世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:テレビ ( 11 ) タグの人気記事

YouTubeはテレビ局2.0

404 Blog Not Found:Broadcast 2.0

テレビのビジネスモデルを崩壊させるものは、CMスキップ機能付きの録画機器の普及だろうと思っていたのですが、どうやらYouTubeのほうがより強くその役を担いそうです。
YouTubeが電波塔になるとして、はたしてそのとき、テレビのビジネスモデルはどうなるのか・・・?

現在のテレビは、スポンサー企業からテレビ局にお金が支払われ、そのお金を使ってテレビ局が番組を製作し、その番組内でスポンサー企業のCMを流すという関係になっています。
では、もし、番組を100%YouTubeで配信するとなった場合、この関係はどうなるのか。

まず、CMを番組の合間に挿入して流すというスタイルは不可能になります。
なぜなら、視聴者にとって、番組の合間に挿入されるCMは基本的に邪魔なものだから。
もし仮に、テレビ局がCM付きの番組をアップしたとしても、すぐに誰かの手でCMカットバージョンがアップされ、そちらのほうに客が流れてしまうでしょう。
それを「著作権の侵害だ」として排除できるくらいなら、このエントリーは不要です。

CMを番組内に挿入できないとなると、YouTubeのページ上に表示することになります。
そうなると、スポンサー企業からすれば、「YouTubeにお金を支払って広告を掲載してもらう」という形になるわけで、そこにテレビ局の入り込む隙間はなくなるのではないでしょうか。
だって、わざわざテレビ局にお金を払って番組を作ってもらわなくても、YouTubeにいくらでもあるわけですから。

さらに言えば、なにもCMを動画コンテンツの付属物としなくても、CMそのものを動画コンテンツとしてYouTubeにアップしてしまえば、タダでYouTubeに広告を掲載できるわけで。
まぁ、CMの製作費が安いか単純に広告料を支払うのが安いか、みたいな話ではありますが。
でも、テレビ番組に挿入しなくても、CMそれ自体が番組になるという、ある意味こちらのほうが衝撃的かもしれませんね。

いずれにしても重要なのは、YouTubeという電波塔から番組を流すのに、テレビ局は必要ないのではないかと言うことです。
いや、スポンサー企業からすれば、YouTubeという「テレビ局」だけあればいいという話になる。
そう考えれば、YouTubeは、電波塔と言うよりはむしろ「テレビ局2.0」なんじゃないでしょうか。

既存のテレビ局とYouTubeは、いずれスポンサー企業を奪い合う間柄になるのではないか。
それとも、うまくスポンサー企業をシェアし合う間柄になれるのか。
そのへんはYouTube次第という気がします。

YouTubeが電波塔2.0を目指せば共存、テレビ局2.0を目指せば競合ってことで。
[PR]
by kude104 | 2006-07-12 23:59 | PC&ネット