世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:デジタルコンテンツ ( 2 ) タグの人気記事

それでも出版社が「生き残る」としたら: たけくまメモ

どうも素人考えでは、電子出版で出版社がピンチっていう未来像がよく分からない。
モノが紙から電子ペーパーに切り替わるのなら、出版社も単にモノを紙から電子ペーパーに切り替えれば良いだけじゃね?って思うんですよね。

電子出版だと、作家が出版社を通さずに直接本を売ることが出来るから出版社ピンチって理屈だろうと思うけど、ぼくが思うに、基本作家さんて書く以外にあんまり興味ないんじゃないかな。
電子書籍といえども表紙のデザインとか要るだろうし、原稿のチェックとか、販売のための各種手続きとか、取材とか資料集めとか、キャッチコピーを考えたり、宣伝とか販促とか。
そういうの一人でこなせる作家さんなど、そう多くはいないでしょう。
いくら電子出版だからと言っても、ただ単に書いて売れば売れるって、そんな簡単にゃ行かないでしょ。

そうした業務をこなしてくれるエージェントを作家が雇うという未来像をたけくまさんはイメージされているようですが、今すでに売れている作家さんが独立(?)して「これからは電子出版で食っていくぞ!」というケースならばそれも考えられますが。
作家デビューを目指すタマゴや無名の新人がエージェントを自分で探して雇って・・・というのは、まずないでしょう。
電子出版時代でも、今まで通り、出版社の賞か何かに応募してデビューという形がメインストリームなのだとしたら、今まで通り出版社がエージェント業務を行うことになるでしょう。
もし仮に小さなエージェント企業が乱立するとしても、やがて統廃合されて大きなエージェント企業(つまり出版社)が生き残ることになるだろうという気もしますしね。

電子出版時代に向けて、出版社は変わらざるを得ないし、変われない出版社が淘汰されことは間違いないだろうけど、出版社というものの存在はそんなに変わらないんじゃないかと思います。


個人的には、大手の出版社が共同で会社作って、自分たちで電子書籍の仕組みを作っちゃえば良いのにと思うんですけどね。
それで、携帯ゲームみたいに、コンテンツ(本の中身)は基本店頭でのパッケージ販売にすればどうだろう。
USBメモリでも独自のメディアでも良いけど、それを手持ちの電子書籍の端末に挿し込めば、データが本体にコピーされる感じね。
不正コピーガードのようなものは当然考えるとして、重要なのは、オンライン配信じゃなくてパッケージ販売にするということ。
別にデジタルデータだからと言って、オンライン配信しなければいけないわけじゃないよね。
これなら本屋さんも多少は生き残りの希望が持てて、いいと思うけどなー。

ぼく、本屋の「品揃え」って好きなんですよ。
目的の本を探して購入するぶんにはネットが便利だけど、「なにか面白い本はないかなー」とぶらぶら探すには、やっぱりリアルな本屋さんのほうが優れていると思います。
ぶらぶら探すには、たくさん品があれば良いということじゃなくて、適度にある品揃えの中から探すのが良い。
本の並べ方とかポップとか、そういうところでのフィーリングも大事だと思うしね。

で、初回限定版には紙の本も付きます、みたいなことをやれば面白いと思うし。
これなら紙の本好きも満足できるし、むしろプレミアム感でより満足度が高まるだろうし。
普通に読みたいだけなら電子書籍で、多少お値段お安く買えるなら、普通の本読みにも嬉しいしね。
電子書籍なら場所をとらないからいいよねー。
[PR]
by kude104 | 2010-02-05 17:09 | PC&ネット
お金を払うものが「勝ち組」だって? - reponの日記

お金を払って手に入れた物と、無料で手に入れた物とでは、その物に対するときの気持ちに少ながらぬ違いがあるように、ぼく自身は感じています。

たとえば音楽。
ぼくの場合、自分で買ったCDとレンタルしたCDとでは、聴き込み度が明らかに違う。
自分で買ったCDは、大げさに言うと、支払った金額分のもとを取ろうとして、好きになるまで聴き込むようなところがある。
対してレンタルだと、1~2回聴いて気に入らなければそれまでとなりやすい。

ぼく自身の感覚としては、物があふれるようになると、ひとは味わうのではなく、ただ消費するだけに陥りやすいような気します。
消費者は、お金を払って消費してくれるうちは良いけど、お金を払わなくても消費できるようになったら、本当にただの消費者になってしまうのではないかな。
たとえセンスが養われても、ほとんどの消費者は、より効率よく消費するためにそれを使うだけじゃないだろうか。

そうは言っても、現実問題として、音楽にしろ文章にしろ動画にしろ、デジタルコンテンツは突き詰めればいずれ無料になるだろうという気はしますね。
たとえば音楽というものが、録音メディアの登場で売れるものになったのであれば、ネットの登場で売れないものになるのは、時代の流れというものでしょう。
そうなったときに、今までと同じ規模でクリエイターにお金を還元させる方法なんてものはないのではないかと、漠然と思ったりもします。
たとえば今の時代に、紙芝居屋さんにお金を還元させる方法を探すのが難しいように。

産業の栄枯盛衰は、勝ち組とか負け組なんて意識ではどうにもできないと思うのです。
[PR]
by kude104 | 2008-03-27 23:59 | PC&ネット