世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:アクセス解析 ( 1 ) タグの人気記事

このエキサイトブログというのは、独自のFlashコンテンツであるとかJavaScriptといったものを設置できません。
「いまどき・・・」という気もしますが、まぁ、安全性(および安定性)を考えてのことだろうと思えば、それはそれで納得できるのですが。

ただ、独自のアクセス解析ツールを設置できないのは、なかなかに不満である。

標準機能としてのアクセス解析は、単に日々のユニークユーザ数を確認できるだけのものです。
で、このブログの右っかわに「ネームカード」というものがありますが、これを設置すれば、より高機能なアクセス解析ができるようになりますよ、というのですが。

この時点で、やり方として「姑息な」という気はします。
高機能なアクセス解析を釣り餌に「ネームカード」を使わせようというわけですから。

とはいえ、それもまぁ良い。
運営側としてそうしたい気持ちはわかるし、無料で使っている身としては、その程度の「協力」は「利用料」としてしょうがないことだと思うし。

でも、このネームカードのアクセス解析が役にたたねーのは、ちょっとどうかと思う。

ネームカードのアクセス解析で確認できるデータは、まずは日々のページビュー。
これも、ページごとのデータなどもちろんなくて、全体のページビューのみ。

ブログを更新すると、けっこうページビューが上がるので、設置した当初は「ふむふむ。なるほど。やはり更新すると読んでもらえるんだなー」と喜んでいたのですが、しばらくして、標準機能のほうのアクセス解析(こちらはユニークユーザ数)では、さほど変化がないことに気付きまして。
ということは、これってもしかして、ブログを書くときに、ぼくはけっこう頻繁にプレビューを確認するのだけど、それがカウントされているだけではないのか?とか。
更新を検知して検索エンジンのクローラーがアクセスしてくるのをカウントしているのではないか?とか。
ページビューの内訳が分からないから、数字だけを見せられても、ぜんっぜん役に立たない。

ページビュー以外には、「リンク元ランキング」が確認できます。
でも、こちらもイマイチ使えない。
「リンク元」をドメイン単位でまとめているものだから、まず、ランキングの上位は検索サイトが占める結果になります。
「www.google.co.jp」や「search.yahoo.co.jp」をリンク元として表示して、なんの意味があるのかと問いたい。

そして、それ以上に致命的なのは、ドメイン単位でまとめているものだから、たとえばどこかのブログからリンクを貰っても、こちらに表示されるのはドメインだけなので、実際にどの記事でリンクしてもらっているのか分からないのですよ。

こちらのどの記事に対してのリンクかというのも、当然分かりませんし。
この「リンク元ランキング」をもとに当ブログへのリンクを実際に確認できたのは、今のところ1~2件くらいしかないですねぇ。

唯一、「検索ワードランキング」は、まぁ使えるかな。
これも10個しか確認できないとか、そのキーワードで実際にヒットした記事が分からないとか、いろいろ不満点はありますが。
最近の傾向で言えば、更新に合わせて上位の検索ワードが「Rの刻印」から「鉄人兵団」に移っていく様が確認できておもしろかったです。

とまぁ、そんな感じで。
ぼくとしては、このネームカードのアクセス解析で「標準」くらいの位置付けだろうと思います。
「高機能アクセス解析」を期待してわざわざネームカードを利用しただけに、がっかり感は否めない。

エキサイトブログの有料サービスにも「高機能なアクセス解析」は謳われてないので、たぶん、エキサイトブログのアクセス解析はこれしかないのだろうと思います。
「高機能なアクセス解析が欲しければ有料サービスをご利用ください」という商売なら分かるんだけど。
[PR]
by kude104 | 2009-04-17 19:23 | PC&ネット