世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ランキング ( 2 ) タグの人気記事

本の買い方のリテラシー - 【海難記】 Wrecked on the Sea

本の「ランキング依存」を嘆く気持ちは分からないではないけど、実際問題として、読む価値のある本は読める本の数より多い。
ランキングではなく、本の目利きの推薦にしたところで、読む価値のある本の多くはその推薦リストから漏れ、読まれずに消えていくことに変わりはない。

ランキング1位の本が“良い本”とは限らないと言うけれど、そもそも“良い本”とは何か。
買って読んだ人が面白かったと思ったならば、それはその人にとって“良い本”だったと、それでいいのではないかと思う。
「どうせ読むなら、それよりもっと面白い本がある」というのは、余計なおせっかいというものでしょう。
それは、幸せな気持ちでいる人に、「でも、あなたはあの人より不幸です」と囁くような行為じゃないのか。

結局、「ランキング依存」に対する嘆きというのは、自分が良いと思う本がランキングに入っていないことに対する嘆きなのではないか。
本屋大賞がランキングになったように、誰がなにをどう選んだところで、読める本の数が限られている以上、変わりはない。
今までランキング依存で月1冊読んでいた人が、本屋大賞が出来たから、合わせて2冊読むようになるわけないのだから。

本当はみんな分かっているんだろうと思う。
本の数が多すぎることが原因なのだと。
ただでさえ、本はストックされるメディアなのに。
その上に毎日220タイトル以上の新刊が出るんだから、キャパシティー超えて当然でしょ。

「売れるべき価値ある1冊」の周りに、自ら大量のダミーをばら撒いて、それで売れるべき本が売れないと嘆いているようなもので。
売れるべき本が売れないのは、ダミーの中から売れるべき本を見つけられない読者が悪いのか。
ダミーをふるい分ける仕組みが悪いのか。
せっせとダミーをばら撒きながら考えたって、しょうがないと思うけどね。

多くの人にとって、本は数ある娯楽の中の一つだから。
リテラシーの必要な娯楽って、そりゃ趣味道ですよ。
[PR]
by kude104 | 2008-06-06 16:24 |
愛・蔵太の少し調べて書く日記 - もう世の中の人間は、売れているものしか買わない

「選択肢多すぎて選べなくない → ランキングに頼る → 売れているものしか買わない」というお話だと解釈しました。
なるほどなぁ、たしかにそうだよなぁと納得。

インディーズ音楽みたいなものは、要するに、そのマイナーさゆえにそれを知っていることが優越感であり価値である、という側面があろうかと思うのです。
それには、インディーズの情報や音楽そのものが容易には手に入らないという困難さが大きく影響していたと思うのですが、現在これだけ情報があふれていて、それらに簡単にアクセスできるようになると、必然、その価値は下がるでしょう。
また、困難であるからこそ魅せられるというか、苦労して手に入れることに快感があり、苦労して手に入れた音楽はその苦労に見合う価値を持っているものと無意識に思ってしまう傾向は、きっとあるでしょう。
メジャー化したインディーズというものは、こうした魅力を失ってしまうに違いない。

次に、一般的な消費者が、いったいどれだけ自分の聴きたい音楽というものを探そうとするだろうかという点。
たとえばテレビやラジオから流れてくるメジャー楽曲。
たしかにそれは100%自分のお気に入りではないかも知れないけど、80%くらいのお気に入り度であれば十分じゃないでしょうか。
普通の人は、まだ聴かぬ120%の音楽を求めてさまよい歩くなんていう求道者のようなことはしない。
気に入った楽曲があれば、まぁCD買ってもいいかなと思うだろうけど、気に入った楽曲がなければないで別にかまわない。
どうせ音楽なんてBGM程度にしか聴かないんだもの。
だったら、ランキング上位の楽曲で十分事足りる。

そして、音楽もやはりコミュニケーションの道具のひとつなのだろうと思う。
自分一人聴いて楽しむ音楽もあるけど、やっぱり、誰かとその音楽について話をするのが楽しいんじゃないでしょうか。
この点で言えば、ランキング上位のヒット曲というのは強い。
自分も相手も知っている共通の話題になるからね。
対して、マイナーなインディーズ楽曲についての話題で盛り上がれる場面って、まぁレアでしょう。

コミュニケーションということで言えば、音楽に限らず、そういえばいつの頃からか、みんながイイと言うものがイイという風潮になったなぁという気がしますね。
つまり、誰も知らない掘り出し物を見つけてきて「こんなの見つけた」「すごーい」と言い合うよりも、いま人気のアイテムを手に入れて「すごーい」と言い合うよな。

などと、つらつらとここまで書いて思うのは、インディーズ系のCDを普通のCDショップで売るというビジネスはそもそも向いてないんですよ、たぶん。
インディーズは(インディーズに限りませんが)、コミュニティ中心に考えるべきだと思います。
コミュニティを作り育てることを中心に据えて活動すること。
コミュニティが育てば、ビジネス的にもなんとか回るような気がするけどな。

消費者としては、自分の好きなものはランキング度外視で好きなように、自分がさほど興味のないものはランキングを参考にするというのが、まぁ基本的な行動戦略となるでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2007-09-10 17:05