世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
努力すればなんとかなると思っているキミへ

なんかハイテンションで読みづらい文章だけど、要するにまぁ、「努力したって無駄。今を楽しめ」ってことが言いたいのだろう。
「努力すれば夢は叶う」って言いたがるひとと同じだけ、こーゆーこと言いたがるひと、いるよねー。

「今を楽しむ」を本気で実行するなら、宵越しの銭など不要なわけで。
明日のことなど考えず、持てるお金は今日すべて使ってしまえ。
そうして今日を精一杯楽しんで、明日飢え死にするなら本望だろう。
それができないなら、そりゃ嘘なんじゃない?
自分ができないことを他人にアジテートするのはよろしくない。
(いや、ほんとに宵越しの銭を持たない生き方してるなら天晴だけど)

「努力すれば夢は必ず叶う」ってのも、「努力しても夢は叶わない」ってのも、目くそ鼻くそ。
五十歩百歩。
表裏一体の嘘だね。
正しくは、面白くも何とも無いけど、「努力して叶う夢もあれば、叶わない夢もある」ってだけ。

努力したって叶わない夢に向かって努力するのはたしかに馬鹿だけど、努力すれば叶う夢を努力しないで諦めるのも馬鹿に違いない。
つまりなにが馬鹿かって、努力すれば叶うか叶わないか、その見極めができない人を馬鹿という。

配られたカードでは絶対にロイヤルストレートフラッシュなどできないのに、やろうとするのは馬鹿だ。
でも、配られたカードでどうにかできる役を考え勝とうと努力するのは馬鹿じゃない。
結果的に役ができずに負けてしまったとしても、それすなわち馬鹿ということにはならない。

未来は不確定(あるいは未知)なのだから、役ができるかできないかも不確定だ。
ならば人間にできることは、役ができるほうに賭けるか(賭けるならいくら賭けるか)、降りるか、その決断でしかない。
勝算の見積もりと、どの程度の勝算があればいくら賭けるか、その判断の良し悪しが頭の善し悪しと言えるだろう。
なんでもかんでも勝負するギャンブラーと、なんでもかんでも降りるギャンブラーは、等しく馬鹿だ。

だいたい、なんでみんなそんなに無駄なことを嫌うのだろう。
無駄というなら、生命というもの自体が壮大な無駄じゃないか。
どうせ人は100年くらいで死んじゃうし、人類だっていずれは絶滅するだろうに。
ほんのいっとき楽しいからって、それに何の意味がある?って気持ちにはならないのだろうか。
あるいは無駄な人生だと思うから、せめてうたかた楽しい気分でいたいのだろうか。
[PR]
by kude104 | 2010-11-23 19:16

刹那的人生

昨日の話題とちょっとつながっているような感じなので、ついでに。

生きている意味が圧倒的にわからない

「いずれ死んで無に帰す」ということは、ぼくにとっては虚無感よりも、もっと絶望的な恐怖として脳みその片隅に絶えずあります。
いい歳をして未だに、ふと油断すると死んじゃうこととか考えて、うわぁぁぁぁぁと叫びたくなることがあったりするくらい。
いまこうして「無に帰すって怖いよね」と考えているぼくというモノが、何十年後かにはマジで跡形もなく消滅しているってのは、超怖い。
あ、やべ、いまちょっと本気で怖くなりかけた。

ただ、ぼくの場合、だからこそ「生きてるって素晴らしい」と思うのです。

どうせ、やがてすべてが無に帰すのだから、何をやろうがやるまいが無意味だという。
そうかな?
たしかに、結果はそうかもしれない。
でも、ぼくにとって重要なのは、結果じゃなくて過程です。

マンガにしろ映画にしろ、物語はどうせエンディングを迎えて終わる。
だからつまらないのだとこの人は言うだろうか?
でも。
2時間で終わる映画なら、その2時間が面白ければそれでいいとぼくは思う。
それだけが、映画にとって重要なことじゃないだろうか。

メシを食ってもどうせ排泄物として出るだけだけど、食ってるそのときが美味しければいいじゃないか。
どうせぼくは死んじゃうけど、生きているその間が楽しければいいじゃないか。
(本音のところは、「せめて生きているうちに楽しまにゃ損だよな、どうせ死んじゃうんなら」だけど)
死ぬ間際に、「まぁ、良い人生だったかな」と思えればよし、と。

ぼくが死んだ時点で、ぼくの世界はすべて終わる。
人類とか宇宙とかDNAとか関係なく、ぼくの世界はたかだか数十年で消滅する。
(ああ、怖い)
ぼくにとっては、圧倒的な無意味の中の刹那的な意味ある数十年だから、それだけで十分価値がある。

自分の人生という名の物語を読み終わったときに、「あー、面白かった」って言いたい。
それだけ。
[PR]
by kude104 | 2009-03-04 23:59
昨日のTVアニメドラえもんの「ベロ相うらないで大当たり」がなかなか味わい深かった。

話の導入は、手相占いでキャーキャー言われているスネオに嫉妬したのび太が、タイムマシンで未来を見てきて、それを「ベロ相うらない」で当てるというもの。
で、その様子を見ていた冴えない中年のおっさんが、「私の未来を占ってくれ」とのび太に泣きつくところからドラマが動いていく。

このおっさん、実は作家を目指しているのだけど、まったく芽が出ず、続けようかやめようか悩んでいるわけ。
で、仕方なくのび太はドラえもんとタイムマシンでおっさんの未来を見てくるわけですが、やっぱり作家にはなれていなかった。

ボロ家、夕焼け、風鈴の音、ひぐらしの鳴き声をバックに、作家にはなれないことを告げられたおっさんは、落胆して忍び泣くのね。
でも、すぐに精一杯強がって「よし、こうなったら商売でも始めて大儲けするか。なにも文学ばかりが人生じゃなし」と笑ってみせるのです。
切ない。
じつに切ないシーンだ。

そんなおっさんに同情したのび太たちだけど、考えてみればこれでおっさんの人生が変わったわけだし、もしかしたら本当に大金持ちになっているかもしれないぞと、わくわくしながら再び未来のおっさんを見に行きます。
でも、未来のおっさんは近所の弁当屋で働いていて、相変わらず貧乏なままだった。
うわ、なんてリアルで切ないお話。

で、ここからがいいところです。
もう小説は書いていないのかと尋ねると、おっさんは恥ずかしそうに、「実はねぇ、ずっと書き続けているよ」と答えます。
「せっかく占ってもらったんだけど、やっぱり、ぼくの生きがいは文学以外にないとわかった。売れても売れなくても、もう構わない」
「アルバイトを始めてね。文学に固執するあまり、ぼくは今までまともに働いたことがなかったんだ。そして気づいたんだよ、文学と同様、どんな仕事にも難しさややりがいがあるんだってね」
「文学も仕事も苦労が同じなら、なにも一つに絞ることはない。両立することだってできるわけだよ」
「そしたらね、最近になって、ようやく自分でも満足できる作品が書けるようになってきたんだ」
「たとえ世の中が認めてくれなくても、ぼくはぼくの小説が優れていることを知っている。それだけでいまは幸せだよ」
ものすごく穏やかな表情でそう語るおっさんは、これはもう悟りの境地に至っているね。

このアニメを作っている人間も、作り手として、たぶんこのおっさんと同じような葛藤を抱えたことがあるのだろう。
そして、いままさにそうした葛藤の中にある人や、これからそうした道を歩くであろう人に向けて、ひとつの理想の境地をおっさんに語らせたのだろうと思う。
応援歌でもあり、レクイエムでもあるのだろうね。

ここで終っていたらぼくとしてはパーフェクトなんだけど、この後おっさんの小説が文学賞を受賞してハッピーエンドで話が終わる。
このへんはまぁ、子供向けアニメとしてしょうがないか。
[PR]
by kude104 | 2008-09-13 23:59 | テレビ
人生に意義はあるのですか:アルファルファモザイク

「人はなぜ生きるのか?」という命題は、誰しも一度は考えたことがあるでしょう。
生物の生きる意義・目的ならば「DNAをリレーするため」ということになろうかと思いますが、ここで問われているのは「人」の生きる意義です。

ただ、「人はなぜ生きるのか?」という問いを発するときというのは、たいてい、「人はなぜ生きるのか?」を知りたいのではない。
「自分は何のために生きるのか?」が知りたいのです。
一般論の中に自分の答えを求めようとしているのだけど、でも、きっとそこに答えはない。

「人は○○のために生きるのだ」という答えがあるとして、それに納得できるかどうかは、結局のところ「自分は○○のために生きるのだ」と置き代えて納得できるかどうかなのです。
仮に「人は○○のために生きる」という絶対的な真理となる答えがあったとしても、それが自分の生きる目的とは違うと思えば納得できはしないのです。

だから、人が生きる目的というのは結局人それぞれということになります。
人それぞれということはつまり、一般論としての人が生きる目的は「ない」とも言えるでしょう。
人が生きる意味であったり目的であったり、そんなものはないのです。
ないからこそ、自分の生きる意味であったり目的は、自分で好きに決めていい。

ぼくの答えはシンプルで、「人は幸せになるために生きる」のだと思っています。
不幸になるために生きてもしょうがないですからね。
人生いろいろあるけど、とりあえず幸せの方向むいて生きてりゃ何とかなるんじゃないかと思っています。

もし、自分が何のために生きるのか、その答えが見つからないなら、その答えを探すことを当面の目的にして生きればいいんじゃないでしょうか。
見つかったと思ったらそれを生きる目的として、やっぱり違うなと思ったらまた別の目的を探して、そうして生きていけばいいんじゃないかしら。
[PR]
by kude104 | 2007-12-16 23:40