世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:映画サービスデー ( 35 ) タグの人気記事

ざわざわ・・・

今日は映画サービスデーということで、「カイジ ~人生逆転ゲーム~」を観てきました。
原作の漫画が好きなので、どんなふうになっているか興味深々というか、ほとんど「ネタ」のつもりで行ったのですが、いやあ、予想以上に楽しめました。

これを、原作を知らない人が観ると、どういった感想になるのかは分かりません。
よくありがちな「原作を知らないとストーリーなどが理解できなくて楽しめない」ってことはないと思いますが。
ただ、原作を知っている人間の場合、楽しむポイントが違っちゃうから。
原作が、キャラクターにしろ、セリフにしろ、とにかくインパクトの強い内容なので、映画でそれが再現されていると、それだけで非常に面白く感じてしまうんですよね。
ストーリーの面白さとかは正直どーでもいいというか、そんなところに評価ポイントを置いていない。
だって、原作のストーリーを2時間そこらで完ぺきにやれるはず無いもの。

その点で言えば、カイジ役を演じる藤原竜也さんが、素晴らしかった。
見た目が漫画のカイジと全然違うのでどうかなぁと思っていたのだけど、見事に「ダメ人間」のオーラがひしひし出ていたものね。
班長役の松尾スズキさんなどは、ほんと漫画そのままのイメージで、見ているだけで面白くてしょうがない。
それと、俳優さんは分からないのですが、三好もほんとそっくりで笑っちゃう。
利根川役の香川照之さんも、漫画のイメージとはぜんぜん違いますが、意外と利根川役がハマっていて良かったです。

遠藤役は・・・俳優さんがどうこうというより、原作通り男で良かったんじゃないかなぁ。
なんで女に変えたんだろう。
たしかに遠藤も男だと、男率が異様に高いというか、メインキャラ全員男になるけど。
一人くらい女にしても、焼け石に水でしょ。
「利根川との確執」みたいなものを盛り込むための変更かとは思いますが、ここは「男と女の確執」にするより、「男と男の確執」にしたほうが生々しくて良かったと思うけどな。

いちおう、ストーリー的なものを漫画と照らして語ると、ギャンブルは限定ジャンケン、鉄骨渡り、Eカードの3つ。
これを2時間に収めているので、かなり端折ってます。
限定ジャンケンなんて、漫画だと2時間の勝負だったかな、それが映画だと30分になっているし。
Eカードも漫画だと12戦あるのが、3戦になっているし。
これだけ変えて、あの二転三転の勝負をいったいどう描くの?というところは、興味深々に楽しめました。
そりゃ漫画と比べるとまるでスカスカだけど、でもそれなりに上手くやっていたと思います。
原作ファンとしては初めから3部作構成で、1作でひとつのギャンブルを漫画通りきっちりやって欲しいと思ってしまいますが、映画としてはあれくらいでちょうどいいんだろうなぁ。

この3つのギャンブルの中では、ぼくは鉄骨渡りが一番好きなんですが、映画でもこれが一番の見せ場になっていたように思います。
鉄骨渡りだけは、2時間まるまる鉄骨渡りでも十分成立しそうな気がするなぁ。
他はニヤニヤ笑いながら見ていたけれど、石田さんの「矜持」のところは、映画でも泣きそうになったもんね。

といった感じで。
「カイジ」の映像化を楽しむという視点では大いに楽しめました。
大満足です。
[PR]
by kude104 | 2009-12-01 23:59 | 映画

3時10分、決断のとき

本日は映画サービスデーということで。
今回は特にこれといって観たい作品がなかったので、なんとなくフィーリングで「3時10分、決断のとき」を選んだのですが、これが大正解。
実に面白かった。

捕まった強盗団のリーダーと、彼を護送する一団の護衛を買って出る牧場主。
映画は、この2人の男と男の生き様の物語です。

なによりもまず、強盗団のリーダーが実に魅力的。
人生を達観したかのような言動、捕まっているのに余裕しゃくしゃくの立ち振る舞い。
手下ですら必要とあらば躊躇いなく殺し、それでいて、絶対的な信頼を受けるまさにカリスマ。

一方の牧場主のほうは、南北戦争で片足を負傷し、牧場の経営も上手くいかず借金苦で破滅寸前。
家族からも蔑まれている、いわば負け組。
護衛の報酬200ドルで人生の起死回生を狙って、この役を引き受ける。

タイトルの「3時10分」というのは、強盗団のリーダーを護送する列車が到着する時刻。
その列車に乗せてしまえば牧場主の仕事は終わり、報酬200ドルを手にすることができます。
一方、強盗団のリーダーは彼に囁きます。
「俺を逃がしてくれたら、1000ドルやろう」と。
3時10分が迫り、リーダーを奪還しに来た手下たちに囲まれ、牧場主はまさに絶体絶命。
加えて、護送の間に、彼とリーダーとの間に奇妙な心の交流というか連帯感のようなものが芽生えていて、リーダーは悪党といえども実に魅力的だし、観ていても「逃がしてあげてもいいんじゃないの?」という気になってくる。

そしていよいよ、3時10分、決断のとき・・・!
みたいな。

ひさびさに、100%男くさい映画を観た!という気分です。
最初から最後までノンストップで手に汗握るし、こういうのお好きな方にはぜひお勧めです。
[PR]
by kude104 | 2009-09-01 23:59 | 映画

サマーウォーズ

さて、先日の映画サービスデーの話でも。
今回観たのは「サマーウォーズ」です。
いやー、とても面白かったですよ。

なんというか、「ザ・エンターテインメント」と言うか。
設定や展開やキャラクターなどなど、どれも「新鮮」と言うよりは正直「ありがち」ではあります。

デジタル上の仮想世界という設定も「ありがち」だし、それが乗っ取られる展開も「ありがち」だし、後半の「世界の危機」も「ありがち」だし。
「ザ・日本の田舎」とでもいうべき風景も「ありがち」だし、都会の核家族な少年と田舎の大家族的な話も「ありがち」だし。
うぶな主人公がほのかな恋心を寄せる女の子に振り回されるシチュエーションも「ありがち」だし。
まぁ、8割方「ありがち」なお話だとは思う。

でも、「ありがち」な要素をきちんと組み合わせれば、それはやはり面白いということですよ。
面白い要素だから「ありがち」なんだもん。
これを変な自意識で「ありがち」を回避しようとしていたら、たぶん、駄作になっちゃってたろうと思う。
自信を持って気持よく「ありがち」なお話を作った監督さん以下は、だからさすがだと思います。

この映画、仮想世界と現実との対比がメリハリ効いてて面白いですね。
デジタルなほうでは、アニメチックでポップな映像。
そこをアバター(仮想世界のキャラクター)がびゅんびゅん飛びまわり、格闘ゲームさながらのアクションシーンでスピーディに映画を盛り上げます。
現実のほうでは、やはり日本人の琴線に触れる絵にかいたような(絵だけど)自然の風景。
そこで青春の甘酸っぱい恋心とか、大家族のドタバタがコミカルに映画を盛り上げます。
「ありがち」だけど、でも、それをここまで効果的に描くのはやはり見事です。

特にぼくはネットに片足突っ込んでいるような人間ですから、仮想世界の映像見ながら「今度作るアプリに、あんなデザインのUI(ユーザインターフェース)できねーかなー」とか考えてわくわくしてました。
やはり、プログラマーの考えるデザインと、デザイナーの考えるデザインとはまるで違っているので面白いですね。

とまぁ、そんな感じで。
ターゲット層は、中高生の友だち同士とかカップルとか、そのあたりでしょうか。
そのへんであれば、好き嫌いが分かれるようなことはなく、まず間違いなくみんなで「面白かったねー」と言いながら劇場を後にできる映画だろうと思います。
そういう映画って、ありそうで無いんですよね。
まさに、夏休みにうってつけの映画だと思います。
[PR]
by kude104 | 2009-08-03 16:58 | 映画

レスラー

昨日は映画サービスデーということで、「レスラー」を観てきました。
なんというか、とても哀しいお話やね。

まず、主人公の姿が痛々しい。
いちおう、かつてのスーパースターなのだけど、今じゃすっかり全盛期を過ぎていて。
プロレスだけじゃ生活できなくて、バイトで生計を立てているのだけど、家賃の支払いもままならない。

長年の肉体の酷使とステロイドなどの使用で、体はボロボロ。
ぐるぐる巻きのテーピングや、張りのない肌。
試合後、よろよろと歩く姿や、椅子に座りうなだれ疲れ果てた背中が切ない。

そしてついに心臓発作で倒れてしまい、一命は取り留めるのだけど、プロレスはもう無理だと医者に告げられます。

引退を決意した彼は、新しい人生を歩もうと決意します。
別れた娘との関係の修復を図ろうとしたり、思いを寄せていた女性にアプローチしたり、スーパーの総菜コーナーで慣れない接客の仕事を始めたり。

それがなんか、上手くいきそうな感じになるんだよね。
「なんだ大丈夫そうじゃん。レスラー辞めても、上手くやっていけそうじゃん」って。
もちろん、それが前振りだってことは見え見えなんだけどさ。
だけど、この時ばかりは主人公が本当に幸せそうで、「そうあってほしいなぁ」と願わずにはいられないわけよ。

でも、やっぱり上手くいかなくて。
娘との関係修復には失敗し、思いを寄せていた女性にはフラれ、スーパーの総菜コーナーの仕事は我慢できなくなって辞めてしまいます。
そうして何もかも失った彼には、もうプロレスしかなかったのでしょう。
だから彼は医者の警告を無視して、レスラーとしてリングに復帰します。

このラストの復帰を、「夢よもう一度」的な男の生き様と捉える人もいるでしょうが、ぼくにはとてもそうは思えませんでした。
あれは・・・言うなれば、「自殺」なんだろうなぁ。
すべての退路を断たれて、諦めの境地で希望や苦悩が消え去って、最後に晴れやかな心で敵陣に玉砕突撃を仕掛けるような。

劇中の会話の中で、イエス・キリストの受難と磔刑を描いた映画「パッション」についてのセリフがありました。
おそらく、主人公の姿をオーバーラップさせているのだろうなぁ。
ファンのために血を流しながら処刑台に向かうイエスのようなものとして。
イエスは処刑の後に復活しますが、そのとおり、主人公も復活しえたのかなぁ。

とまぁ、そんな感じで。
観る前は「ロッキー・ザ・ファイナル」みたいなのを想像してましたが、タイプとしては真逆な映画でした。
楽しいシーンはたくさんあるけど、総合して楽しい気分の映画じゃないね。
プロレスの試合も、基本流血デスマッチなので「ひぃぃぃ~」って感じだったし。

でも、心に残る映画でした。
[PR]
by kude104 | 2009-07-02 23:22 | 映画
新型インフルエンザがにぎにぎしいこの時に、なにも好き好んで不特定多数の密集空間に赴くこともないかなーという気もしましたが、せっかくの月に一度のイベントですんで、行ってきました映画サービスデー。
お目当ては、『スラムドッグ$ミリオネア』

ゴールデンウィークの映画サービスデーなので混んでいるだろうと覚悟して行ったのですが、劇場に着いてみると、意外や意外。
もしかしたら普段よりも人少ないんじゃねーの?といった印象。
もしかして、これってやっぱり新型インフルエンザの影響?
と思ったのだけれど、いざチケット買おうと電光掲示板を見ると、『スラムドッグ$ミリオネア』、すでに最終上映回を残してすべて満席でした。
行ったの、お昼前だったのに。
さすがは『スラムドッグ$ミリオネア』!

『スラムドッグ$ミリオネア』がダメだとなると、これはひょっとして『おっぱいバレー』コースになるのか?と、頭の中でチケットを買うシミュレーションを行いながら、でも、他にも『スラムドッグ$ミリオネア』を上映している劇場があったので、念のためにそちらにも行ってみました。
そしたら、そっちは結構空いてた。
小さな劇場だったので、みんなノーマークだったんだね。
ふふふ、こういうところで、経験の差が出るのだよ。


と、前置きはこのくらいにして。
感想としては、さすがに評判通り、面白かったです。
ただ、予想以上に、観終わった後にモヤモヤとした気持ちが残りますね。

というのも、スラムの厳しい現実が生々しすぎて、ミリオネアで賞金獲ったところでそれがなに?!ってな気持ちになってしまったから。
みんなたぶん、厳しい現実にも負けずに愛と誠実さを貫く主人公の姿に感動するのだろうけど、いや、ぼくもそれはそうなんだけど、それ以上に「貧困とはなんと悲惨な!」という感情のほうが強くて。

基本、おそらくファンタジーとして観るべき映画なのだろうけど、この「スラムの現実」が生々しすぎて、ファンタジーを楽しむ気分になれないよ。
かといって、「スラムの現実」を生々しく描いたドキュメンタリーもの、あるいは社会派ドラマとして観るには、ファンタジーの部分がある種のご都合主義的に思えてしまう。

このキメラ的な収まりの悪さが、素直に「面白かった!」と言えない原因でもあるし、この映画の深みの理由でもあるのでしょう。
単純なエンターテインメント映画でない一方で、非常にエンターテインメントな映画であるという・・・まぁ、フクザツな映画ですね。

貧困、怖い。
[PR]
by kude104 | 2009-05-01 22:02 | 映画

ヤッターマン

4月1日はネットニュース見るのめんどくせー。
ページ開いてから「あ、ウソか」ってなるの、ほんとやめてもらっていいですかね。


──と愚痴から始まる今回は、毎月恒例映画サービスデーのお話。
今回観たのは、「ヤッターマン」です。
これ、ずっと観たかったんだよねー。
観たかったのは、正確には、ドロンジョ様だけど。

感想は、大満足です。

いやもうね、映画としては、バカバカしいですよ。
物語的には、「感動あり」とか言ってますけど、しょーもないですよ。
でもいい。
この映画は、とにかくドロンボー一味が映っていればそれだけで楽しいと、そういう映画だから。

あのただでさえ個性的なアニメのキャラクターを実写化して、一ミリの違和感も感じさせないんだからすごい。
なんというキャスティング。
まさに奇跡としか言いようがない。

まず何と言ってもドロンジョ様ね。
深田ドロンジョ。
すごくいい。
アニメのドロンジョ様はぼくの中では「セクシーなおばさん」というイメージなんだけど(たぶん、子どものころに見た記憶でそうなっちゃったんだな)、深田ドロンジョ様は「セクシーな女の子」って感じで良い。
声やしぐさが子どもっぽいところがまた、セクシーな見た目とのギャップで、いいね。

そして、生瀬ボヤッキー。
実写化するにあたって一番難しいキャラクターがこのボヤッキーだと思うけど、それを完璧になりきっているのだからすごいよね。
深田ドロンジョに目を奪われがちだけど、生瀬ボヤッキーこそが今回のMVPでしょう。

劇場には子供連れがけっこう見受けられましたが、この映画、ターゲットはどう見ても大人ですよね。
一応子どもにも配慮してありますが、大人が見るとそうとわかるエロネタや下ネタがけっこうあったりしますし。
あと、意外と(でもないのかな)女性客が多かった。
観終わって劇場でるとき、きゃっきゃと喜んでいる女性客が多かったのが、ちょっと意外でした。
ぼくの前にいた女性もそんな感じだったので、嵐の櫻井くんのファンなのかなと思っていると、ケンコバの魅力について熱く語っていたのが、なんとなく、「ああ、なるほど」という感じでした。
[PR]
by kude104 | 2009-04-02 17:43 | 映画

罪とか罰とか

油断していたら、早、2月終わっちゃった。
というわけで、毎月恒例の映画サービスデーですが──。
今回は、ネットのクチコミ情報で「笑える!」との評判が目立つ「罪とか罰とか」を観てきました。

結論から言うと、ぼくには合わんかった・・・。
「面白くない」というと語弊があろうかと思いますので、「波長が合わなかった」と言っておこう。

内容を簡単に説明すると、しがないアイドルが警察署の一日署長になるのだけど、お飾りじゃなく本物の「署長権限」を与えられて。
そこにコンビニ強盗や元カレの殺人事件の話なんかが絡まってくる・・・みたいな。
基本、不条理ナンセンスコメディです。

で、ぼくには少々ナンセンス過ぎた。
なんつーかなぁ。
ナンセンスの方向性が、「明るいバカ」じゃなくて、ブラックな方向性だから。
それで、ツッコミ役がいなくて、ボケっぱなしだから。
観ていて、なんか爽快感がないというか、イライラしてしまった。

基本的にぼくは「ちょっと変」くらいの匙加減が好きなんで。
「よく見たら鼻毛が一本出ている」くらいの匙加減が好きなんですよね。
黒マジックで鼻毛ボーボーに描いちゃうのは「やりすぎ」と思っちゃうタイプなので。
話のプロット自体は面白いんだけどなぁ・・・。

エンドロールで監督・脚本の名前を観て、なるほど、「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」か、と。
どうりでね。

ぼくの隣りで観ていた男がさ、上映中、事あるごとに「おいおい(笑」とか「○○て!(笑」とか、その他聞き取れない何かの言葉とか、やたらとつぶやくんですよ。
それがなんかすげぇうっとーしくて。
てめぇ、自分ん家でテレビ観てるんじゃねーんだぞと。

なんなんだろうね。
この手の映画って、どうもこうした天然なのか意図的なのかは知らないけど、「オレ、いま、この映画楽しんでます」というのを態度で表現する人多いよね。
「この映画の面白さを理解できている自分」みたいなのを表現したがるやつ。
舞台鑑賞のノリなのかなぁ。
波長の合わないコメディ見ている横で、これやられたら、すげぇうっとーしい。

というわけで、ぼくにはちょっと残念な映画となりましたが、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと波長が合う方には面白いんじゃないかと思います。
ま、こんなぼくでも、面白い(笑える)シーンはけっこうあったんで。
波長ばっちりな人なら、大絶賛もうなづける。

あと、ヒロイン役の成海璃子さんの、なんかちょっと脚が太めな感じがキュートでした。
[PR]
by kude104 | 2009-03-01 23:59 | 映画
先ほどCATVで放送していた「鴨とアヒルとコインロッカー」を観たのですが、いまひとつ良く分からなかったです。
メインプロットは面白かったですが、「神様を閉じ込める」ってあたりが???って感じで。
あと、猫殺しへの対処も、脅迫の留守電と車のナンバーを警察に伝えればOKな気がするのだけど。
最悪、引っ越すとか。
女性の無謀な行動が、共感よりも「敵を知り己を知らば──」と思えて醒めてしまった。
原作読むと、違うのかな。

ということで、月末恒例、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。
観てみたい映画はいくつかあったのだけど、肝心の1日には公開終了するみたいで。
うーん、残念。
残っているもので、興味をそそられるものと言えば──。

「ワールド・オブ・ライズ」は、まぁ、ましかもしれない。
是が非でも観たいということでもないけど、まぁ、観たら観たで面白そうかな、とは思う。

「007 慰めの報酬」は、前作はけっこう面白かったけど、今作はそれほど評判が良いわけではないよね。
まぁ、アクションを楽しむつもりで観ればそれなりに楽しめそうな気はするけど、どうなんだろう。

「誰も守ってくれない」はなぁ・・・。
面白そうな気もするけど、今はあまり「考えさせられる映画」を観たい気分じゃないしなぁ。
それに、フジテレビでしょ?
どうせなんかテレビ的な映画になっていそうで、あまり信用がないなぁ。

その点「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」は、日テレだけど単純な娯楽映画っぽくてよさ気。
ただ、上映時間がなぁ。
朝か夕方遅くかの二択しかないのがつらいなぁ。

──といった感じで、うーん、どうもいまひとつぱっとしない。
まぁ、なんかてきとーに決めるか。
[PR]
by kude104 | 2009-01-30 23:13 | 映画
気がつけばめっきり涼しくなって、秋めいてきましたね。
そんなこんなで、毎月恒例、次の映画サービスデーに見る映画の選定でも。

まずは、前回パスした「おくりびと」
やっぱり評判すこぶるいいし、そろそろ上映期間も終了しそうな頃合いなので、このタイミングで観ておこうかなと。

お次は、「ICHI」かな。
ぼくは別段役者で作品を選ぶほうではないけれど、この「ICHI」は、綾瀬はるかで「座頭市」という設定だけで、「そりゃ観てみたい」という気になるから不思議。
綾瀬はるかさんがばっさばっさと人を切るシーンを観てみたいという、なんだろうね、この期待感は。
変なエロティシズムだろうか。
監督も「ピンポン」の曽利文彦さんということで、「ピンポン」は好きな映画だから、そういう点からもまぁ観てみたいなと。

「レッドクリフ PartI」なんかも、大作らしい大作ということで、ちょっと観てみたい気がする。
三国志は嫌いじゃないし。
ま、若干、大作にありがちな「豪華でスケールはデカいけど中身は薄いパターン」ではないかという気がしないでもないけど。
でも、この手の映画は、どうせ観るなら劇場で観るに限るからねー。

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」は、なんとなく世間的には話題性低そうだけど、ちょっと面白そうだね。
オーディションのドキュメンタリーものって、素材として面白くないわけがないもの。
栄光と挫折、努力と才能、友情とライバル、華やかなステージと地道な舞台裏、勝ちと負け・・・。
まぁ、NHKあたりでやってくれればいいのにって気もしないではないけど。

あと、今回はたぶん観ないけど、ちょっと気になるタイトルといえば、「ホームレス中学生」「ハンサム★スーツ」あたりも、悪くなさそう。
友達同士やカップルで観に行くんだったらこれ、って感じ。
特に「ホームレス中学生」は、池脇千鶴さんが女子高生役で出演ということで、個人的にちょっと興味をそそられます。
いやいや、ぼくは別段役者で作品を選ぶほうではないけれどね。
[PR]
by kude104 | 2008-10-29 18:53
なんだか9月は妙に短かったような気分ですが、月末恒例、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。
最近、興味をそそる映画がなかなか多くてうれしい悲鳴といった感じ。
とりあえず、いま興味のあるタイトルをざっと羅列すると、

アイアンマン
イキガミ
ウォンテッド
パコと魔法の絵本
アキレスと亀
おくりびと

といったところかな。
さて、どれを観よう。

悩むところだけど、まずは「パコと魔法の絵本」だろうか。
この映画は、「どうせ観るなら劇場で」というタイプの作品だろうから。

「どうせ観るなら劇場で」というなら「アイアンマン」と「ウォンテッド」もそうだけど、こっちはなんか公開期間長そうだから。
今回パスしても、まだ次の機会がありそうな気がする。

で、「パコ」の次は、評判の良さで「おくりびと」かな。
第一印象でいえば、なんとなく辛気臭いイメージがあってスルーしちゃうタイプの映画なんだけど、観た人の感想などを見ると、意外と笑って泣けて後味よろしいらしくて。

とりあえずこの2本を想定しつつ、当日の上映時間やら混み具合やらフィーリングやらで決めればいいやと。
さすがに、観たい映画が6本もあると、「どれでもいいや」という気持ちになるね。
残りはまた後日、映画サービスデー以外に観に行けばいいやという。
別に映画サービスデーにこだわらなくても、金券ショップでチケット買えばどのみち1300円くらいで観られるからねぇ。
[PR]
by kude104 | 2008-09-28 23:59 | 映画