世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

信仰と宗教

「救われない魂」を、信仰を持たずに救うことが、どういうことなのか分からない - どんなジレンマ

信仰を持たない人間の魂も救われることはあるのだろうか。
おそらく、「ない」だろうと思います。
なぜなら、「魂」が「救われる」ことを願う時点で、それはある種の「信仰」だろうと思うからです。

「魂」という漠然としたものを救うためには、「魂」を定義する「世界観」が必要になります。
そして、それを「救済してくれるもの」を求める時点で、これはもう立派な信仰でしょう。
もし、そうした信仰を微塵も持たない人間ならば、「魂」というものを「救済してほしい」などと、そもそも考えもしないのではないでしょうか。

もしそれが信仰であるなら、救われるためには「納得すること」が必要になるかと思います。
どんな無茶苦茶なロジックでもいい、「そういうものか」と納得することでひとは救われるのだと思います。
逆に言えば、なぜ救われないかというと、納得できないからでしょう。
なぜだか分からない、どうしてだか分からないから、心のもやもやが収まらず、救われない。
それを誰かに「それは、こうだ!」とすぱっと快刀乱麻を断ってもらえれば、「なるほど、そうだったのか!」と心が晴れて救われる。

宗教というものは、そうした「もやもやした信仰」をロジカルに体系化し説明したものであると考えます。
なので、納得できさえすれば、信仰の対象は宗教でなくても構わない。
科学に救われる人もいれば、愛に救われる人もいるでしょう。
そうした人たちは、科学を信仰し、愛を信仰するのでしょう。

「1+1=2」というルールを「そういうもの」として飲み込んで、世の中のあらゆる数式を理解することと、「神」というルールを飲み込んで、世の中のあらゆる事象を理解することと、信仰のレベルとしては、それほど大きな違いがあるとは思えない。
魂の救済を求めて苦しむことも、解けない数式を前に悩むことも、どちらも「解き方」としては同じなのではないでしょうか。
片や公理から定理を導き計算して答えを出し、片や神から教義を導き信仰して答えを出す。
数式を解くのには数学が適していて宗教が適さないように、魂を救済するには宗教が適していて数学は適さないでしょう。
そうした違いはあるけれど、どちらも「世界の成り立ちを説明するための体系」であるのは同じじゃないでしょうか。

そう考えれば、たぶん、信仰を持った人が強いのではなくて、「式の解き方を知っている」ひとが強いのだろうと思います。
信仰だけあってもダメで、それによって問題が解けないと救われない。
その解き方が正しいか間違っているかはどうあれ、本人が「解けた」と思っているならば、心は晴れやかでいられましょう。

解き方は、何度も言うように、宗教である必要はありません。
ですので、冒頭の問いを「宗教を持たない人間の魂も救われることはあるのだろうか」とするならば、それはYESと言えましょう。
YESはキリスト教だけのものではないですよ、と。
[PR]
by kude104 | 2009-05-23 15:54

それぞれにとっての神様

asahi.com(朝日新聞社):神は多分いない…英国で走る「無神論バス」 - 国際

一口に「神」と言っても、ひとそれぞれに思い浮かべる「神」は違うのだろうと思う。

たとえば同じキリスト教でもさまざまな宗派があって、宗派ごとに信仰に大なり小なりの違いがある。
ある宗派では神様はこうだと信じていても、別の宗派では違うと信じているかもしれない。
それは厳密にいえば、同じ神様を信仰しているように見えて、実は完全に一致した神様を信仰しているわけではない。
つまり、異なる「神」を信仰しているのだと言えなくもない。
反対に、ある宗教と別の宗教とは、一見異なる神様を信仰しているように見えて、実は同じ「神」を信仰しているということもあるだろう。

あるひとは「神などいない」と言いつつも、「運」を信じているかもしれない。
別の人は「運」のことを「神」として信仰しているかもしれない。
あるひとは、それを「偶然」と呼ぶかもしれない。
あるひとは、それを「宇宙人の仕業」と呼ぶかもしれない。

聖書に書かれた神は、かつて実際にいたかもしれないが、今はもういなくなっちゃったかもしれない。
いや、じつは今もいるけれど、人類を救うつもりは失せたのかもしれない。
いやいや、じつは聖書に書かれた神はいるのだけど、聖書自体が神の嘘で、実際は全知全能などではないのかもしれない。
本当は、神がサタンで、サタンが神なのかもしれない。

ぼくにとっては、神様がいようがいまいが、あまり関係ない。
たとえ神様がいるとしても、明示的にぼくの人生に介入してきていない(介入してきたとしても、それが神の仕業であると分からない)以上、いないのと同じです。
とはいえ、いないと証明できるわけではないので、いるかもしれない。

神様がいるからよい行いをしようとも思わないし、いないから悪い行いをしてもよいとも思わない。
神様に祈らないと救われないというなら、別に救われなくてもいいし。
死後の復活は魅力的だけど、復活の条件として信仰を強要されるんだったら、べつに復活できなくてもいいやと思うし。
もし神様が愛に満ちた存在なら、信じていなくても救うだろう。
救う救わないの基準が「自分を信仰すること」なんて神様は、そもそも信仰する気にならないし。

その一方で、神様を信仰することでよりよく生きられるのであれば、信仰すればいいと思う。
ぼくには今のところ神様は必要ないけど、心の支えや生活の糧として必要な人もいるだろう。
そういうひとから神様を奪うこともなかろうと思う。
[PR]
by kude104 | 2009-01-25 18:44