世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自殺予告手紙:「生きていくのがつらい」……手紙全文-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

これはさすがにキツイなぁ。

「自殺予告の手紙が文科相宛てに送られてきた」という“出来事”を伝えるニュースでは、正直ね、「いやらしいなぁ」という感想だったんですよね。
自殺の予告を、文科相宛てに送るというある種の計算高さが、不快に思えたのです。

でも、こうして実際に手紙の文面を読むと、計算高さよりもむしろ“幼さ”を感じる。
小学生かな、これ。
幼いながらも立派に怨念篭ってて、なんというか、悲しい手紙やねぇ。
これ読んじゃうと、さすがに不快感よりも憐れみのほうが先に立つわ。

アンカテ(Uncategorizable Blog) - 人権を失ったまま生き続けても、そんな命に意味はない。

ぼくはそうは思わない。
もし仮に人権が命より重いとしても、自殺すれば人権が回復されるわけでは有るまい。
だったら、自殺した時点で、それはただの敗北ではないか。

もし、本当に人権が命より重いと考えるなら、“正しい”行動は、自分の人権を守るために迫害者を亡き者にすることだろう。
これならちゃんと人権が回復されるので、勝利と言える。
むろん、社会的には人権は命より重くはないので、その行為は正当化されず、犯罪として罰せられますけどね。

そもそも、「助けてくれない、何もしてくれない」って、それはまぁその通りなんでしょうけど、世の中ってそういうものだから。
大人になったら、もっと誰も助けてくれないよ。
だから、自分の身は自分で守るしかない。

その点では、今回の「手紙を送る」という作戦は発想としてはかなりいいけど、如何せん詰めが甘いというか、たぶん作戦のつもりでやっているわけじゃないだろう。
結果オーライでどうにかなればラッキーだけど、さてどうなることやら。

それにしても、いつも不思議でしょうがないんだけど、どうして学校へ行かないという闘い方を選ばないのかなぁ。
世間からドロップアウトすることは、自殺するより辛いことかねぇ。

自殺は勝利じゃないから。
敗者として死んで行くだけだから。
それでもいいってんのなら、何も言うことはない。
[PR]
by kude104 | 2006-11-08 23:59 | 時事・社会