世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ケータイ ( 6 ) タグの人気記事

ガラパゴス幻想を疑え - 雑種路線でいこう

日本のケータイが進化を止めたのは、「完成形に到達したから」という見方はどうだろう?

たしかにiPhoneはクールだけど、ふと思うのは、日本のモバイル事情で考えるなら、フルブラウザでPCサイトを見るよりケータイサイトのほうが最適化されていると思えるし、メールにしたってタッチパネルで入力するよりボタン入力の方が楽だろう。
それはやっぱり、日本は基本的に電車&徒歩移動であることと、日本語を扱うということ。
これが大きいんじゃないかと思う。
そうした使用状況に最適化させると、iPhoneじゃなくて日本のケータイがベストアンサーなんじゃないかと思える。
世界では確かにタッチパネルが先進でクールかも知れないけど、日本でもそうだとは限らないよな、と思う。

それだと日本は世界に取り残されるというけれど、そうだろうか。
たとえば、お箸をして「ガラパゴス」だなどとだれも論じない。
ナイフとフォークを使うべしとも言わないし、「海外でも通用するお箸を作れ」なんてことも言わない。
でも、これが「工業製品」となると、途端にガラパゴスガラパゴス言うよね。

単純に海外進出を果たすなら、海外で現地の製品を作って売ればいいだろう。
そうではなくて、「日本の製品」をわざわざ海外で売ることの意味は何なのか。
それはつまり、その製品が持つ「日本の文化」を海外で売ることなのじゃないだろうか。

日本のケータイを海外で売るということは、単にケータイ端末を売るということじゃない。
ケータイ文化を売るということだ。
そりゃ容易に売れなくて当然だよね、と思う。
[PR]
by kude104 | 2010-05-09 22:30 | PC&ネット

子ども用ケータイ

小寺信良の現象試考:「ケータイ持たせない論」に見る大人教育の困難 (1/3) - ITmedia +D LifeStyle

「子ども用のケータイ」を作ったらいいんじゃないかな。
特徴はこんな感じ。

1)
子ども用ケータイは、基本、子ども用ケータイ同士か、保護者によって登録されたケータイでしか通話やメールのやり取りができない。

2)
子ども用ケータイは、月々の使用可能時間・料金の上限が設定でき、それを超えて使用できない。

3)
子ども用ケータイは子ども用サイトにしかアクセスできない。
(子ども用サイトの運営・作成は許認可制にする)


現状一番の問題は、物心つかない子供が大人と同じフィールドに放り込まれることにあると思うのです。
なので、PCも含めて、子どもにはまず子ども用ネット空間を用意してやり、そこでネットのルールやマナーやリテラシーを養い、成長するに従って徐々に大人用ネットに移行していけるようなシステムを用意してやればいいんじゃないかと思います。

利用者の年齢に応じて、利用できるサイトや利用時間・金額が増えるなど、自由度が高まる仕組みにしておいて、高校卒業したくらいで一通りのリテラシーが身に付いていれば理想的じゃないでしょうか。

ビジネス的にも、「子ども用ケータイ」は、まず端末を作る企業にとって新たな市場となります。
子ども用ケータイならではの可愛らしいデザインや使いやすさで勝負できるし、一口に子ども用ケータイと言っても、当然小学校低学年と高学年とで同じデザインで良しとするわけがないので、買い替え需要が大いに期待できます。

キャリアにとっても、「子ども用ケータイプラン」を用意して、それで商売すればいいでしょう。
「子どもにケータイを持たせない」となることを思えば、多少面倒でも「子ども用ケータイ」を用意して安心・健全をアピールするほうが企業としてもお得なのではないかと思います。

コンテンツ業者にとっては、自由勝手にサイトが作れなくので困った話になってしまいますが。
まぁ、そこは泣いてもらいましょう。
どのみち、きちんとした企業なら、許可を得てきちんとサイトを運営できるので問題ないでしょう。
むしろ、有象無象のサイトが減ることで、逆に商売がやりやすくなる可能性もあります。

とまぁ、そんな感じで。
学校教育に任せるとか、法律で規制とかされる前に、業界でそのへん上手いこと話をまとめてやっちゃうほうがいいと思いますね。
[PR]
by kude104 | 2008-12-20 16:46 | PC&ネット
小中学生の「ケータイ所持禁止」に一言 | WIRED VISION

個人的には、子供にケータイなんて持たせんでええやろという点で同感だけど、そんなことまでオメーらに指図されたくないという気持ちも強くするね。

ただまぁ、そうは言っても、たとえば「ケータイの使用について親子でしっかり話し合いましょう」とか、どれくらい期待できるんでしょっていう気はする。
しっかり話し合える親子関係にない人たちに「話し合いましょう」と言ったって効果は期待できないわけで、でもって、トラブルに巻き込まれる子供の多くはそういう家庭の子供なんじゃないかと思うわけで。

学校でケータイの利用について指導してもらうのがベターかなと思うけれど、何でもかんでも学校に押し付けておけばいいという発想は、あまりよろしくない気もする。
それに、学校で指導するとなると、文部科学省だか教育委員会だか知らないけど、どこかが指導要綱みたいなものを定めなきゃならないわけで。
それ、結局「ケータイは持たないように」という指導になっちゃったりしてね。

それだったら、業界で「ケータイのつかいかた」みたいな楽しく学べる学習プログラムを作成して学校に配るとか、ケータイのメニューの一番目立つところからそれにアクセスできるとか、そういうことをすればいいんじゃないかしら。

「トラブル源はケータイではなく、ネットだ」というのも、たしかにそうなんだけど。
ケータイの場合、ネットリテラシー+ケータイリテラシーが必要な気がする。
ケータイって、PCより依存性というか中毒性が高そうな気がするんで。
「メールの返信が遅れるとイジメにあう」みたいなこと、PCメールではないんじゃないかなぁ。

「幼児にテレビを見せすぎてはいけない」みたいに、「子供にケータイをさせすぎてはいけない」みたいなことが、科学的に言えたりしないのかな。
発達が十分でない子供はケータイ依存症になりやすい、みたいな。

起きてる間ずっと友達とつながってなきゃいけないなんて、ぼくには絶対耐えられない。
トランシーバーくらいしかない子供時代でよかった。
[PR]
by kude104 | 2008-05-22 23:50 | PC&ネット

Web2.0からMobileWeb2.0へ

ケータイ顔写真採点 「写メコン」って何? - ITmedia News

うわっ、気持ち悪ぅ。
自分の顔写真晒して品評してもらうなんて、考えられへんわ。
よほどのナルシストか、それとも、「かわいい~」と言い合う生暖かいコミュニケーション空間かどちらかじゃないかと思ってしまうのだけど、どうなんだろう。

と拒否反応を示しつつ、その実、この話にはかなりの衝撃を受けました。
まるで未知との遭遇のようなカルチャーショックです。
ネットは危険と隣り合わせだから個人情報を晒すなどもっての外という教えが身に染みているぼくなんかと、気軽に顔写真を晒せる彼ら/彼女らと――。
明らかに文化が、世界が大きく違っているよね。

そしてなんというか、直感的に、“分かって”しまった。
Web2.0とか3.0とか言っているけど、そんなヴァージョンアップ的な進化じゃなくて、PCのWeb世界はケータイのWeb世界に取って代わられるのではないか。
まぁ、取って代わられると言うか、ネットの中心がケータイのほうにシフトするだろうってことなんだけど。
言うなれば、PCWeb3.0だとか言っているあたりで、気がつけば、世の中ネットの中心はMobileWeb2.0だったりするのではないかと。
今ちょうどその入れ替わりが始まりつつある段階くらいじゃないかな。

なぜそう思うかという論理的な理由はないんですが、たとえばPCメインのブログで、やれ実名だ匿名だと議論が起きている間に、ケータイのほうでは軽々と顔写真を公開しちゃうというあたり。
実名どころか、実顔ですよ。
ネットの中を、まるで自分の実社会の延長というか実社会そのものであるかのように捉える感覚は、まぎれもなく“ニュータイプ”の感覚でしょう。

ケータイは一人に一台で、ケータイごとに固有の端末番号があって、つまりは限りなく個人とネットの中の「個体」が一対一に対応していて、そこで顔写真晒せちゃうくらいプライベート空間の延長線上な感覚で、いつでもどこでも気軽にネットの世界にアクセスしてコミュニケーションできる。
そんなPCのネットとはまったく違う環境の世界が、PCと同じに進化するはずがない。
そして、そんなネットコミュニケーションは人類史始まって以来のことで、要するにこれはまさしく「アドバンスジェネレーション」だなと感じる次第です。

あとは、ケータイの機種ごとの差異に対応するような、あるいは差異を吸収するようなテクノロジーなりノウハウなりが確立されれば――まさに、JavaScriptがAjaxとして花開いたように――MobileWebは爆発的に進化するんじゃないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2007-09-04 23:59 | PC&ネット

自転車マナー

道交法違反:無灯火の自転車運転に違反切符 20歳女を検挙--千葉の路上 /千葉:MSN毎日インタラクティブ

ザマアミロ。
私事で恐縮ですが、ぼくは自転車の無灯火運転をしているやつが嫌いです。
なにをケチってるんだか面倒くさがってるんだかカッコつけてんだか知らないけど、点けりゃええやん、ライト。

自転車のライトは、自分の前方が見えにくいから点けるんじゃない。
対向者に「ここに自転車がいますよ」と知らせるために点けるのです。
それを点けない人間というのは、相手に対する配慮が足りない人間、想像力が足りてない人間ということなんで、どうせろくな人間じゃない。
ぼくの中では、煙草のポイ捨てなんかと同じレベルの行為ですね。

自転車の乗り方でもうひとつ嫌いなのが、携帯電話でしゃべりながら、あるいはメールなどを打ちながらの運転です。
あれも、電柱にでもぶつかれば良いのにと思う。
注意力散漫で危なっかしいんですよ、近くを走るこっちが。

今日も、車一台分の狭い道を、無灯火の自転車に乗った女が携帯電話でしゃべりながらこっちに近づいてくる場面に出くわしまして。
しかも、女の後ろからは、車が近づいてきているという状況です。
その女、後ろから車が来ていることにたぶん気づかず、右に寄るでもなく左に寄るでもなく、中途半端な位置取りでちんたらと近づいてきやがって。
車と女の位置関係が定まらない以上、ぼくとしては止まってやり過ごすしかなくて、それで止まって待っていたら、女はこちらに一瞥することも無く何やら大声でキャハキャハとしゃべりながら通りすぎて行きやがった。

ムカツク。
そんな女は呪われろ。
呪われて、サドル無くなれ。
[PR]
by kude104 | 2006-09-30 23:58
発熱地帯: 草の根映像の今後?

ぼくも最近、Flashアニメはめっきり見なくなりましたねぇ。
その理由を皆さんあれこれ分析していらっしゃいますが、ぼくもその尻馬に乗っかって一言いうなら、「ブログが出現したからじゃないっすかね」とか言ってみるテスト。

・・・いやほら、後出しジャンケンは、ちょっとは奇抜なことを書かないと面白くないから。
といいつつ、半分くらいはマジです。

まぁ、それを言うなら皆さんご指摘のようにYouTubeを挙げる方がよりふさわしいと思いますが、結局、すべての娯楽はお客さんの時間を奪い合っているわけですよ。
その、Flashアニメ全盛期の頃って、ネットでFlashアニメが一番ホットな娯楽だったように思うのです。
ですが、今じゃたとえばブログを読む時間が増えた、YouTubeを見るようになったとなると、その分Flashアニメに向き合う時間が減るわけで。

「見る側の目が肥えてきて、新しい人にとって敷居が上がってしまった」というよりは、他に面白い娯楽が出現したというほうがより本質的なんじゃないかなーと思う次第です。
もちろん、他の新しい面白い娯楽に負けた要因として、皆さんの分析されている事柄が理由として挙げられるとは思いますが。

まぁ、なんだかんだ言って、やっぱり「YouTubeがなかりせば・・・」というのが一番大きいとは思いますけどね。

個人的な好き嫌いで言うと、そもそもネットで見る動画ってもの自体、ぼくは好きじゃありません。
ラジオなどの音声作品もそうだけど、再生されている時間、PCの前に座って鑑賞するのが非常に面倒くさい。

文章だと、はじめにざっと目を通せば、全体の分量と、だいたいどういった内容か(つまり、読むに値するかどうか)、どの辺りが山場か、といった事柄がおおよそ見当がつきます。
その上で、これは面白そうだと思ったものだけ、じっくり鑑賞すればいい。
でも、動画って、見てみないことには分からない。
はじめに10倍速くらいでキュルキュル全体を流し見でもできりゃ多少は違うでしょうけど、面白いかどうかも分からんものを、頭から5分くらいかけてじっくり見る気にはなかなかならないです。

なので、iPodなどの携帯端末で空き時間に暇つぶしに見るというのが、一番理想的な鑑賞の仕方じゃないかと思います。
PCで見るのは、ぼくにとっては少々かったるいですね。

といったことを考えると、Flashアニメを再び盛り上げるには、「ケータイでFlashアニメを鑑賞する」というスタイルを定着or開拓するのが一番じゃないでしょうか。
いまのケータイのFlash事情がどうなっているのか知りませんが、小さなデータ量でアニメできるというFlashの特性を考えても、ケータイこそFlashアニメの新天地なのではないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2006-09-24 21:57