世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

不快なCM

「金麦のCMが女性に嫌われている理由」 ネットで議論に - にゅーす特報。

ぼくもあのCMの女性いいなーと思っちゃうんだけど、女性から見たらムカツクものなのか。
ぼくが思うに、女性からしたら「幸せそうな表情」がムカツクんじゃなくて、「男に見られて嬉しい」という女の表情が、「男に媚を売るヤラシイ女!」ってな感じの不快感を刺激するんじゃないかと思う。

作り手側としては、このCMを見た世の奥さま方が「私も今日は可愛い奥さんしちゃうぞ」てな感じになって、金麦買っちゃうぞ!みたいな?
ないない。
そんなウブなヨメ、いないっての。
世の奥さま方にウケるCMは、ダンナがせっせと金麦で節約して、ヨメが浮いたお金でホテルでディナーみたいなやつだろうにさ。

不快なCMで言えば、ぼくはモバゲーのほうがひどいと思うんだけど。
時任三郎や柳沢慎吾らが出演しているドラマ仕立てのやつ。

http://rokumusai.dtiblog.com/blog-entry-1298.html
↑ これなんか明らかに“不倫”を匂わせる作りになっていると思うのだけど。
バカなおっさんやおばさんに「俺も / 私もモバゲーで大人の出会いがあるかも」みたいな気にさせてユーザー集めよう、みたいな思惑を透かし見てしまって胸くそ悪くんだよね。
そもそもぼく、安易に不倫を扱う輩嫌いだし。
[PR]
by kude104 | 2010-11-30 23:41 | テレビ

iApplist リリース!

今年の始めからぼちぼち開発していたアプリがようやく公開の運びとなりました。
その名も iApplist。
http://www.iapplist.com/

自分がインストールしているiPhoneアプリをユーザー同士で教えあいましょうってアプリです。
iPhoneの同期やバックアップをしているiTunesのあるパソコンにインストールして使います。

Adobe AIRで作ってありますので、WindowsでもMacでもご使用頂けると思いますが、ぼくがWindowsXPユーザーですので、それ以外の環境では動作チェックしていません、すみません。
たぶん問題なく使えると思うんですけど。

iPhoneユーザーの方は、もしよければダウンロードして使ってみて頂けると助かります。
なにぶん一人では動作チェックもままなりませんので。
もし何かお気づきのことなどあれば、このブログでもなんでもお知らせ頂けると嬉しいです。
完成度的にはまだまだなので、皆さんの反応を頼りに改良していけたらと思っています。

ちなみに、ユーザー検索で kude と検索してもらうと、ぼくの使っているiPhoneアプリをご覧いただけますよ。
[PR]
by kude104 | 2010-11-29 22:27 | PC&ネット
努力すればなんとかなると思っているキミへ

なんかハイテンションで読みづらい文章だけど、要するにまぁ、「努力したって無駄。今を楽しめ」ってことが言いたいのだろう。
「努力すれば夢は叶う」って言いたがるひとと同じだけ、こーゆーこと言いたがるひと、いるよねー。

「今を楽しむ」を本気で実行するなら、宵越しの銭など不要なわけで。
明日のことなど考えず、持てるお金は今日すべて使ってしまえ。
そうして今日を精一杯楽しんで、明日飢え死にするなら本望だろう。
それができないなら、そりゃ嘘なんじゃない?
自分ができないことを他人にアジテートするのはよろしくない。
(いや、ほんとに宵越しの銭を持たない生き方してるなら天晴だけど)

「努力すれば夢は必ず叶う」ってのも、「努力しても夢は叶わない」ってのも、目くそ鼻くそ。
五十歩百歩。
表裏一体の嘘だね。
正しくは、面白くも何とも無いけど、「努力して叶う夢もあれば、叶わない夢もある」ってだけ。

努力したって叶わない夢に向かって努力するのはたしかに馬鹿だけど、努力すれば叶う夢を努力しないで諦めるのも馬鹿に違いない。
つまりなにが馬鹿かって、努力すれば叶うか叶わないか、その見極めができない人を馬鹿という。

配られたカードでは絶対にロイヤルストレートフラッシュなどできないのに、やろうとするのは馬鹿だ。
でも、配られたカードでどうにかできる役を考え勝とうと努力するのは馬鹿じゃない。
結果的に役ができずに負けてしまったとしても、それすなわち馬鹿ということにはならない。

未来は不確定(あるいは未知)なのだから、役ができるかできないかも不確定だ。
ならば人間にできることは、役ができるほうに賭けるか(賭けるならいくら賭けるか)、降りるか、その決断でしかない。
勝算の見積もりと、どの程度の勝算があればいくら賭けるか、その判断の良し悪しが頭の善し悪しと言えるだろう。
なんでもかんでも勝負するギャンブラーと、なんでもかんでも降りるギャンブラーは、等しく馬鹿だ。

だいたい、なんでみんなそんなに無駄なことを嫌うのだろう。
無駄というなら、生命というもの自体が壮大な無駄じゃないか。
どうせ人は100年くらいで死んじゃうし、人類だっていずれは絶滅するだろうに。
ほんのいっとき楽しいからって、それに何の意味がある?って気持ちにはならないのだろうか。
あるいは無駄な人生だと思うから、せめてうたかた楽しい気分でいたいのだろうか。
[PR]
by kude104 | 2010-11-23 19:16
テレビで広州アジア大会を観ていてひとつ気になるのは、選手の”名前”です。

日本人の場合は、一般的な英語表記の要領で、名が前で姓が後になっています。
でも、中国人や韓国人なんかは、母国での表記の通りに、姓が前で名が後になっているようです。
それを見ていると、日本人も同じように、姓を前、名を後にすればいいのになーと思うんですよね。

名前の表記まで欧米のルールに合わせるようなスタイルは、もう古いんじゃないか。
今の時代は、それぞれの国がそれぞれの国の文化で国際社会に出ればいいんじゃないか、と。
自分たちは普段「姓 名」なので国際社会でもそれで行きますという方が、ぼくには自然体で好ましく思えます。

大会では、姓を大文字、名を小文字(Taro YAMADA)のように表記していて、これだと姓と名が分かりやすくていいなーと思いました。
これに「姓 名」のスタイルを加えて、これからぼくは YAMADA Taro のように表記しようと思います。

もうひとつ気になるのは、日本人のアナウンサーや解説者などが、中国人(韓国人もかな?)の名前を漢字読みすることです。
「王」さんのことを「ワン」さんじゃなくて「おう」さんと呼ぶんだりする。
画面上にはアルファベット表記で「WANG」と表記されているんだから、そのように発音すればいいのに。
本来は漢字表記で、その漢字は日本語ではこう呼ぶからって、人の名前を勝手に「翻訳」するのはどうだろう。
日本人の山田さんが「マウンテン ライス フィールド」って呼ばれるようなもんじゃない?

海外では自分たちの名前を「名 姓」にして、国内では中国人の名前を日本語読みする。
まさに、郷に入らば郷に従えだね。
[PR]
by kude104 | 2010-11-22 17:28 | テレビ