世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:映画サービスデー ( 35 ) タグの人気記事

夏休みも終わり間近かの8月末ということで、例によって、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。

といっても、今回こそは「崖の上のポニョ」を観るぞと。
ふと油断すると無意識に「ポ~ニョポニョポニョさかなの子」と口ずさんでいる自分がいて、げに恐ろしきはあの主題歌なりやと。
女の子が歌っている映像も、なにあの親戚の子の発表会を見ているような気分にさせられる魔力。
ハヤオ・・・恐ろしい子!

余裕があれば、あるいは、またしても「ポニョ」がだめだった場合は、「ダークナイト」を観たい。
バットマンの最新作だけど、すごく評判イイね。
最近ぱっとしない洋画だけど、本気でアクションムービー作らせたら、やっぱりハリウッドはすごいと思う。

あと、「デトロイト・メタル・シティ」も面白そう。
評判もイイみたいだし。
アクションはハリウッドでも、コメディは邦画のほうが面白いよね。
笑いのツボには、文化の違いが大きく影響するってことでしょうね。
(どうでもいいけど、公式サイト重すぎ)
[PR]
by kude104 | 2008-08-30 18:23 | 映画

クライマーズ・ハイ

やはり、「ポニョ」は人が多すぎて観られませんでした。
満席でチケットが買えなかったわけではなく、それ以前に、チケットカウンターにものすごい行列が出来ていて。
ざっと見、チケットを買うまでに30分は並びそうな勢いでした。
並ぶの嫌いなぼくですから、即、諦めた次第です。

代わりに観たのは、「クライマーズ・ハイ」です。
主人公は、群馬県の地方新聞社に勤める記者。
ある日――と言っても、1985年の8月12日ですが、日航機墜落事故が発生します。
墜落したのは群馬県の御巣鷹山。
地元で発生した未曽有の大事件に、主人公の新聞社は色めき立ちます。
全権デスクに任命された主人公は「誇れる新聞」作りを目指すわけですが・・・。

“特ダネ”をモノにさせまいとする上司のいやがらせとか。
記事優先で広告を外そうとする主人公と、当たり前だけど、それに激怒する広告局の担当者とか。
紙面づくりのためには、なんなら原稿の締め切り時間をぶっちぎっても構わないという主人公たち編集局と、「白紙の紙面でも俺たちが売ってやるから、とにかく時間を守れ」という販売局の対立とか。
全国紙とのライバル意識とか闘いとか。
大事件が発生したときの新聞社の、まるで戦場のような興奮の様子がかなりリアルというか迫真に迫っていて、手に汗握りました。

そしてやはり、日本航空機墜落事故という実際にあった事件の重さですね。
ぼくも、当時はまだ子供だったんでその深刻さを理解してはいませんでしたが、「そういう事件があった」ということは覚えています。
自分の知っている事件――フィクションではなく、実際にあった出来事ですからね、改めてひどい事故だったんだなぁと思わされました。
映画の中で、現場を見た記者の一人があまりの凄惨さに精神に異常を来してしまうのですが、それがとても印象に残っています。

いろいろ詰め込み過ぎで多少分かり難かった部分もないではありませんけど、思っていた以上にスリリングであっという間の2時間ちょいでした。
久々に、骨太な映画を観た、という気分。

終わって劇場を出るとき、前を歩いていた80歳くらいのおじいちゃん3人連れが、「いやあ、現場が懐かしいなぁ」といった会話をされていたのが、ちょっと微笑ましかったです。
[PR]
by kude104 | 2008-08-02 22:36 | 映画
さて、7月も残りあとわずかということで、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。

とりあえず今回は「崖の上のポニョ」で決まりかと。
面白い面白くないはともかく、話題として観ておかねば――という気持ちにさせる映画ってのも、そうそうないよね。
さすがのジブリブランド。

ただ、言っても夏休み真っ只中の映画サービスデーです。
おそらく人多すぎて観られないんじゃないかと。
なので、「ポニョ」は観られないこと前提で、他の作品を選んでおこう。

カンフー映画好きには、ジャッキー・チェンとジェット・リーの夢の競演が実現した「ドラゴン・キングダム」が気になります。
でも、たぶん見どころは「それだけ」なんじゃないか・・・という不安を覚えることも事実。
とはいえ、真のカンフー映画好きなら「それだけ」を観に行ってこそ、という気もする。
うーん、悩ましい。

内容の良し悪し(の期待度)で客観的に選ぶなら、「クライマーズ・ハイ」でしょうね。
素材的に、余程のことがなければ、まぁつまらなくなり様がないでしょ。

「インクレディブル・ハルク」も、実は意外とけっこう面白いんじゃないかという気がします。
「スパイダーマン」以降、アメコミヒーローものの完成度というか“大人の鑑賞に堪える度”って、ぐっと上がったような気がしますよね。
ハリウッド映画らしい映画をみたい場合は、悪くないチョイスじゃないかな。

ちょっと隠れた気になる作品的位置づけとして、「チェブラーシカ」も気になるところです。
キャラクターとしては知っていますが、アニメーションは見たことがないので。
でもまぁ、これはDVDで観ても良いような気もするけどなー。
[PR]
by kude104 | 2008-07-28 23:34 | 映画
気がつけば今年ももう折り返し地点ですよー。
――ということで、次の映画サービスデーの話でも。
今回はなかなか豊作で選ぶの迷っちゃうな。

本命はやはり、「ミラクル7号」だろうか。
じつはどんな映画か内容ほとんど知らないんだけど、チャウ・シンチー作品というだけで「たぶん面白かろう」と。
チャウ・シンチー作品といえば「少林サッカー」や「カンフーハッスル」など、基本コミカルとはいえ、そこそこエグいアクション映画というイメージがあるけど、今回のはちょっと雰囲気が違っていそうなところが興味津々。
チャウ・シンチーの新境地が見られるか!?てな感じで、とりあえず見ときたい。

「ミラクル7号」がなければ本命は「ザ・マジックアワー」だったところ。
こちらも、三谷幸喜作品ということで、「まぁ面白かろう」と。
三谷幸喜作品は、若干小さくまとまるというか「良く出来た佳作」レベルにとどまる印象が無きにしも非ずだけど、それでも平均レベルの面白さは保障されている安心感がある。
それに、今作はなかなかの自信作っぽいし。
まぁ、見て損はなかろう。

べつに、それほどファンというわけではないけど、それでもやはり「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」も気になる。
なんつーか、面白い云々は置いといて、「とりあえずイベントだから」みたいなノリで。
それに、どうせ見るなら映画館でという類の映画だしね。

今回はとりあえずこの3本あれば、ぼく的には材料として十分といったところだけど、他にも「隠れた良作」系の作品がいくつかあるし、これから夏に向けて話題作がどんどん出てくるし。
しばらく、映画豊作期間が続きそう。
[PR]
by kude104 | 2008-06-28 22:46 | 映画
ちょっと日が経ってしまいましたが、映画サービスデーの話など。

今回は『アフタースクール』で決まりだね!と勇んで出かけたものの、満席で撃沈。
うすうす「そうじゃないかなー」と思ってはいたんですけどね。
日曜日の映画サービスデーだし。
いま上映しているものの中では『アフタースクール』の評判が抜きんでて高いし。
その割に、上映劇場は小規模なところだし。
でも、残りあと3回の上映がある状況で、すべて満席になっていたのにはビビった。

で、『アフタースクール』がダメだった場合の代替案を考えていなかったので、上映時間のタイミングと、空席があるものと、あとフィーリングとで選んだのが『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』です。
事前のリサーチはほとんどしていなかったので、まぁ、「何も観ずに帰るよりは」といった程度の期待しかしていなかったわけですけど。
蓋を開けて見れば、ちと刺激が強くはありましたが、なかなか面白かったです。

主人公は殺人依存症(アルコール依存症のように、本人は「やめたい、やめなきゃ」と思っているのだけど、どうしても殺人をやめられない)という設定なんですが、まるで天使と悪魔が綱引きをするかのように、「我慢せずに殺しちゃえよ」と囁く“もうひとりの自分”を、「もう殺人はしない」と抑制しようとする主人公、といった感じに描かれます。
この“もう一人の自分”が、実際にもう一人の登場人物として映像化されているのが、なかなか画的に面白い。

で、これが言わば善と悪との人格の対決物語になるのではなく、どちらかと言うと、“善なる人格”のほうも本当のところは殺人したくてしょうがないわけです。
“悪なる人格”を言葉では否定しているのですが、実際のところは、とても頼りにしているというか「仲がいい」感じなんですよね。
それが面白いなーと思いました。

ただ、最後の落ちはどうなんだろうなぁ。
個人的には、いっそそのまま○○される落ちで終わったほうが良かったんじゃないかなぁと思うんだけど。
続編を作るときのために、逃げを打ったのだろうか。
[PR]
by kude104 | 2008-06-03 23:48 | 映画
気がつけば4月も終わり、世間はゴールデンウィーク突入ですよ。
そんな最中の映画サービスデーは、きっと客が多いから嫌だなぁ。
――というわけで、なんだか久々な気がするけれど、次の映画サービスデーに観る映画の検討でもしてみましょう。

GW話題の映画と言えば、『少林少女』でしょうか。
超映画批評で、100点満点中4点をたたき出したという超話題作。
(これはきっと過去最低点だなと思ったら、『デビルマン』は2点だった)
他にもブログなどで評判を見るに、どうやら間違いなくダメダメらしい。

「少林少女、なかなか期待できそうじゃん」と実は秘かに思っていたので、なんともがっかりというか、やっぱりというか・・・。
フジテレビプロデュースの映画って、テレビと連動して話題性だけで押し切ってしまう印象あるからなぁ。
つまり、決して内容はよくないという。

「怖いもの見たさ」的な感じで興味が沸かないわけでもないけど、ま、ネタで費やすには金と時間がもったいないのでパス。
ということで、本命は――。

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』
『うた魂♪』
『チェスト!』

あたりかな。
こうして並べると、ぼくの嗜好傾向が分かりやすいね。
この手の、ちょっとコメディタッチの青春ムービーが好きなんすよ。

それにしても、一昔前は、ぼくの中で邦画は「つまらない」の代名詞みたいなもんだったのに。
どんなに面白そうに思っても、昔は邦画を選択するのは「賭け」だったのに。
最近は、邦画にネガティブなイメージは、まったくなくなったなぁ。
[PR]
by kude104 | 2008-04-28 22:48 | 映画

バンテージ・ポイント

昨日は映画サービスデーということで、「バンテージ・ポイント」を観てきました。
なかなか面白かったですよ。

スペインのとある広場で行われた国際サミットの演説の場で、アメリカ大統領が狙撃され、爆破テロが発生します。
シークレットサービスである主人公は、犯人を突き止めようとするが・・・。
といった感じのストーリー。

この映画の何が面白いかというと、まず、開始早々に大統領が狙撃されて爆破テロが発生します。
からくも無事だった主人公は、観光客の撮影していたビデオやTV中継車の映像を見て、ある不審な点に気づき・・・。

というところで、映画内の時間が事件発生前に巻き戻ります。
今度は、別の登場人物――順番は忘れましたが、たとえば、ビデオ撮影していた観光客の視点で話が進みます。
当然、大統領が狙撃され、爆破テロが発生し・・・と同じように事態が進行していくわけですが、同じ事態でも視点が違うと別のストーリーが浮かび上がってきます。
そうして、その観光客の視点で物語が進み、さあストーリーの山場に差し掛かるぞ・・・!というところで、またしても映画内の時間は事件発生前に巻き戻ります。

今度は犯人側の視点で話が進みます。
そうしてまた同じように事態が進行し、犯人側の視点で物語が進み、さあストーリーの山場に差し掛かるぞ・・・!というところで、またまた映画内の時間は事件発生前に巻き戻ります。

これをたしか8回繰り返すわけです。
同じ出来事を異なる8人分の視点で見ることで、ある視点で分からなかった点が別の視点で明らかになり、それがさらに別の視点の伏線になり・・・という具合に、繰り返されるごとに物語がどんどん重層的になっていきます。
そうして、すべての視点が出そろったとき、物語は巻き戻しから解放され、一気にラストに向かって突っ走ります。

「大統領狙撃と爆破テロ」なんて山場は、ふつうの映画じゃ1回しか起こりませんが、この映画では次々8回も起こるようなものですから。
山場に次ぐ山場、といった感じです。

8回も繰り返せば普通飽きるもんですが、そこはさすが、視点を変えることで、同じ出来事なのに繰り返すたびに新しい展開が生まれるという。
ほんと、よく考えたなぁ。
考えるだけなら、まぁよくある手法ではあるけど、実際に異なる8つの視点のそれぞれを面白く組み立てるのは、かなりの難易度でしょう。

でもって、すべての視点が、毎回実にいいところでバトンタッチするんですよ。
盛り上がって、この先どうなるんだろう?!というところで巻き戻し。
まるで、「続きはCMの後で!」みたいな感じです。
にくたらしいけど、見事に思惑通り、最後まで興味を引かされます。

とまぁそんな感じで、最初から最後までぐいぐい引っ張りますよ~という感じの映画です。
その代りに欠点というか、あれです、泣けるとか、考えさせられるとか、そういう要素は全くなし。
見終わって、「あー面白かった」で終わりです。
そういう全力疾走な映画は嫌いじゃないね。
[PR]
by kude104 | 2008-04-02 23:05 | 映画

ガチ☆ボーイ

今日は映画サービスデーということで、観てきました映画。
選んだタイトルは『ガチ☆ボーイ』

・・・もうね、パーフェクト!
パーフェクト超人!
ぼくには、どストライクの映画でした。
コミカルとシリアスとアクションの配分が絶妙だ。

とくにシリアスなシーンの切なさはたまらんね。
こういう感想は陳腐だけど、泣いた。
思わず涙出ちゃったよ。
これはなぁ、切ないなぁ。
でも、たしかにぼくらの記憶には刻まれたと、そう思うのだ。

「どんな映画だろう・・・」とか調べたりせずに、無条件に観に行くといいと思うよ。
[PR]
by kude104 | 2008-03-01 22:41 | 映画

テラビシアにかける橋

なんだか久し振りな気がするけど、昨日は映画サービスデーということで、「テラビシアにかける橋」を観てきました。

まぁ、ストーリーはありがちだと思う。
学校にも家庭にも居場所のない主人公の少年の前に、快活で空想豊かで風変りな女の子の転校生が現われる。
"はみ出し者" 同士、次第に仲良くなっていく二人は、森の中に「木の上の秘密基地」的な自分たちだけの居場所を見つける。
そこを空想の王国「テラビシア」と名づけて、日々空想ごっこで遊ぶようになる。
空想の冒険を通して、徐々に二人は成長していく――。

とまぁありがちなんだけど、二人の空想の内容がスクリーン上では実際に映像として描写され、それがなかなか魅せてくれる。
ナルニア国物語などのように、実際にファンタジーの世界を舞台にするのではなく、あくまでも二人の空想なんだけど、映像的には本当にそこにファンタジーの世界が広がっているかのように見える。
ぼくも観ていて、「あれ? これ本当にファンタジー世界の扉が開いているわけじゃないよね?」と何度も思った。
もしかしたら、そういうストーリー展開なのかしらと。
まぁ、それくらい二人にとってその空想世界は "リアル" だという演出になっているのでしょうね。

「ありがち」で言えば、こうした "秘密の楽園" には終わりはつきものなわけで、ぼくとしては「いつ終わりが来るのだろう」とそれが気になってしまって。
二人が楽しそうだと尚更、この先に待ち受けるであろう喪失の予感に身構えてしまって、なんか変な感じになってしまった。
このへんは、何も考えずに観られる子供とかのほうが向いているんだろうな。
実際、日本だと字幕ということでちょっと敷居が高いと思われるけど、現地じゃおそらく小学校中高学年向けの映画なんじゃないかと思う。

なんか、前の座席に大学生くらいのカップルが座ったんだけど。
女の子がちょっと可愛いメガネっ子で、羨ましいなーと思いつつ。
映画が終わった時に、男のほうがどうやら涙していたようで。
女の子が「あー、泣いてるぅー」と笑い、男のほうが「ちくしょう、泣いてしまった」と照れくさそうに答えている様子が、なんか非常に羨ましかった。

ぼくのテラビシアにかける橋は、いつまで一人で渡ればいいんでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2008-02-02 21:53 | 映画
昨日は映画サービスデーだったので、「クワイエットルームにようこそ」を観てきました。
本当は「ボーン・アルティメイタム」を観ようと思っていたのだけど、上映劇場自体がものすんんんんんんんんごい混雑でチケットを買う気にもなれず断念しました。
劇場が減ったぶん、一箇所に人が集中するようになったということもあるだろうけど、昨日はなんだか街全体に人が多かった気がする。
なんだろう、クリスマスシーズンだからかな?
ちょっと記憶にないような混雑ぶりでびっくりしました。

で、「クワイエットルームにようこそ」ですが、なかなか面白かったです。
精神病院の閉鎖病棟で繰り広げられる人間劇とでも言うのだろうか。
おかしな人たちが出てきて、彼女らのおかしな言動が笑いを誘いつつ、その裏側にある人間の悲しさのようなものにしんみりする――そんな感じ。
けっこうコミカルで笑えたんだけど、見終わった後は切ない気持になる映画でした。

ところで。
ぼくの隣に座っていた男性がですね、映画を見ながら、要所要所でレポート用紙のようなものにメモを取っていたんですよ。
この人は一体何なんだろうと、それがすごく気になってしまって。
たとえば、雑誌のライターさんかなにかで、「最近観た映画」のようなコラムを書いている人だろうか・・・とか、自身も映画を撮っている人で、「なるほど、こういう具合に取るのか」と研究しているのだろうか・・・とか。
あと、どんなことがメモられていたのかも気になる。
[PR]
by kude104 | 2007-12-02 22:19 | 映画