世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:映画サービスデー ( 35 ) タグの人気記事

さて、毎度のごとく気がつけばもう月末と言うことで、次の映画サービスデーに観る映画の話でも。

とその前に、ぼくがいつも利用しているエリアから、映画館が3館ほどなくなっているではないか。
いやまぁ、閉館するというのはずいぶん前から知っていたけど、実際に閉館して、こうして「今どんな映画上映してるのかな~」と調べてみて初めて、「うわぁ、少なくなったなぁ」と実感した次第です。
ほとんど利用しない映画館だったから、さほどダメージはないんですが、ちょっとだけ寂しい。

で、今回は何を観ようかという話ですが、正直「これ!」というものがない。
ならば前回候補に挙げつつ観られなかった「レミーの美味しいレストラン」か「シッコ」でも・・・としたいところですが、どちらもほとんど公開が終了していて(朝一で1回だけ上映とか)ちょっと難しい。

それでも強いて挙げるとすれば、「包帯クラブ」「ワルボロ」「めがね」あたりかなぁ・・・。
どれもそんなにぼくの趣味じゃないんだけど、評判はまずまずいいみたいだし、他と比べりゃまだ観てみたい感じではある。
いちおう、見てみたいランキングもこの並び順なのだけど、「包帯クラブ」と「ワルボロ」は、これまたすでに公開終了目前といった感じで、上映時間的に無理かもね。

映画館が3館減ったからというわけではないけど、今回はちょっと「選択肢が少ないな・・・」という感じでイマイチ気分が上がらない。
[PR]
by kude104 | 2007-09-29 22:38 | 映画
今週まったく更新してなかったのね。
そんなこんなで気がつけばもう月末ということで、例によって、次の映画サービスデーに観る映画の選定ネタでも。

明日、世間的にはまだ夏休みでしょうか?
いちおう今回は「レミーのおいしいレストラン」を第一候補として考えているのですが、さあそこですよ、もし明日が夏休み最後の土曜日の映画サービスデーということですと、こりゃあ人が多かろうと。
お子様連れが多かろうと思うわけですよ。

「レミーのおいしいレストラン」がいっぱいだとなれば、第二候補はどうだろう。
うーん、やっぱり、ジャッキーファンとしては「ラッシュアワー3」かなぁ。
ただ、これはもう、だいたいどういう映画か想像がつく。
60点くらいのジャッキー映画でしょう、きっと。
だからまぁなんというか、正直、ジャッキー映画ということでなければ候補に挙げないわけだけど、でも、見逃すのもなんか悔しい。
ジャッキー映画だから。
考えようによっては、そういう映画こそ、映画サービスデーという格安料金で観るのにふさわしいという気もする。

他には、マイケルムーアの「シッコ」も観てみたい。
期待値で言えば、こちらのほうが第二候補なのですが、これを上映する映画館は、実は毎週火曜日に男性サービスデーを設けているのですね。
なのでまぁ、今回の映画サービスデーは他の映画を見て、これは後日男性サービスデーに観ようと思っている次第です。
[PR]
by kude104 | 2007-08-31 22:52 | 映画
明日から8月ということで、毎月恒例、次の映画サービスデーに見る映画の話でも。
今回は、前回パスした「ダイハード4.0」を観ようと思っているので、特に悩むことなし。

やはりPixar作品は押さえておきたいとことなので、「レミーのおいしいレストラン」も大いに気になるところではありますが、公開直後ということでたぶん人が多いだろうし、どうせ9月のサービスデーまで公開しているだろうから、次回にパスということで問題ないでしょう。

他、気になるところと言えば、「アヒルと鴨のコインロッカー」がわりと評判いいみたい。
こういう“メジャータイトル”でない作品は当たり外れが大きいので不安ではあるけど、でも面白かった日にゃ、なんか得した気分になれるからいいね。
前回の「キサラギ」みたいに。
「ダイハード4.0」が満席でアウトだったら、チャレンジしてみてもいいかも。

もし子供連れなら「河童のクゥと夏休み」がかなり評判いいみたいですけど、さすがにこれは大人一人で観る映画じゃないな。

まぁ、そんな感じで。

なんか今年の27時間テレビ は某映画のプロモーション番組と化していたみたいですけど、なんというか、まぁ、「ご苦労さん」と。
チャンネルザッピングの合間にちらっとしか観ていないので多分に偏見ですが、仲間のことを「なまか」とか言ってる時点で、ぼくの中ではアウトだな。
「なまか」ってフレーズ、そんなにプッシュするほどキャッチーか?

で、なんか知らんが、全国の都道府県から「なまか」集めてボーリング大会とかしてんのね。
「もし優勝したら、地元の自然を守ることを公約します!」とか言って。
それがさ、「いやいや、そんなもんボーリング大会の公約にしてないで、さっさと保護しろよ」みたいなものばっかりなんだけど。
あれはどう見ても、「自然保護のためにがんばるぼくら」という姿じゃなくて、「自然保護にあまり真剣じゃありませんぼくら」という姿にしか見えなかったんだけど。
逆効果じゃないですかね、あれ。
まぁ、ちゃんと見てないので、実際は違ったのかも知れませんが。
[PR]
by kude104 | 2007-07-31 21:58 | 映画
なんかもう暑くて暑くて暑くてやる気レス・・・てな気分。
そうこうしてる間に、気がつきゃもう月末だし。
ということで、毎月恒例の次の映画サービスデーに見る映画の選定でも。

今回はまぁ、「ダイ・ハード4.0」で決まりってことでいいんじゃないかなーと。
単純に面白いアクション映画ということで、まぁ、間違いないでしょ。

それ以外では、「キサラギ」がやたらと評判良くて、ちょっと気になる。
密室劇の推理物っぽい内容はたしかにそそられる一方で、この評判の良さが、なにかこう「マニア受け」の評判の良さなのでは・・・?という不信感がしないでもない。
とはいえ、もし評判通りの「掘り出し物」なんだったら、そりゃぜひ観てみたい気もするし。

安心感で選ぶなら「ダイハード」、多少ギャンブルするなら「キサラギ」といったところかなぁ。
あと、一番の決め手は混み具合と。
[PR]
by kude104 | 2007-06-28 23:59 | 映画
さて、毎度のことながら気がつけば早月末ということで、次の映画サービスデーに見る映画の選定でも。
今回の映画サービスデーは、ゴールデンウィーク公開の映画には今さら感が漂い、新作は6月2日から公開ということで、ちょっと谷間な気がするなぁ。

世間的には、「スパイダーマン3」か「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」か・・・という選択肢になるのでしょうが、スパイダーマンはすでに観たし、パイレーツ・オブ・カリビアンは前作を観ていないので。
その他のいわゆる話題作は、ぼくの好みじゃないのでパス。

となると・・・今回は、消去法で、もうこれしかないと一本に絞られてしまいました。
「しゃべれども しゃべれども」

原作の小説のほうを、以前に本屋で見かけて「読んでみようかな」と手に取ったことがあって、まだ読んでいないのですが、そのこともあって、ちょっと気になったというか興味を引かれたというか。
まぁ、面白いかどうかは分かりませんけど、最悪でも「可もなく不可もなく」な雰囲気なんで。
一番ベターな選択かなーと。

ただ、上映劇場が小さなところなので、満席にならないかそれが心配ですね。
これを観られないとなると・・・、パイレーツ・オブ・カリビアンってことになるのかなぁ・・・。
[PR]
by kude104 | 2007-05-29 21:48 | 映画
気がつけば月末ということで、例によって次の映画サービスデーに観に行く映画の選定でも。
ただ、今回は年に一度の大特異日と言ってもいいでしょう、ゴールデンウィーク真っ只中の映画サービスデーです。
たぶん、きっと、おそらく、確実に、映画館長蛇の列が予想されますね。
「見たい映画」よりも「見られる映画」を念頭に探すほうが無難かもしれません。

とりあえず「見たい映画」で言うならば、さすがはGW、話題作目白押しですよ。
まずは何といっても、「スパイダーマン3」でしょ。
でも、5月1日から公開ということで、絶、対、無、理。
珍しいなぁ。
ふつう5月2日からとか、映画サービスデーを外して公開してくるんですけど。
「世界最速公開」と銘打つために、2日にずらすことができなかったんですかねぇ。

まぁ、スパイダーマンは6月の映画サービスデーで見られるだろうから、今回はやっぱり「ロッキー・ザ・ファイナル」ですね。
さすがにリアルタイムではないですけど、少年時代から見てきたタイトルです。
そのファイナル。
これはやはり、どうせ見るなら劇場で見てこそでしょう。
ついでに、映画史におけるメガネっ子萌えの元祖はエイドリアンではないかと主張したい。

ただ、言ってもロッキーだってメジャータイトルですよ。
見られない可能性のほうが高いであろうと予想されます。
となると、次善策としては「ブラッド・ダイヤモンド」でしょうか。
アフリカの問題をえぐりつつ、エンターテインメントとしても楽しめる作品なんじゃないかなーと期待しています。

いやいや、「ブラッド・ダイヤモンド」ですら危ないかもしれない。
ここはもっと思い切って、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾!」とか「ゲゲゲの鬼太郎」あたりまで逃げを打つべきかもしれない。
でも、よく考えたら、GWなんだから親子連れも多かろう。
親子連れには、どストライクですよね。
逃げたつもりが捕まっちゃ、目も当てられません。

実は、上映劇場数が多いので意外とスパイダーマン3が穴場だったりして・・・と思っていたりもするわけですが、甘いかなぁ。
できればロッキーが見たいですけどね。
[PR]
by kude104 | 2007-04-29 22:23 | 映画
さて、3月ももう終わりということで、例によって、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも・・・といっても、すでに決まっているのですが。
「デジャヴ」を観ようと思っています。
けっこう評判いいみたいなので。

実は、予備知識なしで観ることをお勧めしますという話なので、そのとおりに敢えて予備知識を仕入れていないので、どんな映画なのかよく知りません。
なんとなくテレビCMを目にしたよな~という程度。

他にというと、なにが面白いんだろうか。

「バッテリー」は、小説のほうはとても面白く読みました。
で、小説がとても面白かったというのが、逆に映画化を不安にさせますよね。
あと、役者が子役メインになるのも、ちょっと不安だなぁ。
ハリウッドと違って、日本にはまだまだ演技上手な子役って少ない気がしますので。

まぁ、多少旬は過ぎた印象はありますが、まだ観ていないので「ドリームガールズ」という選択肢も、ありかも知れない。
アカデミー賞の助演女優賞も取りましたしね、評判もいいようなので。

通好みな選択肢としては、「 ラストキング・オブ・スコットランド」が気になるところではあります。
大ヒットするたぐいの映画じゃないでしょうけど、社会派な映画を観たいという場合には、悪くない選択肢なんじゃないでしょうか。

でもまぁ、「デジャヴ」を観るけどね、たぶん。
[PR]
by kude104 | 2007-03-30 23:19 | 映画
2月は逃げるというけれど、やっぱり過ぎるの早いな。
もう月末だよ。
31日まである月と比べると3日少ないわけで、このたった3日が体感的にものすごく2月を短く感じさせるね。
――という前置きはさておき、毎月恒例、次の映画サービスデーに見る映画の選定をば。

とはいえ、次に見たい映画はもう決まっています。
「それでもボクはやってない」です。
「痴漢冤罪」というテーマも面白いし、世間の評判もなかなかいいし、まぁ外さないだろうってことでこれで決まり。

で、大丈夫だと思うけど、いちおう「それでもボクはやってない」が時間の都合や満席等で見られない場合の予備候補も考えておこう。
あまり「これ」というのがないけど、でもまぁ、アカデミーショーを受賞した「ディパーテッド」「ドリームガールズ」あたりでしょうか。

本当は、「世界最速のインディアン」がかなり評判いいんで観たいなぁと思っているんですが、でも、上映時間が朝10:00からの1回しかないんですよ。
なので、今回は断念かな。
ただ、きっと評判いいからだろうと思いますが、3日からは10:00と14:50の2回上映になるようです。
これを上映する劇場は珍しく火曜日に男性サービスデーなるものを設けていて、その日も1000円で観られるので、機会があればそこを狙って観に行ってもいいかな・・・と思っています。
[PR]
by kude104 | 2007-02-26 23:59
早いもので1月ももう終わりですよ。
ということで、毎月恒例、今年初めての「次の映画サービスデーに観る映画」の話など。

今回は特に迷うこともないですね。
「硫黄島からの手紙」を観ようかと思っています。
いちおう前作「父親たちの星条旗」は観ましたので、あれをみてこれを観ないというのも収まりが悪いですし、「アカデミー賞4部門ノミネート」とかで話題性も十分ですし。
まぁ、観といて損はないでしょう。

他に観たい映画はといえば、「それでもボクはやってない」ですね。
これは次の機会に観ようと思っています。
けっこう評判いいみたいですので、ロングランしてくれるでしょう。

──とまぁそんな感じで、珍しく他に特に心引かれるタイトルもありませんので。
迷わずGOって感じですね。

映画ネタで言えば、6月公開予定の「大日本人」が興味津々です。
あのダウンタウンの松本人志さん監督作品ということで、どんな映画になっているのかなぁ。
昔たしか何かの折に「映画監督はしない」と仰っていたように記憶していますんで、このニュースを見て驚きました。
大衆向けというよりは、わりと狭いところを狙ってくるような作品に仕上がっていそうな気がしますんで、面白いかどうかはわかりませんけど。
まぁ、先の楽しみがひとつできたという感じで。
[PR]
by kude104 | 2007-01-29 23:59 | 映画
31日まである気分でいたら、今日で11月は終わりでした。
なんということだ、明日から師走ではないか。
今年ももう終わりです。

ということで、今年最後の映画サービスデーに見る映画を選びましょう。
今回の注目作品はみっつ。

まずはこれ、「007 カジノ・ロワイヤル」
ぼくは別に007のファンどころか、むしろ007と聞くと面白くなさそうというイメージがあります。
でも、今回のはちょっと面白そう。
シリーズのマンネリを打破するべく今回は作りを一新したとかで、原点回帰、従来よりもぐっとリアル志向になっているそうです。
変化を嫌うファンからは非難ごうごうだったらしいですが、おかげで、「007映画」としてじゃなく「アクションエンターテインメント映画」として、面白そうな作品に仕上がっているんじゃないかという気がしますね。

お次はこれ、「手紙」
東野圭吾さんの小説が原作の映画です。
いや、ぼくは原作読んでないですが、「東野圭吾原作」というだけで、5割がた面白さは保証された──みたいなイメージがありますね。
人を殺して服役中の兄が弟と手紙のやり取りをするんだけど、「殺人犯の弟」ということで世間の目が厳しいために、弟は兄との縁を切ろうとする──みたいなお話ですよね。
いやもう、そりゃ泣かされるだろ。
心にグッときちゃうだろってなもんです。

そして最後にこれ、「麦の穂をゆらす風」
1919年に始まるアイルランド独立戦争の物語です。

イギリスによる弾圧に耐えかね、独立を求めて戦いはじめるアイルランドの若者たち。彼らはイギリス軍を苦しめ、ついに戦いは終結。イギリス軍はアイルランドから去る。しかし今度は、講和条約の内容をめぐってアイルランド人同志が対立、それはやがて内戦へと向かう。内戦は、それまで共に戦ってきたデミアンとテディの兄弟、そして恋人シネードとの絆にも暗い影を落としていく…。(公式サイトより抜粋)
独立戦争に勝利してめでたしというのではなくて、その後、一緒に戦った仲間が対立し敵味方に分かれて戦うことになるという展開に興味を惹かれます。

「007」でスカッとするか、「手紙」で泣くか、「麦の穂を」で考えさせられるか。
どれを選ぶかは、そのときの気分によりますね。
[PR]
by kude104 | 2006-11-30 23:49 | 映画