世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:はてな ( 5 ) タグの人気記事

日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (1/3) - ITmedia News
Web、はてな、将棋への思い 梅田望夫さんに聞く(後編) (1/3) - ITmedia News

梅田さんにしてみれば、正直もう「『ウェブ進化論』のことはええやろ」という気分じゃないでしょうか。
未だに、なにかにつけて「ウェブ進化論」についての発言を求められる様は、正直気の毒にさえ感じます。
これはもう、呪縛と言っていいかもしれないね。

つくづく思うのは、梅田さんはやっぱりコンサルタントなんだなぁということ。
これがプログラマーであったり、起業家もしくは企業家であれば、「俺が実現させてやる!」ということになるのだろうけど。
コンサルタントだから。
分析して、それに基づいた助言をするところまでがコンサルタントの役割で。
実行するは企業家の仕事だから。
実現しなくてもしょうがないよね、残念だけど──といった感じを受けます。

別に梅田さんのそうした態度というか性質を非難したいのではなく。
本来コンサルタントであるはずの梅田さんに、間違って先導者的なイメージを抱かせてしまったところに『ウェブ進化論』の呪縛があるのではないかと思うのです。

おそらく。
いつも仕事で使っているであろうクライアントを扇動するときに使うコンサルタントのテクニックを、図らずも、不特定多数の大衆に向けて使ってしまったためではないだろうか、と。
クライアントという特定の個人に対してならば、扇動は直接届くので、行動の主体はクライアントとして発動するけれど。
不特定多数の場合はそうはいかなくて。
中に迷える子羊が交じっていたりすると、「この人についていけば自分は救われるに違いない」という具合に、扇動じゃなくて救済の言葉として発動しちゃうケースがある。
行動の主体が、聞き手じゃなく、扇動者自身として発動してしまうケースが。
大衆を扇動して革命を起こさせようと思っていたら、みんな自分の後ろに並んでいた──みたいな。

「はてな」の取締役になられたのも、そうした誤解に拍車をかけているように思います。

梅田さんとしては、あくまでコンサルタントとして「はてな」に身を置いていらっしゃるのでしょう。
もし梅田さんが「はてな」の運営に実効的な影響力を発揮していらっしゃるのであれば、「はてなが日本のウェブを良くします」といった発言になるであろうと思うのです。
「時間はかかるけれど、いずれかならず良くしてみせます」と。
でも、そうじゃない。
梅田さんはたぶんアドバイザー的なポジションで、「はてな」の具体的な舵とりにはかかわっていらっしゃらないのではないかと思います。

でも、外からはそうは見えませんよね。
『ウェブ進化論』を書いて、「はてな」の取締役になったら、そりゃ「梅田さんが導いてくれる」と思う人がいても不思議はない。

そいうひとたちが梅田さんの背中に張り付いている間は、梅田さんは『ウェブ進化論』の呪縛から逃れられないのだろうなぁと思う次第です。
[PR]
by kude104 | 2009-06-03 23:30 | PC&ネット
はてなの近藤社長はシリコンバレーでどんな問題に直面したのか? - 分裂勘違い君劇場

「はてな京都帰還」に対する言説の中で、一番エッジが効いてると思う。
これ、ものすごく強烈な「皮肉」「ほめ殺し」だと思うんだけど、最後の一文がなんだか煙幕になっちゃってるのかな?


はてなの話はさておき。
ぼくがこのエントリーで「なるほど」と思ったのは、

『たとえ日本のはてなが大成功しても、はてなの社員は自己資本を手にすることはできない。自己資本がないということは、「自分のビジネス」を立ち上げるのが難しいということだ』

という部分。
これはなにも「はてな」に限ったことではなくて、要するに

『ベンチャーが成功するとき、たくさんのストックオプション長者が生まれるということは、多くの人間が自己資本を手にするということだ。自己資本を手にした社員たちは、こんどは「自分の」ビジネスを創業したり、エンジェルとして別のベンチャープロジェクトを育てるだろう。そうして、次々に新しいビジネスが花咲いていく、という生態系がシリコンバレーなのだ』

という視点は、これまでのぼくにはなかったなぁ。

「いい企業」というものを、「そこから多くの起業家を輩出している企業」と捉える視点は、とてもいいんじゃないかな。
「多くの起業家を輩出する企業」とはどんな企業であるかと考えれば、社員に充分な報酬を与える企業であり、社員をスキル面や精神面で成長させる企業であり、なにより、その企業の活動内容が社員に「自分も起業したい」と思わせるくらい「善」なるものであると言えるんじゃないだろうか。

いくら企業として儲けていても、社員をいわゆる「飼い殺し」にしている企業は尊敬できない。
人材が巣立つのではなく、辞めていく企業も同様だ。

「この起業家(によって興された企業)を輩出した企業」の系図を作ると面白そう。
それを見れば、一発で「いい企業」が分かるんじゃないかな。
逆に、まるで起業家を輩出できていない企業も一目瞭然だし。

そうして、「優秀な起業家を輩出すること」が企業の重要なステータスになれば、企業はせっせと優秀な起業家を輩出しようと努めるだろうから、日本にもどんどん優れた起業家が生まれ、彼ら/彼女らが優れた企業を作り、そこからまた優れた起業家が生まれ、優れた企業が生まれるという具合に、正のスパイラルで爆発的に日本の社会は活性化するんじゃないだろうか。

「へんな会社」でアピールする時代から、「起業家を輩出する会社」でアピールする時代へ。
はてなにもぜひそうなって欲しい。
[PR]
by kude104 | 2008-02-27 23:59 | PC&ネット

その行動、まさにはてな

米国から京都へ はてな近藤社長の真意は (1/2) - ITmedia News

はてなユーザではないぼくにとっては、はてなの動向にさほど関心はないのですが、「京都よ、私は帰ってきた!」みたいなノリはちょっと面白い。
生まれも育ちも関西なんで、関西がにぎわうのは嬉しい。

ただ、はてながGoogleみたいになれないのは、ひとつにはこのへんの「ビジネスにシビアじゃない」ところだろうな。
なんというか、サークル活動はどこまで行ってもサークル活動のレベルを超えない、というか。
上のインタビュー記事を読んでいると、はてなという会社は、社長である近藤さんの目と手の届く範囲が成長限界点になっちゃうんだろうなという印象を受ける。
ま、はてな的にはそれでいいんだろうけど。
はてなから「へんな会社」の魅力を取ると、可もなく不可もなくって感じになっちゃうもんね。

せっかくだから、なにかもう全く新しい、ものすごくインパクトのあるサービスを作り出してほしいな。
世界初で、その登場以前と以後とでネットライフが大きく変わっちゃうくらいのやつを。
アメリカにあるのを日本に持ってきましたとか、マッシュアップですとか、それはそれで悪くないんだけど、あんまりわくわくしないから。

「今年、1~2種類の新サービスを投入する計画」ってことなので、そこで真価が問われましょう。
[PR]
by kude104 | 2008-02-22 23:02 | PC&ネット

はてなスターは輝くか?

はてなダイアリー日記 - ブログをいっそう楽しくする「はてなスター」をリリースしました

なんか賛否両論盛り上がってますね。
はてなにしては珍しくというか、思いのほか否が多くてちょっと面白いです。
対岸の火事的。

ざっと見たところ、ブログにマイミク機能を付加しましょう、といった感じでしょうか。
“はてなSNS”はこういうアプローチで来たかと、ちょっと興味深いところです。
オープンスペースにクローズドなコミュニケーションを被せてきたか、と。

はてなブックマークがイナゴの発生源になっているとかいないとかいう状況を問題視したはてなの、これが回答かと思うと、ちょっとがっかり感がないでもない。
結局はてなもクローズドへ向かうんだ、みたいな。
そうして、たぶん、はてなスターもマイミク日記的やりとりの場になっちゃうんじゃないかな。

あと、付けられる☆の数を無制限とすることで☆の数の意味を無効化しようという目論見だろうけど、なんとなくどっちつかずな印象を受けるね。
「エントリーが面白ければ☆を付ける。その数は☆を付ける人間のテンションに比例する」という要素は否応なくあるので、「☆の数が内容の質を表す」色が完全には消えない。
さりとて、内容の良し悪しを☆の数で判断するには使えない。
どうにも中途半端で、もっと別のアプローチの仕方があったんじゃないかという気がしてしまいます。

なんとなく、はてなユーザ以外にはほとんど使われない気がするので、これでまた「はてな」が島宇宙化していくことになるのではないかと、そんな印象がしています。
とはいえこれは第一印象ですので、実際に使ってみるとすごくいい!みたいなことになって、新しいブログの形、コミュニケーションの形を作り出すことになるかも知れません。
そうなってほしい気持ち半分、たぶんダメだろうという気持ち半分。
いずれにしても、どうなるかちょっとわくわくしますね。
はてなユーザならざる我が身には、まだまだ他人事であります。
[PR]
by kude104 | 2007-07-13 22:20 | PC&ネット
はてなって会社てきに大変そうだよな

ぼくははてなユーザではないので、単なる個人的な印象論でしかないけれど。

Webサービスとかって、思いついて作るまでが楽しいんですよね。
中の人が創造的であればある程。
作り終えたあと、リリースしてしばらくの間はまだ楽しいけど、でも、そのサービスが定着してだんだんと「日常」になっていくにつれて、中の人にとって創造的な刺激と興味は薄れていき、後に残るのは、ただただ永遠に続くと思われる保守管理作業とマイナーバージョンアップのみ――みたいな。

上記エントリーで参照されているおれはおまえのパパじゃない - ここ一年二年、はてなに対して思ったことで『一般的なWEBサービスというものの成り立ちは、そのほとんどがギークによる「これやったら面白くね?」みたいなカジュアルなノリによって支えられてきたとは思う』とあります。
ぼくもそう思います。
そして、多くのギークは新たなサービスをバーンと作り出すのは得意だけど、そのあと、それを地道にコツコツと運営し続け、地道にコツコツと磨き上げ・拡大させていくのは苦手というか、そういうところに興味が向かないのではないかという印象があります。

そして、はてなという企業自体に、そういう傾向があるんじゃないかという気がします。
社長さんがアメリカ行っちゃったのも、それを象徴しているんじゃないかな。

上記エントリーにも『自分の目には思想が具現化できないんじゃなく気軽に具現化してしまったものの世話に手一杯で首がわまらなくなっているように見える』とありますが、まさに同感で、「これやったら面白くね?」だけで次から次へとサービスをリリースしたばっかりに、それらが徐々にはてなの中で不良債権化しているのではないか。

本当なら、新しくサービスをリリースしたら新しく人を雇ってそちらに運営作業を割り振るのが正しいと思うのですが、はてなのリリースするサービスはそれほど収益がないように見えるので、新しく人を雇うわけにはいかないのでしょう。
となると、新しくサービスをリリースするたびに既存のリソースがそちらに回されることになるので、だんだんと消耗していくことになる。

――と、勝手に想像するわけですが、本当のところはどうか知らないというか、そもそも、はてなが昔と今と変わったかどうかすらぼくにはよく分かりません。
ぼくははてなユーザではないので。

ただ、もしはてなに上記エントリーのようなことが起きているのだとしたら、それはたぶん、はてながあまりにもギークだからじゃないかと思った次第です。
もしそうなら、はてなの各サービスがばらばらなのも、思想が迷走しているのも、「ギークだから」ということで説明がつく。
はてなという企業全体として思想性と戦略性をもって各サービスをリリースしているのではなくて、各サービス単体での「これやったら面白くね?」という興味と思想性でリリースしているからじゃないかと。

対して、たとえばGoogleの場合は、「すべての情報をインデックス化する」みたいなところで一本芯が通るので強いのではないかという気がします。
[PR]
by kude104 | 2007-03-09 23:23 | PC&ネット