世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:ほぼ日 ( 1 ) タグの人気記事

smashmedia河野さんとのメールのやり取りを公開します - 煩悩是道場

『日本のウエブでの一番の不幸はウエブ上で素人な人たちが金銭を得るソリューションが皆無に等しいという点なのだ、と思うんですね』

思うところは2点あって、ひとつは言ってしまえば身も蓋もないけれど、ウェブ上に限らず、「素人な人たちが金銭を得る」という夢はやはり夢なのではないか・・・という点。
一人くらいはそういう素人もいるかもしれない。
また、一度くらいはそういうこともあるかも知れない。
でも、一定数の素人がコンスタントに金銭を得られる状況というのは、やはり難しいのではないかと思う。

なぜ難しいかという話に関わってくるのがふたつ目の思うところで、それは、素人の話をする前に、プロな人たちでさえウェブ上で金銭を得るのはなかなか難しいという点。
たしかに、素人に比べればまだ金銭を得るソリューションが整っているように思えるけど、そこに流れるお金は十分なのか。
名もなきフリーランスのプロの物書きがいるとして、はたしてウェブ上の執筆活動でどれくらい稼げるものなんでしょうね。
素人に回ってくるお金はプロの十分の一か百分の一か千分の一か、いずれにせよ、まずプロが潤って次に素人が潤うという順番に間違いはないだろう。

ならば、考えるべきは、まずプロを集めてウェブ上で収益を上げるモデルを確立するのが先だろうと思う。
プロを集めて上手くいかないものを素人集めて上手くいくはずがないと思うのだ。

ちなみに、ここで言うプロ・アマは、本業としてそれに関わるか否かといった区別イメージ。
中には、副業としての趣味的な活動でもプロ以上な人もいるけど、そういうのはレアケースとして、一般的にはフルタイムで活動する人のほうがパートタイムで活動する人より高品質なものを作ると考えていいだろうから。

で、プロを集めてウェブ上で収益を上げるモデルとしてどんなものが考えられるかだけど、これはリンク先のブログでも考察されているように、基本的な考え方としては、「ウエブ雑誌的な空間を創出してそこに選出された表現者を集約するというソリューション」以外にないだろうなと思う。
ただ、この「ウエブ雑誌」を広告費メインで運営するという発想では、たぶん現状から脱することはできないだろうとも思う。
それでうまく行くなら、すでに成功例があるはずだから。

個人的には、成功のヒントは「ほぼ日」にあるような気がしている。
あそこはざっくり言えば、ウェブ上の優良コンテンツでユーザを集めて、自分のところのオリジナルグッズを販売して収益を上げ運営している。
言うなれば、広告費メインで運営するサイトが他社の物販を手伝うためにせっせとコンテンツを揃えるのに対して、「ほぼ日」は自分のところの物販のためにせっせとコンテンツを揃えている。
ウェブ上のコンテンツがオリジナルグッズになったり、オリジナルグッズの製作販売がウェブ上のコンテンツになったり。
とにかく、その仕組みは、上手く回っている限りにおいて、めちゃくちゃ効率がいい。
「広告費を集めるためのコンテンツ」という発想より、レベルが一段も二段も上だ。

逆に言えば、それくらい思い切ったことをしないと、ウェブ雑誌的な空間を商業ベースに乗せるのは難しいのではないかと思う。
[PR]
by kude104 | 2008-01-10 22:59 | PC&ネット