるけど、ま、ええか」という気持ちになりました。

「ま、ええか」じゃなにも解決しないのだけど、どうせ悩んだって解決しないことは、「ま、ええか」で済ましてしまうのも生きる強さではあるよね。
[PR]
by kude104 | 2009-02-03 23:59 | 映画
先ほどCATVで放送していた「鴨とアヒルとコインロッカー」を観たのですが、いまひとつ良く分からなかったです。
メインプロットは面白かったですが、「神様を閉じ込める」ってあたりが???って感じで。
あと、猫殺しへの対処も、脅迫の留守電と車のナンバーを警察に伝えればOKな気がするのだけど。
最悪、引っ越すとか。
女性の無謀な行動が、共感よりも「敵を知り己を知らば──」と思えて醒めてしまった。
原作読むと、違うのかな。

ということで、月末恒例、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。
観てみたい映画はいくつかあったのだけど、肝心の1日には公開終了するみたいで。
うーん、残念。
残っているもので、興味をそそられるものと言えば──。

「ワールド・オブ・ライズ」は、まぁ、ましかもしれない。
是が非でも観たいということでもないけど、まぁ、観たら観たで面白そうかな、とは思う。

「007 慰めの報酬」は、前作はけっこう面白かったけど、今作はそれほど評判が良いわけではないよね。
まぁ、アクションを楽しむつもりで観ればそれなりに楽しめそうな気はするけど、どうなんだろう。

「誰も守ってくれない」はなぁ・・・。
面白そうな気もするけど、今はあまり「考えさせられる映画」を観たい気分じゃないしなぁ。
それに、フジテレビでしょ?
どうせなんかテレビ的な映画になっていそうで、あまり信用がないなぁ。

その点「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」は、日テレだけど単純な娯楽映画っぽくてよさ気。
ただ、上映時間がなぁ。
朝か夕方遅くかの二択しかないのがつらいなぁ。

──といった感じで、うーん、どうもいまひとつぱっとしない。
まぁ、なんかてきとーに決めるか。
[PR]
by kude104 | 2009-01-30 23:13 | 映画

ハッピーフライト

気がつけばもう師走ということで、行ってきました、毎月恒例映画サービスデー。

今回観た映画は、「ハッピーフライト」です。
「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督作品ということで、それが今回この作品を選んだ理由です。
ぼく、好きなんですよ、「ウォーターボーイズ」。

で、「ウォーターボーイズ」のようなコメディ色の強い作品だろうと思っていたら、意外と普通のというか、王道的な内容の作品に仕上がっていて意外でした。
随所にくすぐり笑いが仕掛けられてはいるけれど、基本としては、航空機を飛ばすためにさまざま人たちがプロフェッショナルに仕事をしているんですよ、という内容。
ある種、「空港で働く人々に完全密着」的な面白さがメインでした。
それと、飛行機といえば、やはり墜落のスリル。
後半は結構手に汗握る展開でした。

総評としては、なかなか面白かったです。
重すぎず軽すぎず、笑いとシリアスとがバランスよく、きれいにまとまっている作品だな、という印象です。

で。
映画の内容とは関係ないけど、映画館での出来事について一言二言。

前の座席の人の座高が、微妙に高くて残念だった。
通常の人の1.25倍くらいあった。
こういう人に限って姿勢いいのはナンデダロ~。

映画を観ながら物を食べるのは映画観賞の醍醐味ではあるけれど、ナゲットやフライドポテト系の食い物は匂いがきついよね。
特に冬場は暖房が入るからだろうか、夏場の1.25倍ほど匂う気がする。
ぼく自身は映画館では飲み食いしないので、他人のそうした匂いが気になってしまいます。
あれ、もう少しどうにかならんものかなぁ。

となりに座ったカップル。
女の子のほうが敬語で話していたので、初デートか、まだデート以前の関係なのでしょう。
で、映画が終わった後。
男の子のほうが「どうだった?」と映画の感想を尋ねたのに対して、女の子が答えて曰く。
「うーん・・・ふつう」
いや、そこは嘘でも「面白かった」と答えてあげてほしかった。
たぶんね、男の子のほうが女の子を映画に誘ったんだと思うんだ。
ここで「面白かった」と言ってくれたら、「また観に来よう」って誘えるじゃない。
でも、「ふつう」って言われたら、これ、次のデートに映画はないな・・・て感じだよね。
もしかしたら、デート自体ないなって感じかもしれない。
遠回しにそれを伝えるための「ふつう」だったとしたら恐るべしだけど、素の感想である場合は、そこは「面白かった」と言ってあげる優しさが欲しい。
[PR]
by kude104 | 2008-12-01 23:11 | 映画

おくりびと

というわけで観てきました「おくりびと」
なるほど、これは面白いわ。
評判いいのもうなづける。

“納棺師”という遺体を棺に納める職業を題材にした映画で、それだけ聞くと、なにかこう陰々鬱々じめじめとした、あるいは泣かせよう泣かせようという映画のようにイメージしてしまうけど、全然違った。

映画がスタートして、いきなりその納棺師の仕事の内容から始まるわけだけど。
遺体を拭いて着物を着せかえて・・・といった作業の様子が映し出されるのですが、怖いとか気持ち悪いというよりも──まぁ、そこに映っている遺体が実際の死体ではなくて、生きた役者さんの演技であると安心しているからだけど──、その所作の美しさにまず目を奪われた。
様式美というのかな。
たとえば、遺体の肌をあらわにすることなく着物を着せかえるテクニックとか、見事なものだなぁと。

でもって、いきなりこの冒頭のシーンで、笑いのネタをひとつ仕込んである。
開始しょっぱなの遺体を扱うシーンで、まさか劇場が笑いに包まれるとは。
「あ、この映画はこういう映画なのね」と、最初に分からせる仕掛けだね。
「納棺師の映画だというから身構えちゃってたけど、気楽に観てていいんだね」と。

結局、この映画の良さというのは、コミカルとシリアスのバランスの良さにあるのだと思う。
納棺師という人の死を描くに最適な素材があるので、シリアスのほうは、言ってしまえばなんぼでもやれる。
下手をすると、そっち100%でど直球の“泣ける映画”や“重い映画”を作ってしまいたくなるだろう。
そのほうが簡単だからね。
でも、そこに敢えて笑いを混ぜるところが、センスの良さだなぁ。
しかも、映画の冒頭は笑いの要素を多めで、終盤に行くに従ってシリアスの要素を多めに、という配分の匙加減が絶妙だ。
劇場はまさに、「笑って泣いて」という感じになってましたよ。

ただ──と言うほどのあれでもないのですが、主人公の妻役の広末涼子さんが、個人的にはちょっと違和感というか気になってしまった。
べつに演技が下手とかそういう話ではなくて、彼女が映ると、どうもデビュー当時の彼女を思い出してしまって。
「MajiでKoiする5秒前」とか歌っていたころのこと。
あのころの印象が強すぎて、スクリーンに今の彼女が映るたびに、ちょっとしたビフォア・アフターを観ているような気になってしまってねぇ。
完っ全に、ぼく個人の雑念なわけだけれども。

雑念ついでに、ぼくは広末涼子さんより余貴美子さんのほうがタイプです。
[PR]
by kude104 | 2008-11-02 18:40 | 映画
気がつけばめっきり涼しくなって、秋めいてきましたね。
そんなこんなで、毎月恒例、次の映画サービスデーに見る映画の選定でも。

まずは、前回パスした「おくりびと」
やっぱり評判すこぶるいいし、そろそろ上映期間も終了しそうな頃合いなので、このタイミングで観ておこうかなと。

お次は、「ICHI」かな。
ぼくは別段役者で作品を選ぶほうではないけれど、この「ICHI」は、綾瀬はるかで「座頭市」という設定だけで、「そりゃ観てみたい」という気になるから不思議。
綾瀬はるかさんがばっさばっさと人を切るシーンを観てみたいという、なんだろうね、この期待感は。
変なエロティシズムだろうか。
監督も「ピンポン」の曽利文彦さんということで、「ピンポン」は好きな映画だから、そういう点からもまぁ観てみたいなと。

「レッドクリフ PartI」なんかも、大作らしい大作ということで、ちょっと観てみたい気がする。
三国志は嫌いじゃないし。
ま、若干、大作にありがちな「豪華でスケールはデカいけど中身は薄いパターン」ではないかという気がしないでもないけど。
でも、この手の映画は、どうせ観るなら劇場で観るに限るからねー。

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」は、なんとなく世間的には話題性低そうだけど、ちょっと面白そうだね。
オーディションのドキュメンタリーものって、素材として面白くないわけがないもの。
栄光と挫折、努力と才能、友情とライバル、華やかなステージと地道な舞台裏、勝ちと負け・・・。
まぁ、NHKあたりでやってくれればいいのにって気もしないではないけど。

あと、今回はたぶん観ないけど、ちょっと気になるタイトルといえば、「ホームレス中学生」「ハンサム★スーツ」あたりも、悪くなさそう。
友達同士やカップルで観に行くんだったらこれ、って感じ。
特に「ホームレス中学生」は、池脇千鶴さんが女子高生役で出演ということで、個人的にちょっと興味をそそられます。
いやいや、ぼくは別段役者で作品を選ぶほうではないけれどね。
[PR]
by kude104 | 2008-10-29 18:53