世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
F速VIP(・ω・)y-~ たまに来るエホバの女勧誘員を家に連れ込んでヤっちゃ駄目?

宗教を信じる「無知」と、宗教を信じない「下衆」と、どっちがましかと言えば、前者だな。

うちにも宗教の勧誘の人が来るけど、話をしてると結構面白いよ。
べつに「特定の宗教を信仰している」というだけで、いたって普通の人だけどなぁ。
宗教を信仰している人と、信仰していない人とが、お互いにお互いを尊重すればいいだけのことじゃないかと思うのだけど。
無理に信仰を押し付けようとする人と、無理に信仰を否定しようとする人と、どっちも同じ穴の狢だろうに。

たしかに、聖書には論理的に見れば様々な矛盾や破綻があって、聖書に立脚する教えも当然そうした矛盾を引きずっているのだけど、そのことを指摘されて泣いたり動揺したり怒ったりするような信者なんて、たいしたことはない。
そういう指摘して相手が答えられないのを見て楽しむのは、まぁ、趣味が悪いねとしか言いようがない。
本物の信者は、たぶん、世界中のすべての人が神を否定し、神の不在が科学的に証明されたとしても、それでも神を信じるだろう。

なぜなら、信じることに、本来、論理性は不要だから。
彼ら信者にとって、教えを論理的に説明することは手段であって目的ではない。

たとえば、親しい人を亡くして悲嘆に暮れている人に、人間の感情はただの電気信号で、死ねば肉体はただの物質となって朽ち果て消滅するだけだと論理的に説明してなんになる。
それよりは、「あなたの親しい人は天国で幸せに暮らしています」という非論理的な説明のほうが、宗教としては正しい。

そして「科学」にしたところで、たとえば、宇宙はビックバンによって無から生まれたという。
これを論理的に説明できる人って、いったいどれくらいいるのだろう。
ぼくは正直よく分からない。
だけど、「宇宙はビックバンによって無から生まれた」という話を信じているわけで、これってつまり、「宇宙は神様が作った」という話を信じているのといったい何が違うのか。

あるいは、公理とは 「証明する必要のない、明らかに自明な法則」だという。
信者の人たちにとって、「神」とは言わば公理なのではないだろうか。
ならば、科学の公理に疑問を抱いたことのない人が、宗教の公理に疑問を抱いたことのない人を笑うのは滑稽じゃないだろうか。

ぼくは宗教よりも科学を信じているわけだけど、科学にしたところで突き詰めれば「信じる」というレベルの話だと思うわけで。
理想的には、物質的なところでは科学を信じて、精神的なところでは宗教を信じる、そうしたハイブリッドな人というのが一番安定していそうな気がする。
[PR]
by kude104 | 2008-05-16 23:21

宗教の勧誘の人

久々に「ポストされた宗教冊子を読んでみた」の続きでも書いてみようか。
実は、年を越えても、勧誘の人との交流はまだ続いています。
ついには聖書そのものをもらうまでに至りました。
タダであんなのくれちゃうんだから、気前いいよね。
・・・これってやっぱり、順調に捕り込まれているのかなぁ。

とはいえ、話し相手は、初めに勧誘に来た人から別の人に代わっています。
言わば、2代目。
最初の人は女性で、今の人は男性なので、こっちとしてはちょっとがっかりというか。
やっぱ、どうせ会話するなら男よりも女のほうが多少なりとも気分的に楽しいじゃない。

交代の理由として、「男性のお宅に、たびたび女性が訪問して誤解されて、ご迷惑をおかけしてもいけませんから」などと言われましたが、本当かなぁ。
いつもインターフォン越しで会話していたので、顔も知らないくらいでしたから、「変なことに気を使うなぁ」と思ったものです。
でもまぁ、悪い宗教なら、そこは敢えて男性には女性の勧誘員を充てて、いわゆるハニートラップを仕掛けてくることも考えられるので、それをしなかったという点は評価してもよいかと。

たぶん、ぼくがいつもあれこれ疑問を投げかけるので、あの女性では手に負えなくて交代したんじゃないかと思うのだけど、それは考え過ぎかな。
交代したとき、「よし、1面のボスを倒して、次、2面のボスが出てきた」などと思ってしまったのは秘密です。

ただ、交代してやってきたこの男性も、今のところ、さほど強くないんだよなぁ。
前の女性とあまりレベルが違わないように感じるので、やっぱり「1面のボスを倒して、2面のボスが出てきた」わけではないのだろうか。

ぼくは別に宗教信じている人をバカにするつもりは全然なくて、「強い弱い」「レベルが高い低い」というのは、単純に論理的な説明能力が高いか低いかということです。
ぼくの疑問に対して、その宗教内のロジックでいいので論理的に答えを返してくれると「なるほど!」と思えるのだけど。
信仰なんてものは最終的には信じるか信じないかに行きつくので、そこは別に構わない。
ただ、せめてぼくみたいな素人が思いつく程度の疑問くらいは、理論武装していろよと思う次第です。

どうも、物心ついたときから信仰しているので、そういう疑問があるということを考えたことすらない、ということみたいだけど。
うーん、勧誘員として派遣するにあたって、教団としてそのあたりの勉強会とかしないのだろうか。
まぁ、そもそもぼくみたいに、きちんと冊子やら聖書やらを読んで、その上で質問する人など滅多にいないんだろうけどさ。

あるいは、敢えてレベルの低い様を装い、ぼくをいい気にさせて油断させておいて捕り込む作戦だとしたら、見事だけど。
気が付いたらやばい状況に陥っていた、なんてことになりはしないかと、ちょっとだけ不安もあるけど、この先どういう展開になるのか楽しみです。
[PR]
by kude104 | 2008-02-17 23:38
クリスマスイブだというのに、いつものように惰眠を貪っていたら、突然ピンポーンと訪問者を告げる呼び鈴の音で起こされる。
「こんな朝早くに誰だコンチクショウ(実際にはお昼前でしたが)」と寝起きの不機嫌さで、しぶしぶインターフォンに出ると、聞こえてきたのはなにやら若い女性の声。
「こんにちは、今日はクリスマスイブですね」と、インターフォン越しの女性はさわやかに言う。

「はあ」と答えたものの、寝起きの頭は上手く働かない。
そうか、今日はクリスマスイブだった。
とはいえ、訪ねてくる女性の心当たりもないし、まさかサンタでもあるまい。
などと、短編小説のひとこまのようなことを考えたかどうかは覚えていないけれど、クリスマス、若い女性、というキーワードがぼくの中の何かを刺激したことは確かでした。

そんなぼくの戸惑いにはお構いなしに、女性はさらに続けます。
「クリスマスということで、この機会にぜひイエスのことを知っていただきたいと思いまして──」
ああ、なんだ宗教の勧誘か。
この時点で、ぼくの関心は急速に薄れまして、その後女性が何を言い、ぼくがどう対応したかは覚えていません。
なるほど、クリスマスに勧誘とは筋がとおっていると感心したのは覚えています。

やがて女性は冊子をドアポストに入れて帰って行きました。
ああ、せっかくのクリスマス。
しかも、声は美人声。
どうせなら、ドアを開けて会話でもすればよかった。
もしかしたら、なにかクリスマスっぽいイベントの発生フラグでも立ったかもしれないのにと、ちょっともったいないことをしたような気分になりましたが、何しろこちらは寝起きそのままでしたから、まぁいいやと。
間違って、宗教フラグが立っちゃっても面倒だし。

一瞬ふくらみ掛けたテンションがぺしゃんとしぼんで、しょうがない、もうひと眠りするかと思いつつ、女性が置いて行った冊子を手に取りふと目をやると、そこには力強く「目さめよ!」と書かれてありました。

しょうがないので、二度目はあきらめて、目覚めることにしましたとさ。

そのあとはいつも通りの普通の一日を過ごして、クリスマスイブは終わりました。
[PR]
by kude104 | 2006-12-25 22:36
ケーブルテレビの話の続き。

今時のケーブルテレビはインターネット接続サービスも手がけてまして、うちに導入されたケーブルテレビもZAQという接続サービスをやってます。
で、当然の事ながら、「この機会にぜひどうですか」と勧誘される。

ぼくは、基本的に、こういった勧誘には乗らない。
どんなに素晴らしい商品でも、勧誘という行為それ自体にある種の胡散臭さを感じるからです。
なんか、「言いくるめられて買わされる」みたいな疑心暗鬼の気持ちが湧いてきます。
必要になった時点で比較検討して、もし本当にいい商品なら、そのときに購入するんで今は要らないです──てな感じ。

今回の勧誘も、初めはそんな感じで「はいはい、また今度ね」と聞き流していたのですが、セールスの兄ちゃんが結構がんばるのです。
聞いているうちに、悔しいかな、段々とこっちの気持ちが動かされてきて・・・。

というのも、確かにカタログスペックで見る限りはお得なんですよねぇ。
通信費が、だいたい月1000円安くなりますから。
しかも、今なら工事費無料って言うし。

ただ問題は、ひとつには、回線の品質ですね。
速度は本当に期待通りに出るのか、接続の安定性は高いのか。
こればっかりはカタログスペックでは何とも言えません。
実際にやってみないと分からない、ある種のギャンブルですよ。

あるいは、今使っている回線に不満がなければこうも心動かなかったでしょうけど、残念ながら、そこは「満足している」とは言い難い。
乗り換えて良くなるのなら、乗り換えたい気持ちは常々有りました。

しかし、不満があるとはいえ、別に使えないってことはないのだから、わざわざリスクをかけてギャンブルする必要はあるのだろうかという気持ちもまた強い。
今より悪くなるのが最悪ですからね。
それを思えば、現状維持が正しい選択だという内なる声が聞こえてきます。

加えて・・・。

(次回に続く)
[PR]
by kude104 | 2006-11-12 22:08 | PC&ネット