世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0巻

「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」を観てきました。
観に行ったのは月曜日なんだけど、平日なのに超満員だったのには驚いた。
やっぱり、みんな来場者プレゼントの『0巻』目当てなのね。
かく言うぼくもそう。
「ま、無くなることはないだろう」と余裕こいていたけど、この様子だと絶対とは言い切れない感じだね。
とりあえず、無事にゲットできて良かったです。

今回は漫画原作者の尾田栄一郎さんが自らストーリーを書き下ろし、製作総指揮も担当したということで、かなり期待して行きました。
主題歌もミスチルだしね。
なにこの力の入れようは、みたいな。

結論から言うと、ま、期待しすぎた感はある。
言ってもやっぱり、『ジャンプ漫画の劇場版』だなぁ。
ティーンエイジャー向けな感は否めない。
というか、そもそも元からティーンエイジャー向けの映画に、「おっさんが何期待してんだよ」という話なので、間違っているのはぼくのほうだ。
それでもまぁ、それなりに楽しく最後まで鑑賞できたという点で、「かなり出来がいい」と言って良いのかもしれない。
『0巻』のおまけでこの内容なら、充分満足できる。

もっとも、劇場内の客層としては、ティーンエイジャーよりもう少し上の方々が主流だったけど。
女性客が多かったのがちょっと意外でしたが、上映終了後に、そこかしこで彼女たちの「〇〇(登場キャラクターの名前)がチョーカッコよかったぁ!!」というテンション高めな声が聞こえてきて、なんか納得。
基本的には、ワンピース好きが観て楽しむ映画だろうなぁ。
「ワンピース知らないけど人気だし観てみよう」という人には、ま、特にどうということのない映画かと思います。

ぼくは漫画は読んでいるけどTVアニメなどは観ていないので、今回はじめてワンピースのアニメというものを観たのだけど、漫画ではさほど違和感を覚えないボケ・ツッコミや必殺技の名前を、セリフとして聴くとなんかちょっと恥ずかしいのね。
そこが一番「ティーンエイジャー臭」を感じたところです。

などと否定的なことばかり書いていますが、カッコいいことはカッコいい。
へんてこな生き物たちが暴れまくる感じも迫力あるし、敵のアジトに殴り込みに行くシーンなんかは、男の子のハート鷲掴みですよ。
『ジャンプ漫画の劇場版』の期待値で観にいけば、大満足の一品であることは間違いなかろうと思います。
[PR]
by kude104 | 2009-12-23 16:54 | 映画
バナナマン日村がマジ切れ、「俺は傷ついている」という悲痛な叫び - 無農薬有機お笑いブログ
バナナマンのラジオの件について、自分なりに考察する。 - 無農薬有機お笑いブログ

「お笑い」と「いじめ」の関係はよく言われることだけど。
ぼくとしては、結局、「笑わせるのはいいけど、笑われるのはイヤだ」というところに尽きるのではないかなぁと思う。
まぁこれにしたって、「ここまでが笑わせる」「ここからは笑われる」と区別できはしないのだけど。
最終的には、本人の気持ち次第ということになるね。

上記の日村さんの例で言えば、事前にこういうのをやりますよという打ち合わせがあれば、気持ち的には「よーし、それをネタに笑わせてやる」という姿勢で臨めるのだろう。
でも、いきなり不意打ちのようにネタにされては、ただ笑われるだけになってしまう、と。

ここで、もし瞬発的な対応能力の持ち主であれば、不意打ちのネタに対しても瞬時に「それをネタに笑わせてやる」という姿勢に持っていけるのだろう。
でも、日村さんは、ちょっとそういうタイプではないように思う。
反射的なリアクションで笑いをとるタイプじゃなさそうに見えるので。

それをもって、日村さんの能力不足であるとか芸人としての姿勢を責めるのは酷だ。
バナナマンといえば、基本コントだよね。
日村さんの能力が、仮にコントに特化したものだとしてもそれでいいし、日村さんが「俺はコントがやりたくて芸人になったんだ。だから、こういう笑われ役はイヤだ」と思っていたとしても、それはそれでプロの心構えだと思える。

また、「それをラジオで言うのはどうか?」「(笑いとして)面白くない」といった意見も、たぶん当てはまらないんじゃないかと思う。
ぼくは聴いていないから知らないけど、この番組はこういう回もありな番組なんじゃないかな、たぶん。
これがテレビの普通のお笑い番組での出来事であったら、「放送事故」だと思うけど。

むしろ、一緒に仕事している人たちは、そうした日村さんの性格やら能力やらを理解して番組作りをするべきなんじゃないだろうか。
日村さんの「叫び」も、「俺を理解してよ!」という叫びだろう。
一回こっきりの仕事相手がしたことなら、たぶん黙ってビンタされたに違いない。

バナナマンと言えば、深夜にやっている「バナナ炎」は好きで観ているのだけど、あれなんか「いじめ」はなくたって「笑い」は作れるといういい例だと思うけどな。
ホームグラウンドの番組で無理に日村さんの嫌がることやらなくても、バナナマンの笑いはあんな感じでいいんじゃないかと思う。
[PR]
by kude104 | 2009-12-14 23:26
山陰中央新報 - ゲーム漬けの子どもたち 読書や会話のある生活を

言いようには、たぶん作為的な(あるいは思い込み的な)嘘・大げさ・紛らわしいが含まれているけれども、問題提起としてはわりと真っ当なのかな、と思う。
思うけれど、「ノーテレビ・ノーゲーム」でどうにか出来るとも思えんのだなぁ。

問題の核は、「子供の学習経験をいかに豊かにするか?」というところにあるだろう。
学習経験の元が「ゲームばかり」「メールばかり」になっていては、そりゃ健全な発育は期待できない。
ただ、ここで重要なのは、おそらく「ゲームばかり」「メールばかり」もまた、原因ではなく結果なのだということだろう。

子どもがメディア漬けになるのは、メディアが“ある”からではなく、メディアの他に娯楽なりコミュニケーションが“ない”からメディア漬けになるのだと思う。
だから、ただ「ノーテレビ・ノーゲーム」を実行したところで、大元の原因である“ない“ものがないままなら、意味はない。
まずは、親が子供の相手をするのをさぼって、メディアに任せっきりにしていやしませんか、と。
そこを問うところから始めなきゃならんだろう。
で、「確かに任せっきりにしていたわ」と親が自覚して初めて、「じゃあ、メディアへの依存を減らしてみましょう」というのが意味を持つのだと思う。

それと、テレビやゲームの娯楽性の強さを甘くみてはいけない。
これらは、その道のプロたちが「どうすればもっと夢中にさせられるか」を日々研究して研究して世に送り出している代物だから。
そんなに簡単に「ゲームやケータイより、家族や友だちと外でいっぱい遊んだ方が楽しい!」なんて子どもが言うと思ったら大間違いだ。
娯楽なめんなよ、と。

なので、テレビやゲームに対抗するのではなく、テレビやゲームをコミュニケーションのネタとしてうまく活用することを考えた方がいいだろうと思う。
子どもがゲームが好きなら、一緒にゲームをやってみるのはもとより、一緒にゲームのキャラクターの絵を描いてみたり、「次、どんなゲームを買うか」を一緒に考えたり、ゲームのごっこ遊びをしてみたり、一緒にオリジナルゲームを考えてみたり。
ゲームで遊ぶ時間を制限する一方で、こうした遊びを行うことで、ゲーム好きの子どもの世界を上手に広げてやれるんじゃないだろうか。
相手の好きなことに興味と関心を持つのはコミュニケーションの基本だと思うので、子どもの好きなことに親が興味と関心を持つのは必要なことだと思う。

ま、そうは言っても面倒くさいからね。
お手軽に「ノーテレビ・ノーゲーム」で良しとしちゃうのも、分からないではない。
[PR]
by kude104 | 2009-12-08 17:56 | 時事・社会

ざわざわ・・・

今日は映画サービスデーということで、「カイジ ~人生逆転ゲーム~」を観てきました。
原作の漫画が好きなので、どんなふうになっているか興味深々というか、ほとんど「ネタ」のつもりで行ったのですが、いやあ、予想以上に楽しめました。

これを、原作を知らない人が観ると、どういった感想になるのかは分かりません。
よくありがちな「原作を知らないとストーリーなどが理解できなくて楽しめない」ってことはないと思いますが。
ただ、原作を知っている人間の場合、楽しむポイントが違っちゃうから。
原作が、キャラクターにしろ、セリフにしろ、とにかくインパクトの強い内容なので、映画でそれが再現されていると、それだけで非常に面白く感じてしまうんですよね。
ストーリーの面白さとかは正直どーでもいいというか、そんなところに評価ポイントを置いていない。
だって、原作のストーリーを2時間そこらで完ぺきにやれるはず無いもの。

その点で言えば、カイジ役を演じる藤原竜也さんが、素晴らしかった。
見た目が漫画のカイジと全然違うのでどうかなぁと思っていたのだけど、見事に「ダメ人間」のオーラがひしひし出ていたものね。
班長役の松尾スズキさんなどは、ほんと漫画そのままのイメージで、見ているだけで面白くてしょうがない。
それと、俳優さんは分からないのですが、三好もほんとそっくりで笑っちゃう。
利根川役の香川照之さんも、漫画のイメージとはぜんぜん違いますが、意外と利根川役がハマっていて良かったです。

遠藤役は・・・俳優さんがどうこうというより、原作通り男で良かったんじゃないかなぁ。
なんで女に変えたんだろう。
たしかに遠藤も男だと、男率が異様に高いというか、メインキャラ全員男になるけど。
一人くらい女にしても、焼け石に水でしょ。
「利根川との確執」みたいなものを盛り込むための変更かとは思いますが、ここは「男と女の確執」にするより、「男と男の確執」にしたほうが生々しくて良かったと思うけどな。

いちおう、ストーリー的なものを漫画と照らして語ると、ギャンブルは限定ジャンケン、鉄骨渡り、Eカードの3つ。
これを2時間に収めているので、かなり端折ってます。
限定ジャンケンなんて、漫画だと2時間の勝負だったかな、それが映画だと30分になっているし。
Eカードも漫画だと12戦あるのが、3戦になっているし。
これだけ変えて、あの二転三転の勝負をいったいどう描くの?というところは、興味深々に楽しめました。
そりゃ漫画と比べるとまるでスカスカだけど、でもそれなりに上手くやっていたと思います。
原作ファンとしては初めから3部作構成で、1作でひとつのギャンブルを漫画通りきっちりやって欲しいと思ってしまいますが、映画としてはあれくらいでちょうどいいんだろうなぁ。

この3つのギャンブルの中では、ぼくは鉄骨渡りが一番好きなんですが、映画でもこれが一番の見せ場になっていたように思います。
鉄骨渡りだけは、2時間まるまる鉄骨渡りでも十分成立しそうな気がするなぁ。
他はニヤニヤ笑いながら見ていたけれど、石田さんの「矜持」のところは、映画でも泣きそうになったもんね。

といった感じで。
「カイジ」の映像化を楽しむという視点では大いに楽しめました。
大満足です。
[PR]
by kude104 | 2009-12-01 23:59 | 映画