世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

麓で孤立を嘆くオタク

オタクがオタクのなかで孤立する時代。 - Something Orange

道が整備されて五合目まで登れるようになった――のではなく、そこはたぶん「平地」なんじゃないかという気がする。
せいぜい、「小高い丘」レベルじゃないかな。

オタクの定義はよく分かりませんが、「ライトオタク」とライトを付けてオタクカテゴリーに含めているその人たちは、たぶんオタクじゃないと思う。
オタク文化が好きな人=オタクではないですよね。

普通の人々がオタク文化の五合目まで登ってきているのではなく、オタク文化のすそ野がメインカルチャーに広く薄く広がっていると考えたほうがいいのではないかな。
「ライトオタク」な人々の立ち位置には、さほど変わりはない、と。
普通の人々が「ライトオタク」になって近づいてきてくれているのではなくて、たぶん、そうした人たちと正真正銘の「濃い」オタクな人たちとの距離は、今も昔もさほど変わっていないんじゃないかと思います。

それと、オタクな人たちが普通の人たちの中で孤立するのは、単に頂上を目指しているからという理由ではないだろうと思います。
端的に言うと「コミュ力の欠如」なんだだけど、もう少し具体的に言うなら、頂上から見える素晴らしい景色を麓にいる人たちに語る言葉を持たないからじゃないかと。

ディープでマニアックな話というのは、語る人が上手く語れば、めちゃくちゃ面白い。
マニアックなアニメどころか、誰も興味ないだろうフナムシの話だって、語る人が語ればめちゃくちゃ面白いに違いない。
なのに孤立するということは、やっぱり、話が面白くないからというのに尽きるんじゃないでしょうか。

ここは険しい道のりだから、登って来られる奴だけ登ってくればいい。
頂上から見る景色は登ったやつじゃないと分からないから、登れる者たちだけで、てっぺんで話そう。
って気持ちや態度でいたら、そりゃ孤立するよね。

そうじゃなくて、自分のマニアックな知識で、いかにオタクじゃない聞き手を楽しませられるかを考えればいいと思う。
てっぺんで仲間内にしか語れないなら、麓では「空気読めよ」と。
[PR]
by kude104 | 2009-08-24 23:59
iPhoneには様々な有料アプリがありますが、ぼくの印象としては、少なくともゲームジャンルはすでにレッドオーシャンに突入していますね。
タイトル数が多くて、それゆえに、低価格化競争が激しい。
(やっぱり、プログラマーとしてはゲーム作りたくなりますもんねぇ)
その結果、「え、こんなクオリティのゲームがこの価格で?!」という、買う側からしてみれば大変ありがたいけど、売る側からしてみればものすごいサバイバル状態になっています。

iPhoneという端末をゲーム機として見た場合、アクションゲームらしいアクションゲームにはあまり向かない気がします。
やはり、タッチパネルでは「ボタンを押す」感覚がないので、「アクションに対するリアクション」が体感として気持よく感じられないので。

一方で、パズルゲームとかカードゲームなんかには、非常に適した端末だと思います。
他にも、シミュレーションゲームとかADVとかRPGとか――要するに、非アクション系のゲームなら、iPhoneは携帯ゲーム機として十分戦える。
しかも、ソフトは115円とか230円とか、だいたい数百円のレベルで買えちゃうんだから。
DSとかPSPにとっては、不気味な存在だろうなぁと思います。

DSやPSPのソフトメーカーとしては、iPhoneでその値段でゲームを売られたらたまったもんじゃないだろうなぁと思います。
そっちでその値段で売られたら、こっちが売れないじゃないか、と。
でも、さりとて、「じゃあ、うちもiPhoneに参入しよう」と決断するのも難しいところでしょうね。
なんせ、そこはレッドオーシャンですから。
FFやDQクラスのゲームが数千円でリリースされて、それで売れれば空気ががらりと変わるでしょうけど。
今のところは、数多の低価格ソフトがひしめく消耗戦な印象です。

方向性としては、アイテム課金とか月額課金のオンラインゲームであれば、iPhoneでも既存のノウハウで商売やりやすいのかなーという気がしますね。
いずれ、「無料のオンラインゲームはiPhoneで」とかって宣伝を目にするようになるんじゃないかな。

続く・・・かどうかは、気分しだい。
[PR]
by kude104 | 2009-08-21 23:13 | PC&ネット
iPhoneのAppStoreをビジネスとして見た場合(たとえば、「よーしぼくもiPhoneアプリを作って大儲けするぞー!」みたいなことを考えた場合)、これをどう評価していいか、まだ判断がつかないですね。

たいていのひとは、初めはまず無料アプリを中心にインストールすると思います。
そこから有料アプリに進む人というのは、いったいどれくらいいるのでしょう。
有料アプリを購入する最初の一歩を踏み出したならば、そこから先は結構財布のひもは緩い感じがするのですが、その最初の一歩が大きな壁として立ちはだかっているような気がします。

手間といえば、クレジットカードかiTunesカードの情報を入力するだけなんですが、この入力は、言わば、本当に有料アプリが必要かどうかをもう一度よく考えるための装置として機能してしまいますから。
あるとないとでは大違いです。
iPhoneも他のケータイのように「通話料と一緒に請求」であればと思わずにはいられません。

Appleもそのへん分かっているんでしょうね。
iPhoneアプリのインストールにはiTunesのアカウントを作る必要があるのですが、これ、普通にアカウントを作ろうとすると、クレジットカードかiTunesカードの情報の入力が必須になっています。
無料アプリだけインストールするから支払い情報の登録は要らないだろうと思っても、必須です。
実は、支払い情報を登録せずにアカウントを作ることはできるのですが、普通にやると「支払い情報は登録しない」という選択肢が隠されているという、いやらしさ。
Apple、なかなか悪よのぅ。

海外だと、みんなけっこう普通にすんなりクレジットカードを使っちゃうのかもしれませんが、日本じゃそうでもないですよね。
特に、子どもはまず使えない。
日本のケータイアプリって、イメージとしては中高生がけっこうメインターゲット層になっていそうな気がするのですが、日本で有料のiPhoneアプリを売ろうと思ったら、基本クレジットカードを持ってる社会人をメインターゲット層に据えて考えないといけないんじゃないかと思います。

続く。
[PR]
by kude104 | 2009-08-17 23:46 | PC&ネット
iPhoneを実際に使ってみて、一番初めに感動するのは、Googleマップじゃないでしょうか。
詳細な地図はもとより、ボタン一発で自分の現在位置を確認でき、東西南北向いている方向まで分かっちゃうんだから。
これで目的地を検索して経路を調べれば、あとは迷うことなどあり得ない。
ぼくはけっこう方向音痴なので、これは非常に助かります。

これと電車の乗り換え案内と、あとは天気予報と。
これだけのためにiPhone買っても損はない、と言いたくなるくらいに便利です。
とくにiPhone入手後さっそく旅行などしましたので、その便利さを痛感しました。
もう、これなしで知らない土地は歩けないかも。

Webサイトも、ケータイサイトではなく、普通のPC用のサイトが普通に見られますし(Flashは表示されませんけど)、通信速度が遅くてイライラすることもありません。
利用料金も定額制ですし。
ぼくが以前に持っていたケータイでは、インターネットへの接続は意識的にというか、「よし、接続するぞ」という感じで行っていましたが、iPhoneになってからは、PCと同じように無意識に接続しています。
この感覚の違いが、ぼくにとってはかなり大きな変化ですね。
いつでもどこでも、意識せず当たり前にインターネットを利用できるようになって、ぼくもようやく「インターネットを持ち歩く」感覚を手に入れたというか。

なので、ぼくにとってのiPhoneは携帯電話というよりも「情報端末」ですね。
電話もできる情報端末。
外出時には、もはや必須の便利さです。

次回は、アプリの話などを。
[PR]
by kude104 | 2009-08-10 19:01 | PC&ネット

iPhone使いになりました

1週間くらい前にiPhoneユーザになりまして。
iPhone 3GS。
なので今日は、現時点での感想などを書いてみようと思います。

iPhoneの何がすごいって、一番すごいのは、やはりそのブランドイメージじゃないでしょうか。
iPhoneを手に入れて、初めて箱を開けるそのときから、すでにもうワクワクしてるのね。
箱の時点でもう、スペシャル感を醸し出しているんですよ。
それを、ワクワクドキドキしながらそおっと蓋を開けて、iPhone本体が目に飛び込んできたときの「うわぁ」という感じ。
大人になると、なにか新しいものを手に入れたときの喜びというものをあまり感じなくなるものですが、iPhoneにはそれがありました。

正直、このあと実際にiPhoneを手に取って操作すると、慣れない操作系にけっこう戸惑いました。
これでもしiPhoneのブランドイメージがさほどでなければ、「なんだ、けっこう使いにくいな」というマイナスイメージが勝る結果となったかもしれません。
でも、第一印象が非常に好意的なところから始まっていますから。
操作系の戸惑いも、未知なるものを探求するワクワク感に思えてしまう。
持っていても、なんだか誇らしい気分になりますしね。
このブランドイメージこそが、iPhoneと他のケータイ電話との決定的な違いだろうと思います。

次に。
指で画面にタッチすることによる操作系については、今のところ、非常にスマートだけど絶賛するほど使いやすいわけではないな、という印象です。
これまでずっとボタン式の操作方法に慣れているので、やはりその感覚の違いに戸惑います。

特に、タッチしようとする場所が指で隠れて視認しずらいというのが、この手の操作系の難点じゃないかと思います。
慣れるとそれほど苦労しなくなるのですが、そうなるまでは「ボタンのほうが入力しやすい」という感想になりますね。
また、慣れた後でも、たくさんの文字を素早く入力したいときなどは、ボタン式のほうが優れているように思います。

その代わり、タッチパネルだと、なによりもまずボタンを廃することで画面を広く取れるという利点があります。
これは携帯デバイスで大きなアドバンテージでしょう。
そしてやはり、スクロールや拡大縮小などの操作は、タッチ式のほうが使いやすい。
また、ゼロから使い方を習得するケースを考えても、タッチ式のほうが取っつきやすく習得は楽だろうと思います。

ということで、ケータイでメールをガンガン打つようなひとは、たぶん従来のボタン式のほうが使いやすいのではないかと思います。
一方、動画や写真やウェブの鑑賞が主であるなら、タッチ式が使いやすいように思います。
個人的には、もうひと工夫すれば、タッチ式はもっと使いやすくなるような気がするんだけどなぁ。

ということで、次回に続く。
[PR]
by kude104 | 2009-08-08 16:31 | PC&ネット

サマーウォーズ

さて、先日の映画サービスデーの話でも。
今回観たのは「サマーウォーズ」です。
いやー、とても面白かったですよ。

なんというか、「ザ・エンターテインメント」と言うか。
設定や展開やキャラクターなどなど、どれも「新鮮」と言うよりは正直「ありがち」ではあります。

デジタル上の仮想世界という設定も「ありがち」だし、それが乗っ取られる展開も「ありがち」だし、後半の「世界の危機」も「ありがち」だし。
「ザ・日本の田舎」とでもいうべき風景も「ありがち」だし、都会の核家族な少年と田舎の大家族的な話も「ありがち」だし。
うぶな主人公がほのかな恋心を寄せる女の子に振り回されるシチュエーションも「ありがち」だし。
まぁ、8割方「ありがち」なお話だとは思う。

でも、「ありがち」な要素をきちんと組み合わせれば、それはやはり面白いということですよ。
面白い要素だから「ありがち」なんだもん。
これを変な自意識で「ありがち」を回避しようとしていたら、たぶん、駄作になっちゃってたろうと思う。
自信を持って気持よく「ありがち」なお話を作った監督さん以下は、だからさすがだと思います。

この映画、仮想世界と現実との対比がメリハリ効いてて面白いですね。
デジタルなほうでは、アニメチックでポップな映像。
そこをアバター(仮想世界のキャラクター)がびゅんびゅん飛びまわり、格闘ゲームさながらのアクションシーンでスピーディに映画を盛り上げます。
現実のほうでは、やはり日本人の琴線に触れる絵にかいたような(絵だけど)自然の風景。
そこで青春の甘酸っぱい恋心とか、大家族のドタバタがコミカルに映画を盛り上げます。
「ありがち」だけど、でも、それをここまで効果的に描くのはやはり見事です。

特にぼくはネットに片足突っ込んでいるような人間ですから、仮想世界の映像見ながら「今度作るアプリに、あんなデザインのUI(ユーザインターフェース)できねーかなー」とか考えてわくわくしてました。
やはり、プログラマーの考えるデザインと、デザイナーの考えるデザインとはまるで違っているので面白いですね。

とまぁ、そんな感じで。
ターゲット層は、中高生の友だち同士とかカップルとか、そのあたりでしょうか。
そのへんであれば、好き嫌いが分かれるようなことはなく、まず間違いなくみんなで「面白かったねー」と言いながら劇場を後にできる映画だろうと思います。
そういう映画って、ありそうで無いんですよね。
まさに、夏休みにうってつけの映画だと思います。
[PR]
by kude104 | 2009-08-03 16:58 | 映画