世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
日本のweb環境では個人は幸せになれない - non title
何故か日本ではアメブロなどにブログを開設し、なんの個人収益にもならないにも関わらず、せっせとブログ更新されている方が多い。それによってブログ主個人は利益にならないが企業は儲かるというシステムとなっている。
日本は、『個人の幸せ』より『法人の幸せ』に重きが置かれる感じがします。
多くの人にとって、ブログを書くのは趣味だからね。
趣味というのは、たいていお金をもらってやるのではないからね。
むしろ、お金や時間や労力を費やしてやるものでしょう。

アメブロなどの運営企業の儲けは、ブログサービスの運営による収益と考えるべきでしょう。
本来なら有料で提供するサービスを、無料にする代わりにここから上がる広告収入はうちが頂きますよ、という「売買取引」になっていると考えるべきです。
有料アカウントなのに広告が表示されるとか、ブログの内容を書籍化販売されて、その収益を全額もっていかれたとか、そうした話ならば「搾取」と感じもしますけれど。

ブログの更新作業をお金に変えることと、ブログサービスの運営をお金に変えることとは、まるで別と考えたほうがいいのではないかと思います。
極端に言うと、野球選手と、野球の試合を放送するテレビとの違い・・・かな?

たとえばプロ野球選手なら、球団からお金がもらえます。
企業からお金をもらってブログを書く、といったことは、こうしたケースに当たるでしょう。
一方、草野球選手がお金を得ようと思ったら、自分で試合のチケットを売ったり、スポンサーを探したりしなければなりませんよね。
たいていは面倒くさくて、そんなことやってられない。
お金を得るためのコストより、得られるお金のほうが少ないでしょうし。

ブログシステムの用意やメンテは企業、スポンサー探しも企業、で、更新はブロガー。
そうした状況で、さて、発生した広告収入のうち、ブロガーの貢献度はどの程度なのか?
貢献度の高いブロガーはどんどんプロ化して良いと思います。
一方、貢献度の低いブロガー(つまり、趣味ブロガー)は、広告収入をすべて企業に渡すかわりに無料で利用させてもらいます、としたほうがお得になるかと思います。

なので。
日本のウェブで個人が儲けようと思ったときに、現状それが難しい理由を、日本人の「法人が儲けるのは良くても個人が利益を上げるのは許さないぞ!という精神」にあるとするのは、ちょっと違うのではないかと思う次第です。
「amazon無効化」ソフトなどが、企業は通すけど個人は通さないように作られているとかなら、それもあり得るかもしれませんけど。

広告収入のことは、単純に、ネット広告の規模が小さいからじゃないでしょうかね。
[PR]
by kude104 | 2009-06-08 19:16 | PC&ネット

嫌儲の発生源

嫌儲とWeb性善説 - 花見川の日記

「金の流れが無いからこそ成り立っている」というのは、多くの場合運営サイドの都合で、ユーザサイトとしては、お金の流れがあればあったでそれに適応するだろうと思う。
ただ、Wikipediaにしろ2chにしろニコニコ動画にしろ、コンテンツがいわゆる不特定多数との合作になるようなサービスについては、「だれに報酬を発生させるべきか?」という問題が容易に解決できないので、「Web性善説」で運営するしかないだろうけど。

ウェブでお金を稼ぐことに何でもかんでも反対という人は少数で、一般的な「嫌儲」の感情というのは、「他人のふんどしで相撲を取る」「濡れ手で粟」的な行為に対して発生しているように思う。
それと、お金が絡むとスパム的な行為が蔓延するので、それがいやだという反感と。

「これはすごい」というコンテンツに対しては、その作者に対して、それなりの報酬が発生すべきと考える人は多いのではないかと思う。
でも、じゃあ実際に俺が金を出すよという人は少数なので、そうすると、報酬は広告でという話になる。
で、報酬が広告ベースになると、今のネット広告のシステムだとページビューの多い少ないで測られることになる。
そうなると、まっとうにコンテンツを作って稼ぐページビューと、スパム的にコンテンツを作って稼ぐページビューとが、費用対効果という点でねじれてしまう。
嫌儲の発生源は、たぶんここにあるんじゃないかな。

ウェブが広告以外の有用な収入源を見つけられたなら、嫌儲の問題はきれいに解消されると思うのけれど・・・。
[PR]
by kude104 | 2008-01-13 23:51 | PC&ネット
たとえばJoostであるとかFacebookであるとか、はたまたGoogle Maps - Street Viewであるとか。
(それぞれ、以下参照――アンカテ(Uncategorizable Blog) - YouTubeが信長ならJoostは家康かメディア・パブ: Facebookが今日にも開放路線を発表,SNSがOSの役割をGoogleマップに平面視点で地図を見られる新機能「Street View」追加 - GIGAZINE
なんだろう、この「世の中が変りそう」な予感は。

なにか世の中を変えてしまうような予感を感じさせる――ひらたく言うと、ワクワクするようなネットサービスを作り出すということにおいて、アメリカはほんと圧倒的だなぁ。
それが本当に世の中を変えてしまうかどうかはまた別の話として、少なくとも、「もしこれがうまくいけば、なんかすげぇことが起こりそう」と思わせてくれるだけの大きさを持った風呂敷ではあるように思う。

翻って、日本は・・・という話になっちゃうんだけど。

日本産で、ワクワクするようなネットサービスって、なにかあります?
面白いサービスやよく出来ているサービス、使いやすいサービスはたくさんあるけど、その登場前と登場後とで世界を変えてしまうような、そういう期待を一瞬でも抱かせるようなサービスって何かあるでしょうか。

どうして日本では革新的なネットサービスが生まれないのかということを考えるに、これはもう単純に「儲からないから」だろうと思います。
日本で革新的なネットサービスを発明して大金持ちに!みたいなサクセスストーリーって、まるで現実感がない。
デイトレードで大儲けとか、アフィリエイトで大儲けとか、そっちは真に受けちゃう人も多くいるのにね。
サクセスストーリーがないから、「いっちょやってやるか!」みたいな有象無象の野心家が集まらない。
結果、それなりのモチベーションとビジネス的な期待値でできるのは、流行りのネットサービスのクローンを作るくらいになっちゃうのでしょう。

無料で提供して広告から収益を上げるというスタイルが定着した今、革新的なネットサービスが生まれるかどうかは、ネット広告市場の規模の大小に依ると言えるでしょう。
上場であるとか売却であるとかそういった形での儲けも、そのサービスが将来もたらすであろう利益の大小、つまりは広告収入の大小によって決まると言えるわけで。
その広告市場の規模が、日本とアメリカとじゃ大きく違う。
もし、日本でもネット広告にガンガンお金が流れるようになれば、日本発の面白いネットサービスが生まれるようになるだろうけど、当分はないだろうなぁ。

それでも、日本から世界をリードするようなネットサービスを生み出す方法はないものか・・・と考えると、実に単純な方法があることに気づきました。
海外でリリースすることを前提に、日本語と英語の二言語でサービス作ればいいんじゃないかしら。
サービスの内容にもよるでしょうけど、二言語でリリースするからコストが2倍になるってこともないでしょう。
それでいて、日本語圏のみをターゲットにするより、英語圏をターゲットに加えることで得られる収益は2倍以上だろうと思います。

というわけで、これからのネットサービスの開発には英語力必須ですな。
[PR]
by kude104 | 2007-05-30 23:59 | PC&ネット
MarkeZine:◎ブロガーと広告主をマッチングするサイト「AD-Butterfly」開設へ

個人的な認識としては、ブロガーが掲載する広告を選んだり、広告主が出稿先となるブログを選んだりするのって、けっこう面倒なわりにはたいして報われない作業なんではないかという気がします。

ブロガーにとっては、広告枠を設置しておけばあとは自動的に報酬を最大化する広告が配信されるシステムが理想だろうし、広告主にとっても、広告を出稿すればあとは自動的に広告効果を最大化するブログに広告が配信されるシステムが理想だろうと思います。
「自分で選びたい」という要求の本当のところは、広告のミスマッチを回避したいという要求であり、それが自動システムで満たされるのであれば、別に自分で選ばなくてもいいやとなるのではないでしょうか。
バイラルマーケティングやレビュー+アフィリエイトなら別ですけど、「サイドバーに広告枠を設置してそこに広告を流す」という場合は、自動システムがいいと思うんですよね。

それを敢えて手動というか、ユーザが自分で選ぶシステムにしたのは、やはり自動で広告のミスマッチを回避するのは難しいんでしょうか。
ブログのエントリーからキーワードを抽出して広告のキーワードとマッチングさせるとか、データを蓄積することで、そこそこの精度で、だいたいこの手の広告をこの手のブログに配信するとこれくらいのクリック率になるといったことは把握できるんじゃないかという気がするんですが。

1.そのへんグーグルに特許押さえられていて、やりたくてもできない。
2.技術的に難しくてできない。
3.技術的にはどうにかなるが、コスト的にしんどい。
あるいは、意外とこれだったりしてと思うのは、
4.自分で選ばせることで、報酬額/広告効果を最大化させない。

今後もっとWeb広告市場が大きくなれば、有望なサイトを広告掲載先としてスカウトし、広告主からは高報酬の広告案件をゲットし、双方を(人力で)マッチングさせるような広告エージェントが登場するのではないか・・・と思っているんですがどうでしょうか。
そんなエージェントがいてくれれば、サイト運営者にとっては広告獲得のための営業活動を行わなくていいのでハッピー、広告主にとっては苦労して探さなくても広告掲載先として確かなサイトを紹介してもらえるのでハッピー、エージェントにノウハウが貯まるのでWeb広告市場全体としても効率化・活性化してハッピー、みたいな感じでいいんじゃないかと思います。

まぁ、いずれにしても、うちのような微小ブログには関係ない話ですけど。
[PR]
by kude104 | 2007-04-26 23:59 | PC&ネット
インターネットでは色んなものがゼロ円になる… - シリアルイノベーション [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

「インターネットでは色んなものがゼロ円になる」というのは、ぼくもそうだろうと感じています。
理由のひとつは上記エントリーに書かれているとおり、複製可能であること。
そしてもうひとつが、ものすごくスケールメリットが効くということではないかと思います。
Webサイトひとつで24時間何百万人何千万人を相手にビジネスができる。
これによって、客単価の運用コストが限りなくゼロに近づく。
たとえば、Webサーバ代がものすごく高額だったら、Webサイトの保守管理にものすごく人的資源が必要だったら、そう簡単に無料化はできないだろうと思います。

上記エントリーの問いかけである「近い将来にゼロ円あるいはそれ以下のマイナスの価値になってしまうサービス/アプリケーション/ビジネスモデルに共通した特性とは何か?」をぼくなりに考えると、要するに、「不特定多数を相手に(半)自動化されたビジネス」ということであり、かつ、「広告スポンサーが付く」ということだろうと思います。
ちなみに、スパムはそれ自体が広告ということで。

逆に言うと、そうでないビジネスは、基本的には価値が保たれることになります。
まぁ、ネットベースで「そうでないビジネス」なんてのは、ほとんどないと言っていいでしょうけど。

でも、見方を変えれば、別の考え方があるのかも知れない。
たとえば、グーグルのサービスを購入しているお客さんは誰かと言うと、グーグルに広告を出稿している広告主であると言えるでしょう。
グーグルが提供している各種Webサービスの利用ユーザは、言わば、グーグルの広告メディアとしての商品価値を高めるための存在であると言えます。
なんというか、彼らはグーグルにとって「お客さん」ではなく、むしろ「商品」であると。
魚を釣るのに、魚には当然タダで餌を与えますよね。
それと同じであると考えれば、ネットビジネスの仕組みが分かるような気もするのです。

ユーザ数であるとか利用時間と言うのは有限であるから、これは複製できない、独占可能なものです。
したがって、ここを押さえて、それに価値を見出す人々――つまりは広告主――相手に商売をするというのが、ネットビジネスのひとつのセオリーであるように思います。
[PR]
by kude104 | 2007-04-23 23:59 | PC&ネット

仲介業者が儲けすぎ

池田信夫 blog クリエイターに必要なのは著作権の強化ではない

まったくその通りだと思いますね。
制作者よりも仲介業者が圧倒的に儲ける構造というのは、やはりおかしいと思うわけです。

ぼくは、インターネットの登場でこのへんの歪みが解消されるのではないか──つまり、仲介業者をすっ飛ばして、制作者と消費者がダイレクトに売買することで、制作者が適正な報酬を得ることができるようになるのではないか──と期待していたのですが、現状、そう簡単な話でもないなといった感じです。

特にデジタルコンテンツに関して言えば、適正な報酬も何も、「ネット上のデジタルコンテンツは無料」というのが、ほぼ定着してしまった感があります。
こうなると、ネットビジネスは、コンテンツやサービスを無料で提供して広告収入で利益を上げるというやり方にならざるをえないわけで。
基本的に、一人の制作者が作り出せる広告メディア価値というのは知れていますから、これは結局、仲介業者が多数の制作者からコンテンツを集めてサイトを運営して広告収入で利益を上げるというビジネスに行き着きます。
この場合の広告収入の配分比率をみてみれば、結局やっぱり、制作者の取り分は圧倒的に少ないままなんじゃないかなという気がしてなりません。

いま流行りのWeb2.0なんてのも、うがった見方をすれば、制作者の取り分0で仲介業者の総取りですからね。
Google/YouTubeのようなプラットフォームでビデオが流通するようになっても、一番利益を得るのはGoogle/YouTubeなんじゃないかと思う次第です。
もちろん、それらのプラットフォームを活用して大きな利益を得る制作者も少なからずいるでしょうけど、それは現在のコンテンツビジネスでも同様だろうと思います。
要するに、これはおそらく資本主義社会における資本家と労働者の関係そのもので、フィールドがネットに移ろうが変わらないってことなんじゃないかと。

その一方で、それでもやっぱりネットなら、この歪みを正す上手いやり方があるのではないかという希望というか可能性は感じます。

たとえば、仲介業者間で競争が起こった際に、コンテンツはすでに無料なんで「商品の価格を下げて消費者を呼ぶ」という戦略は使えません。
そうすると、「優れたコンテンツを集めて消費者を呼ぶ」という戦略を取らざるを得ず、そのためには「制作者への配分を大きくする」という戦略が必要になると思うからです。
ただこれも、一将功なりて万骨枯るじゃないですけど、一人の高額報酬者とその他大勢の無報酬制作者になっちゃうかもしれませんけど。
いやあ、なかなかうまく行きませんね。
[PR]
by kude104 | 2006-12-20 23:59
昨日の続きで、YouTubeとワーナーとの提携についての話ですが。

YouTubeのユニークなところって、動画再生用の「窓」をユーザが自分のブログなりWebページなりに自由に貼り付けちゃえるところですよね。

で、YouTubeとワーナーとの提携の話を読んで思いついたのは、“音楽番組ブログ”みたいなものができるなぁということです。
「今日のお薦めの一曲はこれ」みたいな感じで、ブロガーがDJになって、お気に入りの曲や注目曲を紹介するブログというものが、簡単に作れてしまう。
しかも、合法的に。
選曲のセンスが良ければわりと人気の出そうなコンテンツだと思うのですが、もしこの音楽番組ブログが有名になったら・・・?と想像してみます。

ブロガーとしては、大量のアクセスを無駄にする手は有りませんから、当然、グーグルアドセンスなりバナー広告なりを設置しますよね。
そして、もしこの音楽番組ブログがユーザニーズをかなり満たすものであるなら、多くのユーザはわざわざYouTubeにアクセスして楽曲を探さなくても、このブログで鑑賞すれば良いやと考えるようになるでしょう。

そうするとどうなるかというと、本来YouTubeにアクセスしてそこで広告をクリックするはずだったユーザが、その手前の音楽番組ブログで広告をクリックすることになります。
これでは、YouTubeとしては、インフラだけ提供して儲けは持っていかれるようなもので、ちっとも美味しくありません。
・・・まぁ、YouTube側の対策としては、動画の中に広告を埋め込んでしまえばいいだけですから、さほどクリティカルではないでしょうけど。

いずれにしても、ユーザ側としては、無料でブログを借りて、無料でYouTubeのインフラを使い、無料でワーナーのコンテンツを提供して広告代を稼げるという、夢のような道が開かれようとしているのではないでしょうか。

でも、考えてみれば、そういうブログはすでにもうありますね。
音楽番組ブログは知りませんが、普通に“YouTubeおもしろ作品紹介ブログ”みたいなやつが。
どうなんだろう、ああいうのって、それなりに広告収入が得られているものなんでしょうか。

まぁ、こういうのは、面白い動画を探す労力と広告収入とがペイするか否かというところが問題なので、ワーナーのミュージックビデオを紹介する音楽番組ブログというのは、そのへんのコストパフォーマンスが良さそうで、いんじゃないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2006-09-21 23:59 | PC&ネット
トヨタが米テレビ界に一撃「印象に残らない番組はダメ」 (NBニュース):NBonline(日経ビジネス オンライン)

アメリカのテレビCM業界で、トヨタが視聴率に代わる「番組関心度」というデータを導入し始めたという話題。
「番組関心度」とは、視聴者にテレビ番組の内容やストーリーなどを質問して、番組がどのくらい視聴者の印象に残っているかを調べたものだそうです。

以前耳にした話では、トヨタが北米で販売した若者向けのあるブランド車種は、まったくテレビCMを打たずにネット上のプロモーションだけであったにもかかわらず、かなり好調な売上だったとか。
こうしたエピソードから察するに、米国トヨタの中では、テレビCM神話みたいなものが年々薄まりつつあるのでしょう。

今回の話題では「番組関心度」ということですが、どうでしょう、これからはデジタル放送で双方向サービスだなんてことを言っていますし、もしかしたら、テレビCMの効果を測るもっとシビアな仕組みが考案されるのではないか・・・なんて思ったりします。
たとえば、双方向テレビでCM中の商品情報にアクセスしてきた視聴者の数なんてデータが計測できるなら、よりダイレクトに広告効果というものが測定できるのではないでしょうか。
それをネット広告と比較すれば、テレビCMの費用対効果というものが、かなりシビアに分かります。

広告主がテレビCMの効果をより正確に知りたいと思うのは当然で、技術的な進歩と共に、より正確な測定方法が登場するでしょう。
そうなれば、テレビCMの費用対効果が白日の元に晒され、その結果はおそらく、テレビCM料金の値切りをもたらすだろうと思います。
よって、この先10年もすれば、テレビ業界はじわじわと不況になって行くのではないかと想像します。

YouTubeなんかの問題もあるし、かつて映画がテレビによって斜陽化したように、今度はテレビがネットによって斜陽化する──ことになるのかな。
[PR]
by kude104 | 2006-09-06 23:59 | テレビ