世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
誰がこんな事を教えるんだ!(植松) カムイスペースワークスブログ-CURURU

こないだ、こんな意見をもらいました。

仕事は収入のためにするものです。
自分の好きなことを仕事にするとか、人の役に立ちたいとか、きれいごとです。
夢を持って成功した人はいいですが、失敗したらどうするんでしょうか?
夢に向かって努力して、失敗して、何もかも失ったら、どうするのでしょうか?
現実を考えれば、夢をかなえるのは不可能なはずです。
理想ばかりを追ってはいられません。
こうした意見は実のところ

私にとって、仕事は収入のためにするものです。
自分の好きなことを仕事にするとか、人の役に立ちたいとか、私にはきれいごとです。
夢を持って成功した人はいいですが、失敗するのは私はいやです。
夢に向かって努力して、失敗して、何もかも失ったら、私はいやです。
現実を考えれば、私が夢をかなえるのは不可能です。
私は理想ばかりを追ってはいられません。
主語を「私」にすると、意見としてはまったく正しいわけで、「あなた」がそう考え好きなことを仕事にしなかったのは全く正しい選択だったと、そう思うわけで。
「そうですか、今のお仕事がんばってください」としか答えようがない。

かたや、どだい好きなことを仕事にしようという人間は、「他人がどうだろうと自分だけは成功する」と思っている自信家か、「たとえ失敗してもやる」と思っている情熱家だから。
そういう人たちに上のような意見を、主語を「あなた」もしくは「世間一般」にして言ったところで、「だが、俺は違う」「それでもいい、俺はやる」くらいの反応しか得られないんじゃなかろうか。

個人的には、好きなことを仕事にするかしないかは、単に「戦略」の違いと見る。
ガチガチの本命に賭けるか、大穴に賭けるか、そもそも賭けなどしないか。
配られたカードのよし悪しや、目標として掲げる勝利条件の違いでもって採るべき戦略も変わってくるのだけど、それ以上に、そのひとの性格というものも大いにかかわってくる。

どんなにいいカードが配られても攻めないひともいれば、ゴミ手でも盛んに攻めるひともいる。
どっちが勝つか負けるかは結果でしか語れない。
統計的や確率的に語ることはできるだろうけど、理論は結果を越えないから。
さらに、どの戦略がいいか悪いかは、結果でも語れない。
結果は客観的に測れるけど、その結果をよしとするかどうかは、本人の主観にゆだねられるから。

なので、本人が自分の掛け金で勝負している限りは、他人の賭け方にあーだこーだ言うのは、おせっかいというものだろうと思う。
どのみち、「あなたの戦略を私の価値観で測ると──」という話以上はできないもの。
もちろん、心から相手のことを思っての助言であるとか、「私はこう思いますがあなたはどう思いますか?」という議論であるとか、そうした意図ならいいけどね。
[PR]
by kude104 | 2009-05-16 21:42
アンカテ(Uncategorizable Blog) - 「世の中は厳しい」なんて大嘘

一読したときはスルーしたけど、このエントリーについての様々な反応を読んでいると面白くて、じゃあぼくもなにか言及してみようという気になりました。
こういうのを、尻馬に乗ると言うのでしょう。

ネットを活用して、個として稼ぐ人は今後ますます増えるでしょう。
一方企業では、効率化によって、必要とされる従業員の数は今後ますます減るでしょう。
じゃあ、前者の増加分と後者の減少分とではどちらが多くなるかというと、まぁ単純にイメージすると後者の減少分のほうが多いのではないかな・・・と思います。

たしかに、兼業アーティストは増えるでしょう。
ただ、それはおそらく「日曜大工」と同じ程度のことだろうと思います。
アーティスト活動で月20万円稼げる兼業アーティストは、たぶんそんなに多くない。
ニッチ市場というのは市場規模が大きくないからニッチなのであって、月20万円稼げるニッチ市場はそんなに多くないように思う。
それこそプロスポーツ選手になるのと同じで、マイナースポーツのプロにはなりやすいけど、それで食べていくのは大変だ・・・みたいな。

アンカテさんの上記エントリーは、読みようによっては、まるで地球からの独立を叫ぶスペースノイドの演説のようですね。
「企業で働くオールドタイプが、ネットでフリーランスで活躍せんとするニュータイプを阻害する、それはすでに悪である! 起て、優良種たる兼業アーティストたちよ! ジークジオン!」みたいな。
“無能な”オールドタイプ対“優秀な”ニュータイプという図式に加えて、「ニュータイプになるのなんて簡単だよ」という発言が神経を逆なでするというか、煽っているように読めてなりません。

ネットの中に価値を引き出し育てる仕組みがたくさんあるなら、個人と同じく企業もネットによって価値を引き出され育つでしょう。
また、ネットによって人と企業のマッチングがより良いものになっていけば、「人は誰でも自分の能力を生かせる企業に就職できる」と言えるでしょう。
そうなれば、優秀な企業が増え、そこで働く優秀な従業員が増えることになりはしまいか。
――そういう未来図だって描けますよね。

ネットが個人の可能性を拓くのと同じように、企業の可能性もネットによって拓かれるとぼくは思っています。
ネットによって拓かれた新しい企業が、すでにもう現れ始めていますよね。
そういう世の中でどのように生きるかは人それぞれで、甘いも厳しいも人それぞれでしょう。
[PR]
by kude104 | 2007-08-25 23:59 | PC&ネット