世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー

<   2005年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Game2.0について思うこと

さて。
明日から帰省しようと思っているので、年内の更新はこれがおそらく最後となるでしょう。
皆様、今年一年、ご愛読ありがとうございました。

えー、最後を締め括るに相応しいネタは何がいいかなーということで、最近ちょっと気になっているというか、どうもいまひとつモヤモヤしていることを吐き出して終わりにしようと思います。

それは、Game2.0について。

といっても、Webでゲームネタを拾っている人以外は「なんじゃそれ?」って話だろうと思います。
もともとWeb2.0という言葉があって、それをゲームの世界に当てはめたものなんですが、これまた大半の人にとって、「Web2.0ってなんじゃ?」という状態だろうと思います。

──まぁ、Web2.0の話は置いておいて、Game2.0。

それがどういったものかを説明していると長くなるので、今回は触れません。
ここでぼくが話題にしたいもの──Game2.0の話を目にするたびに、心の中でモヤモヤしているものは、Game2.0が叫ばれるようになった背景についてです。

それはもう哀しいほどに、従来のゲームの在りように対する絶望感です。

このままではゲームに未来がない。
だから、新しい概念を!
という危機感が、Game2.0を盛り上げているように思います。

Game2.0として言われているようなゲームが、ゲームの中の新ジャンルとして「これから盛り上がるぞ」という話なら、ぜんぜん心穏やかなのですが、論調はどうもそうではない。
Game1.0は衰退し、Game2.0に世代交代するといった感じです。
でなければ、2.0なんていうバージョン表記はしませんもんね。

それがどうもね、モヤモヤするのです。

心情としては、Game1.0の成長と共に大きくなったゲーム世代ですから、これがもうダメだ、時代遅れだよと言われるのは、なんとも寂しい。

その一方で、「Game1.0には限界が見えた、Game2.0へ進まざるを得ない」という話も、良く分かるんですよ。
かつて全盛を誇ったシューティングゲームが時代と共に衰退したように、Game1.0も時代と共に衰退することは十分に有り得る。

というか、このままだとほぼ間違い無く衰退するだろうことは、残念ながら認めざるを得ない。

だから、なんとかして従来のGame1.0を新時代に即したものにする手はないものだろうかと思って、モヤモヤしているのです。

いま、Game2.0的なものとして挙げられているゲーム。
それはそれでいいけど、俺はGame1.0的なものも好きなんだ!という気持ち。
いまのゲームの閉塞感を打ち破るのは、本当にGame2.0で正しいのか?という問い。

ぶっちゃけて言ってしまえば、ぼくはまだまだ“従来のゲームデザイン”の行く先を見てみたいのです。
まだ先があるように思うんだけどなー。


・・・などと言いつつ、実際のところGame2.0がどういうものか、あまりよく分かっていないんですけどね。
[PR]
by kude104 | 2005-12-28 23:59 | ゲーム

種デス

昨日の深夜、年末スペシャルと銘打って『機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS ~選ばれた未来~』という番組をやっていたので、思わず見てしまいました。

種デス。
はじめの何話かを見て挫折してしまったので、その後どうなったのか多少気にはなっていたのです。
いったい、どれくらい酷かったのか──というと、ファンの方には失礼ですが、いやまあ個人の好き嫌いと言うことで勘弁して頂こう。
とにかく、どのくらい酷かったのかを知っておくのも、話のネタにはよろしかろうと思って見た次第です。

で、甘かった。
そういう軟弱な動機で見た人間には、さっぱり付いていけませんでした。

このスペシャル版の内容がそもそも、テレビ放送の最終話の再編集+アフターエピソードらしくて。
どうやら、最終回の出来があまりにも酷かったので、このスペシャル版でフォローしよう・・・ってことみたい。
これだけでも、種デスがいかに酷い出来だったかを察するに十分です。

で、実際に見ての感想を言おうにも、なにしろいきなり最終回ですから、評価以前に話の内容がさっぱり分かりませんでした。

とにかく、圧倒的に話の展開が早いというか、映像的なものも合わせて、スピード感がものすごい。
だから余計に、こちらには予備知識がないものですから、何がどうなっているのかまったく分かりませんでした。
あれだけ作品とコミュニケーションが取れないというのも、なかなかめずらしい体験でした。

登場人物たちが繰り広げる、禅問答にも似たやり取りも、まったく理解できない。
「こいつらは、いったい何を言っているんだ?」という感じ。
あのセリフの応酬を、だれかテキストに起こしてくれていないかな。
絶対、お互いの言っていることが噛み合っていないと思うんだけど。
それなのに、作中の人物たちはそれでコミュニケーションが取れているようで、だから、自分だけが蚊帳の外という感じでした。

言葉は分かるのに、まるでコミュニケーションが取れない。
そんな印象だけが募る一時間でした。
テレビ放送をちゃんと見ていたら、あれを理解できたのだろうか。

内容は理解できずとも、それっぽい映像が次から次へと流れるそのスピード感は、「なるほど、このへんが人気の秘密かな」と思えて、少し納得できたような気がします。
[PR]
by kude104 | 2005-12-26 23:59 | テレビ

メリークリスマス

クリスマスイブに更新をお休みするという思わせぶりなことをしてしまいました。
ちょっと見栄を張りたかっただけです。
今は反省しています。

・・・というのはじょーだんで、まぁ、クリスマスとはまるで無関係に友人と酒を飲んでいただけなんですけどね。

それがたまたまクリスマスイブだというだけで、なんだろうあの場違い感は。
コンビニで、カップルに混じって野郎二人で酒を買う、あのプレッシャー、あの場違い感は何だろう。
下手をすると、野郎二人のカップルなのではないか?と思われてしまいかねない、あの緊張感は何だろう。

それにしても、イブの夜10時に唐突に遊びに来る友人も失礼なやつだ。
なんだその、「こいつはイブでも大丈夫だろう」という揺るぎ無い確信は。
いやまあ、その通りなんですけどね。

その友人にしても、イブの夜にわざわざ訪ねて来るなんて、何かあったのか・・・みたいなドラマ性はまるで無いしね。
たまたま近くに来たんで、みたいな。

まー、世の中クリスマスだなんだと言っても、大半の独身男性はそんなもんじゃないですかね。
365日が平日。
[PR]
by kude104 | 2005-12-25 23:51

二酸化炭素でビジネス

なんか、どれだけ寝ても寝たりないくらい眠い。
・・・冬眠モード?

昨日、何気にボーっとNHK教育の高校講座だったかを眺めていたら、地球温暖化防止への取り組みについてやっていました。
二酸化炭素の排出量を削減しましょうという話。

こういうことに関心をお持ちの方には「いまさら」という話で申し訳ないですが、番組を見ていて非常に興味深く思われたのは、二酸化炭素の削減をまるで資源のように売買できるシステム。

たとえば。
「二酸化炭素の排出量を20%削減しなさい」と義務付けられているとして。
日本は10%しか削減できませんでした、どーしよう・・・というとき。
30%の削減に成功した国から余分の10%を購入して、自前の10%と購入分の10%と合わせて20%の削減!というふうにできるとか。

他にも。
日本の出資で海外のどこだかに植林したとする。
そうすると、その植林によってどれだけの二酸化炭素が削減されたかを計算し、そのぶんを出資した日本の削減量に加えることができるとか。

なんか、おもしろくない?

地球温暖化防止という価値観を作り、二酸化炭素の排出量を削減するというルールを決め、排出量を売買できるというシステムを用意することで、本来なんの市場価値ももたない二酸化炭素をまるで資源のように変えてしまっている。
なんと見事なマジック!

石油などの資源が、産み出せばそのまま価値になるのに対して、二酸化炭素は産み出さないことが価値になるというのも面白い。
逆資源、みたいな。

どんなものだろうと、「買いたい」「買わざるを得ない」という状況を作ってやれば金になるという一例ですね。
[PR]
by kude104 | 2005-12-23 23:00

初雪にサクラチル

ついに初雪!
いくつになっても、雪を見るとちょっとテンションが上がります。
もちろん「めずらしい」からで、毎日毎日降ればウンザリするでしょうけど。
いやー、それにしても、やっぱ寒いわ。

もうずいぶん昔の話題ですが、ぼくも応募した『NINTENDO DS "asobi project"』の結果がようやく発表になりました。
http://www.asobi-project.com/

ま、結果は言わずもがなの落選だったわけですけども。
いやー、悔しいとか残念というよりも、「こりゃ、しょうがないや」って感じです。

だって、見事大賞に輝いたアイデアなんて、テーマが「妊娠・出産・子育て」みたいな感じですもんね。
こりゃ敵わないっつーか、あまりにも自分の守備範囲外すぎて、「あ、そう」としか言えないもん。
たぶん、まるで“ゲーム”じゃないんだろうなぁ。

受賞アイデアと比べれば、ぼくのものは明らかにゲームの枠内に留まるアイデアでした。
その時点で、そりゃ負けだよなぁ~というか、「ぼく、アイデアの方向性が完全にずれてました」って感じです。
コンセプトカーのコンペに、普通に「売れる車」の企画を送ったようなもんです。

ま、そんなこんなで。
やっぱ、簡単には金稼げないなー。
[PR]
by kude104 | 2005-12-22 23:15 | ゲーム
ブロガーを“タレント”として育てるベンチャー(Yahoo!ニュース:ITmediaニュース)

ぶっちゃけ、ブロガーをタレントに育てるより、タレントにブログを書かせたほうが効果的なんじゃないかと思ったり。

たとえば、ある商品をブログを利用してクチコミで広げようという場合。
その商品の公式サイトにブログを設置して、そこそこ人気のあるタレントに、その商品に関するブログを書いてもらえばいい。

タレントは一定期間で次々切り替えてさ。
「次回は○○ちゃんがブログを書くよ」みたいにやれば、それだけでもそれなりに話題性を生むんじゃないだろうか。

あとは、一般ブロガーがネタとして取り上げてくれるように。
商品を使っているタレントの生写真(っぽいやつ)をアップするとか、トラックバックの中から抽選で何名様にサイン入り商品プレゼントとか、そんな感じでやればいいんじゃないですかね。

素人ブロガーを使ったほうが安上がりというのはあるだろうけど。
宣伝費をケチる事情がなければ、それほど魅力的には思えないなぁ。
[PR]
by kude104 | 2005-12-21 23:55 | PC&ネット

ジブリの次回作

ジブリの次回作が、宮崎駿さんの息子さんが監督で『ゲド戦記』だと知ったときは、「ひでー」と思いました。

『ゲド戦記』は、ぼくも小学生の時分に読んだんですが、ぼく個人としてはさほど思い入れがありません。
でも、世界的にかなりのビッグタイトルだというのは間違い無くて。

『指輪物語』『ナルニア国物語』と、『ゲド戦記』と並び称されるであろうファンタジー文学が、それぞれハリウッドで映画化され高い評価を受けている(らしい)というこの流れを受けて、ジブリで『ゲド戦記』ってのはさあどうだろう?というのが先ず第一印象としてある。

うーん、つまり、かたやファンタジー世界を(CGを使ったとは言え)見事に実写化して見せた。
それに対して、アニメーションで映像化という時点で、ちょっとインパクトが弱いよなぁ・・・と。
むろん、そりゃ美しい映像を見せてくれるんだろうけど、でも、「これ、実写化したら、どうなっただろう?」って興味が付いてくるんじゃないかなぁと。

加えて、ジブリの原作物って、なんだかんだでけっこう独自の脚色を施しちゃうじゃないですか。
それこそ、設定だけ借りてきて・・・みたいな。
たとえば、日本の著名なアニメがハリウッドでそういう映画化をされたら、「日本人ファン、失笑」みたいなことになるでしょ。
同じことにならなければいいが・・・という心配を覚えます。

そして。
宮崎駿さんの息子さんが監督を務めるというのが、やっぱりどうも・・・ね。
いわゆる「世襲」というだけでも、「正直、それどうなの?」と思うのに、宮崎吾朗さんはアニメ監督の経験はまるでないとか。
建設コンサルタントで、『三鷹の森ジブリ美術館』前館長という肩書きとか。
さすがに、それって・・・という感じがします。
他のアニメ監督さんにしてみれば、「アイツよりも俺だろう」みたいな気持ちになるんじゃないかなぁ。

──と、かなり否定的な印象しか持っていなかったんですが、スタジオジブリの公式サイトにある制作日誌監督日誌を読んで、ちょっと考えを改めました。

最初に知ったときは、ぶっちゃけ、「宮崎駿の息子が監督」というのを売りにした安易な企画だ──くらいに思ったわけですが、作っている人たちにとっては、監督が誰の息子だろうと関係ないに違いない。

企画が安易というのなら、「宮崎駿の息子だから」ということで「どうせたいした作品じゃないな」と判断したぼく自身、安易じゃないか。

もちろん、監督さんに経験・実績がまるでないわけですから、ダメな可能性は大いに高い。
『ゲド戦記』という選択もどうだろう・・・と思う。

だけど、作品を見もしないうちに「息子だからってだけで・・・」みたいなことを言うのは止めた。
それを言っていいのは、実際に作品を見て、それがヘボかったときだけだね。
それまでは、単に「経験のない無名の新人を監督にした。ジブリ、大丈夫か?」くらいに留めておくのが良かろうと思う。

ぜひとも、最高に面白い映画を作ってぼくらを黙らせて欲しいと、心から思います。
[PR]
by kude104 | 2005-12-20 23:56 | 映画

とりあえずのサンプル

どうしようもなく書くネタがないので、制作中のFlashゲームのサンプルでも公開しておこう。

「キャラクターを動かせるだけ」という、ゲームとも呼べないお粗末な状態なので、正直恥ずかしいのだが。
そんな状態でもとりあえず公開しちゃえば、この先何回かの更新ネタには使えるだろうってことで。
お目汚しですが、まぁどうぞ。
※撤去しました

一度ゲーム画面をクリックして、あとはキーボードの矢印キーで操作できます。
矢印キー二回押しでダッシュできます。
敵もいますが、触れても特になにもありません。
攻撃も出来ません。

えー、グラフィックがへぼいのは、試作段階のダミーデータだからってことで。
あと、作り込みが甘い部分も多々ありますが、試作段階だからってことで。

この段階で「正直、どうだろうな?」と不安な部分は、ひとつにはゲーム画面の大きさ。
800x600なんですが、皆さんのブラウザにちゃんと納まるでしょうか?
はみ出すひとが多いようなら、ちょっと考えないと。

そしてもうひとつが、処理速度。
画面の右下の数字が20~30出ていれば、プレイに支障はないでしょう。
が、たとえば敵が6体表示される箇所などは、はたして一般的にはどれくらいの数字なんだろう・・・というのが気にかかるところです。

こちらの希望としては、この先作り込めば作り込むほど処理は重くなりますから、この段階で20以上は出ていて欲しいんですよね。
うちのPCだと十台前半、下手をすると10を下回るくらいなんですが。
最近のPCならまだまだ余裕があると信じたい。

アクションゲームはレスポンスが命なので。
処理が重くて快適に遊べないとなると、企画自体を断念せざるを得ないので。
最終的に画質低で10以上ってのがギリギリ許容範囲かなと思っています。
この先どれだけ重くなるかちょっと見当がつかないので、不安だなぁ。

やっぱり、アクションゲームという選択は、「初めてのゲームプログラミング」に選ぶ選択ではなかったなと思う今日この頃。
[PR]
by kude104 | 2005-12-19 23:59

替え歌グランプリ

TEPCOひかりのCMソングのメロディに合わせた歌詞を募集する「替え歌グランプリ」なるものが開催されているらしい。
http://www.kaeuta.jp/index.html

やたらFlash使いやがって。
重いっつーの。
こーゆーWebデザイナーの趣味優先みたいなサイト、キライだなー。

それはそれとして、替え歌は

「???」決めたのは
「???」ナンバーワン
その上「???」

の「???」の部分を考えるという形式。
なんか大喜利みたいで、ちょっと腕試しをしてみたくもなるじゃない?
グランプリ賞金は100万円だというし、チャレンジしてみようかしらん。

「姉歯の設計に」決めたのは
「安さがダントツ 仕上がりも早くて」ナンバーワン
その上「鉄骨の数が少ないから 地球の資源も節約~」
とか。
・・・うーん、これでグランプリは、ないな~。

いざ考えると、なかなか浮かばないものですね。
[PR]
by kude104 | 2005-12-18 23:03
株価操作狙ったスパムに業界団体が注意呼び掛け(ITmediaニュース)

二日続けて株の話題でなんですが、これについて、ちょっと単純に「どんなものだろう?」という興味を持ったので掲載。
記事で取り上げられているスパムメールの現物は知らないのですが、新手のねずみ講みたいなものを考えるとちょっと面白い。

つまり、「A社の株を買って、同じ株を買うよう2人以上にメールして下さい」みたいな感じ。
A社の株を購入する人間が倍々ゲームで増えて行くと、当然株価は上がるので、先に買ったあなたが儲かりますという理屈ですね。

ねずみ講に引っ掛かる人間がいるんですから、こんな単純な手でも、けっこう上手く行ったりして・・・と思ったり。
いやもちろん、チャレンジしてみようとは思いませんけど。

それはそれとして、記事の話題に戻りますが。

「こうしたスパムメールでは、特定企業の株式について偽の情報で買いをそそのかし、買いが集中して株価が高騰したところでだました側が手持ちの株を売却、株式は紙くず同然になってしまうというのが常とうの手口」

とありますが、少なくとも一旦は株価が高騰している以上、はたしてどこまで「だました」ことになるのでしょう。
聡いプレイヤーなら、スパムと知りつつ乗っかって、高騰しているうちに売り抜けられるのではないか。
そういう意味では、だます側もだまされる側も、チャンスは五分五分なのではないかと。

通常の詐欺事件なんかと違って、株に関しては、なんとなく「だまされた人間がお馬鹿さん」ってだけの話に思えてしまいます。
いずれにしても、スパムメールを信用して買って損をするような人は、株
はやめた方が良いですよね。
[PR]
by kude104 | 2005-12-17 22:51