世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ビジネス ( 9 ) タグの人気記事

サヨナラLingr

LingrとRejawサービス終了のお知らせ:江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance - CNET Japan
Lingrの失敗から学べることはもっとあるはず - Keep Crazy;shi3zの日記

Lingrがサービスを終了するということで。
LingrのAPIを使って、恥ずかしながら"LingrBBS"というサービスを作ったぼくとしても、感謝するとともに、なにか一言述べておきたいと思います。

ちなみに、「そうか、Lingr終わっちゃったのか」と、さきほどLingrBBSを閉じたのだけれど、よく読むとまだ今月いっぱいは稼働しているのですね。
ちょっと勇み足で早く閉じてしまいました。
もし不都合出た人がいらっしゃいましたらすみません。


さて。
とりあえずLingrについてご存じない方のために簡単に説明すると、ブラウザ上で行うテキストベースのチャットサービスといったところでしょうか。
旧来のブラウザチャットはサーバに対して非常に高負荷だったものを、Cometという技術を使って劇的に改善したところが大きな特徴でした。

今回、「なぜLingrは成功しなかったのか」という点について、ぼくなりに考えてみたいと思います。

江島さんご本人は人件費コストをひとつの理由として挙げていらっしゃいますが、他の方も指摘していらっしゃるように、「それはそれとして、最大の理由は利用者が伸びなかったからでは?」という気はします。
Lingrから「技術的優位性」を取っ払って単純にネットサービスとして見た場合、「チャットサービス」としての勝負になろうかと思います。
でも、チャットサービス自体に目新しさがあるわけではないというか、それだけで人々が飛びつくものではなかろうという気はしますよね。

Lingrの一番の優位性はと言えば、Cometを活用したサーバ側の技術ではないかと思います。
しかし、これは言わば裏方の技術なので、これによって利用者を集めるというふうには使えません。
ならば。
Lingrの売りがサーバ側の技術にあるのなら、それを商売にするという手はなかったのでしょうか。

たとえば企業のお客様サポートにチャットシステムを活用するとか。
たとえばFlashゲームのようなもので、チャットシステムをベースにしたユーザ対戦システムを構築するとか。

Lingrというチャットサービスを売るのではなく、Lingrのチャットシステム技術を売るという戦略ですね。
オーダーメイドで売るもよし、レンタルサーバのような感じでホスティングするもよし。

まぁ、そうした需要が本当にあるかどうかは分かりませんが、チャットサービスそのものを商品にするよりはビジネスになりそうな気がします。
安価なリアルタイムコミュニケーションシステムへの需要というのは、企業側には、掘り起こせばありそうな気がするのだけど。

そっちで稼げれば、Lingrというチャットサービス自体は、技術を売るための言わばサンプルというかプレゼンとして運用しておけばよいので。


今回改めてLingrをリリースされた時のエントリー(Lingr(リンガー)をリリースしました:江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance - CNET Japan)を読み返してみましたが、その中で江島さんは「ウェブはリアルタイムへと向かう」という未来像を思い描いていらっしゃいます。
ぼくも、その未来像は今でも十分「あり」だと思うのですが、その第一歩としてチャットを選んだのは戦略ミスだったのではないかと──まぁ今になって思います。

「妄想レベルで言えば──」として語っていらっしゃる、新しくてわくわくするようなサービスのアイデア。
それを第一歩目に持ってくるべきだったんじゃないだろうか。

「まずはチャットから」という現実的なところから始めるのではなく、第一歩目こそ全力で、この一撃で世界を変えるんだ!というくらいのつもりで行くべきなのだと、それをぼく自身の教訓として心にメモっておこうと思います。

なにはともあれ、Lingr、お疲れさまでした。
[PR]
by kude104 | 2009-05-07 18:20 | PC&ネット
ある権利者側の人間の呟き2 結局コンテンツに金払うっていうのが定着しない。。。 - Life in Prison/生きるしかすることがない

このへんの話は僕もよく考える。
で、やはり結論としては、コンテンツそのものにお金を払うというのは定着しないだろうなぁ・・・というところに行きいてしまう。

たとえば「パソコンで動画を観る」ということに対して、もしぼくがお金を払うとしたら──と考えてみると。
DVDのレンタルに置き換わるサービスであれば、払うかもしれない。

DVD画質で。
品ぞろえがよくて。
観たい動画を様々な方法で簡単に探すことができて。
レンタル期間(動画を『購入』してから視聴できる期間)はまぁ1週間くらいあって。
レンタル料金は1本100円くらいで。
500円くらい払えば、レンタルではなく完全なる購入(つまり永久に視聴できる)になって。
もちろん、手持ちのDVD-Rなどに焼いたりもできて。
1クリック2クリックくらいの手間で決済が完了して。
すぐにもダウンロード(もしくはストリーミング)で視聴できて。

──みたいな。
どうだろう、このくらいの条件であれば、お金払って観てくれる人もいるんじゃないだろうか。

・・・と考えて。
でも、じゃあ、あなたはオンデマンドTVみたいなものを利用しますかと問われると、利用しないなぁ。
料金や条件がどうとかいう以前に、興味すら抱いたことがない。
なんでだろう。
DVDはレンタルするくせに、そういうのは「金払ってまで観たくねぇ」と思ってしまう不思議。

なんというか、これはもう、次の次の世代をターゲットにした意識作り・システム作りを今のうちから始めるくらいの遠望な計画でないとダメなのかもしれん。
[PR]
by kude104 | 2009-01-28 23:59 | PC&ネット
smashmedia河野さんとのメールのやり取りを公開します - 煩悩是道場

『日本のウエブでの一番の不幸はウエブ上で素人な人たちが金銭を得るソリューションが皆無に等しいという点なのだ、と思うんですね』

思うところは2点あって、ひとつは言ってしまえば身も蓋もないけれど、ウェブ上に限らず、「素人な人たちが金銭を得る」という夢はやはり夢なのではないか・・・という点。
一人くらいはそういう素人もいるかもしれない。
また、一度くらいはそういうこともあるかも知れない。
でも、一定数の素人がコンスタントに金銭を得られる状況というのは、やはり難しいのではないかと思う。

なぜ難しいかという話に関わってくるのがふたつ目の思うところで、それは、素人の話をする前に、プロな人たちでさえウェブ上で金銭を得るのはなかなか難しいという点。
たしかに、素人に比べればまだ金銭を得るソリューションが整っているように思えるけど、そこに流れるお金は十分なのか。
名もなきフリーランスのプロの物書きがいるとして、はたしてウェブ上の執筆活動でどれくらい稼げるものなんでしょうね。
素人に回ってくるお金はプロの十分の一か百分の一か千分の一か、いずれにせよ、まずプロが潤って次に素人が潤うという順番に間違いはないだろう。

ならば、考えるべきは、まずプロを集めてウェブ上で収益を上げるモデルを確立するのが先だろうと思う。
プロを集めて上手くいかないものを素人集めて上手くいくはずがないと思うのだ。

ちなみに、ここで言うプロ・アマは、本業としてそれに関わるか否かといった区別イメージ。
中には、副業としての趣味的な活動でもプロ以上な人もいるけど、そういうのはレアケースとして、一般的にはフルタイムで活動する人のほうがパートタイムで活動する人より高品質なものを作ると考えていいだろうから。

で、プロを集めてウェブ上で収益を上げるモデルとしてどんなものが考えられるかだけど、これはリンク先のブログでも考察されているように、基本的な考え方としては、「ウエブ雑誌的な空間を創出してそこに選出された表現者を集約するというソリューション」以外にないだろうなと思う。
ただ、この「ウエブ雑誌」を広告費メインで運営するという発想では、たぶん現状から脱することはできないだろうとも思う。
それでうまく行くなら、すでに成功例があるはずだから。

個人的には、成功のヒントは「ほぼ日」にあるような気がしている。
あそこはざっくり言えば、ウェブ上の優良コンテンツでユーザを集めて、自分のところのオリジナルグッズを販売して収益を上げ運営している。
言うなれば、広告費メインで運営するサイトが他社の物販を手伝うためにせっせとコンテンツを揃えるのに対して、「ほぼ日」は自分のところの物販のためにせっせとコンテンツを揃えている。
ウェブ上のコンテンツがオリジナルグッズになったり、オリジナルグッズの製作販売がウェブ上のコンテンツになったり。
とにかく、その仕組みは、上手く回っている限りにおいて、めちゃくちゃ効率がいい。
「広告費を集めるためのコンテンツ」という発想より、レベルが一段も二段も上だ。

逆に言えば、それくらい思い切ったことをしないと、ウェブ雑誌的な空間を商業ベースに乗せるのは難しいのではないかと思う。
[PR]
by kude104 | 2008-01-10 22:59 | PC&ネット
たとえばJoostであるとかFacebookであるとか、はたまたGoogle Maps - Street Viewであるとか。
(それぞれ、以下参照――アンカテ(Uncategorizable Blog) - YouTubeが信長ならJoostは家康かメディア・パブ: Facebookが今日にも開放路線を発表,SNSがOSの役割をGoogleマップに平面視点で地図を見られる新機能「Street View」追加 - GIGAZINE
なんだろう、この「世の中が変りそう」な予感は。

なにか世の中を変えてしまうような予感を感じさせる――ひらたく言うと、ワクワクするようなネットサービスを作り出すということにおいて、アメリカはほんと圧倒的だなぁ。
それが本当に世の中を変えてしまうかどうかはまた別の話として、少なくとも、「もしこれがうまくいけば、なんかすげぇことが起こりそう」と思わせてくれるだけの大きさを持った風呂敷ではあるように思う。

翻って、日本は・・・という話になっちゃうんだけど。

日本産で、ワクワクするようなネットサービスって、なにかあります?
面白いサービスやよく出来ているサービス、使いやすいサービスはたくさんあるけど、その登場前と登場後とで世界を変えてしまうような、そういう期待を一瞬でも抱かせるようなサービスって何かあるでしょうか。

どうして日本では革新的なネットサービスが生まれないのかということを考えるに、これはもう単純に「儲からないから」だろうと思います。
日本で革新的なネットサービスを発明して大金持ちに!みたいなサクセスストーリーって、まるで現実感がない。
デイトレードで大儲けとか、アフィリエイトで大儲けとか、そっちは真に受けちゃう人も多くいるのにね。
サクセスストーリーがないから、「いっちょやってやるか!」みたいな有象無象の野心家が集まらない。
結果、それなりのモチベーションとビジネス的な期待値でできるのは、流行りのネットサービスのクローンを作るくらいになっちゃうのでしょう。

無料で提供して広告から収益を上げるというスタイルが定着した今、革新的なネットサービスが生まれるかどうかは、ネット広告市場の規模の大小に依ると言えるでしょう。
上場であるとか売却であるとかそういった形での儲けも、そのサービスが将来もたらすであろう利益の大小、つまりは広告収入の大小によって決まると言えるわけで。
その広告市場の規模が、日本とアメリカとじゃ大きく違う。
もし、日本でもネット広告にガンガンお金が流れるようになれば、日本発の面白いネットサービスが生まれるようになるだろうけど、当分はないだろうなぁ。

それでも、日本から世界をリードするようなネットサービスを生み出す方法はないものか・・・と考えると、実に単純な方法があることに気づきました。
海外でリリースすることを前提に、日本語と英語の二言語でサービス作ればいいんじゃないかしら。
サービスの内容にもよるでしょうけど、二言語でリリースするからコストが2倍になるってこともないでしょう。
それでいて、日本語圏のみをターゲットにするより、英語圏をターゲットに加えることで得られる収益は2倍以上だろうと思います。

というわけで、これからのネットサービスの開発には英語力必須ですな。
[PR]
by kude104 | 2007-05-30 23:59 | PC&ネット
インターネットでは色んなものがゼロ円になる… - シリアルイノベーション [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

「インターネットでは色んなものがゼロ円になる」というのは、ぼくもそうだろうと感じています。
理由のひとつは上記エントリーに書かれているとおり、複製可能であること。
そしてもうひとつが、ものすごくスケールメリットが効くということではないかと思います。
Webサイトひとつで24時間何百万人何千万人を相手にビジネスができる。
これによって、客単価の運用コストが限りなくゼロに近づく。
たとえば、Webサーバ代がものすごく高額だったら、Webサイトの保守管理にものすごく人的資源が必要だったら、そう簡単に無料化はできないだろうと思います。

上記エントリーの問いかけである「近い将来にゼロ円あるいはそれ以下のマイナスの価値になってしまうサービス/アプリケーション/ビジネスモデルに共通した特性とは何か?」をぼくなりに考えると、要するに、「不特定多数を相手に(半)自動化されたビジネス」ということであり、かつ、「広告スポンサーが付く」ということだろうと思います。
ちなみに、スパムはそれ自体が広告ということで。

逆に言うと、そうでないビジネスは、基本的には価値が保たれることになります。
まぁ、ネットベースで「そうでないビジネス」なんてのは、ほとんどないと言っていいでしょうけど。

でも、見方を変えれば、別の考え方があるのかも知れない。
たとえば、グーグルのサービスを購入しているお客さんは誰かと言うと、グーグルに広告を出稿している広告主であると言えるでしょう。
グーグルが提供している各種Webサービスの利用ユーザは、言わば、グーグルの広告メディアとしての商品価値を高めるための存在であると言えます。
なんというか、彼らはグーグルにとって「お客さん」ではなく、むしろ「商品」であると。
魚を釣るのに、魚には当然タダで餌を与えますよね。
それと同じであると考えれば、ネットビジネスの仕組みが分かるような気もするのです。

ユーザ数であるとか利用時間と言うのは有限であるから、これは複製できない、独占可能なものです。
したがって、ここを押さえて、それに価値を見出す人々――つまりは広告主――相手に商売をするというのが、ネットビジネスのひとつのセオリーであるように思います。
[PR]
by kude104 | 2007-04-23 23:59 | PC&ネット
FPN-「動画等著作権の過保護」と日本ITベンチャー企業の不甲斐無さ

たしかに共感するところもあるのだけど、こういった意見に対して常に思うのは、じゃあもしたとえば「テキスト共有サイト」があって、自分の書いた文章が、あるときはそのまま、またあるときは好いように加工されてアップロードされるという状況になったとき、それを良しとできるだろうか・・・ということです。
以前、うちのブログのエントリーが別のブログに全文まるまる引用というかコピーされていたことがあったのですが、好い気分はしなかったですね。
こんな趣味で書いている一円にもならない著作物ですらそうなので、もしこれで飯食ってますという状況にあったら、自分は「著作権の過保護」賛成派になっちゃうかもしれない。

上記エントリーの著者さんは、かく言うからには、ご自身の創作物は「コモンズ」扱いで発信されているのでしょうか。
上記エントリーには、クリエイティブコモンズマークとかありませんけど。
・・・などという物言いをすると嫌味っぽく響きますが、純粋に興味として。
そりゃ他人の著作物はタダで好き勝手にできるほうが嬉しいに決まっているので、問題は、自分の著作物に対してもそれを許せるかというところだろうと思うのです。
加えてビジネスの問題も生じてきますし。
この著者さんが一消費者なのか、たとえばプロのライターさんなのかによって、発言の重みが変わってきますよね。

たとえばYouTubeの、無審査で通してクレームがついたものだけ削除するというやり方自体は、正しいと思います。
ただ、削除とアップロードがいたちごっこになり、実質、違法コンテンツの削除が機能しないという状況であるなら、それはやはり間違っている。
違法コンテンツで人を集めて良しとするのは、正直、モラルが低いと思うのですよ。
だったら、やったもん勝ちじゃないですか。
法を守るほうが非難されて、破るほうが喝采されるんじゃ、やってられないよね。

一方で、だからと言って、古い著作権ビジネスにしがみつく放送業界や音楽業界が正しいとも思わない。
現行の著作権法や著作権ビジネスは、明らかにもう限界でしょう。
本当は彼ら自身が今の時代に合わせて柔軟に変化できればいいのだけど、改革というのは、既得権益者にはなかなかできないからなぁ。
外部からの破壊でもって革命してやらなければ、変われないのかも知れない。
ただ、革命の結果、著作者が全員死亡したんじゃ意味ないからね。

たとえばYouTubeと折り合いをつけて、それでビジネスとしても上手くいくという成功例が積み上がっていけば、古くて頑迷な既得権益者たちも変わるだろうと思います。
ですから、ぼくとしては、ぜひそういった成功例を作り出すところが現われてほしいと願うばかりです。
動画共有サイトを作るのもいいですが、動画共有サイトを上手く使ってコンテンツビジネスを成功させる、そんなベンチャーをこそ期待します。
[PR]
by kude104 | 2007-04-13 19:09 | PC&ネット
FPN-ブロガーの支援か、ブログ格差社会の拡大か、ブログ広告代理店(Agile Media Network)登場の意味

プロブロガーの誕生によって発生するデメリットもあるかもしれないけど、それよりもメリットのほうが大きいに違いない。

個々人がプロブロガーになるかならないか、なれるかなれないかは個々人の問題であって、「プロブロガーという職業」の問題ではないと思う。
「プロブロガーになると気楽にブログを書けなくなるからイヤだ」と思うならならなければいいし、プロブロガーになりたいけど実力が伴わないというなら努力するしかないわけで。

同様に、プロブロガーになったことでブログの質が落ちたり、読者からの信頼性が失われたりするなら、それはそのブロガー個人の資質の問題だろうと思います。
プロブロガー全員がそうなってしまうなら「プロブロガーという職業」の問題ということになりますが、まずそんなことにはならないでしょう。
プロブロガーになって質を落とすブロガーは別のブロガーに取って代わられるだけであり、読者たるわれわれにとってはなんら問題じゃない。
それは他の多くのプロの世界と同様ですよね。

プロ化することでクオリティが上がるだろうという期待感より、商業主義に毒されてクオリティが下がるのではないかという不安のほうが先に来るのって、ぼくにしてみると不思議です。
やはり、既存のメディアやらなにやらに対する印象で、そういうイメージが染みついちゃっているのかなぁ。

個人的には、プロ化によるブログへの影響よりも、本当にビジネスとして上手く回るのか、つまりプロブロガーにプロたるに足る収入をもたらすことができるのか、そちらのほうが当面気になるところです。
[PR]
by kude104 | 2007-03-07 23:59 | PC&ネット
半可思惟 - 再来年は1984年になるか?

今までは、不正コピーデータを配信するとアウトだったのが、この法改正が通ると、ダウンロードしてもアウトになってしまうそうです。
しかも、これまでは、被害にあった権利者が告訴しなければ立件できなかったものを、営利目的などの一定要件を満たす場合は、告訴なしでも立件できるようにするとか。

気持ちは分からんではないけど、現実問題として、この法律を厳密に運用しようと思ったら、かなりガチガチに統制しないと無理なんじゃないでしょうかね。
そんなことになったら、著作権法違反以上に社会に害悪をもたらすことになるでしょう。
さすがに政府もそこまでやる覚悟はないだろうと思うので、たぶん行き当たりばったりに、あるいはどこぞの企業や権利団体の都合のいいように使われることになるのだろうなぁと思うわけで、それはそれで気分悪い。

参照エントリーに述べられているとおり、理屈の上では、こんなむちゃくちゃな改正がまかり通るはずがないとなるのでしょうが、でも、どうだろうなぁ。
産業界の声に押される形で、案外実現しちゃうような気がしますよね。

理屈の上で、「このような法改正はむちゃくちゃである」と主張しても、改正をもくろむ人々を説得するだけの力にはなりえないように思う。
彼らを説得するには、とどのつまり、「法改正をすると儲けが減る」と言うしかない。
YouTubeがとりあえず存続していられるのは、彼らがまがりなりにも「うちを利用したほうがお得でっせ」と主張しているからでしょう。

やはり、インターネット時代に即した、新しいコンテンツビジネスの仕組みが必要なのだと思います。
その提案がなされない以上、彼らは旧来のビジネスの仕組みにしがみついて、それを守るために、どんどん締め付けを強くしていくだろうなぁと思います。

つまり早い話が、これはビジネスの問題だと思う。
[PR]
by kude104 | 2006-11-26 23:11 | PC&ネット
このところ、YouTubeを巡る論争を日々興味深くウォッチしています。

いろいろな立場の人がいろいろな意見を述べていますが、YouTube肯定派も否定派も、著作権保有者がYouTubeを積極的に利用するようになれば何も問題はない、そうなるのが一番理想的であるという点においては、同じ意見だろうと思います。
ですからこの問題は、「どうすれば、著作権保有者にYouTubeを認めさせるか」というところに帰着するものと考えます。

できれば、無理やり認めさせるのではなく、自ら進んで認めたくなるような方法は無いものか・・・と思う次第です。

ここからはテレビコンテンツに限って話を進めます。
ぼくとしては、テレビ局がYouTubeを認める──YouTubeへの番組アップを許可する──ことは、まずないだろうと思っています。
アメリカのNBCというテレビ局がYouTubeと提携したという事例がよく引き合いに出されますが、これって番組のプロモーション等にYouTubeを利用するという話ですよね。
「ユーザの皆さん、NBCのテレビコンテンツをYouTubeにアップしても構いませんよ」という話なら、それはすごいですけど。
まぁ、いずれにしても、日本のテレビ局が許可する可能性は、現時点では限りなく低いと思います。

とはいえ、YouTubeが示した「便利さ」への流れは、もはや止めようが無いことは間違いない。
テレビ局としても、この流れには逆らえません。
となるとあとは、いかに上手く流れに乗るかです。

テレビ局がYouTubeに乗っかるのは、現状では失うものが大きすぎて難しい。
とはいえ、視聴者はYouTubeを求めている。
だったらどうするか?と考えて辿り着いた答えは実に簡単で、「テレビ局は自分たちでYouTube的なものを作ればいい」です。

YouTubeが示したテレビコンテンツの新しい視聴の形は避けられなくても、YouTubeは避けられる。
YouTubeを避けるのはべつにYouTubeが憎たらしいからとかそういう理由ではなく、プラットフォームを他人に握られると身動きが制限されるからです。
テレビ局なんてのは、放送局を握っていてこそ存在価値があるのだから、そこを他人に預けるなんて考えられない。

たとえば、自社YouTubeだったら、テレビ番組とテレビCMをマッチングさせて表示するなんてことも自由に出来る。
これがYouTubeだと、YouTubeに「この動画コンテンツにはこの広告が表示されるようにして欲しいんですけど」って頼まなきゃならない。
で、「無理です」とか言われちゃったりしてね。

利用者にしてみれば、自分の見たいテレビ番組がYouTubeと同様に見られるのであれば、それがYouTubeでなくても構わないでしょう。
そりゃ、一ヶ所にまとまっているほうがいろいろ便利でしょうけど、分散してもそれで合法的にテレビコンテンツが利用できるなら、トータルでは文句ないはず。

フジテレビが自社YouTube的な「ワッチミー!TV」をスタートさせたのは、その第一歩となるのかもしれません。
個人的には、テレビ局が持つ自社YouTubeには、一般ユーザからの動画コンテンツの投稿機能なんかなくていいと思いますけどね。
そんなものは、それこそYouTubeに任せておけばいい。
自社YouTubeには、自分のところのテレビコンテンツをがんがんアップして行くだけで、十分利用者はついてくると思います。
だって、YouTubeのアクセスのうち、いったいどれだけがテレビコンテンツかって話ですもん。

自社YouTubeで上手くビジネスがまわるかどうかは分かりませんが、少なくとも、YouTubeで自社コンテンツを解禁するよりは可能性があるのではないかと思います。
というわけで、テレビ局にYouTubeを認めさせるのは難しいが、“YouTube的なもの”を認めさせるのなら可能性があるんじゃないか──と思うわけですが、どうでしょう。
[PR]
by kude104 | 2006-07-20 23:08 | PC&ネット