世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

デジタルネイティブは日本でも生まれるのか?:NBonline(日経ビジネス オンライン)

ネットがもたらす「デジタルネイティブ化」に日本は取り残されるのではないかと懸念する声もあるけど、ぼくはけっこう楽観的に考えています。

まず言語の問題だけど、いずれ翻訳技術の向上によってカバーされるだろうと楽観視しています。
翻訳機の性能向上と合わせて、どのように話せば機械でも上手く翻訳されるかという、話し手側のノウハウも確立されていくだろうと考えています。
実際の外国人との会話でも、「片言の単語を並べただけでも案外通じてしまった」というように、意思の疎通レベルにおいては、きれいな文章であるとか高度な表現であるとかは必要ないわけで。
「ワタシ、スキ、アナタ」みたいな会話でコミュニケーションすればいいんじゃないかと思います。

英語でなきゃダメだとか、英語じゃなきゃダメだというのは、おそらく、オールドタイプの発想だろうという気がするのですね。
デジタルネイティブたちにとっては、「相手の年齢や所属肩書にこだわらない」ということの延長で、「相手の使用言語にもこだわらない」のではないかと思います。
いまはまだ技術的にもそこまで達していないし、そもそも英語スピーカーが多いのでその必要もないですが、いずれ非英語スピーカーが増えてきたときに彼らがどうするかを想像すると、おそらく、なんの躊躇もなく翻訳機を使って相手の言語で気軽に話しかけるのではないかと思います。

匿名実名の問題にしても、たしかにデジタルネイティブは現実の出会いとネットでの出会いを区別しないけど、でも、だから「日本人もネットで実名を使うべきだ」という発想はオールドタイプな気がします。
ネット上で実名で活動できるということと、ネット上で使うハンドルネーム(ブログネームとか)のまま現実でも活動できるということは、デジタルネイティブにとって同じことでしょう。
つまり、実名か匿名かが重要なのではなく、ネットと現実とを分けないことが重要なのです。
極端に言えば、相手が本名じゃなくハンドルネームでも平気で契約できちゃう感性がデジタルネイティブなんだろうと思います。
日本でも、オフ会でもハンドルネームで呼び合うとか普通にありますよね。
なので、放っておいても、次の世代などはそのへんもっと抵抗なくなっているんじゃないかと思います。

日本がデジタルネイティブ化に乗り遅れるとしたら、それは「積極性」の有無によるところだろうとぼくは思います。
とにかくやってみよう、話しかけてみよう、という積極性。
これがあれば、言語の壁や匿名実名の問題など、取るに足らないことではないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2008-11-27 22:08 | PC&ネット
ぼくが開発に関わりました無料の年賀状作成ソフト『プリントマジック』が本日リリースされました。

いやー、なんか怖い。
注目度高いと、なんか怖い。

不具合は発生していないか。
「なにこの低機能(プッ」とバカにされていないか。
不安でドキドキしてしまいます。

振り返れば、プロトタイプを作り始めたのが9月くらいなので、3か月程度でリリースにこぎつけた感じですね。
うむ、そう考えると、それなりに頑張った気がする。
正直、作りながら仕様が決まっていく感じだったし、「とりあえずサンプルとして作っておこう」とした部分がそのまま本機能として残っていたりと、作った当人からすればわりと行き当たりばったりでここまできた感があって、それが少々「ああ、テキトーですいません」という気持ちにさせる。

その一方で、それなりに使えるものに仕上がっているだろうという自負のようなものもあります。
市販の年賀状作成ソフトに比べたら、やはり低機能ですが、低機能だけにシンプルで直感的に分かりやすい使い勝手にできたんじゃないかと思います。
「この部分は、あれよりもうちのほうが絶対使いやすい!」みたいな気持もあったりなかったりしますからねー。

ちなみに、作る上で一番苦労したのは、はがきに宛先と差出人をレイアウトするところです。
入力された項目(たとえば会社名や役職名があるかないか、連名があるかないか・・・など)に応じて自動的にレイアウトを調整する処理が面倒くさかったです。
ほかには、縦書きの処理なんかも面倒でしたねぇ。

とりあえずリリースは出来ましたが、構想から言えばまだまだ全然完成じゃないんで、これから先もたゆまぬバージョンアップが続きます。
ここがスタート地点で、この先どんどん使い勝手が良くなっていくと思いますので、どうぞご期待ください。

もし興味があったら、ぜひ一度お試しください。
それで、ご意見ご要望バグ報告などなどお寄せいただければ嬉しいです。
[PR]
by kude104 | 2008-11-25 21:27 | PC&ネット

Rの刻印

講談社出版、ふじじろやまと著の「Rの刻印」にいま挑戦しています。

文庫本なのですが、これすなわち、「読者参加型犯人当てミステリー」なのですよ。
推理小説で「読者への挑戦状」というのは稀にありますが、ほとんどは解決編は巻末に袋とじになっている程度でしょう。

こいつの徹底しているところは、現時点で解決編に当たるものが出版されていないという点。
読者は、出題編に当たる本書を読んで犯人を推理し、その推理を出版社に郵送で送ります。
すると、来年1月15日の締め切りののち、解決編が応募者に郵送されてくるという仕組みです。
もちろん、最も優秀な解答をした者には、豪華賞品(エジプトナイルクルーズツアー)が当たります。
きょうび、ここまで本気で「読者への挑戦状」を叩きつけてくるやつも、なかなかないでしょ?

ぼくは、こういう遊びは大好きです。
よくぞやってくれたと、その心意気を大いに讃えたい。
そうそう何度も行われないであろうこんな楽しいイベント、参加しない手はないじゃないですか。
安楽椅子探偵ではいつも不覚をとっていますが、今度こそはと意気込んでいるのですが・・・。
ははははは、サッパリわからない!

まぁ、まだ1ヶ月半ほどありますからね。
じっくり解いてみようと思います。
鉛筆とメモ帳片手にページをめくって暗号を推理するなど、なかなか楽しい体験です。

見た目はメタボ、頭脳は老化、じっちゃんの名と掛けまして~。
[PR]
by kude104 | 2008-11-23 18:29 |
日本の議員達に言う 間違った歴史認識(村山談話)で日本の国民や国家を代表して欲しくない|デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

「俺は悪くない、世間が悪い。世間がよってたかって俺を貧困に追い込んだんだ。
 追い詰められたら、人間生きるために多少無茶なことはしちゃうでしょ。
 無茶って言っても、たかだか隣の家に乗り込んだだけじゃん。
 それだって、ちゃんと当人の同意を得たよ。
 そりゃ、なかなかウンと言わないから2,3発殴ったけど。
 みんなで協力して貧困に立ち向かおうという俺の崇高な理念を、理解しないあいつらが悪い。
 黙って俺の言うこと気いて資源と人員差し出せば、俺が豊かな暮らしを恵んでやろうってのに。
 反抗するから、しつけのつもりで多少殺したり犯したりもしたけれど、そんなことは俺の功績からすれば微々たるもんだろ。
 感謝されこそすれ、責められるのは納得いかん。
 だいたい、そんなことは他の奴らもやってたじゃん。
 なんで俺だけ責められなアカンわけ?」
みたいな。

歴史にはもちろんさまざまな見方や解釈があるのだけれど、基本的に、歴史は勝者が作るものです。
敗者は正義を語れない。
その覚悟がないんだったら、戦争なんかするなって話です。
戦争に負けるというのは、そういうことだろ。

たとえば、「日本」を「北朝鮮」に置き換えてみますか?
もし北朝鮮がこの先戦争をして負ければ、彼らはきっとこういうでしょう。

> 戦争前、北朝鮮は経済制裁を加えられていたのではなかったのですか?
> 資源も原料も無い北朝鮮は外に出て行くしかなかったのではないですか?
> 一か八か、北朝鮮の存続の為の問題ではなかったのですか?
> 自衛自存ではなかったのですか?

ほらね、そんなもんですよ。

たとえどのような事情があろうと、どのような正義があろうと、負け戦をしてしまった時点でダメだとぼくは考えます。
一か八かの戦争をせざるを得ない状況にまで追い込まれた時点で、ダメなんですよ。
それは「しょうがなかった」んじゃない。
もっと前の段階で、来るべき「しょうがない」状況を回避できなかったのが悪い。
だいたい、日本の戦前の政治なり軍事を見りゃ、恥ずかしくて「誇り、誇り」などと言えないって。

過去の敗北を「俺、悪くないもん!」と主張するのが誇れる行為だとは、ぼくは思わない。
むしろ、たとえどのような悪評を投げかけられようとも、ぐっと歯を食いしばって黙って耐えるほうが美しい。
もちろん、何でもかんでも「はいはい、おっしゃる通りです、私めがすべて悪うございます」などとへいこらするのも違うよ。
筋は通しつつも、悪評は甘んじて受ける。言い訳などしない。

そうして、今度こそ、本当に周りの国々を幸せにするように頑張る。
そうすれば、その姿を見た周りの国々から、日本を再評価する声が上がってくるわけですよ。
「先の大戦では、確かに日本は酷いこともしたけれど、良いこともした」と。
評価を変えるというのは、自分から声高に主張するのではなく、周りからそうした声が上がるのを待つのがいい。
そうした声が上がるように、尊敬され愛される日本になれるよう一生懸命努力するのがいいと思います。

国の威信であったり誇りと言うものは、そういうふうに作るもんだと思います。
[PR]
by kude104 | 2008-11-20 19:00
ブログを書けるロボット「ネットタンサーウェブ」:ニュース - CNET Japan

商品は商品としてそれはそれで面白いと思いますが、真っ先に感じたことは、「やはり、人はそれを『ブログ』と呼ぶのか」と。

主にケータイブログで主流の、写メに一言メッセージを添えた短い日記のそれと、主にPCブログで主流の時事ネタや趣味や専門トピックを語るテキスト主体のそれとを、同じ『ブログ』と呼ぶことに多少の違和感を感じるのです。

ツールとしての『ブログ』という括りでとらえるか、表現スタイルとしての『ブログ』という括りでとらえるかの違いだろうけど。
ぼくとしては、保守的ではありますが、やはり本来的なテキスト主体のブログを『ブログ』と呼び、ケータイブログはそれとは区別したい気分です。
どちらが上下ということではなくて、別メディアとして明確に区別しておいたほうが混乱がなくていいだろうと思うものですから。

たとえば、ケータイブログ──というか、写真をメインに一言メッセージを添えた短い日記形式のブログを『写メログ』と呼ぶのはどうでしょう。
ググってみたら、単語としてもそれなりに使われているようですし。
意味的には、「写メール」じゃなくても、「写真+メッセージ」ログってことで。


で、冒頭に戻って、「写メログを書けるロボット」が登場したと。
それはそれで、面白そうだな、と。
実際にロボットが投降した写メログを見てみると、テキストの味気なさで、さすがにまだロボットが書いたものだと一目瞭然です。
このへんはテレビゲームで培われたノウハウなどを応用すれば、たぶん今後ぐんぐん人間っぽくなっていくだろうと思います。

で、いつの日か、写メログの人気アクセスランキングなどで、人間の書いた写メログを押さえてロボットの書いた写メログが上位に名前を連ね出したりして。
「ロボットに書かせたほうがおもしれーじゃん」みたいなことになったりしてね。
[PR]
by kude104 | 2008-11-19 23:59 | PC&ネット
ささやかな楽しみ:美人とブスの周りの対応、反応の違い - livedoor Blog(ブログ)

ほんとにこんな露骨に差別されるものなの?
ぼくのこれまで人生では、あまり見聞きしたことないけどなぁ。

個人的には、そりゃ「恋人候補を探す」場合などでは相手の見た目も大きな要素となるけど、日常生活の一期一会やクラスメイトや仕事仲間などに対しては、べつに見た目などどーでもいいと思うのだけど。
よしんば気にするとしても、それを口や態度に出したりしないでしょ。
どんだけ民度低いねんと。

友だちに見た目の良さなど求めないように、普通、人付き合いに見た目の良さなど求めないでしょと思うのだけど、そうした人たちは

1)友だちであろうと見た目の良し悪しで選ぶ。
2)異性との人付き合いに、常にラブハンティング的な意識がある。

のいずれかなのだろうか。
ちょっと想像できない。

想像できないので、すべてとは言わないけれどいくつかは「単なる被害妄想なのでは?」という気もする。
たとえば、拒否される理由が、見た目ではなく態度であるとか他の何がしかにあるというケースも、あるのではないかな。
なのに、「私は見た目が悪いからだ」と、言うなればそこで思考停止をしてしまって本当の理由に気付こうとしないケースもありそうな気がする。

なんというか、現実をどのように解釈するかに、その人の心が現れるというか。
容姿に対するコンプレックスが彼/彼女の中に「見た目至上主義」的な価値観を作り上げ、それを通して世の中を見るから、多くの事柄が「世間は見た目で差別する」というふうに見えてしまうのではないかな。

もちろん、世間には見た目で差別する人もいるだろう。
見た目のいい人が得をするのも事実だろう。
でも、それはもうしょうがないじゃない。
自分の見た目が残念なことも、しょうがないじゃない。
「しょうがない」って割り切ってしまえば、世界はもっと違ったふうに見えるような気がする。

たとえば、もし見た目で差別されたところで、「こいつ人間としてダメだ」と思えばいいじゃない。
考えようによっては、残念な見た目も、他人の人間性を図るリトマス試験紙として使えるじゃない。
そうして他人を観察していけば、きっと、見た目でどうのこうの判断しない人もけっこうたくさんいるじゃないかと分かるんじゃないかな。

ぼくは世界をそのように見ているのだけど、甘いのかな。
[PR]
by kude104 | 2008-11-15 18:34
NHKスペシャル|デジタルネイティブ ~次代を変える若者たち~

昨日の再放送で観ました。
なかなかおもしろかったです。

まず自分との感覚の違いを一番強く感じたのは、彼らはインターネット上に平気で素顔をさらすのね、というところ。
ぼくがインターネットを始めた頃は、「ネット上に個人情報をさらすなんて危険極まりない」と教えられてきたようなところがあって、ぼく自身、そうした感覚が染みついているのだけど、彼らはそうじゃないらしい。
「デジタルネイティブ」の特徴として、「現実とネットを区別しない」そうだけど、まさにその感覚なのだろう。
「家から外出するのに、別に普通に素顔をさらしているでしょ? それと同じですよ」みたいな。

そしてもうひとつ、非常に行動的であるところにも驚かされた。
性格的に行動的であるということも、もちろんあるのだろうけど、インターネット上なら「ワンクリックで行動できる」点が、彼らの行動力を加速させているように思う。

日常の延長線上で、素顔の自分のまま、クリックひとつで世界中の見知らぬ誰かとコミュニケーションをとることができる人たち。
それは確かに、ぼくにはない驚嘆すべき特性だと感じました。

日本のインターネットだと、まだ匿名でのコミュニケーションが主流だけど、その辺はどうなるのかなぁ。
いずれ、やがて日本でも、「デジタルネイティブ」たちが実名で活動し始め、それが当たり前になっていくのだろうか。


ぼくも、「デジタルネイティブ」になるのはやはりちょっと無理としても、彼らの軽やかさは見習いたいものだと考え、とりあえず Twitter など初めてみました。 → これ
まだよく感じがつかめていませんけどね。
Twitter やっていらっしゃる方は、なにかコンタクトくれると嬉しいです。
[PR]
by kude104 | 2008-11-13 18:20 | テレビ
NHK朝ドラ 視聴率だんだん低迷 関心薄れ脚本力も低下?(産経新聞) - Yahoo!ニュース

NHKの言い分
『BS2、ハイビジョンなど週6枠で放送しているため、視聴者が分散している』

テレビドラマに詳しい映画評論家の樋口尚文さんのコメント
『女性の社会進出で、主婦を中心に家族で朝ドラを見る生活習慣がなくなった。毎朝見続けるのは難しいと最初から見ない人も増え、ワイドショーなどに流れている』

日本大学の中町綾子准教授(放送脚本論)のコメント
『「筆力のある脚本家がついた作品は数字も伸ばしている」と作品の質に原因があるとみる。例えば落語家へ挑戦するヒロインの奮闘を描いた「ちりとてちん」は視聴率こそ伸び悩んだが

で、これらのコメントを受けて、記事の要約
『原因として、多チャンネル化による視聴者の分散や生活習慣の変化だけでなく、脚本の質の低下を指摘する声もある』


まあ、見事に「脚本の質の低下を指摘する声もある」って言いたかっただけやろという記事。
本当にそう言ったのか、編集されたか知らないが、中町さんのコメントが自己矛盾しているのが笑える。

そもそも、視聴率調査自体が、今の時代、本当に有用なの?という気がしないでもない。
NHKの場合は、べつにビデオリサーチに頼らなくても、独自に「視聴者満足度」みたいな数字を調査すればいいんじゃないだろうかと思う。
たしか、受信料の徴収に際して、客ごとに固有の顧客番号かなにか割り振ってたよね。
それ使ってネットやケータイなどでアンケートとればいいんじゃないかな。
そうすれば、「視聴率落ちてますね」と言われても、「あ、うちの独自調査では好調ですから」って言えるじゃない。
[PR]
by kude104 | 2008-11-09 23:59 | テレビ

自衛隊員の誇り

asahi.com(朝日新聞社):海自教育資料に「敗戦後、賤民意識のとりこ」防衛相陳謝 - 社会

人は誰しも、自分の仕事に「誇り」を持ちたいと思うものなのではないかと思う。
その点では、自衛隊員というのは、かなり抑圧されているような気がする。

良くて必要悪のように思われ、悪くすれば悪そのものとして責められ、無駄なものと思われたり、恐れられたり、邪険に扱われたり、違憲か合憲かすらあやふやで、なのに、国際貢献だ災害救助だと過酷な任務を負わされ、いざ有事となれば命懸けな仕事なのに、世間的には全く感謝も尊敬もされない。
そりゃ、「誇り」の発露が屈折するするのも当然だよな、という気はする。

きっと、「現在自分たちが正しく評価されないのは、過去に原因がある」というところから、じゃあ、自分たちを正しく評価してもらうためには、なんとかして過去の「誤解」を解かなければという方向に思考が走っちゃうんだろうと思う。
「先の大戦は間違いだったけど、その反省の上に今はよく頑張っている」と評価してあげれば、たぶん、こういう動きはそうそう出てこないんじゃないかな。

ニュートラルな存在があるとして、それを評価・尊敬して接するのと、忌み嫌って接するのと、どちらがダークサイドに落ちていくかなんて明白だ。
自衛隊を正しく健全な存在にしたいなら、彼らをもっときちんと評価してあげないとダメだと思う。
日のあたる存在にしてあげないと。

それができないなら、自衛隊は無くすべきだろう。
忌み嫌いながら、仕事だけやらせるというのは良くないよね。
[PR]
by kude104 | 2008-11-07 17:53
ケータイ小説選定に賛否 滋賀県教委の中高生向け読書ガイド(京都新聞) - Yahoo!ニュース

ケータイ小説をきちんと読んだことはないのだけど、先入観としては、ケータイ小説から一般小説へのステップアップってあまり期待できないように思うのだけどどうなんだろう。
ケータイ小説って、「小説」とはいえ、一般小説よりもむしろケータイメールに近い気がするんだよね。
だったら、絵本のほうが、意外と小説へのステップアップの道筋としては近い気がするなぁ。
大人向けのおしゃれな絵本を薦めておけば、いいんじゃないだろうか。

それはそれとして。
たとえばぼくが、これまで読書に興味のなかった子どもに薦める一冊を選ぶとしたら。
こんなのはどうだろうね、「小説 となりのトトロ」

まず、「となりのトトロ」と言えば、たいてい誰もがアニメで観て知っているだろう。
しかも、たいていの子どもが好きな作品じゃないかと思う。
その「トトロ」の小説版ですよ、と。
しかも、小説版には映画版にはないエピソードなども描かれているんですよと言えば、どうだろう、普段まったく本を読まない子どもでも、ちょっと読んでみたいって思ってもらえるんじゃないだろうか。

しかもこの小説、対象年齢はたぶん小学校中学年くらいだろうか。
つまり、文章が平易で読みやすい。
これなら読書が苦手な子どもでも、まぁどうにか読めるんじゃないだろうか。

で、ここが重要なんだけど、アニメ版を観て小説版を読むことで、同じ作品でもアニメにはアニメの、小説には小説の良さや表現があるということを感じてもらえるんじゃないかと。
読書の楽しさを知るには小説というものの楽しさを知るのが一番で、それにはこういう比較が一番わかりやすいのではないかと思う。

これで「トトロの小説面白かった」となれば、お次は「魔女の宅急便」にでも進んで、そうやっているうちに気がつけば読書そのものが好きになっているんじゃないかな。

まったく取っ掛かりのないところから読書を薦めようとしても難しい。
なので、すでに子どもが好きなこと、興味のあることに関連したところから攻めるのがいいと思う。
たとえば、子どもはたいていゲームが好きだから、なにかRPGの小説版でもいいし、あるいは小説にこだらわずにゲームの製作ドキュメンタリー的な本なんかでもいいよね。

ま、思春期の男の子なら、エロ小説与えとけば、貪るように読むけどね。
[PR]
by kude104 | 2008-11-06 22:41 |