世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
【ウェブ立志篇】米ミューズ・アソシエイツ社長 梅田望夫 進化を遂げる英語圏 - MSN産経ニュース

まぁ、相も変わらず梅田望夫さんネタだけども。
最近つれつれと思うに、人に得手不得手があるように、国にも得手不得手があるんじゃないだろうか。
日本は、もしかしたら、「インターネットビジネス」は不得手なのかもしれないね。

ビジネス的な覇権争いを無視して見れば、べつに「日本発で世界に通用するサービス」に拘らなくても、英語圏で流行ったサービスをせっせと日本に輸入するやり方でいいんじゃねーかと思う。
考えようによっては、英語圏の人々にサービスの開発と運用実験をやってもらって、結果を見て良さそうなものだけを頂けばよい、と。

たとえば、「キンドル」が本当にいいものなら、遅い早いの違いはあれど、やがて日本にも根付くだろう。
理と利があれば、世の中の流れは必ずそちらに流れるのだから。
もし流れないなら、やっぱりなにか欠けているのだ。
その国の個性に、なにかフィットしないのだろう。
世界でキリスト教が主流だからと言って日本もキリスト教化する必要がないように、文化やビジネスにも国の個性によって合う合わないがあっていいと思う。

それによって日本が世界から取り残されると懸念する人もいるだろうけど、もし日本人がその不利益を実感すれば、そこに理と利が発生するからそちらに流れるわけで。
流れないなら、別に大した不利益が発生していないということじゃないだろうか。

個人レベルで言えば、英語を習得すればその素晴らしい英語圏の恩恵とやらを受けられるのだから、それでいいじゃんと思う。
無理に日本で英語圏のサービスをどーのこーのと頑張るよりも、個人個人で英語を習得するほうが早い。
「英語を習得するほどではない」のなら、恩恵と言ってもその人にとってはその程度なわけで。
「英語を習得するほどではない」けど恩恵を受けたい人が一定数を超えれば、そこに理と利が発生するわけで。
無理せず自然に任せればいいんじゃねーかと思います。
「べき論」で切り拓かれる未来は、そう多くはない気がする。

日本は、やっぱりなんだかんだ言って、物作りが得意な印象があるなぁ。
だから、日本でiPhoneやキンドルが作れなくても、iPhoneの端末やキンドルの端末を作ってビジネスする方向性が合っているような気がする。
不得意分野をどうにかしようとするよりも、得意分野を伸ばしましょう、と。
[PR]
by kude104 | 2009-10-29 15:00 | PC&ネット
「頭のない騎馬男」と「事業開発の職人」と「優秀な人をたくさん働かせること」 - Tech Mom from Silicon Valley
会社の機能の中で「頭脳」というか、「前頭葉」にあたる、将来の企業戦略を考えたり、具体的に新事業をはじめたりする、例えば「経営企画」とか「事業開発」といった機能が抜け落ちている、または弱くなっている、ということが気になっているのだ。
企業が成長して組織が大きくなると動きが鈍るのは、日本の企業に限らず、というか企業に限らずあらゆる組織で起こり得るのだと思う。
日々のルーチンワークは個々がルーチンに従って行動すればよいので、組織が大きくなっても影響はさほどない。
でも、「経営企画」とか「事業開発」といった事柄は、事業の規模に応じて考慮すべき要因が増え、組織の規模に応じて関係者が増えるため、組織が大きくなればなるほどコストがかさみ難しくなる。

こうしたことは、人間の在りようとも似ているように思える。
身体が大きくなればなるほど敏捷性は失われがちだし、歳をとればとるほど成功体験により保守的になっていく。
基本的に、企業や組織も人間と同じように、成長~老化~死亡のサイクルをたどるのだろう。

ここで挙げられている「大手日本企業」とやらも、おそらく、成長のピークを過ぎ、老化のフェーズに入っているのではないかと思う。
そうした老いた企業に若返りを期待するよりも、若い企業への世代交代を期待するほうが、生命サイクルとしては健全なのではないかという気がする。

皮肉的に言えば、そうした老いた企業において飼い殺されている優秀な人材というのは、多くの場合、自身が「頭のない騎馬男」なのだろうと思う。
「うちの企業は将来を見据えていない」と愚痴りながら、将来の見えない企業に居続ける様は、まさに鏡を見て嗤うかのようだと思わないでもない。
もちろん、敢えてそこに留まり運命を共にしようというケースもあるのだろうけど。

「日本の企業から画期的なモノが出てこなくなった」のではなく、「日本人から画期的な企業が出てこなくなった」という見方をするならば(もちろん、実際に出てこなくなったわけではないが)、その理由のひとつは、「優秀な人材」が老いた企業に引き寄せられるからではないだろうか。
「鶏口となるも牛後となるなかれ」と思ってはいても、ついつい人は牛の大きさに安心を見てしまうもの。
であるならば、そうした企業はやはり「定年退職」して頂いて、次代に活躍の場を譲って頂くのが良いのではないかと思う。
[PR]
by kude104 | 2009-10-13 23:58 | 時事・社会

中と外

かみつく相手が違うのでは - Tech Mom from Silicon Valley

そもそも、「オープンソース的」という表現が摩擦の原因のようにも思えるのだけど、とりあえずそのへんは置いておくとして。
その中から誰かがちゃんとリーダーシップをとって組織化して動き出して
この一文を読んで、そうか、日本のウェブが海外から見て残念に映るのは、日本人のリーダーシップで組織化され、海外に知られているケースが少ないからじゃないだろうか・・・という視点が頭に浮かびました。

たとえば、ソフトウェアのオープンソース活動にしても、日本でももちろんけっこう盛んに行われているのですが、ただ、オープンソース活動を組織化して国際社会で存在感を示している日本人、という例で言えば、世間的な印象としては、あまりないように思います。
そもそも、オープンソース自体ほとんど知られていない中で、さらに日本人が・・・ってことですからね。

一方、オープンソース活動を行っているひとから見ると、当然、日本人もたくさんいるよ、と。

ただ、見ているものが違うのですね。
大げさに言うなら、外の人にとっては、日本人がいくらオープンソース活動を行ったところで、海外で評価されなきゃ知らないよ、と。
あるいは、いくら兵卒として活躍したとしても、評価されるのは率いている武将だけですよ、と。
これはまぁ、外からの評価としては、正しくはある。

一方、中の人からしてみれば、べつに外の人に評価されるためにコードを書いているわけじゃないので、「日本人のリーダーシップで組織化され、世界に知られているケースが少ない」と言われても、「だからなに? そんな暇があったらコード書くぜ」といった感じでしょう。
中の世界では十分評価されたり楽しかったり満足しているので、それだけで活動する理由としては十分なわけですから。

でも、そうすると、外の人には「国際社会で存在感のない日本のオープンソースは残念」と映るわけだけど、中の人にしてみれば、自分たちの活動を外野に残念呼ばわりされて気分悪いということになって、衝突する、と。

こうしたことは、きっと、オープンソースに限ったことではないでしょう。

中の人間がいくらがんばってよい成果を上げていたとしても、それが外の世界に知られていなければ、外の世界では評価されない。
一方、外の世界に伝わっていないからと言って、中の世界に何もないわけではない。

たとえば、テクニックとして、外から見て「残念」に思える時は、「良いものもあるのだろうけど、それが上手く外に伝わっていないのが残念だ」といったニュアンスで語れば、摩擦も少なくて済むのではないかと思います。
中の人も、外の人に正当に評価されていないと感じるときは、「中にある良いものを、上手く外に伝えられていないのではないか」というところに気をつければ、良いのではないでしょうか。

そうしたことを、日本の「オープンソース的なるもの」について考えれば、日本には、中の成果を上手く外に伝える役回りのひとがあまり目立たないのかもしれませんね。
オープンソース的に言えば、コーディネーターですか。

日本人は(と、てきとーな国民性論を語るならば)、なまじ能力がある分、有能な配下タイプに育ってしまって、君主タイプがなかなか育ちにくいところはあるのかもしれませんね。
劉邦がごとく、将に将たる能力に優れた人材は、なかなか現れにくい気がします。
なまじ能力があると、兵に将たる方向に進んじゃうのでね。

なので、マジメにオープンソースやってる人、あるいは社会的な仕組みさえ整えば自分もやってみたいと思っている人は、誰かに対してかみつくよりも、いいコーディネーターを探すと良いと思うな。
[PR]
by kude104 | 2009-06-20 13:23 | PC&ネット
日本のweb環境では個人は幸せになれない - non title
何故か日本ではアメブロなどにブログを開設し、なんの個人収益にもならないにも関わらず、せっせとブログ更新されている方が多い。それによってブログ主個人は利益にならないが企業は儲かるというシステムとなっている。
日本は、『個人の幸せ』より『法人の幸せ』に重きが置かれる感じがします。
多くの人にとって、ブログを書くのは趣味だからね。
趣味というのは、たいていお金をもらってやるのではないからね。
むしろ、お金や時間や労力を費やしてやるものでしょう。

アメブロなどの運営企業の儲けは、ブログサービスの運営による収益と考えるべきでしょう。
本来なら有料で提供するサービスを、無料にする代わりにここから上がる広告収入はうちが頂きますよ、という「売買取引」になっていると考えるべきです。
有料アカウントなのに広告が表示されるとか、ブログの内容を書籍化販売されて、その収益を全額もっていかれたとか、そうした話ならば「搾取」と感じもしますけれど。

ブログの更新作業をお金に変えることと、ブログサービスの運営をお金に変えることとは、まるで別と考えたほうがいいのではないかと思います。
極端に言うと、野球選手と、野球の試合を放送するテレビとの違い・・・かな?

たとえばプロ野球選手なら、球団からお金がもらえます。
企業からお金をもらってブログを書く、といったことは、こうしたケースに当たるでしょう。
一方、草野球選手がお金を得ようと思ったら、自分で試合のチケットを売ったり、スポンサーを探したりしなければなりませんよね。
たいていは面倒くさくて、そんなことやってられない。
お金を得るためのコストより、得られるお金のほうが少ないでしょうし。

ブログシステムの用意やメンテは企業、スポンサー探しも企業、で、更新はブロガー。
そうした状況で、さて、発生した広告収入のうち、ブロガーの貢献度はどの程度なのか?
貢献度の高いブロガーはどんどんプロ化して良いと思います。
一方、貢献度の低いブロガー(つまり、趣味ブロガー)は、広告収入をすべて企業に渡すかわりに無料で利用させてもらいます、としたほうがお得になるかと思います。

なので。
日本のウェブで個人が儲けようと思ったときに、現状それが難しい理由を、日本人の「法人が儲けるのは良くても個人が利益を上げるのは許さないぞ!という精神」にあるとするのは、ちょっと違うのではないかと思う次第です。
「amazon無効化」ソフトなどが、企業は通すけど個人は通さないように作られているとかなら、それもあり得るかもしれませんけど。

広告収入のことは、単純に、ネット広告の規模が小さいからじゃないでしょうかね。
[PR]
by kude104 | 2009-06-08 19:16 | PC&ネット
日本の政治をよくするために必要なただ二つのこと - Tech Mom from Silicon Valley

前回「日本って、そんなに閉塞しているのか」を書いたあとで、例のブログエントリーに対して寄せられている様々な発言を読んで感じたのは、日本の政治に対する見事なまでの諦めムードです。

今の(そして未来の)政治家たちに対する期待値もゼロならば、「自分たちの手でそれを変えて行こう」あるいは「自分たちの手で世の中を良くしていこう」といった意識も、限りなくゼロに近いんじゃないかという印象を受けました。
ま、あまり「自分たちの手で!」という意識が強いと「憂国騎士団」みたいなのが現れてきそうなので、それよりはましだと思いますけど。


ぼくもそうですが、政治というものはなにか自分とは縁遠いところにあって、自分とは無関係な誰かがどうにかしているもの、という認識があるように思います。
政治家になろうなんて思ったこともなければ、誰か政治家なり候補者を応援したこともない。
ロビー活動をしたこともなければ、政治集会に参加したこともない。
政治献金なんて、悪いお金くらいのイメージしかない。
やることと言えば、せいぜい選挙に行くくらいですが、それだって自分の一票が政治を変えるなんて信じちゃいない。
国民主権とは言うものの、実際問題、信じている人どのくらいいるんでしょうね。

だから、このままでは日本はダメだと言われても、誰かがどうにかしてくれるのを待つだけだし、それが期待できないとなると逃げるか諦めるしかないわけです。
そりゃ、閉塞感も漂うよなぁという気がします。

というわけで。
「日本の政治をよくするために必要なただひとつのこと」と銘打って考えるなら、いかにして国民の政治への参加意識を高めていくか──ではないかと思います。
以下、その観点からつらつらと。


ぼくはこれでけっこうネットの可能性を信じている人間ですので、政治もインターネットの活用によって変わりうるという期待を持っています。
情報と思考を共有することで、人々の知的レベルというのかな、社会の認識水準は向上すると思っているので、政治においてもそれを実現できればよいのではないかと考えます。

たとえば、政治家についてのデータベースがあると面白いんじゃないか、とか。

過去・現職含めて、プロフィールはもとより、どのような活動を行い、どのような成果を挙げたか。
どのような立場でどのような発言をし、どの政策にどういう態度を示したか。
そうしたデータベースがあると、選挙の際に、新人候補者は無理としても、再選を狙う候補者に対しては、事前にささっとデータベースをチェックして、その良し悪しを判じることができるのではないか。

現状では、そうした情報へのアクセスが不便すぎますよね。
それで有権者に正しい判断をせよと求めるのは、ちょっと無茶じゃないかなーと思います。

政治家を選ぶ投票だって、言うなれば国の未来に対する「投資」なのだから、株式市場と同じかそれ以上の「投資家保護」の観点があってよいと思う次第です。
会社に有価証券報告書の提示を義務付けているみたいに、政治家にも活動報告書のようなものを義務付けてもいいと思うけどなぁ。
会社四季報みたく政治家四季報とかあったら読んでみたい。

そうした体制を国に作れと言ってもあまり期待できそうにないので、民間でやれないものかと考えます。
NGO的な組織を作って。
うーん、とりあえず資金力と組織力が要りますね・・・。


あるいは、ネットを活用し、ロビー活動をエンターテインメントにするというのはどうでしょう。

解決を目指す問題──なんでもいいですけど、たとえば雇用問題であったり年金問題であったり、とりあえずなにかひとつ解決を目指す問題を掲げます。
で、その問題を解決するにはどうすればいいか、ネット上で議論していきます。

もっとも、議論自体はネット上じゃなくてもいいですけど、解決策を導く過程をオープンにし、それに対する人々の意見を広く募りながら解決策を練り上げて行くという過程、それは立派なエンターテインメントになり得ると思うので。

そうして練り上げた解決策を持って、議員なり官僚なりに面会を申し込みます。
そして、「これを実行してくれませんか」とお願いしようという作戦です。

協力してもらえればいいですが、世の中そんなに甘くはないでしょう。
門前払いを食らうかもしれませんし、適当にあしらわれたり、ダメ出しをされるかもしれません。
でも、そうした様子を克明にレポートすれば、コンテンツとして十分面白いと思うのですね。

話をすることで、議員なり官僚なりの事情、考え、人となり、そういったものが分かります。
素人目で良しと思った解決策でも、専門家の目から見て、その問題点が明らかになることもあるでしょう。
そうしたレポートによって、政治というものが少しずつ分かってくるのではないかと思います。

そうして、まかり間違って見事解決策を通すことができたなら、その成功体験は人々の政治意識を変えるのに十分な役割を果たすのではないか・・・。

これなら目的意識を共にする数人のグループで実行できそうですから、政治に興味のある学生さんとか派遣村の方々とか、よかったらチャレンジしてみて欲しいなー。
自分でやるには、ちょっとぼくのモチベーションが足りてませんので。


──などと、結局他人任せを露呈して夜も更けて行くのでした。
[PR]
by kude104 | 2009-05-06 21:38 | 時事・社会
On Off and Beyond: 海外で勉強して働こう

最近、原丈人さんの「新しい資本主義」を読んだこともあって、「日本はもう立ち直れない」という感じは、ぼくにはあまりありません。
もっとも、原さんの「日本は希望の大国だ」という見方にも、それはそれで「ちょっと大げさでは」という気はするのですが。
楽観はできないにしても、そう悲観したもんじゃないでしょ、という思いはあります。

そもそも、今の日本って、そんなに閉塞感漂っていますでしょうか。
たしかに、ニュースなどを見ていると、政治も経済も澱んでいる感はありますが、それでも諸外国に比べればずいぶんましなほうだと思うのだけれど。

たとえば、貧富の差は、アメリカのほうが深刻なイメージがあります。
上記エントリーで挙げられている「貧富の差は激しく、一部の著しい金持ちと、未来に希望を持てない多くの貧困層に分離、金持ちは誘拐を恐れて暮らす」というシナリオなら、日本よりもアメリカのほうがあり得る気がするのは、ぼくが彼の国をよく知らないからでしょうか。
現地の雰囲気は違うのかな。


とはいえ。
これからのことを考えると、日本だけにしがみついていてはダメだというのは、まったくその通りで。
日本人がどんどん海外に出て学び働くのは、とてもいいことだと思います。

ただ、「日本はもうダメだから海外に逃げましょう」というメッセージには、なんというか、志がない。
みんな、なんだかんだいって、やっぱり自分の国が好きだと思うんですよね。
親兄弟や友だちなどなど、全員は連れてはいけませんよね。
ならば、そうした多くの人たちを沈みゆく船に残して、自分たちだけ逃げましょうと言われても、なかなか心は奮い立たないでしょう。
上記エントリーを読んで、「よし、自分も海外に行こう!」というひとを、ぼくはあまり好きになれそうにない気がします。

そうじゃなくて。
もし日本が本当にやばいなら、なんとかして救うべきだと訴える。
そのためには、日本の中にいてはダメだ。
一度海外に出て、そこで広い視野を得て、知識と経験を蓄えよ。
そうして力を得たのちに、日本に戻って、あなたの大切な人たちのために力を使いましょう、と呼びかけるならば、心奮わす人も多々現れるんじゃないかなぁ。

人を動かすには、嘘でも、何かしらの「大義」が必要だろうと思います。
自分自身のことだけでもって海外に行こうという人は、なにも言わなくても行くでしょう。

そうか。
みんなダメだダメだというばかりで、誰も大義を語らないから閉塞感が広がるのかな。
ぼくもはやく何がしかの力をつけて、「日本は希望の大国だ」とか言えるようになりたいです。
[PR]
by kude104 | 2009-04-28 19:10
戦争を知らないぼくたちに戦後責任は存在するか? - Something Orange

この記事で言及されている山本さんの発言の要旨は「日本とか中国とか在日とかそういったラベリングの集団論で片付けていると、『個人の責任』を見失いますよ」というところにあるのではないかと思います。
ただ、その話の枕に「日本は中国に謝罪すべきか?」というデリケートな話を持ってきてしまったがために、本題よりも枕のほうがメイントピックになっちゃった感がありますね。

少なくとも、「謝罪する必要はない」とする山本さんの発言は、言うならば「戦中責任」について述べたものであり、kaienさんの仰る「戦後責任」とは、また別のお話になるように思います。


それはそれとして。
この記事を読んで、「戦後責任」についてのぼくの考えはというと。

国家として、今の日本に「戦後責任」があるかというと、あるでしょう。
国家にあるということは、その主権者である国民たる我々にも「戦後責任」がある、ということでよいかと思います。

今の日本という国が、大日本帝国、あるいはそれ以前と「同一」であるかというのは、厳密なところはよく分かりませんが、まぁいちおう日本は大和朝廷くらいからずっと天皇家が治める単一王朝ということになっているのかな。
別の王朝が打ち建てられたわけでもないし、異民族の国家に変わったわけでもないし、まぁ諸外国の扱いとして「同じ」と考えるべきだろうと思います。
せいぜい、政権や政治体制の交代レベルの認識でしょう。
われわれの意識としても、「日本」の誕生が戦後からという感じではありませんし。

だとすると、日本という国家には戦争を行った過去がある、ということになります。
ならば当然、今の日本に「戦後責任」はあるだろうと思うのです。

ただ、ぼくの思う「戦後責任」というのは、「過去の戦争で犯した罪に対する直接的な責任」ではなくて(それはまた別の責任のお話)、「かつて戦争をした」ということを踏まえて、今、そしてこれから、日本という国家がどうあるべきかということについての責任、という意味です。
kaienさんの仰る「戦後責任」というのも、たぶん同じ意味だろうと思います。

「戦後責任を持つ」=「謝罪と賠償」ではない。
戦後責任というのは、そんな小さなものではない。

ある人にとっては、「もう二度と戦争を起こさない」ことが戦後責任になるでしょう。
またある人にとっては、「もう二度と負ける戦争はしない」ことが戦後責任であるかもしれません。
言論の自由を守ることが戦後責任である人もいるでしょうし、参政することが戦後責任である人もいるでしょう。
国際貢献であるとか、そうしたことも戦後責任とは無関係ではありません。

要するに、あの戦争を教訓として、これからの日本にどう活かすかということですね。
何も学ばず、同じ失敗を繰り返すなら、それこそが「無責任」な行為じゃないでしょうか。

なので、戦後責任のまず第一歩は、あの戦争について知ること、考えることであろうと思います。
今回のこの記事も、戦後責任のひとつなのだ。
[PR]
by kude104 | 2009-04-25 22:23