世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:お笑い ( 5 ) タグの人気記事

バナナマン日村がマジ切れ、「俺は傷ついている」という悲痛な叫び - 無農薬有機お笑いブログ
バナナマンのラジオの件について、自分なりに考察する。 - 無農薬有機お笑いブログ

「お笑い」と「いじめ」の関係はよく言われることだけど。
ぼくとしては、結局、「笑わせるのはいいけど、笑われるのはイヤだ」というところに尽きるのではないかなぁと思う。
まぁこれにしたって、「ここまでが笑わせる」「ここからは笑われる」と区別できはしないのだけど。
最終的には、本人の気持ち次第ということになるね。

上記の日村さんの例で言えば、事前にこういうのをやりますよという打ち合わせがあれば、気持ち的には「よーし、それをネタに笑わせてやる」という姿勢で臨めるのだろう。
でも、いきなり不意打ちのようにネタにされては、ただ笑われるだけになってしまう、と。

ここで、もし瞬発的な対応能力の持ち主であれば、不意打ちのネタに対しても瞬時に「それをネタに笑わせてやる」という姿勢に持っていけるのだろう。
でも、日村さんは、ちょっとそういうタイプではないように思う。
反射的なリアクションで笑いをとるタイプじゃなさそうに見えるので。

それをもって、日村さんの能力不足であるとか芸人としての姿勢を責めるのは酷だ。
バナナマンといえば、基本コントだよね。
日村さんの能力が、仮にコントに特化したものだとしてもそれでいいし、日村さんが「俺はコントがやりたくて芸人になったんだ。だから、こういう笑われ役はイヤだ」と思っていたとしても、それはそれでプロの心構えだと思える。

また、「それをラジオで言うのはどうか?」「(笑いとして)面白くない」といった意見も、たぶん当てはまらないんじゃないかと思う。
ぼくは聴いていないから知らないけど、この番組はこういう回もありな番組なんじゃないかな、たぶん。
これがテレビの普通のお笑い番組での出来事であったら、「放送事故」だと思うけど。

むしろ、一緒に仕事している人たちは、そうした日村さんの性格やら能力やらを理解して番組作りをするべきなんじゃないだろうか。
日村さんの「叫び」も、「俺を理解してよ!」という叫びだろう。
一回こっきりの仕事相手がしたことなら、たぶん黙ってビンタされたに違いない。

バナナマンと言えば、深夜にやっている「バナナ炎」は好きで観ているのだけど、あれなんか「いじめ」はなくたって「笑い」は作れるといういい例だと思うけどな。
ホームグラウンドの番組で無理に日村さんの嫌がることやらなくても、バナナマンの笑いはあんな感じでいいんじゃないかと思う。
[PR]
by kude104 | 2009-12-14 23:26

R-1ぐらんぷりの採点方法

で、今日のR-1ぐらんぷり2009 決勝ですが...... - splash!!

たしかに。
観ていておもしろかったですが、それは個々のネタの面白さであり、コンテスト的な面白さはあまりなかった気がします。
「ぐらんぷり」というひらがな表記からも見てとれるように、あまり仰々しいコンテストにする気はない、ということなのでしょうけど。

上記エントリーでも書かれていますが、採点をきちんと行おうと思ったら、「全組のネタを見てから各審査員がまとめて採点する」のが一番です。
ネタの良し悪しを100点満点の「絶対評価」で採点できるのであれば、順次採点を行う方式でも問題ないですが、そんなことは不可能でしょう。
お笑いの採点はどうしたって相対評価にならざるを得ない。
で、相対評価を100点満点で順次採点するなんてことは、本来無理な話です。

でも、「番組として起伏があって続きが気になるように見せるためには、やっぱり1組ずつ点数を発表したほうがいい」という縛りで考えるのであれば。
100点満点で採点するという方法をやめてはどうだろう。

ひと組ずつネタを披露し、その都度審査員が採点し、結果を発表するというスタイルはそのままで。
ただし、審査員の採点のし方を変えます。
100点満点で採点するのではなく、審査員それぞれが現時点でのネタの順位を自分なりに付けます。
これなら、各審査員は自分の審査基準にしたがって、現時点での相対評価で正しく評価することができます。
で、1位は何点2位は何点と点数を決めておいて、各審査員の順位による点数を足し合わせて、その合計得点で全体の順位を決めます。

この方法だと、現時点での最高得点はあくまでも現時点での暫定得点であり、後でより面白いネタが出てくれば、その都度順位が入れ替わり、点数も変動します。
100点満点での採点方式だと後から点数を付け直すことはできませんが、順位での採点ならその都度順位を付け直すことが可能ですので、順次採点方式にはうってつけだと思います。

また、この方法だと、各審査員のネタの評価順位が一目瞭然になるので、そちらも見ていて面白いんじゃないでしょうか。
「この審査員はこっちのネタのほうが好きなのか」といったことが丸分かりで。
[PR]
by kude104 | 2009-02-18 19:25 | テレビ
「スポーツの得意なお笑い芸人」ってけっこう多いような気がする。
「高校時代は○○で全国大会に出場」なんて経歴を持つ人とかね。
いやまぁ、他と比べて多いかどうかは知らないけど、なんとなく目につくなぁという程度には多い気がする。

試しに「なぜだろう」と考えてみたのですが、まず、スポーツの得意な人は小学生のころからスポーツが得意だろうと思う。
で、小学生のころの男子というのは、だいたいにおいて、スポーツができる子がクラスの人気者になりがちです。
目立つからね。
そうして、小さいころからクラスの人気者として成長することで、自然とアクティブな性格が身につき、他人の注目を集めるポジションへの志向性が強まるのではないだろうか。

次に、スポーツの得意な人というのは、概ね裏返しで勉強の不得意な人が多いでしょう。
そうすると、大学に進学して一流企業に就職して・・・という人生設計はなかなか思い描けないのではないかと思う。
高校の部活を引退するとき、このままスポーツで身を立てるか、それとも勉強して大学に進学するか・・・と考えたとき、どちらもてっぺんまで行けそうにないやという人は、「お笑いなら」という気持ちになるのではないかな。

そして、スポーツの得意な人というのは、概ね体育会系のノリに対する耐性が強いと思う。
芸能界というのは上下関係が厳しいというし、お笑い芸人というのはバラエティ番組なんかで無茶苦茶やらされたりする。
そういう世界って体育会系のノリに対する耐性が弱いとしんどいんじゃないかな。
なので、いわゆる“ひ弱”な人は脱落していき、体育会系のノリに強くて根性もある“スポーツマン”タイプが生き残っていくのではないかと思う。
[PR]
by kude104 | 2008-01-08 22:57
MellowMoon - 外山恒一氏政見放送・テキスト起こし

やばい。
これをピックアップするのは社会人としてなんか躊躇われるんだけど、それ以上に話題にせずにはいられないくらい面白すぎる。
お笑い芸人? 彼はお笑い芸人なの?ってくらい、面白い。

まず、初めのナレーションからして面白い。
「いまどき 政治犯として 2年投獄され」の一文にある、「いまどき」って表現が面白すぎる。
たしかに「いまどき政治犯て」って思うけど、いや、それは別にいいじゃないか。
なにそのちょっと「時代おくれ」的なニュアンス。

そして外山さんの政見放送が始まるわけですが、いやあすごい。
名言のオンパレードですよ。

「政治改革だとか何とか改革だとか、 私はそんなことには一切興味がない!」
「多数決で決めれば、多数派が勝つに決まってるじゃないか!」
「少数派の諸君!これを機会に、 政府転覆の恐ろしい陰謀を、共に進めていこうではないか!」
「勿論、選挙権のない未成年の諸君や、 東京都以外の諸君でもかまわない!
我々少数派には、選挙なんか元々全然関係ないんだから! 」
「私が当選したら、 奴らはビビる!! 私もビビる!!」
「どうせ選挙じゃ何も変わらないんだよ!!」

ここまでズバッと言われると、実に清々しいですね。
しかも、政見放送で。

これ絶対ねらってやっているよなぁ。
突っ込みどころを意図的に盛り込んで、こんなふうにブログでネタされることを計算してやっているような気がする。
たとえば、「私が当選したら、 奴らはビビる!! 私もビビる!!」 とか、間違いなくお笑いの文法だもん。
どう考えても「笑わしたろ」って意図があるとしか思えないよね。
もし喋っているのがダウンタウンの松っちゃんだったら、絶対マニアックなお笑いDVDの一話だと思っちゃうって。
それくらい、よく出来た政見放送のパロディギャグになっていると思う。

それにしても、この政見放送が政見放送としてきちんと放送される日本というのは、まだまだ捨てたもんじゃないなと変に感心してしまいます。
きちんと手続きにのっとったら、きちんと保護される。
てことは、立候補したらなんでもありか?
政見放送で迷い犬の呼びかけとか恋人募集とかしてもOKなのか?

政治活動家としてはもう全くダメダメだけど、面白い人としてはありだと思う。
毎回選挙のたびに活躍する芸人として、ぜひこれからもがんばっていただきたいと思います。
[PR]
by kude104 | 2007-03-25 22:09
たけくまメモ : ザ・たっちの何が面白いのか

ザ・たっちの”人気”はなんとなく分かる気がするけど、ぼく個人としてさほど面白く思わないという点で同感です。

お笑い芸人の才能には、大きく分けて、ネタとフリートークの2種類あると考えていいでしょう。
あ、リアクション芸を別にして、3種類にしたほうがいいかな。
ともかく、ザ・たっちのネタの才能――「物まねネタが面白い」とか――は、ぼく自身が見たことがないのと、今回のたけくまさんの感想はテレビでのなんというんでしょう、アドリブ的なフリートークでの才能についてだろうと思いますので、そちらに絞って話を進めます。

で、まずは「ちょっと、ちょっとちょっと」という一発ギャグが面白くないという感想なんですが、ぼくも同感です。
でも、それはなにもザ・たっちに限ったことではなく、そもそも「面白い一発ギャグ」なんてあったかしらと思う次第です。
なんでもいいですけど、吉本新喜劇の各種ギャグにしても、往年の著名なギャグにしても、面白いですかね。
ギャグ単体で見た場合に、です。

一発ギャグの面白さって、子供の感覚での面白さレベルだと思うのです。
なので、基本的には子供に受ける一発ギャグが「面白いギャグ」という認識でいいのではないかと考えます。
「ちょっと、ちょっとちょっと」にしても、ぼくにはまるで笑えませんけど、でも他の流行りもしない一発ギャグと比べれば、たしかにキャッチーだと思います。

なにしろ、耳に残る。
真似しやすい。
流行る一発ギャグの条件って、要するに、それを見た人が日常生活で思わず真似して使っちゃうことだと思います。
それを言う、やるのが感覚的に気持ちいい。
そして、それを使う場面が分かりやすい。
その点で、「ちょっと、ちょっとちょっと」は、たしかに優れているように思います。

で。
まぁ、「ちょっと、ちょっとちょっと」はギャグとして「たしかに流行るわな」でいいとして、ではザ・たっちのフリートークの才能はどうやねんと。
たいして面白くないじゃないかと。

これに関しても、テレビに出ているタレント(お笑い芸人以外も含めて)の8割はたいして面白いことを言っているわけではない、という理解でよろしいのではないかと思います。
つまり、ザ・たっちだけが例外ではないのだと。

とりあえず、普通レベル、可もなく不可もなくというレベルのコメントができれば、あとは他の要素が加算されて、トータルとしてのタレントの「面白さ」になるのだと思います。
歌がそれなりでも、ルックスでCDが売れるアイドル、みたいな。
歌手としてみるとそれはどうやねんということですが、トータルの商品価値というかエンタテインメント性という観点で見れば、そいういうのも有りだろうと思います。
ですから、さして面白いことを言わないのにバラエティ番組に引っ張りだこな芸人がいることは、そう不思議なことではない。

では、ザ・たっちのコメント以外の加算ポイントは何かというと、ひとつにはたけくまさんも書かれているように、コロコロしたヌイグルミが声を合わせて動いているカワイさでしょう。
そしてもうひとつが、やっぱり「ちょっと、ちょっとちょっと」などの持ちギャグだと思います。

ザ・たっちが「ちょっと、ちょっとちょっと」と言ってみんなが笑う。
その様を見ていてぼくが感じるのは、なんというか、水戸黄門の印籠のカタルシスのようなものがそこにあるのかなということです。
お約束の面白さ、みたいな。
「言うんだろうな言うんだろうな・・・ほら、やっぱり言った!」と嬉しくなる感じ。

あるいは、俳優さんでも、たとえばその俳優さんが演じた役柄の有名なセリフを言うとお客さんが喜ぶ、みたいなのってありますよね。
「あ、あたしこれ知ってる!」とか、「本物を生で見られた!」とか、そういう面白さもあるのかもしれません。

加えて言えば、ある種の「記号性」のようなものも、あるのかもしれないと感じます。
「ちょっと、ちょっとちょっと」というギャグは面白い、という記号になっている、というか。
どこで笑っていいか分からない人も安心です、「ちょっと、ちょっとちょっと」が出たら笑っていいんですよ、みたいな。
これは「お約束の面白さ」を通り越した「お約束の世界」ですな。
もしこれがけっこう大きなウエイトを占めているとすると、お寒い状況ですねと嘆きのひとつも言いたくなりますが。

とまぁ、そういった要素がいろいろ絡み合って、テレビ芸人としてのザ・たっちの「面白さ」を作っているのかなぁと、ぼくなりに解釈しています。
[PR]
by kude104 | 2007-02-14 23:59 | テレビ