世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:オタク ( 4 ) タグの人気記事

麓で孤立を嘆くオタク

オタクがオタクのなかで孤立する時代。 - Something Orange

道が整備されて五合目まで登れるようになった――のではなく、そこはたぶん「平地」なんじゃないかという気がする。
せいぜい、「小高い丘」レベルじゃないかな。

オタクの定義はよく分かりませんが、「ライトオタク」とライトを付けてオタクカテゴリーに含めているその人たちは、たぶんオタクじゃないと思う。
オタク文化が好きな人=オタクではないですよね。

普通の人々がオタク文化の五合目まで登ってきているのではなく、オタク文化のすそ野がメインカルチャーに広く薄く広がっていると考えたほうがいいのではないかな。
「ライトオタク」な人々の立ち位置には、さほど変わりはない、と。
普通の人々が「ライトオタク」になって近づいてきてくれているのではなくて、たぶん、そうした人たちと正真正銘の「濃い」オタクな人たちとの距離は、今も昔もさほど変わっていないんじゃないかと思います。

それと、オタクな人たちが普通の人たちの中で孤立するのは、単に頂上を目指しているからという理由ではないだろうと思います。
端的に言うと「コミュ力の欠如」なんだだけど、もう少し具体的に言うなら、頂上から見える素晴らしい景色を麓にいる人たちに語る言葉を持たないからじゃないかと。

ディープでマニアックな話というのは、語る人が上手く語れば、めちゃくちゃ面白い。
マニアックなアニメどころか、誰も興味ないだろうフナムシの話だって、語る人が語ればめちゃくちゃ面白いに違いない。
なのに孤立するということは、やっぱり、話が面白くないからというのに尽きるんじゃないでしょうか。

ここは険しい道のりだから、登って来られる奴だけ登ってくればいい。
頂上から見る景色は登ったやつじゃないと分からないから、登れる者たちだけで、てっぺんで話そう。
って気持ちや態度でいたら、そりゃ孤立するよね。

そうじゃなくて、自分のマニアックな知識で、いかにオタクじゃない聞き手を楽しませられるかを考えればいいと思う。
てっぺんで仲間内にしか語れないなら、麓では「空気読めよ」と。
[PR]
by kude104 | 2009-08-24 23:59

オタク文化の原点回帰

オタクの本当の危機 - とくめー雑記(ハーレム万歳)

個人のたしなみ方としては大いに共感しますが、それでもコンテンツの供給過多は止まらないかと思います。
なぜなら、原因はコンテンツビジネスの構造的変化のほうにあると思えるからです。

ビジネス的に言えば、おそらく、短いサイクルで次々に新しいコンテンツを消費してもらったほうが、業界全体としての売上は上がるでしょう。
だから、供給者側は過剰とも思えるほどにどんどんコンテンツを供給しているわけで。

ただ、供給者側が攻めの姿勢でそうしているかというと、違うのではないかと思います。
そうやって次から次へとコンテンツを供給し回転率を上げなければ売上が確保できない状況にあるという、守りの姿勢からそうせざるをえないのではないか。
もしそうなら、オタクな人々が良かれと思ってコンテンツの消費量を落とすことは、逆に、業界をより一層衰退へと導くことになるのでは、という気がします。

たとえば極論として、ひとつの作品につき5年間楽しむなら、生涯で20本もいらない計算です。
過去の名作から20本用意すれば済むなら、もう新しいコンテンツは要らないということになりましょう。
ならば、現在駄作が量産されようと、明日業界が滅びようと、問題はないということになります。
怪獣映画好きは、過去のゴジラ作品を愛でていればいいということになる。
が、もちろんそんなことはなくて、怪獣映画好きなら常に新しい怪獣映画が観たいと思うでしょう。
それには、怪獣映画がビジネスとして成立しないことには難しい。

アニメについて言えば、素人考えとしては、テレビの衰退が大きく影響しているのではないかと考えます。
テレビ自体の視聴率も低下している中、テレビアニメだけが例外でいられるはずもなく。
いまや、ゴールデンタイムに放送しているアニメといえば、ドラえもんとサザエさんくらいですか?
(あとは、ちびまる子ちゃんとクレヨンしんちゃんくらいかな?)
もはや、テレビアニメ黄金期は、過ぎ去った遠い過去の栄光なのではないでしょうか。

となると、製作費自体も削減されているでしょう。
実態を知らないので分かりませんが、いったいどれくらい削減されているのでしょうね。
その減った製作費分をDVDの売上等で賄おうとすると、どうしても回転率を上げざるを得ないでしょう。
消費者側がその回転の速さについていけなくなったときに、テレビアニメは完全に終了するのではないでしょうか。
「1クールのアニメ」どころか、アニメ自体「作るのは、もうやめましょうや」となりかねません。
(もっとも、完全になくなることはないでしょうけど)

あるいは。
考え方を変えれば、業界が衰退すればコンテンツの供給量は下がりますから、そうなるといやでも消費速度を落とさざるを得なくなります。
そのとき、ファーストフード的消費の仕方に慣れた「軟弱なオタク」は去り、数少ないコンテンツを味わいつくせる「真のオタク」だけが生き残る。
まさにオタク文化の原点回帰が成されるのかもしれません。
オタクの練度は、業界がマイナーであればある程鍛えられるように思います。

その意味では、今、オタクの皆さんがその消費量を抑えるという戦略は、業界を適正に衰退させるとともに、来るべき原点回帰の時に備えて今から練度を高めておくために、とても有効なのかもしれません。
[PR]
by kude104 | 2009-05-18 14:54 | テレビ
美少女キャラの“非処女発覚”にファン暴走! 人気漫画「かんなぎ」無期限休載 - ZAKZAK

以前見たテレビ番組で、「未来少年コナン」や「カリオストロの城」で作画監督を務めた大塚康生さんが仰っていたことを思い出した。
いわく、「キャラクターとは見た目じゃない。しぐさなんだ」と(うろ覚え)。

われわれはキャラクターというとついつい「絵」だと思っちゃうんだけど、そうじゃないんだと。
そのキャラクターのしぐさ──つまり、行動こそがキャラクターを形作るのだ、と。
アニメーターらしい考え方ですが、なるほどなと思ったものです。

「キャラクターとは絵ではなく、行動だ」という視点で捉えれば、「実はヒロインに男がいた」というのは、そのキャラクター性を破壊するに足る出来事であるように思う。
ぼくらはどうしても、「そのキャラクターが好きなら、その行動も受け入れろよ」と思ってしまうけど、逆なんだろうね。
「その行動を取ったが最後、それは私の好きなキャラクターではない」ということなんだろう。

2次元と3次元の違いはあれど、そうしたことは、アイドルのファンも同じじゃないかと思う。
モー娘。ファンにもジャニーズファンにもペ・ヨンジュンファンにも、程度の差はあれ、「恋人発覚!」と聞いて「裏切られた!」と感じる人は少なからずいるのではないかな。
べつに肩を持つわけじゃないけど、この一件を「アニオタの処女信仰」で片付けるのは、(正しいのだろうけど)ちょっと表面的すぎる気がする。

「アイドル」とはよく言ったもので、いわゆるひとつの偶像崇拝なのだろうと思う。
2次元も3次元も。
ただ、2次元のほうがたぶん、偶像度合いが強まるだろうことは想像に難くない。
生身のマリア様と聖書の中のマリア様とでは、たぶん後者のほうが偶像度合いが強いだろう。

アイドルで商売するということは、本来、かなり覚悟がいる行いであるのだろうと、この一件を見ているとそう感じる。
考えてみれば、他人の感情を操作するわけだからね。
人間の「好き」という感情を、ある種意図的にこちらに向けさせるわけだからね。
それも、何千人何万人に対して。
そうして集めた「崇拝」のエネルギーは、だから、コントロールを誤るととんでもないことになってしまうのも分からないではない気がする。

個人的には、そうは言っても「過剰すぎるだろ」と思ってしまうわけだけど。
「たかが漫画のキャラクターに対して、なんでそこまで」って思ってしまう。
ぼくなど、生身の人間に対しても、そこまで強烈に好きになったことなどないというのに。
[PR]
by kude104 | 2008-12-11 23:39 | PC&ネット
初音ミクの魅力がオタクでない僕には分からないので教えて下さい - araig:net

ぼくは、初音ミク作品には今のところ正直あまり興味がないのだけど、初音ミクフィーバーとでも言うべきこのムーブメントには非常に興味をそそられます。

で、上記エントリーの問いの発端である「初音ミクの魅力はオタクにしかわからないのか?」という命題だけど、現時点ではYesであろうというのがぼくの印象。
ただ、多くの人が、初音ミクの潜在的ポテンシャルはNoであると――つまり、初音ミク(の進化系)は“オタクのおもちゃ”に留まるものではないと思っているだろうことは分かるし、ぼくもその可能性は大いに感じます。

初音ミクというVOCAROIDが、初音ミクというキャラクターを与えられたことでブレイクしたという点に疑問の余地はないだろうと思います。
もちろん、VOCAROIDとしての性能が優れていた――単純性能としての優劣で言えば従来作品と同等か、あるいはそれ以下なのかもしれませんが、初めてVOCAROIDというものに触れたユーザの想像していた性能よりも優れていた――ことは重要です。
でも、ブレイクの発端として、まずキャラクターありきだったことは間違いない。
そして、初音ミクというキャラクターは“オタク的”です。
専門家(?)に言わせれば違うのかも知れませんけど、外から見たら十分オタク的に見える。

で。
初音ミクが特異なのは、今のところ“初音ミク”というソフトで作られた作品のすべてが“初音ミク”というキャラクターとしてパッケージされる点です。
これにより、初音ミクというソフトで作られた楽曲の支持と初音ミクというキャラクターの支持とが、どちらも「初音ミクっていいよね」というところで一緒になる。
なので、ソフトウェア初音ミクの楽曲の素晴らしさをいくら力説しても、現時点では、キャラクター初音ミクが持つオタクイメージに引きずられてしまうことになるのだと思います。

それは、もし初音ミクのキャラクターイメージがもっと別なものであったら――と考えてみると分かる。
もし初音ミクが初音ミクじゃなくて、たとえばNHK教育の子供向け番組のキャラクターみたいなやつだったらどうだろう。
「初音ミクはオタクっぽい」という話ではなくて、「初音ミクは子供っぽい」という話になっていたんじゃないだろうか。
あるいは、初音ミクがまったく無機質なただのソフトウェアだったら、普通に単にすごいソフトウェアってことで静かに盛り上がっていたかも知れない。

初音ミクというソフトが垣間見せる可能性というのは、本当にすごいものだと思う。
そりゃ、現時点の初音ミクは、まだまだだと思うよ。
「人間に置き換わる」という意味では、まだまだそこまでは達しないでしょう。
でも、3代目、4代目あたりの初音ミクは分からない。
もしかしたら・・・と思わせるだけのものはある。

ただ、そうなったときの初音ミクは、つまり、オタクイメージから脱却して一般化した初音ミクは、確実に初音ミクというキャラクターを纏ってはいないでしょう。
名もなきただの無機質なソフトウェアになっているだろうと思います。
もしかしたら初音ミクという名のVOCAROIDは依然残っていて、アイドルとして人気を保っているかも知れませんが、その初音ミクのファンは今と変わらず世間的にはオタクと見られていることでしょう。

初音ミクが初音ミクというキャラクターを纏う限り、それは「オタク的なもの」と見られる。
でも、それはそれでいいと思う。
キャラクター初音ミクの魅力は、それはそれでいいものだと思う。
一方で、オタクだけに留まらない可能性を初音ミクに見るのも、そう的外れだとは思えない。
VOCAROIDはまだまだ進化するだろうし、それがあるレベルを超えれば、純粋に楽器として使用されるようになるでしょう。
でもそれはキャラクター初音ミクの未来ではなく、ソフトウェア初音ミクの未来でしょう。

初音ミクのキャラクターとしての魅力と、初音ミクのVOCAROIDとしての性能と、VOCAROIDというものの可能性と、初音ミクで作られた楽曲の魅力と、さらにはニコニコ動画の話と、CGMの話と・・・ああ、こんなにもいろいろなトピックが「初音ミク」というキーワードにまつわって語られるのだから、初音ミクフィーバーは実に興味深い。
[PR]
by kude104 | 2007-10-22 23:59 | PC&ネット