世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー

<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ユーチューブ、ビデオの著作権者に収入を分配するシステム導入を計画 - CNET Japan

どうやらYouTubeの成長もここまでのようです。
と、このニュースを目にした瞬間、思いました。
少なくとも──というか、たぶん日本においては。

なぜ初めからそのようなシステムを導入しなかったのかという問いに対して、経営陣はこう答えています。
「収入を分配すると、純粋な愛好者でなく、金儲けを目的とした投稿者ばかりが集まるのでは」との懸念を抱いていた。
CNN.co.jp : ユーチューブ、広告収入を投稿者に分配へ - ビジネス
ぼくの見るところでは別の理由からだろうと思う。
ポイントはここ。
ただし、収入を得られるのはそのビデオの本来の著作権者のみだ。
この仕組みがうまく機能するためには、毎日1億件も投稿されるビデオをYouTubeが事前にチェックすることが必要となる。
ビデオの投稿者に報酬を与えるには、そのビデオが他人の著作権を侵害していないことを確認する必要がどうしても生じます。
著作権法違反者にYouTubeが報酬を支払ったなんてことになると、おそらくYouTubeはサービスを続けられないほどのバッシングを受けるでしょう。

ですから、彼らが考えたのは、「報酬を支払う代わりに、著作権のクリーンなビデオしか扱わない」サービスと、「報酬を支払わない代わりに、著作権のダークなビデオも扱う」サービスと、どちらがより多くの人を惹きつけるか・・・という選択だったに違いないと思うのです。
YouTubeは後者を選択したわけですが、それが「正しい」選択だったことは彼らの今が物語っています。

で、いま、彼らが前者の方向にかじを切ろうとしているわけですが。
報酬を支払うにおいて、まさか、「本来の著作権者からの申し出があって初めてチェックします。それまではノーチェックで報酬を支払います」というわけにはいかないでしょう。
つまり、YouTubeは、それが著作権的に白か黒か「本来の著作権者からの申し出がなくても自発的に調べます」という態度を表明することになる。
となれば当然、「著作権的に黒なビデオは自発的に削除しろ」ということになります。
その”危険性”にYouTubeが気づいていないはずがない。

ここから察するに、YouTubeは、ぶっちゃけ著作権法違反なビデオで人を集めるのはもう十分だと判断したのではないでしょうか。
もう十分人が集まったので、ここからはクリーンなビデオだけでも十分やっていけると判断したのでしょう。
企業などにも「YouTubeを利用したほうが得だ」という流れができ始めていますし。
特に、これから広告ビジネスを展開しようと考えたとき、ダークなビデオの存在はスポンサーの印象を悪くするだけのマイナス要因でしかないので。

とはいえ、ある日突然、今日を境になんの前触れもなく「違法ビデオは削除します」とやったのでは、なにかこう「屈した」みたいでユーザの反発を招きかねません。
そこで、まずは「報酬」というメリットを提示しつつ、それを大義名分にじわじわと掃除に掛かるつもりではないのか。
そう考えると、なかなかにクレバーで強かですね。
もしや、サービス開始のときから、ここまでのシナリオを描いていたわけではあるまいな。
[PR]
by kude104 | 2007-01-31 19:16 | PC&ネット
早いもので1月ももう終わりですよ。
ということで、毎月恒例、今年初めての「次の映画サービスデーに観る映画」の話など。

今回は特に迷うこともないですね。
「硫黄島からの手紙」を観ようかと思っています。
いちおう前作「父親たちの星条旗」は観ましたので、あれをみてこれを観ないというのも収まりが悪いですし、「アカデミー賞4部門ノミネート」とかで話題性も十分ですし。
まぁ、観といて損はないでしょう。

他に観たい映画はといえば、「それでもボクはやってない」ですね。
これは次の機会に観ようと思っています。
けっこう評判いいみたいですので、ロングランしてくれるでしょう。

──とまぁそんな感じで、珍しく他に特に心引かれるタイトルもありませんので。
迷わずGOって感じですね。

映画ネタで言えば、6月公開予定の「大日本人」が興味津々です。
あのダウンタウンの松本人志さん監督作品ということで、どんな映画になっているのかなぁ。
昔たしか何かの折に「映画監督はしない」と仰っていたように記憶していますんで、このニュースを見て驚きました。
大衆向けというよりは、わりと狭いところを狙ってくるような作品に仕上がっていそうな気がしますんで、面白いかどうかはわかりませんけど。
まぁ、先の楽しみがひとつできたという感じで。
[PR]
by kude104 | 2007-01-29 23:59 | 映画

インドに衝撃

本日放送のNHKスペシャル「インドの衝撃 第1回 わき上がる頭脳パワー」は確かに衝撃でした。

おりしも先日、「なぜ勉強しなきゃいけないの?」という話題をネタにしましたが、この問いに対するインドでの答えは実に簡単明白です。
「貧困から抜け出すため」

番組内で紹介されていたある若者の例がすごい。
電気も水道もない村出身の彼は、優秀だけど貧困ゆえに勉強できないという若者に無料で勉強を教える塾に通っています(というか、そこの寮で生活している)。
そんな彼が、IIT(インド工科大学)の受験を前に、久しぶりに村に里帰りするわけです。
IITというのは世界でも最高レベルの大学で、その出身者は世界中の一流企業から引き手数多。
初任給で年収1000万円以上なんて話もざら、みたいな。
要するにまぁ、IITに合格すること(そしてもちろん卒業すること)は貧困から脱出するための数少ないチャンスのひとつなわけです。
そのチャンスに挑もうとする彼に対して、彼の父親がこう言います。
「お前の合格には、村のみんなの生活がかかっている。だから頑張りなさい」と。

えええ~!!みたいな。
村人500人だかの人生を背負って大学受験て。
それってちょっと、絶句する。

その彼曰く、IITに合格して将来海外で仕事をしてお金を稼いで、この村に中学校を建てるのが夢ですと。
そうして、彼のIIT受験料3,000円を稼ぐために、年老いたおじいちゃんまで家族総出で一生懸命働いてお金をためているところです、みたいな。
なんでも、その一家の年収は5万円だとか。

このハングリー精神で来られたら、そんなもん日本が敵うはずがない。
あと20年もすれば、確実に日本とインドとの経済力は逆転しているに違いないとひしひしと感じました。

日本も昔はあんなふうだったんでしょうね。
一生懸命勉強して豊かになるんだと。
そうして豊かになってハングリー精神を失って、やがて退場していくのはしょうがないことなのかなぁと思います。
「なぜ勉強しなきゃいけないの?」と問う子どもが増えるのは国が豊かになった証拠であり、と同時に、衰退の兆しなのかもしれませんね。
[PR]
by kude104 | 2007-01-28 22:44 | テレビ
Second Lifeのビジネスモデル----CPUの作り出す「もう一つの地球」はハッピーか。 IT's Big Bang!

具体的なイメージは全くと言っていいほど浮かばないのだけど、直観的に、「なにやらとんでもないことが起ころうとしている」という予感めいたものを感じずにはいられません。
Second Life。
本当に、人間がそこで生活を営むに足る『第二の世界』が生まれようとしているのでしょうか?

まず、Second Life内の仮想通貨が、現実世界の通貨と交換可能であること。
これによって、Second Life内での収入が、現実世界の収入となる。
Second Life内で自分の分身がせっせと働き稼いできたお金で、現実世界の自分が生活するという、なんか変なSFみたいな話に思えてきます。
──いや、この発想でさえ、古いのか。
「こっちの世界が主、あっちの世界が従」ではなく、たとえば、食事の時間にはこっちの世界に戻ってきて、あとはあっちの世界で暮らす──といった感覚になるのかもしれない。
つまり、本当に、二つの等価な世界を行ったり来たりするという感覚。

生きていくに足る収入をあっちの世界で稼げるようになった人は、活動の多くのをあっちの世界に移すことになるだろうから、それはもう『従』の世界じゃなくなる。
そういう人が増えると、必然的にあっちの世界にもこっちの世界と同じような『社会』が誕生することでしょう。

そうして、「経済 → 社会」ときたら、次は「政治」でしょう。
Second Life内で発生するであろう様々なトラブルを、やがて参加者たちが自分たちで解決しようとし始めると、コミューンが誕生する。
それはやがて、『国』に発展していくんじゃないかな。

Second Lifeのビジネスモデルとして、
「参加者が、リンデンラボ社から、バーチャルワールド上の「土地」を有償で借りて、高付加価値を生むような事業を行う。そして収益が上がれば、リンデンラボに「税金」を払うのである」
と説明されています。
この『税金』という言葉に、ぼくはちょっと衝撃を受けました。
『税金』の徴収ってのは、まさに『政治』じゃないですか。

Second Life内においてはリンデンラボ社が全権を握っているのでしょうから、今は『リンデンラボ王国』であると言えるでしょう。
この『リンデンラボ王国』内で、やがて様々な国が建国されるようになったとき、果たして『リンデンラボ王』はどうするでしょうか。
かなりの人がSecond Life内に住むようになっていれば、いかに『リンデンラボ王』といえども独裁的にふるまうことはできないでしょうから、おそらく、「『リンデンラボ王』に決められた税を納めさえすれば建国を認める」という措置が取られるでしょう。

ということで、Second Life内にはそれこそ様々な国が建国されるに違いない。
それによって、様々な政治体制が試行錯誤されると面白いなぁと思います。
社会主義体制の再実験なんてのも、ありかもしませんよ。
その中から有用なシステムが見つかれば、ぜひ現実世界にフィードバックさせたいところです。

そして、ぼくがSecond Lifeで特に興味を引かれるのは、『リアルワールドと違って、デジタルの世界では土地の広さに「限界」はない』というところです。
この地球上では、多くの場合、土地をめぐって争いが起きてきました。
しかし、Second Lifeでは、どこまでも新天地が続き、どの土地も肥沃さに絶対的な違いはない(耕す者の能力次第)のだとしたら、土地をめぐる争いはぐっと減るのではないかと思います。
Second Life内なら、『エルサレム』を2つも3つも作れるんですから。

──と、Second Lifeがそこまでの存在になるかどうかは、やはり、Second Life内における経済活動がどの程度の規模になるかによって決まるだろうと思います。
結局、現実世界で稼がなきゃならないというのであれば、”Second”に留まるでしょう。

ところで。
Second Lifeでどの程度の経済活動が許可されているのか知りませんし、どの程度の『法的整備』がされているのか分かりませんが、もしわりと自由度が高いのであれば、あれですね。
現実世界の商法で禁止されているようなことを行えば、たいてい儲かるということになりますね。
未整備のうちにやったもん勝ちな気がします。
[PR]
by kude104 | 2007-01-27 22:47 | PC&ネット
昨日放送のNHK「その時歴史が動いた」のテーマは島原の乱。
なかなかに切ないお話やったね。

感じたのは、ひとつには、排他的であるというのは回り回って自らに害をなすということ。
番組中に、当時のキリシタンが仏教などの異教徒に攻撃的であったエピソードが紹介されていましたが、当時のキリスト教が融和的であったなら、多少は違ったのかもしれない。

信仰と一揆が結びつくのはなにもキリスト教に限ったことじゃなくて、仏教にだって一向一揆とかありますよね。
それでもキリシタンが根絶やしにされたのは、やはり、その背後にある西欧カトリック教国の脅威というものがあったからでしょう。
たしかに、あのタイミングで幕府がキリスト教を遮断したのはファインプレーだったのではないかという気がします。
でなければ、もしかしたら、日本もキリスト教文化圏になっていたかもしれませんよね。

でも、どうせ強制的なる改宗・弾圧を実行できるだけの力があったのなら、その力をもう少し寛容的な方向に向けて、なんというか「人畜無害なキリスト教なら信仰してもいいよ」という落とし所にはできなかったのだろうかと思わないではありません。
カトリック教国の影響力の極めて弱い、排他攻撃性のない、静かで平和的な日本式キリスト教というものを用意して、あとは力づくでも理屈づくでもいいのでそっちにシフトさせれば良かったんじゃないかなぁ。

いずれにしても、けっきょく民衆はただただその信仰心をいいように利用されただけという図式が見えてきて、切ない。
そして、民衆自身も自分たちの正当化にキリスト教を利用しているように思えて、切ない。
『乱』なので当たり前だけど、信仰があってなお、ものすごい人のエゴとエゴの衝突がそこに見えて切ないですね。
[PR]
by kude104 | 2007-01-25 23:59 | テレビ

中国四千年の歴史

中国四川省:ホテル女性従業員惨殺事件、群衆1万人が警察と衝突 大紀元時報-日本

これまじ?
まじだとしたら、まさに「これはひどい」と言わざるをえない。

いまちょうど「北方水滸伝」を読書中なのですが、なんというか、「役人の汚職」だとか「群衆一万人の暴動」だとか、「水滸伝の世界そのまんまじゃん!」という気がしてくる。
まさしく中国四千年の歴史って感じ。

近年の経済発展を受けて、「これからは中国だ!」なんて話をよく耳にするけれど、ぼくがいまひとつそのことに懐疑的なのは、中国の国家体制がいつまで続くのだろうという疑念があるからです。
べつに予想でも予測でも何でもなくて単なるフィーリングなんだけど、あの国いつか革命起きるだろって気がする。

どうもイメージとして国家体制が封建的に思えるわけで、その一方で経済や情報はどんどん自由主義的になっていくだろうから、どこかで必ず軋みが出ると思うんだよね。
うまくソフトランディングできればいいけど、それをするには、まずもって国家体制があれだし、それになにより、「群衆一万人」だもん。
このスケールのでかさでソフトランディングとか無理っぽい気がしてくる。

中国史って、なんだか反乱と革命の歴史のような印象が強くて。
清王朝が滅亡してからまだ100年経ってないわけだし、まだまだ反乱と革命の遺伝子は薄まっていないだろうという気がするのです。
[PR]
by kude104 | 2007-01-24 23:56 | 時事・社会
分裂勘違い君劇場 - 子供の「どうして勉強しなきゃいけないの?」→ 勉強することの具体的で直接的で切実なメリットを説明

とりあえず、自ら進んで学ぶ『学問』と、嫌々やらされる『勉強』とを区別するとして、「どうして『勉強』しなきゃいけないの?」という質問に対するぼくの回答を述べるなら、それは「選択肢を増やすため」ではないかと思っている。

よく、「微分積分が実社会で何の役に立つ?」というけれど、たしかに、ほとんどの人にとって役には立たない。
でも、10万人に一人か100万人に一人かは、役に立つ道に進む人がいる。
微分積分を勉強するというのは、自分がその10万人に一人か100万人に一人になるかもしれないという選択肢を残すためと言えるんじゃないだろうか。
「微分積分なんて必要ない」と切り捨てた瞬間、そのひとの未来から、微分積分が必要になる選択肢が消滅する。

たしかに、今は必要ないと思えるかもしれない。
でも、10年後、20年後に必要になるかどうかなんて誰が想像できるだろう?
必要になるとは言えない。
ならないケースの方が多いだろう。
さあその万にひとつの可能性を切るか残すか、それはその人の生き方かもしれない。

可能性の低いものは切り捨てて効率良く生きるんだというのなら、こういう考えはどうだろう。
勉強していい成績をとると、進学の選択肢が増える。
進学の選択肢が増えると、就職の選択肢が増える。
就職の選択肢が増えると、ライフスタイルの選択肢が増える。
低い成績で思い通りの人生を送りたいなんてのは、はっきり言って可能性が低いので、そんな考えは切り捨てて勉強しなさいってことになる。
つまり、いずれにしても、勉強はしたほうが得ってことになる。

同じ「微分積分が必要になる道に進まない」のでも、自らの意思で選択肢を選ばないのと、自らの意思に関係なく初めから選べないのとは、けっこう大きな差だと思う。
ましてや、選択肢があることにすら気づかないのとでは。
自分はどういう生き方をしたいか。
ぼくはやっぱり、「初めから選べない」のも「あることにすら気づかない」のも嫌だなぁ。

外国語の勉強も多分そうだと思うのだけど、単語を勉強して語彙を増やせば増やすほど、表現の選択肢が増えて会話が豊かになる。
「こんな単語いつ使うんだ」「最低限使う単語だけでいい」というひとの外国語が豊かなはずがない。

とはいえ、選択肢は勉強だけで増えるわけではない。
他のことでも増える。
だから、どうしても勉強したくないっていうのなら、他のことで選択肢を増やすような生き方をすればいいのではないかと思う。
あるいは、ひとつの選択肢に1点集中する生き方もありだ。

でもたぶん、普通のというか一般的なひとの人生を想定した時に、一番効率のいい選択肢の増やし方は、やっぱり勉強することじゃないかと思う。
なので当然、天才は勉強しなくてもよい。
[PR]
by kude104 | 2007-01-23 23:59
番組ねつ造:「あるある」に消費者から怒り-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

あれですね、人間いかに騙されやすいかということと、なんだかんだ言ってもテレビの影響力ってまだまだ巨大なのねということが、よくわかりました。

『あるある』が言うんだから間違いないってことで信じちゃうんだろうけど、肝心要の『あるある』を信じる理由というのは、要するに「テレビだから」でしかない。
決して、「過去、『あるある』の情報がたしかに正しかったと実感したから」ということではないなず。

でも、これはまぁテレビに限らず何でもそうだけど、ぼくらは発言の”内容”ごとに、いちいち「信用できる、できない」と判断しているわけではない。
それは現実的に不可能だし。
なので、”この人”は「信用できる、できない」という具合に、情報源の段階でフィルターを掛け、一旦フィルターを通ったものはわりと盲目的に信じちゃう。
宗教とかで、教祖を盲目的に信じて変なことやっちゃうのも、根っ子は同じでしょう。

つまり、ひとを騙そうと思ったら、騙す内容をいかに真実っぽく見せるかよりも、まずは自分のことを信用させる方が重要ってことだね。
「この人の言うことなら間違いない」と思わせれば、あとは多少荒唐無稽の嘘だろうと信じさせることができるんじゃないでしょうか。


それにしても。
「この番組では、前のダイエットの食品を忘れるころに別の食品のダイエットが紹介される。以前に放映されたチョコレートも寒天も試してみたがやせず、他の方法までもうそに見えてくる」
イイカゲンキヅケヨ──みたいな?

あるある大事典は見たことないけど、だいたい察するに、健康志向とダイエット志向を煽る番組でしょ?
次から次へと新しいダイエット方法が紹介されるというのは、要するに、どれも大して効き目がないってことじゃないですかね。
チョコレートも寒天もダメだったんなら、どうせ納豆もダメだってことでしょうに。

だいたいね、楽して痩せようってのが間違い。
こういうお母さんに「こつこつ地道に努力しなさい」とか言われたら、子どもとしては「おまえもこつこつ地道に努力しろ」って言いたくなりますね。

ねつ造だろうが真実だろうが、楽して痩せたいって考えでは痩せねーよ。
[PR]
by kude104 | 2007-01-22 22:07 | テレビ

炊飯器が欲しい

かなり以前から、炊飯器を買い替えたいと思っています。
いま使っている炊飯器は、おそらくもう10年以上使っているであろうという年季物です。
別に壊れてはいないのですが、内釜の塗装なのか何か知りませんが、それが所どころ剥げてしまっていて、「これ、大丈夫なのであろうか?」という状況なのであります。

それにまぁ、なにしろ10年以上前の代物ですから、炊飯機能も「炊ければ文句なかろう!」というレベルだろうと思うんですよね。
スイッチもひとつで、オンとオフしかないですし。
最近の炊飯器って、なんかほら、「いかに美味い飯を炊くか」という方向に格段の進化を見せているようですから、そういう炊飯器でお米炊いたら、さぞ美味かろうと思うわけです。
ほぼ毎日食べるものですから、やっぱ、おいしいご飯が食べたいもんね。

でも、基本的にぼくは面倒くさがりで貧乏性なので、「まだ炊ける」と思うと、なかなか「よし、今日買い替えるぞ!」という踏ん切りがつかない。
そんなこんなで、半年くらい経ってしまっています。

で、一昨日電気屋街に行ったついでに、炊飯器を見てみることにしました。
その場で購入するつもりはなかったのですが、要するにまぁ、市場調査です。
で、見てみると、一口に炊飯器と言っても、ピンからキリまでいろいろあるんですね。
安いものだと数千円から、高いものだと数万円までいろいろです。
あまりに選択肢が多すぎて、はてさて何を買えばいいのやら・・・。

なんだかんだ言っても、自分の舌程度じゃ、そんなに味の違いはわかるまいと思うわけです。
だったら、安いのでいいんじゃないの?という声がする。
安いのったって、今使っている炊飯器に比べれば「高性能」なのは間違いないのだから、たぶん満足できるに違いない。

でも、そりゃあ5万だ6万だというものには手が出ないけど、1~2万円くらいのラインナップを攻めてみてもいいんじゃない?という声も聞こえてきます。
とりあえずラインナップの真ん中を攻めるという庶民の特性ではありますが、でも、1万円以下のものにくらべると、やっぱり美味そう。
毎日食べるものだもの、それくらいの投資はケチるものではないと、ぼくの中のぼくがぼくを説得するのです。

IHだ圧釜だダイヤモンドだスチームだなんだと、言葉の意味はよく分からんがとにかくすごい自信だぜよという感じで、決めかねます。
「お米を炊く以外にも、いろいろな調理もできます」とかいう機能は正直要らないんで、そのぶんお値段下げてほしいよなぁ。
パンとか焼かねぇっての。玄米とか食わねぇっての。

まぁ、やっぱり現物を目の前にして「あれがいいかな、これがいいかな」と検討していると、どんどん欲しくなっちゃうもので。
その日は買わずに帰りましたが、近々購入しようと決めました。
たぶん、1~2万円くらいのラインのものを。

そんなぼくからすれば、まさに高根の花な炊飯器がこれ
職人さんがひとつひとつ手作業で削りだすという本炭釜の炊飯器。
炊飯器なのにシリアルナンバー入りで、世界に一つだけの炊飯器です。
お値段なんと、店頭価格で約10万円。

店頭で友人とこれを見つけたときには、テンション上がりまくりです。
「うわー、すげー!」
「炊飯器に10万円とかありえねぇ!」
「PC買えるわ!」
「でも、PCでは米は焚けんぞ」
「たしかに! これで飯炊いたら、めっちゃ美味いんやろうなぁ」
「ああ、これで飯を炊いてみたい!」
と頂点に達したテンションは、次の一言で一気に萎んだのでした。

「・・・でも、これで飯を1合だけ炊くのって、切なくない?」

たしかに、切なすぎる。
[PR]
by kude104 | 2007-01-20 23:59

まるで実写のようでした

昨日は友人と久々に大阪は日本橋の電気屋街をぷらぷらと歩きました。
年に数回行く程度なので、行くたびに「うわー、変わったなぁ」と驚くことしきりですが、前回訪れたときはシャッターの下りた店が目立ち「寂れたなぁ」という印象だったのですが、今回はそのときと比べれば、わりと活気が戻っているのではないかという印象を受けました。

PCパーツ屋が減ってフィギュア店やらメイドカフェやらが増えている状況は相変わらずでしたが、それに負けず劣らず、普通の食べ物屋がけっこう増えているらしき状況は意外でした。
数年後には、「食い倒れの街でんでんタウン」になっているんじゃねーの?って思っちゃうくらい。

それはさておき。
今回一番驚いたというか感動したのは、店頭で見たプレステ3用のレーシングゲーム「グランツーリスモHD」のデモムービーでした。
これには本当に、びっくりした。
だって、最初、本気で実写映像だと思ったもん。
ゲームのプレイ画面があのムービーのクオリティで動くのかどうかは分からないけど、もしそうだとすると、ただただ素直にすごいなぁと思います。

「いくら高性能な方がいいと言っても、もうプレステ2レベルで十分やん」と思っていたのですが、あれ見てちょっと考え変わった。
「すごいすごいと言っても、実際のゲーム画面なんて、プレステ2と大して変わらんだろ」と高をくくっていたぼくの認識は間違ってた。
やっぱ、言うだけあってすごいや。

なんというか、テクノロジーの進歩に単純に「すげぇ!」と感動することって最近久しく味わっていなかったものですから、かなり嬉しい体験でした。

ただまぁ、高性能だからゲームが面白くなるかどうかはまた別問題です。
ゲームとして面白い面白くない、買う買わないで言えば、ぼくにはやっぱりWiiのほうが魅力的に映ります。
現に、その後立ち寄った梅田のヨドバシでは、「PS3、大量在庫あります」に対して「Wii売り切れ。予約にも応じられません」の貼り紙が切なかったです。
[PR]
by kude104 | 2007-01-19 23:11 | ゲーム