世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:コンテンツ ( 4 ) タグの人気記事

無料と有料

グーグルの存在する世界にて (内田樹の研究室)

「グーグルがすでに存在する世界」においては「デジタル・コンテンツに課金する」ビジネスモデルは「デジタル・コンテンツそのものには課金せず、無料コンテンツが簡単な操作で簡単にダウンロードできるシステムがデファクト・スタンダードになった結果たまたま生じるバイプロダクツで小銭を稼ぐ」ビジネスモデルに必ずや駆逐される。

ぼく個人としては、あるいは逆の目が出るのではないかと思ってる。
テクノロジーが、デジタルコンテンツそのものに対して容易に課金できる方向に進化すれば、デジタルコンテンツに課金するビジネスモデルがバイプロダクツで小銭を稼ぐビジネスモデルを駆逐するだろう。

お金を儲けたいという欲求と、自分の著作物に対して何らかの権利を有していたいという欲求は、わりと一般的で強力なものであろうと思う。
特に、コンテンツでビジネスしましょうという人たちにとっては、これが無ければ始まらない。
ならば、こうした欲求をより満たす方向にテクノロジーを進化させようという流れも、当然あるわけで。

iTunesで音楽データを購入する人がいるように、妥当な値段で簡単にそれを購入・利用できるなら、従来的な著作権ビジネスも十分成立するように思う。
今はまだ、「妥当な値段で簡単に」というところが不十分であるために、無料コンテンツに遅れを取っているだけで。

JASRACうんぬんというのは、個人的には商売のやり方がヘタというレベルの話であると思っている。
同様に、コンテンツを無料にしてうんぬんという話も、商売のやり方の話であろう。
著作権が絡むと、商売の話がどうも面倒くさい話になってくる気がする。

いずれにしても、「コンテンツを無料にするとこんないいことがあります」という話なら夢があっていいのだけど、「コンテンツは無料にするしかない」という話になると悲壮感漂ってよろしくない。
「無料にもできる」というのと、「無料にしかできない」というのとでは、大きな違いだ。
なので、テクノロジーの進化としては、「妥当な値段で簡単にコンテンツを購入できます」という世界を夢見る方が健全でいいかなーと思っている。

だいたい、グーグルとて、自身のコアとなる情報や技術はがっちりガードしているわけで。
どこの世界も、本業を無料化してはビジネスは成り立たない。
見ようによっては、自分の本業を成り立たせるために、他人の本業を無料化するという戦争を仕掛けていると言えなくもないよね。
[PR]
by kude104 | 2010-03-07 16:39 | PC&ネット

オタク文化の原点回帰

オタクの本当の危機 - とくめー雑記(ハーレム万歳)

個人のたしなみ方としては大いに共感しますが、それでもコンテンツの供給過多は止まらないかと思います。
なぜなら、原因はコンテンツビジネスの構造的変化のほうにあると思えるからです。

ビジネス的に言えば、おそらく、短いサイクルで次々に新しいコンテンツを消費してもらったほうが、業界全体としての売上は上がるでしょう。
だから、供給者側は過剰とも思えるほどにどんどんコンテンツを供給しているわけで。

ただ、供給者側が攻めの姿勢でそうしているかというと、違うのではないかと思います。
そうやって次から次へとコンテンツを供給し回転率を上げなければ売上が確保できない状況にあるという、守りの姿勢からそうせざるをえないのではないか。
もしそうなら、オタクな人々が良かれと思ってコンテンツの消費量を落とすことは、逆に、業界をより一層衰退へと導くことになるのでは、という気がします。

たとえば極論として、ひとつの作品につき5年間楽しむなら、生涯で20本もいらない計算です。
過去の名作から20本用意すれば済むなら、もう新しいコンテンツは要らないということになりましょう。
ならば、現在駄作が量産されようと、明日業界が滅びようと、問題はないということになります。
怪獣映画好きは、過去のゴジラ作品を愛でていればいいということになる。
が、もちろんそんなことはなくて、怪獣映画好きなら常に新しい怪獣映画が観たいと思うでしょう。
それには、怪獣映画がビジネスとして成立しないことには難しい。

アニメについて言えば、素人考えとしては、テレビの衰退が大きく影響しているのではないかと考えます。
テレビ自体の視聴率も低下している中、テレビアニメだけが例外でいられるはずもなく。
いまや、ゴールデンタイムに放送しているアニメといえば、ドラえもんとサザエさんくらいですか?
(あとは、ちびまる子ちゃんとクレヨンしんちゃんくらいかな?)
もはや、テレビアニメ黄金期は、過ぎ去った遠い過去の栄光なのではないでしょうか。

となると、製作費自体も削減されているでしょう。
実態を知らないので分かりませんが、いったいどれくらい削減されているのでしょうね。
その減った製作費分をDVDの売上等で賄おうとすると、どうしても回転率を上げざるを得ないでしょう。
消費者側がその回転の速さについていけなくなったときに、テレビアニメは完全に終了するのではないでしょうか。
「1クールのアニメ」どころか、アニメ自体「作るのは、もうやめましょうや」となりかねません。
(もっとも、完全になくなることはないでしょうけど)

あるいは。
考え方を変えれば、業界が衰退すればコンテンツの供給量は下がりますから、そうなるといやでも消費速度を落とさざるを得なくなります。
そのとき、ファーストフード的消費の仕方に慣れた「軟弱なオタク」は去り、数少ないコンテンツを味わいつくせる「真のオタク」だけが生き残る。
まさにオタク文化の原点回帰が成されるのかもしれません。
オタクの練度は、業界がマイナーであればある程鍛えられるように思います。

その意味では、今、オタクの皆さんがその消費量を抑えるという戦略は、業界を適正に衰退させるとともに、来るべき原点回帰の時に備えて今から練度を高めておくために、とても有効なのかもしれません。
[PR]
by kude104 | 2009-05-18 14:54 | テレビ

データコンテンツの時代

先日の「なぜコンテンツにお金を払う気にならないのだろう」にトラックバックを頂いて、なるほどなぁと考えるところが多々ありました。

コンテンツはいかにして円盤からはがされたのか? - ビジネスから1000000光年

かつては円盤とその中身であるデータとは一体で、ひとまとめにコンテンツだったのだけど、円盤からデータを抽出再生できるようになって、今はデータのみでコンテンツ足り得るようになった、と。

おおざっぱにコンテンツの変遷というものを考えると、生コンテンツ→パッケージコンテンツ→データコンテンツと進化しているんじゃなかろうか。
たとえば音楽なら、ライブ→CD→MP3、みたいな。
コンテンツがパッケージからデータに進化したことで、CDが「コンテンツ」から「コンテンツ+円盤」に地位を下げたということ。

消費者の「音楽を聴きたい」という欲求は今も昔も変わらずにあるとして、それを満たすための手段がどんどん進化している。
音楽を聴くための物理的な縛りが、技術的にどんどんクリアされ、要らなくなってきている。
かつてはコンサート会場にいかなければ聴けなかったものが、CDがあれば聴けるようになり、CDがなければ聴けなかったものが、データがあれば聴けるようになった。

そして興味深いのは、物理的な縛りが小さくなればなるほど、価格も安くなるということ。
これはまぁ、需要と供給の話で説明できるだろうか。
物理的な縛りが小さくなればなるほどより多くの人に供給できるので、価格も下がると。
工業製品の場合は大量生産による生産コストの低下で価格が安くなる面もあるけど、もうひとつ人間の心理として、簡単に手に入るものにはあまり価値を感じなくなるという面もあるだろうね。

こうして考えると、多くの人にクリックひとつで供給できるデータコンテンツがその値段を下げていくことは、必然の流れであると思えてくる。
コンテンツにお金を払うことが定着しないのではなく、もしかしたら、データコンテンツの時代になって、コンテンツの価格が暴落していると捉えるべきなのかもしれない。
消費者の意識において、コンテンツが水や空気のように簡単に手に入るものになりつつあるのではないかというと、大げさかもしれないけど。

ぼくがDVDはレンタルするのにオンデマンドTVは利用する気にならないのも、蛇口をひねれば水が出る状況で、コップ1杯ごとに料金を支払う気持ちにならないのと同じなのかもしれない。
そう考えれば、個別課金より料金定額で見放題なモデルのほうが比較的ましというのも、うなづける。
水道料金の感覚だね。
パッケージ販売は、さしずめペットボトル入りの飲料水って感じだろうか。
[PR]
by kude104 | 2009-02-05 23:59 |
ある権利者側の人間の呟き2 結局コンテンツに金払うっていうのが定着しない。。。 - Life in Prison/生きるしかすることがない

このへんの話は僕もよく考える。
で、やはり結論としては、コンテンツそのものにお金を払うというのは定着しないだろうなぁ・・・というところに行きいてしまう。

たとえば「パソコンで動画を観る」ということに対して、もしぼくがお金を払うとしたら──と考えてみると。
DVDのレンタルに置き換わるサービスであれば、払うかもしれない。

DVD画質で。
品ぞろえがよくて。
観たい動画を様々な方法で簡単に探すことができて。
レンタル期間(動画を『購入』してから視聴できる期間)はまぁ1週間くらいあって。
レンタル料金は1本100円くらいで。
500円くらい払えば、レンタルではなく完全なる購入(つまり永久に視聴できる)になって。
もちろん、手持ちのDVD-Rなどに焼いたりもできて。
1クリック2クリックくらいの手間で決済が完了して。
すぐにもダウンロード(もしくはストリーミング)で視聴できて。

──みたいな。
どうだろう、このくらいの条件であれば、お金払って観てくれる人もいるんじゃないだろうか。

・・・と考えて。
でも、じゃあ、あなたはオンデマンドTVみたいなものを利用しますかと問われると、利用しないなぁ。
料金や条件がどうとかいう以前に、興味すら抱いたことがない。
なんでだろう。
DVDはレンタルするくせに、そういうのは「金払ってまで観たくねぇ」と思ってしまう不思議。

なんというか、これはもう、次の次の世代をターゲットにした意識作り・システム作りを今のうちから始めるくらいの遠望な計画でないとダメなのかもしれん。
[PR]
by kude104 | 2009-01-28 23:59 | PC&ネット