世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

没落エリートの出現―ビジネス社会から疎外される高学歴就職難民たちー - 女。京大生の日記。

なんか一部でえらく盛り上がってみるみたいなので、ひと通り読んでみた。

「高学歴なのに就職できない人が少なからずいる」ことについて、社会的な構造の変化から捉えようという上記エントリーに対して、「個人の問題です」という反応が多々見られて首をかしげる。
いや、何事も究極的には個人の問題に帰着するなんてことは、当たり前じゃないかと。
それと同様に、何事にも社会的な側面が影響を及ぼすことも、当たり前じゃないかと。
で、今回は「社会的な側面から考えてみましょう」という話であると、ぼくには読めるのだけど。
それに対して、「個人の問題です」と反論しても、なんというか、ずれてるよね。
あと、「エリート」というフレーズに引っ張られすぎなのもどうかと思う。

まぁ、ブログなんてものは議論の場というより、他人様のエントリーを枕に自分の言いたいことを言う場なので、それでいいのだけど。
上記エントリーにしても、べつに議論する気で書かれているわけじゃないだろうし。

ただ、どうも社会制度やシステムの話をしているときに、個人の問題として片付けようとする反応がネットでは多く見かける気がする。
なんだろう、やはり、ネットは個人的な空間だからだろうか。
問題を克服するために、「個人が頑張ればいい」というのは、正直、論としてつまらないというか身も蓋もなくて面白くない。
「平均よりちょっとダメなやつでも、このシステムに乗っければそれなりに上手くいく」というシステムを考えようというほうが、テーマとして面白いよね。

個人的には、「高学歴就職難民」という現象は、かつてと比べて、求人数の減少、高学歴者の増加、企業が必要とする人材の変化といった要因で語ることが出来るのではないかと思う。

まず、求人数が増えれば、高学歴低学歴関係なく、就職難民が減るので問題解決だ。
次に、学歴が「○○大学の○○学科をこの成績で卒業していれば、この分野でこれくらいの知識と能力を期待してよい」という保証になれば、高学歴ほど就職に有利かと思う。
もちろん、その専門性を求める企業への就職に対しては、ということだけど。
要は、実力の伴わない「名ばかり学歴者」を排除し、学歴を「ラベル付け」として再び機能させましょうということだ。

また、「時代が求める人材の育成」という任を学校に求めるのであれば、教育の内容を時代に合わせて柔軟に変更していく必要があるだろう。
個人的には、何でもかんでも学校に押し付けるのはどうかと思うので、ビジネススクールのようなものを充実させればいいのではないかと思う。
受験のために進学塾に通うように、就職のためにビジネススクールに通えばいいんじゃないかな。

ま、蓋を開けてみると、「高学歴就職難民」なんて実はいなくて、いまもバリバリの学歴社会でしたというオチだったりして。
[PR]
by kude104 | 2008-07-31 18:15 | PC&ネット
さて、7月も残りあとわずかということで、次の映画サービスデーに観る映画の選定でも。

とりあえず今回は「崖の上のポニョ」で決まりかと。
面白い面白くないはともかく、話題として観ておかねば――という気持ちにさせる映画ってのも、そうそうないよね。
さすがのジブリブランド。

ただ、言っても夏休み真っ只中の映画サービスデーです。
おそらく人多すぎて観られないんじゃないかと。
なので、「ポニョ」は観られないこと前提で、他の作品を選んでおこう。

カンフー映画好きには、ジャッキー・チェンとジェット・リーの夢の競演が実現した「ドラゴン・キングダム」が気になります。
でも、たぶん見どころは「それだけ」なんじゃないか・・・という不安を覚えることも事実。
とはいえ、真のカンフー映画好きなら「それだけ」を観に行ってこそ、という気もする。
うーん、悩ましい。

内容の良し悪し(の期待度)で客観的に選ぶなら、「クライマーズ・ハイ」でしょうね。
素材的に、余程のことがなければ、まぁつまらなくなり様がないでしょ。

「インクレディブル・ハルク」も、実は意外とけっこう面白いんじゃないかという気がします。
「スパイダーマン」以降、アメコミヒーローものの完成度というか“大人の鑑賞に堪える度”って、ぐっと上がったような気がしますよね。
ハリウッド映画らしい映画をみたい場合は、悪くないチョイスじゃないかな。

ちょっと隠れた気になる作品的位置づけとして、「チェブラーシカ」も気になるところです。
キャラクターとしては知っていますが、アニメーションは見たことがないので。
でもまぁ、これはDVDで観ても良いような気もするけどなー。
[PR]
by kude104 | 2008-07-28 23:34 | 映画
エホバの証人と、いわゆる二世と、背教者と。

『人間が人間を支配してもうまくいかんから
 人間の支配権は神に戻し、神が支配する世界で人類繁栄しよーぜっていうことになっている』

ということは、「神の支配なしでも、人間は幸せに暮らしていける」と証明されればサタンの勝ちなのだから、ぼくがサタンなら、せっせと人間を助ける。
もし、この世の災いや悪や不幸がサタンの仕業だとしたら、サタンって馬鹿なのね。
神の正しさの証明に自ら協力してどうする。

人間が神の支配からの独立を宣言して数千年かな。
ぼくの目には、まだ完全からは程遠いけれど、でも少しずつ世の中はより良いものになっているように映ります。
だって、数百年~数千年前と今の時代を比べたら、だんぜん今の時代のほうがましでしょ。
「人間は神の支配なしでは幸せになれない」と決めつけるのは、まだ早いのではないか。
聖書は失敗すること前提だからね、そこは気に入らないな。
だって、失敗することが前提なら、この世の中を少しでもより良いものにしようとすることが、無意味になってしまうじゃないか。
無駄な努力をせず、とっとと諦めて神にすがったほうが賢いということになる。

もし仮に力及ばず人類が滅んでしまったとしても、やっぱり人間は神の支配なしには幸せになれないのだとしても、それでもいい。
神の支配を拒否して挑んだ人間の精神や好し、と僕なんかは思ってしまいます。
「我がしもべになれば、永遠の命と幸福を与えよう」と言われたとき、Yesと答えるか、Noと答えるか。
ぼくは、Noと答えるやつを応援する。

神様だってさ、べつに自分の支配のもとじゃなくたって、人類が幸福であればそれで嬉しく思ってくれるんじゃないかなぁ。
「俺の支配下じゃないなら、失敗しろ」なんてセコイこと思わんでしょ。
ぼくなら、むしろ、「よくやった。さすが我が創造物」と誉めてあげるけどね。
聖書にも、「神様は人間を信頼して自治を任せてくださったのです。だから頑張ってより良い世の中を作りましょう」って書くけどね。

いずれにしても、信者さんもそうでない人も背教者も、みんな幸せになれるといいね。
[PR]
by kude104 | 2008-07-24 22:28

ならば再試験だ

「解雇」根拠は何? 大分・不正採用教員 : 教員汚職 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大分の教員採用試験を巡る汚職事件の話。
不正な手段で合格した教員全員の採用取り消しを大分県教委が決定したそうですけど、「不正」に「無茶」を重ね、混乱に混乱を重ねようとしているように思える。

不正に採用された教師だって、いまさら取り消されたって困るよね。
たとえば、親が勝手に不正を依頼して、子供たる教師本人はそのことを知らずにいた可能性だってあるんじゃないかと思うんだけど。
不正採用の煽りをくらって不採用になってしまった人も不幸だけど、知らずに不正採用になっていた人だって不幸だろうと思う。

「教員試験を通った」というのは多少の自信や誇りであっただろうに、それが“まやかし”だったと知るのはショックだろう。
そのことを自分は知らなかったのに、親や関係者は知っていたというのもキツい。
とんだピエロですよ。
ピエロのくせに、いっぱしの主役気取りで熱く教育語ったりしていようものなら、恥ずかしくて死にたくなるね。
だいたい、不正を頼むってことは「実力じゃ無理」と思われていたわけで、親からそんなふうに思われていたと知るのは、一番ショックかもしれない。
勝手に俺を見切るなと。
・・・まぁ、実際、不正がなきゃ不採用だったとしたら、その見切りは正しいんだけども。

そうしたモヤモヤ、そして教師に対する不信、不満・・・。
それらを幾ばくかでも払拭するには、「全員の採用取り消し」ではなく、もう一回、改めて試験をやればいいんじゃない?
「どうせ、あいつもこいつも不正採用じゃねーの?」という不信を払しょくするために、現役教師全員を対象として。
この試験に合格すれば、入口が不正であれ、現時点での実力に問題はないというお墨付きになるので、生徒や保護者の不信も最低限回復するんじゃないだろうか。
解雇の根拠も、「全員の採用取り消し」よりは理が立つだろうし。
過去の教員試験で不合格になった人も含めて試験をすれば、救済措置にもなるだろうし。
[PR]
by kude104 | 2008-07-17 23:59 | 時事・社会

ジョジョリンピック

ジョジョリンピックPART5

わはは、バカだ!
ちょーバカバカしい。
やっぱり、楽しいバカはいいなー。
世の中、もっと楽しいバカでいっぱいになればいいのに。

NHKの「熱中時間」という番組が好きです。
マニアックな趣味に熱中している人を紹介する番組なのですが、この番組を見ていて毎回驚かされるのは、「こんなマニアックな趣味、世界で愛好者はこの人だけだろう」と思うような趣味でも、たいてい、「日本○○協会」があったり、「全国大会」が開かれていたりすること。
つまりまぁ、それなりの数の“同好の士”がいるんですよね。

そうした様を見ていて思うのは、人間、孤立すれば孤立するほど、反対側を突き抜けて、仲間ができるんじゃないだろうかということ。
えてして、孤立しないように生きている人の方が、孤独感強まっちゃったりしがちですよね。

「類は友を呼ぶ」というか、「好きは友を呼ぶ」というか。
「楽しくてしょうがないんすよ」という様子は、友を呼ぶのね。

でも、「熱中時間」に登場する熱中人には独りもんが多いのは、「ああ、やっぱり」という気持ちになるけど。
[PR]
by kude104 | 2008-07-15 23:02

ぼくはここにいるよ

インターネット時代の「孤独」 - 琥珀色の戯言

『世界』が増えれば、それだけ『孤独』も増えるのだろう。

『孤独の数値化』というのはあれですね。
スカウターがなくてもヤムチャが弱いことは分かるけど、『戦闘力』として数値化されることで、“どれだけ弱いか”が明白になるということですね。

『孤独』の話で、ぼくには思いだす漫画がふたつあって。

ひとつは、ぼくの心のバイブルとも言える『ぼのぼの』。
「理由はないけど寂しくなるときがある」というテーマの回がありまして。
どういうときに寂しくなる?とか、どうして寂しくなるのか?と、ぼのぼのたちは考えます。
「どうして寂しくなるのか?」という問いに、アライグマくんはこう答えます。
「自分はひとりなんだということを思い出すからさ。
 ともだちと楽しく遊んでても、親といっしょにめしを食ったりしてても、
 自分はひとりだっていうことを思い出すからさ」
一方、アナグマくんは、「別にオレ、さびしいとか感じたことがない」と言います。
「だって、みんなひとりだろ」と。

もうひとつは、ここでもたびたび登場する『カイジ』。
鉄骨渡りの回で、人というのは結局孤独なのだと作者は語る。
心は理解されない。誰にも伝わらない。
ひとは理解や愛情を求めて、求めて求めて求め続けて、孤独のまま死んでいくのだと。
でも、と作者は続ける。
どんなに言葉を発したところで、きっと理解してもらえないとしても、それでも言葉を発し続けようと。
なぜなら、確かに伝わるものがひとつだけあるから。
それは、ここにいて、言葉を発している者の存在。
その儚い点滅だけは伝わるから――と。

ブログを書くということも、もしかしたら、「ぼくはここにいるよ」という存在の点滅なのかも知れないね。
それ以上でも、それ以下でもないのかもしれない。
[PR]
by kude104 | 2008-07-12 22:51 | PC&ネット
友人がニコニコ大会議に行って来たの話 ● SPOTWRITE

ニコニコ大会議というイベントが行われたらしくて。
その模様がニコニコ動画で生中継されていて、質問をした参加者の映像にリアルタイムに「ピザ」だの「ハゲ」だのといった中傷コメントが書き込まれて、それが非常に楽しかったというお話。
これに対して、「これはすげえ!」と肯定的に捉える意見と、「どう見てもいじめです」と否定的に捉える意見とが、いまネットを飛び交っている模様。

ぼくはニコニコ動画は見ないし、もちろんニコニコ大会議に参加してもいなければその映像等を見てもいないことを予め断っておいて。

この話を聞いてイメージしたのは、古代ローマの闘技場のようなものでした。
舞台に人を立たせて、その周りを大勢の観客が取り囲み、口々に罵声を浴びせて楽しむという娯楽。
いやがる人間を無理やり舞台に立たせるのは“いじめ”だと思うけど、舞台に立つ人間が納得ずくでやっていることなら、ま、娯楽ですわな。
人間と人間の殺し合いを観戦して楽しむというのも、無理やり殺し合いをさせるのは“いじめ”だと思うけど、お互い納得ずくで殺し合っているなら、娯楽でしょう。
そうした娯楽を悪趣味と思うかどうかは、人それぞれということになろうかと思います。

ぼくは悪趣味だと思うけれど、それってたぶん文化が違うだけなんだと思うのです。
今の文化では、殺し合いを見て楽しむなんて悪趣味だと思う人が大半でしょうけど、逆に、古代ローマの時代なら、殺し合いを見て楽しむのが文化であると考える人が大半だったのではないでしょうか。
ぼくもニコニコ動画の文化圏に暮らしていれば、中傷コメントは文化であると思うに違いない。


このニコニコ大会議の話でぼくがすごいと思うのは、ニコニコ云々は置いておいて、いわゆる“ライブ中継”の仕組みがほぼ完成されつつあるということに対してです。

スポーツにしろコンサートにしろ、まず現地で観戦するというのが原点です。
で、次に、現地に行けない人のために、テレビ中継が発明された。
でも、自宅で一人でテレビを見ていたのではいまひとつ盛り上がれないという人のために、スポーツバーのような場所ができた。
そして今、スポーツバーのようなところに行かなくても、自宅で一人でモニターを見ていても、みんなと一緒になって盛り上がれる仕組みが発明されたわけです。
しかも、自宅で発したコメントが現地に届くわけですから、状況としては、自宅に居ながらスポーツバーを飛び越えて現地で観戦しているのと同じです。
さらに言えば、コメントの届き具合は現地で観戦しているときより強いので、「現地」を飛び越えて、スタンドとフィールドの中間地点くらいにまで達していると言えるかもしれない。

このシステムは別にニコニコ動画と不可分というわけではないのだから、“いじめ”問題とは別個に評価していいんじゃないかと思います。
ニコニコ文化圏に属さない参加者でこのシステムを使えば・・・みたいな感じで。
ニコニコ以外での効果的な運用方法が発見・確立されれば、観戦や鑑賞のスタイルを大きく広げる可能性があるんじゃないでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2008-07-09 18:55 | PC&ネット

present from you

BUMP OF CHICKENの「present from you」を購入。
発売されているの知らなかったんで、知ってあわてて買っちゃった。
今月、緊縮財政なのにマッタク。

今回のアルバムはシングルのカップリング集ということで、シングルを買わない主義のぼくとしては嬉しい一枚です。
やはりカップリング集だけあって、どの曲もいわゆるA面曲ほど磨きあげられていない感じで、全体として素朴というか穏やかというか、そういった印象を受ける。

まず一曲目が「ラフ・メイカー」ってのがいいね。
再生していきなり前奏もなく「涙で濡れた部屋にー」と耳に飛び込んでくるところがいい。
歌詞が特徴的で、曲調もアップテンポでノリが良くて、印象的な一曲です。
曲としては知っていたけど、ようやく所有できて満足。
「どーした? おい、ま、さ、か!」のところが好き。

「Ever lasting lie」は、歌詞の世界のドラマ性が好きな一曲なんですが、(Acoustic Version)になって情感がぐっと強まった気がする。
「愛する人の命に値がついた」
「誰かの胸に腕に身を預けても 心はただ一人を待つ」
ってフレーズが好き。

「真っ赤な空を見ただろうか」も曲としては知っていたけど・・・ってことで、収録されて嬉しい。
ずっといい曲だなーって思ってたもんで。
ストレートな歌詞と、軽妙でテンポのいい曲調とが、聴いていて気持ちいい。
「言葉ばかり必死になって やっと幾つか覚えたのに
 ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは」
「理屈ばかりこねまわして すっかり冷めた胸の奥が
 ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは」
サビのフレーズなんだけど、メロディラインと合わせてぐっと気分が盛り上がる。

そして最後の「プレゼント」って曲。
「THE LIVING DEAD」というアルバムに「Opening」と「Ending」という、アルバムの開幕と終幕を告げるような短い曲があるんだけど、これらをつなげて一曲に仕上げた曲。
(正確には、この曲を分割して「Opening」と「Ending」にしたらしいけど)
これがもうカッコ良くて。
「そう来るか!」みたいな。
聴きなれた「Opening」の曲が終わって、そのあと「世界に誰もいない気がした夜があってー」と新しいフレーズが始まったときのワクワク感というか感動といったらもう!
「ええと、うん
 きっと 今もまだ震えながら 笑おうとして泣いて
 音の無い声で助けを呼ぶ それは 正しい姿」
カッチョイイ~。

隠しトラックと隠しジャケットも、相変わらずバカっぽくて面白くて大好きだ。
アルバム聴いて、一番口ずさんでしまうのは、隠しトラックだったりするもんなー。


普段は慎んでいるけど、布教気分で「プレゼント」にだけYouTubeにリンク貼っちゃおう
すぐに消されちゃうかもしれないけど。
[PR]
by kude104 | 2008-07-06 18:23

炎立つ

以下、ちょっと大量にリンク張りますけど――。

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う 医療機関では粛々と不買運動始まる→看護協会に問い合わせてみました

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その4)「エクアドルのジャングルで日本人がライフルで子ども狩り」という英文配信記事がエクアドルに飛び火 場合によっては在留邦人に生命の危険が

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その5)米軍兵士の性犯罪は毎日新聞英文記事のWaiWaiに触発されたものか? 米軍がこの問題に興味を示しているとの噂

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その6)町内会の回覧板に「毎日新聞英文記事糾弾」ビラが挟まっていました

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その8)医療関係者かく闘えり

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その12)ネットをやらない情報弱者にも確実に奥様たちがビラで情報を伝達しています→追記あり

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その16)日本PTA全国協議会に動き

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その17)文部科学省に毎日新聞が英文で全世界に発信した「少女買春推奨記事」について電話してみました

天漢日乗: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その18)確実に情報は伝わり、怒りの輪も広がる

例の毎日新聞の英語版の件。
人々のリアクションをこうして時系列に追って見ると、「炎上」というより、「炎立つ!」という印象を受けて、なにやらこう・・・びびる。
一企業を相手にした、主に言論での抗議活動という点でまったく違うんだけど、でも、この炎が立って行く様が、「革命って、たぶん、こんなふうにして起きるんだろうな」という気持ちにさせる。

これでもし、毎日新聞が壊滅的な打撃をこうむる結果に終わったりしたら、この一件はたぶん歴史の教科書に載るんじゃないかな。
インターネット時代の「怒れる市民」のはしりとなった出来事として。
まぁ、実際のところ、リアルでどれくらいの炎が立っているのか分かりませんけれども。

いずれにしても、今回の件で改めて感じるのは、ひとの尊厳を面白おかしくネタにするようなことをしてはいけないということ。
性的なことって、たぶんその最たることでしょう。
特に、女性の集団を敵に回すようなことをしてはいけない。
いざというときの行動力は、ほんとすごい。

毎日新聞は、はたして逃げきることができるのか?
[PR]
by kude104 | 2008-07-03 22:20 | 時事・社会

ザ・ミラクルアワー

というわけで、映画観てきました。
「ミラクル7号」「ザ・マジックアワー」の2本。
時間帯にもよるのだろうけど、「ミラクル7号」はわりとガラ空き、「ザ・マジックアワー」はさすがの客入りといった感じでした。

まずは「ミラクル7号」から。
ある程度予想していたけど、思った以上にチャウ・シンチーらしからぬ内容に仕上がっていました。
「ハチャメチャアクション!」「おバカ」「ちょいエグ」といったイメージがあるチャウ・シンチー作品ですが、本作は一転して、じつに丁寧にハートウォーミングに作りました、という印象を受けました。

そのぶん、ぼくにはちょっと物足りなく感じたことも事実。
まぁ、これはしょうがないかな。
想定としては、小学生くらいのお子さんと親子連れで観に行くのにちょうどいい映画といったところだろうから。
そういう人たちには、ぜひお勧めです。

あと、ななちゃんも可愛かったけれど、それ以上にキティ・チャンのチャイナドレス姿が魅力的でした。

お次は「ザ・マジックアワー」。
こちらは予想以上に面白かった。
なるほど、たしかに、これまでの三谷幸喜作品の集大成というか、ひとつの完成形と言っていいんじゃないでしょうか。

とりあえず、これ、コントですよ。
コメディ映画ではあるんだけど、むしろお笑いコントとして観たほうがいいんじゃないかと思う。
しかもまぁ、上品なというか、ベタなというか、じつに三谷幸喜らしい笑いのコントです。
そういう笑いは、嫌いじゃない。

まぁ、よほどこだわりのある人じゃない限り、いやでも笑っちゃうと思う。
ベタなんだけどなー、やっぱ、ついつい笑っちゃうわ。
「ミラクル7号」がお子さん向けのお薦めとするなら、「ザ・マジックアワー」は大人向けのお薦めですね。
[PR]
by kude104 | 2008-07-02 21:46 | 映画