世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:オープンソース ( 6 ) タグの人気記事

今日は「オープンソース」と「バザールモデル」の違いについて調べてみよう。

「世の中をより良い方向に導くと思われるテーマがネット上で公開されると、そこに無数の知的資源が集結して課題を次々に克服していく」というのは、「オープンソースじゃなくて、バザールモデルだ」というけれど、バザールモデルって何?という話。

ひとことで言えば、「オープンソース」はソフトウェアの在りよう、「バザールモデル」はソフトウェアの開発手法って感じでしょうか。

バザールモデルの説明としては、バザール方式 とは:ITproによると、
参加者が,独自性を尊重された環境において自由に開発を行い,その成果を街頭市場(バザール)のように持ちより,よいものを残しながら1つのソフトウエアを作り上げていく方式
だそうです。

言葉の登場の順番としては、「フリーソフトウェア → バザールモデル → オープンソース」の順になるのですね。
フリーソフトウェアのひとつであったLinuxが開発事例として非常に成功したので、Eric Steven Raymond氏がその開発手法を分析し「バザールモデル」と名付け、論文にした。
その論文に影響を受けたNetscape社が自社ソフトウェアの開発にバザールモデルを採用し、それにあわせて(?)「オープンソース」という用語が作られた。
――というのが、「オープンソース」と「バザールモデル」の関係になるでしょうか。

バザールモデルを実現させるためのソフトウェアの在りようを「オープンソース」としてまとめたと考えるならば、バザールモデルで開発されるソフトウェアは必然的にオープンソースになりますね。
一方、オープンソースだからと言って、必ずしもバザールモデルによる開発がなされるわけではない。
なぜなら、オープンソースであっても、「その成果を持ちより、よいものを残しながら1つのソフトウエアを作り上げていく」という部分がなければ、バザールモデルにならないからです。

とはいえ、誕生の経緯を見れば、もともとのオープンソースはバザールモデルによる開発を目的としたソフトウェアであったと言えるでしょうし、現在でも、バザールモデルでない「伽藍方式」を採用するオープンソースはほとんどないと言っていいんじゃないでしょうか。

用語が持つ元々の意味として、フリーソフトウェアが、自由なソフトウェアであることを目的としてソースコードを公開するのに対して、オープンソースは、バザールモデルによる開発を目的としてソースコードを公開する、と言えるのかもしれません。
たとえば、「伽藍方式」で開発されるオープンソースソフトウェアは、オープンソースではなく、フリーソフトウェアと呼ぶほうがしっくりくるように思います。

ということは。
「オープンソース・ライセンス」にはたしかにバザールモデルを意味するものは含まれませんが、「オープンソース」には、目的として、「バザールモデルによる開発」が含まれていると見るのは、実はそう間違った話ではないのではないか・・・という気がしてきました。
梅田さんの「オープンソース的」という発言も、あながち「誤用」ではないのではないか・・・と。
[PR]
by kude104 | 2009-06-25 18:36 | PC&ネット
梅田望夫氏をめぐる騒動について - Rails で行こう!
最近、梅田望夫氏がネットで何を言っても叩かれる、という現象が目立っている。いちばん最近は、梅田氏の「オープンソース」という用語の使い方がおかしいんじゃないかという批判。あまりに多くの人が発言しているんで、いちいちソースのリンクは出さないけど・・・。この件について、私なりの感想を書いてみる。

一言で言うと、「なんでみんな騒いでいるのかわからん」という感じかな。
「オープンソース」に関する梅田さんの発言に対して、好意的な人は「言葉の使い方が正しいか間違っているかはともかく、言わんとするところは正しい」と言い、否定的な人は「言わんとするところが正しいか間違っているかはともかく、言葉の使い方は間違っている」と言う。
そういう平行線が引かれているように思います。

ぼくの立場としては、後者でしょうか。
知らずに間違ったというケースであれば「まぁ、しょうがないかな」と思うのですが、梅田さんのオープンソースについての「間違い」は去年の3月ごろから指摘されていることなので、ご本人が知らないはずがありません。
それでもなお改めないということは、梅田さんは意図して「誤用」していらっしゃると考えるべきでしょう。
嫌がる人がいると知って敢えてそうしていらっしゃるのであれば、そうしたやり方は賛同できないなーと思うのです。
言わんとするところが正しいか間違っているかはともかくとしてね。
(「やり方に賛同できないから、言わんとするところにも賛同できない」とは思っていません)

オープンソースに関わる人が言葉の使い方に敏感なのは、前回オープンソースについて調べていて、なんとなく分かる気がします。
ひとつには「ライセンス」であるので、使っているほうとしては、当然あいまいに扱えないということ。

次に、オープンソース、ひいてはフリーソフトウェアのライセンスというのは、思想を含むということ。
数あるソフトウェアライセンスの中から、「自分はこのライセンスを」と選択するということは、そのライセンスの思想やコミュニティが好きである、賛同するといった感情を伴う意識的な行動であるケースが多いかと思います。
「好きなもの」「支持するもの」に対して間違った発言がなされたり、雑に扱われると心穏やかでいられないのは、心情としては理解できるところです。

そして、オープンソースについて間違ったイメージが広まると迷惑だということ。
オープンソース自体が、もともとフリーソフトウェアに染みついた「無償」のイメージを払しょくするために作られた言葉であるのに、今またオープンソースに「無償」のイメージを植えつけられては迷惑するとか、オープンソースライセンス、あるいはオープンソースソフトウェアを間違って理解し使う人が現れたらどうしてくれるんだとか。
現場の我々には大問題なんだぞ、と。
(かく言うぼくも、オープンソースについて、いろいろ間違ってました)

フリーソフトウェア思想はよく「宗教」にたとえられたりもしますけど、たとえば「キリスト教的なもの」として、キリスト教の教義と違った内容を広められることは、信者にしてみれば迷惑だし、無礼であると。
良識ある大人なら、そうした信者さんたちの神経を敢えて逆なでするような言動は慎みますよね。
べつに宗教にたとえなくても、人が大切に思っているものに対しては、できるかぎりの敬意を払うのが紳士であろうと思います。

「オープンソース的」という言葉の使い方がオープンソースに関わる人たちの反感を招いているようなら、別の言葉を探すか、せめて「ソフトウェアのオープンソースとは異なる意味で使っています」といった断りを付けておくべきだろうと思います。
「そんなの別にいいだろ、たいしたことじゃないし」というのであれば、そこに敬意は感じられませんし、意図してイメージの塗り替えを図っているのであれば、それはオープンソースに対する攻撃ととられても仕方ないんじゃないでしょうか。

ということで、オープンソースに関わる人が怒るのは、それがいいかわるいかは別として、理解はできます。
ぼくが理解できないのは(推測はできるのですが)、それでも「オープンソース」という言葉を使い続ける梅田さんのほうですね。
「揚げ足」を取られると知って、なお敢えて足を揚げて見せるのは何ゆえか、と。
[PR]
by kude104 | 2009-06-23 22:22 | PC&ネット

オープンソースとは?

この機にオープンソースについてきちんと理解しておこうと、オープンソース - Wikipediaを読む。

まず、オープンソースと言うと、ビジネスを志向しない非営利なイメージを思い浮かべてしまうけれど、そもそもの始まりは、フリーソフトウェアをビジネスの場に浸透させるために作り出されたプロモーション用語、というのが面白いですね。

オープンソースとはなにか?というと、「オープンソース・ライセンス」に表されるソフトウェア思想である、と言っていいかと思います。
登場の経緯から言うと、フリーソフトウェアをビジネスの場に売り込むための「ブランド名」と言うのが正確かもしれませんが、そこに確かな思想が存在していると思うので。
ライセンスの正確な定義はThe Open Source Initiative: オープンソースの定義(日本語)をご覧いただくとして、主な特徴について見て行きたいと思います。

オープンソースと言うと、やはり、「ソースコードの公開」が一番の特徴として思い浮かびます。
ソースコードというのは、まぁ、家電製品なんかにたとえて言えば「設計図」の類でしょうか。
設計図を公開すると、他所にまねされたり、ノウハウが流出したり、製品の欠陥をついて悪用されたりと、様々なリスクが考えられるので、普通は秘密にされるものです。

しかし、そうしたリスクは裏を返せば、多くの人にまねされ共有されることで、技術の利用応用が加速度的に進み、進化していくことにもつながります。
オープンスースとは、言うなれば、ソースコードを公開することによるデメリットよりも、こうしたメリットのほうが大きくなることを信ずる思想であると言えるかもしれません。

そのために、オープンソースは、その「利用」についても規定しています。
ざっくり言えば、オープンソースで作られたソフトウェアは、誰もが自由に利用できるし、自由に複製できるし、自由に派生物を作ることができるし、自由に改変できるし、自由に再配布できることを保証しなければなりません。

たとえソースコードが公開されていても、「利用には別途契約が必要です」とか、「特定の団体や個人、分野では利用できません」とか、そうした制限のあるものは本来的な意味でのオープンソースではない、ということですね。

こうした、ソースコードの公開と自由な利用は、フリーソフトウェアと思想を同じくするところです。
では、フリーソフトウェアとオープンソースとの違いはどこにあるのかというと、むずかしいところですが、結局は「思想にある」というほかないでしょうね。
そもそも、一言に「フリーソフトウェア」といっても、そこには様々なライセンス形態があります。
幹となるフリーソフトウェア思想については共通していても、枝葉の思想に違いがあり、その数だけ異なるライセンス形態が存在しています。

オープンソースとは、まず、フリーソフトウェア思想の共通部分をまとめたもの、と言えるかと思います。
そしてそれに、「ビジネス分野への浸透」という思想を付け加えたもの、と言えるでしょうか。
大きくは、もちろんビジネス分野に限らず「あらゆる分野への浸透」を目的としていますが、誕生の経緯からすると、特にビジネス分野への浸透を目的とする思想があったと考えられますので。

もっとも、いまではより広い意味で、あるいは別な意味でも、「オープンソース」という言葉が使われるようになってきているみたいですけど。
それだけ言葉として浸透したということでしょうね。

とまぁ、ざっと調べた感じでは、こんなところでしょうか。
もしなにか間違っていることなどありましたら、教えてください。
[PR]
by kude104 | 2009-06-22 17:43 | PC&ネット

中と外

かみつく相手が違うのでは - Tech Mom from Silicon Valley

そもそも、「オープンソース的」という表現が摩擦の原因のようにも思えるのだけど、とりあえずそのへんは置いておくとして。
その中から誰かがちゃんとリーダーシップをとって組織化して動き出して
この一文を読んで、そうか、日本のウェブが海外から見て残念に映るのは、日本人のリーダーシップで組織化され、海外に知られているケースが少ないからじゃないだろうか・・・という視点が頭に浮かびました。

たとえば、ソフトウェアのオープンソース活動にしても、日本でももちろんけっこう盛んに行われているのですが、ただ、オープンソース活動を組織化して国際社会で存在感を示している日本人、という例で言えば、世間的な印象としては、あまりないように思います。
そもそも、オープンソース自体ほとんど知られていない中で、さらに日本人が・・・ってことですからね。

一方、オープンソース活動を行っているひとから見ると、当然、日本人もたくさんいるよ、と。

ただ、見ているものが違うのですね。
大げさに言うなら、外の人にとっては、日本人がいくらオープンソース活動を行ったところで、海外で評価されなきゃ知らないよ、と。
あるいは、いくら兵卒として活躍したとしても、評価されるのは率いている武将だけですよ、と。
これはまぁ、外からの評価としては、正しくはある。

一方、中の人からしてみれば、べつに外の人に評価されるためにコードを書いているわけじゃないので、「日本人のリーダーシップで組織化され、世界に知られているケースが少ない」と言われても、「だからなに? そんな暇があったらコード書くぜ」といった感じでしょう。
中の世界では十分評価されたり楽しかったり満足しているので、それだけで活動する理由としては十分なわけですから。

でも、そうすると、外の人には「国際社会で存在感のない日本のオープンソースは残念」と映るわけだけど、中の人にしてみれば、自分たちの活動を外野に残念呼ばわりされて気分悪いということになって、衝突する、と。

こうしたことは、きっと、オープンソースに限ったことではないでしょう。

中の人間がいくらがんばってよい成果を上げていたとしても、それが外の世界に知られていなければ、外の世界では評価されない。
一方、外の世界に伝わっていないからと言って、中の世界に何もないわけではない。

たとえば、テクニックとして、外から見て「残念」に思える時は、「良いものもあるのだろうけど、それが上手く外に伝わっていないのが残念だ」といったニュアンスで語れば、摩擦も少なくて済むのではないかと思います。
中の人も、外の人に正当に評価されていないと感じるときは、「中にある良いものを、上手く外に伝えられていないのではないか」というところに気をつければ、良いのではないでしょうか。

そうしたことを、日本の「オープンソース的なるもの」について考えれば、日本には、中の成果を上手く外に伝える役回りのひとがあまり目立たないのかもしれませんね。
オープンソース的に言えば、コーディネーターですか。

日本人は(と、てきとーな国民性論を語るならば)、なまじ能力がある分、有能な配下タイプに育ってしまって、君主タイプがなかなか育ちにくいところはあるのかもしれませんね。
劉邦がごとく、将に将たる能力に優れた人材は、なかなか現れにくい気がします。
なまじ能力があると、兵に将たる方向に進んじゃうのでね。

なので、マジメにオープンソースやってる人、あるいは社会的な仕組みさえ整えば自分もやってみたいと思っている人は、誰かに対してかみつくよりも、いいコーディネーターを探すと良いと思うな。
[PR]
by kude104 | 2009-06-20 13:23 | PC&ネット
「ウェブ時代をゆく」で語られるオープンソースであったりウェブ2.0であったり、そうした世界というものは“趣味的世界”であると捉えるとしっくりくるのではないか。

企業なんかだとインターネットをどうビジネスに結び付けようかなんてことを考えざるを得ないわけだけど、普通の個人にとってインターネットは「趣味の活動を行う世界」と考えていいような気がします。
オープンソースにしても、年齢国籍性別などなどバラバラな人たちが「共通の興味対象」という一点でつながるところも趣味的世界っぽいし、その興味対象に関する知識であるとかスキルでもって評価され、その評価こそが活動の醍醐味であったり報酬であるところも趣味的世界っぽいし、活動の成果を無償で公開するところも趣味的世界っぽいし。

オープンソースがビジネスになるだとかそういったことは、趣味が高じて実益を兼ねるみたいなことだと考えればいいのではないでしょうか。
リアル世界の趣味活動にもそうした“成功例”はありますし。
でも、大部分の趣味活動は、本当に単なる趣味として、楽しみとして、お金儲けとは縁のないところで行われているものでしょう。
お金儲けどころか、むしろ、趣味に一番お金を使うくらいですよね。
インターネット上での個人の活動も、それでいいような気がします。

本業は別に持っておいて、ネット上での活動は100%趣味だと割り切る。
趣味だから、自分の好きなことを思う存分貫いて、その活動内容を惜しげもなく公開して、それで楽しい――ってのが、理想形なんじゃないでしょうか。
中には趣味が高じてプロになる人もいるだろうし、あるいは初めからプロを目指して趣味活動する人もいるだろうけど、そうしたケースの成功例がそれほど多くはない点はリアル世界と同じだろうと思います。
趣味を単なる趣味として楽しんでいる人のほうがずっと多いわけです。

インターネット時代に人々はどう向き合えばいいかと言えば、「インターネット上で思いっきり趣味的活動を楽しみましょう」って答えは、ひとつの正解なんじゃないかと思います。
それが飯の種につながるとかって、あんまり考えなくていいんじゃないかなぁ。
それを考えると、なんだか窮屈になる気がします。
[PR]
by kude104 | 2007-11-21 15:02 |
初音ミクのオリジナル曲に名作が続々と生まれている! :にゅーあきばどっとこむ

初音ミクというVOCALOID(歌声合成ソフトウェア)で作られたオリジナル楽曲ということだけど、すごいね。
かなりクオリティ高い。

でも、楽曲のクオリティが高ければ高いほど、やはりVOCALOIDの歌声の拙さが目立つように感じられます。
もちろん、機械的な合成でここまでの歌唱力が表現できることには、ただただ感嘆するわけだけど。
「これ、生身の人間の歌声乗せたら、もっといい歌になるんだろうな」と思っちゃうわけだ。

とはいえ、じゃあ実際に人間に歌わせたらと考えると、たしかに楽曲の完成度は上がるかもしれないけど、たぶん“普通”の楽曲になっちゃうんだろうな。
初音ミクが歌うから、価値があるのであって。

可能性があるとしたら、初音ミクの声を担当している声優さんが初音ミクっぽく歌うという形ならば、初音ミクのイメージを保ちつつ、歌声のクオリティを高められるかも知れない。
初音ミクのオリジナル楽曲を商品化しようという動きがあるようだけど、どうなんだろう、一般向けを考えるならそういう工夫はあっていいと思うのだけど。
でも、初音ミクファンの皆さんにとっては、この拙い歌声こそが魅力なのかも知れないから、難しいところですね。


それはそれとして。
ニコニコ動画における一連の作品の作られ方と言うのは、まさにオープンソース開発のそれですね。
オープンソース開発が上手くいくかどうかというのは、やはり1にも2にもコミュニティなのだということが、ニコニコ動画を見ているとよく分かります。

ニコニコ動画が秀でていると思う点は、音楽と映像とコメントという3つの要素によって成り立つところでしょう。
音楽と映像というのは、「他人の音楽に自分の映像をmixする」「他人の映像に自分の音楽をmixする」という共同作業が容易です。
素材そのものは音楽と映像という具合に独立しているのに、合わせてひとつの作品としたときの一体感は非常に高い。
もしこれが音楽だけ、映像だけだったら、別バージョンを作り出すには他人の作品を直接いじらなければならず、それはたぶん心理的な抵抗感が強いと思うのです。

そしてコメント。
音楽作りも映像作りも得手ではないというユーザも“作品作り”に参加できるという点で、このコメントこそがニコニコ動画のオープンソースのパワーの源なのは間違いない。
ニコニコ動画のコメントシステムのすごいところは、動画を観終わった後、最後にまとめて感想をコメントするというのではなく、その時その瞬間に感じたことをぱっとコメントするというリアルタイム感。
このリアルタイム感による勢いがコミュニティの熱になって、オープンソースを突き動かしているように感じます。

もうひとつ。
ニコニコ動画でオープンソースが発展したのは、やはり、市販の楽曲やテレビ番組のMADを作る文化が下地にあるからだろうと思います。
誰かがアップした作品に自分の創作をmixして再アップする――みたいなことを参加者全員が共通認識として許可するコミュニティを作ることは、実はかなり奇跡的に思えます。
しかも、これだけの才能を持った人たちを、これだけたくさん集めることは。
ニコニコ動画のシステムは容易に真似できても、このコミュニティ文化作りはそう簡単には真似できないでしょうね。

ただ、それだけに、ニコニコ動画のオープンソースパワーは、ニコニコ動画の文化に適したものに対してしか発揮されない。
たぶん、そこは非常に顕著な気がします。
[PR]
by kude104 | 2007-10-09 23:23 | PC&ネット