世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー

<   2005年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

久々にゲームについてウダウダと書いてみたい気分。

きっかけというか刺激の元は、野安の電子遊戯工房[実験室]
このブログ、ぼくのように「ゲームを考えること」が好きな人間には、じつに面白い。

ぼくはまぁ昔から、ゲームにおける「ストーリー性とゲーム性の両立」的な部分に非常に関心があるんですが、このブログの第2のテーマから第4のテーマにかけてのエントリーを読んでいて、なんか少し「見えて」きたような気がしました。

いやいや、まだはっきりとは見えないんですけど。
なので、今回は脈絡もまとまりもなくウダウダと書いてみたい。

たとえば、RPGの進化というか変化って、そのままゲームの進化をなぞっているみたいだなぁと感じたわけですね。
えーと、つまり、経験値稼ぎが廃れてストーリー主体のRPGが増えたことが、ハイスコアアタックが廃れてスーパーマリオが登場したことに重なって見えた、という感じ。

ブロック崩しやスペースインベーダーから始まったゲームは、あるとき、「長く遊ぶ」ことから「面をクリアする」ことがプレイの主たる目的になった。
これがスーパーマリオのようなスクロール型ゲームだと、広がりのある世界を先へ先へと進んで行くというゲームになり、プレイヤーの「ゲームをクリアしたい」という欲求は「先が見たい、終わりが見たい」という欲求と一体になって行く。

で、この「先が見たい」という欲求を、そのまま「“物語の”先が見たい」と拡大して考えたときに、RPGとリンクするわけ。

ストーリー性の高いRPGは、この「先が見たい」という欲求を強くプレイヤーに抱かせるゲームだろう。
それに対して経験値稼ぎを求めるというのは、先が見たいプレイヤーをその場に押し留めることを意味する。

それは当然、プレイヤーにストレスを強いることになる。
適度なストレスは、もちろんゲームを面白くするスパイスになるのだが、はてさて、RPGにおいて経験値稼ぎを「適度なストレス」にする匙加減って、かなり難しいんじゃなかろうか。

現に、というワケではないが、ゲームの進化の歴史をひも解けば、プレイヤーにストレスを与える要素はどんどん衰退している。
もちろん、昔ながらのそういうゲームが好きって人もたくさんいるけど、時代の流れとしては、ストレス要因はほぼ間違いなく衰退している。
つまり、ストレスをスパイスにする匙加減が、いかに難しいかってことです。

であるならば、RPGの経験値稼ぎだけが例外とは思えない。

スーパーマリオを例にとれば、経験値稼ぎというのは、1-1でクリボーを10匹倒さないと先に進めません、みたいなゲーム設計なのではないか。
それはたとえば、高速道路に一キロごとに検問を設けるような行為なんじゃないだろうか。

それじゃ気持ち良く走れませんねってことで、じゃあ、経験値稼ぎをしなくて済むようにしましょう、と。
最近のRPGは(って、もう長らくやってませんけど)、普通にストーリーを追っかけてゲームを進めていれば、適正なレベルになるよう調整されています。

これで確かにストレスは無くなりますが・・・だったらもう、「敵を倒して経験値を稼いでレベルアップして強くなる」って設計は止めにすればいいんじゃないの?って部分に思考が至る。

敵を倒して経験値を稼いでレベルアップして強くなることが楽しかったRPGは、言わばスコアアタックが楽しかった時代のゲームだ。
スーパーマリオの時代になったのに、まだその時代の、ハイスコアだ、100万点で残機が1機増えますなんてゲーム設計を引きずっているのではあるまいか。

じゃあ、スーパーマリオ時代RPGの姿とは・・・?というところで、今回はお開きなのでした。
[PR]
by kude104 | 2005-08-31 23:59 | ゲーム
iPodと携帯電話を一体化へ=アップルなど3社-米紙(Yahoo!ニュース:時事通信)

おもしろい。
今はまだ米国で「そういう話が出ました」という段階のようですが、順調に行けばこの“iPod Phone”、日本にだって上陸して来ることでしょう。

ケータイが、本体をタダ同然で配って、通信料やコンテンツ料で儲けようというビジネスなのに対して、iPodは、コンテンツをタダ同然とは言わないまでも、わりと気軽に利用できるようにしておいて、iPod本体で儲けようというビジネスです。

いい具合に真っ向勝負です。

少なくとも、というか。
ものすごくしょーもないところから想像すれば、“iPod Phone”の着メロは、きっと普通の音楽ファイルを自由に設定できるようになるんじゃないでしょうか。
そうなれば、今いちばん旨味のあるコンテンツと言われる着うたなんかにとって、これはかなりの脅威となるに違いない。

“iPod Phone”だと、ケータイアプリなんかはたぶん使えなさそうなんで、“iPod Phone”が売れれば売れるほど、ケータイアプリは売れなくなりそうだし。

いやいや、あるいは。
“iPod Phone”でもJavaが動きますFLASHが動きますってことになると、それはそれで面白い。

そうなるとたぶん、ケータイアプリなんかも、すべてiTunesStoreで購入して、PC→“iPod Phone”に転送ということになるんじゃないかな。

もし、音楽ファイルなどをネットから“iPod Phone”に直接ダウンロードできますってことになれば、ケータイのデータ通信料の見直しも必要になってくるんじゃないでしょうか。
ゆくゆくは定額使い放題が当たり前になったりして。

・・・などなど、妄想は膨らみます。

まぁ、早くても5年後とか?
ぼくがケータイを持つのが早いか、“iPod Phone”が早いか、みたいな。
[PR]
by kude104 | 2005-08-30 23:59 | PC&ネット
さて、来月の映画サービスデーは何を観ようかと上映スケジュールを眺めて見たところ、どうもいまひとつパッとしない感じ。
見事に夏映画の消化試合といった様相です。

いやまあ、先日から公開になった新作映画もいくつかあるんですけど、どれもいまひとつ食指が動かないものですから。

というわけで、そろそろ公開期限が切れそうな夏映画の中から、さて何を観ようか・・・となるわけですが、こういうのってなんか旬を逃したら、妙にテンション上がらないってこと、ないですか?

たとえば、『亡国のイージス』なんて、封切られたときには「まぁ、見てもいいかも」と思っていたんですが、今このタイミングで観ようか観まいかとなると、「いまさら、亡国のイージスでもねぇよなぁ」って気分になってしまいます。

でまぁ、そんな中で、意外と『妖怪大戦争』とかどうなんかなーって思っているんですけど、どうなんでしょう?

どうせ積極的に観たい映画もないんで、むしろ「面白ければ儲けもん」みたいな、端から期待値の低い映画を観たほうが楽しめるんじゃないかという考えです。
つまんなくても、「やっぱり、つまんなかったー」という予想通りの展開が面白い、みたいな。
ちょっと屈折してますけど。

そういうB級嗜好で観ると、この映画、無駄に豪華なところがそそる。
良くは分かりませんが、プロデュースチームってのに名を連ねているのが、水木しげる・荒俣宏・京極夏彦・宮部みゆきの面々。
このビッグネームが無駄に期待感を煽ります。
他にも出演者・スタッフにも、名前を聞けば「へぇー」と思う面々が揃っているんですが、それでもぬぐえないこのB級臭。

・・・やばい、なんか本気で面白そうに思えてきた。
こーゆーのは、期待値上げたら絶対ダメなのに。

他に候補が見つからなければ、やっぱこれかな。
[PR]
by kude104 | 2005-08-29 23:59 | 映画

サイトリニューアル

先週話題にしたサイトリニューアルが、とりあえず無事に完了というか実施できました。
http://awplus.jp/

登録されている作品のデータなどは、リニューアル前のやつを、それぞれの作品の制作者さんに再登録してもらう形で、こっちに移しているわけです。
ですので、どれだけの作品がどのタイミングで再登録になるかというのは、基本的に制作者さん任せ。
再登録の最終期限は11月末としているんで、制作者さんにしてみれば、べつに急ぐ必要はありません。

それでまぁ、この1週間は、なかなか思ったように再登録の数がそろわずに、ヤキモキしながらの日々でした。
「もしかして、このままほとんど再登録されなかったりして・・・」みたいな。

冷静に考えりゃ、平日は再登録の数が鈍くて当たり前なんですけど、こっちは気ばかりが急いているような状態ですから、「ジリジリしながら待つ」みたいな心境になってしまって・・・。
いやあ、我ながら、小者だなぁ。

でも、このリニューアルのタイミングに合わせて、あと、たぶん週末ってのもあって、昨日今日でわりとけっこう集まりました。
とりあえず、これでようやく「手応えあり」って感じで、一安心です。

とはいえ、数字的には、移行率1~2割ってところなんで、まだまだこれからなんですけどね。
リニューアル作業を終えて、一安心して、今はほっと一息「あ~、疲れた」って気分です。
[PR]
by kude104 | 2005-08-28 23:59 | PC&ネット
「400字以上」は苦痛、電子書籍を購入しない理由トップは「読みにくい」(Japan.internet.com)

「ケータイ小説が今ブームです!」って話をけっこう目にするような気がしていたんですけど、この調査結果を見る限りでは、あんまりパッとしない感じですねぇ。

この調査自体が「どこまで信用できる数字なの?」って疑問はあるにせよ、ぼくの感覚から言えば、概ね納得の数字です。
わざわざケータイで小説読みたいとは思わないもんなぁ。

個人的には、「ケータイ小説が今ブームです!」って話のほうが、煽りに思えるんですけども。
ただ、ケータイ小説から文庫化・ドラマ化する作品もあるらしいんで、まったくの煽りってわけでもないみたい・・・なのか?

将来的な予想をすると、ケータイで小説読むくらいなら、動画を見ようって世の中になるんじゃないかなぁ。
要するに、今はまだケータイで動画データを手軽に扱えないから、テキストデータでってことなんじゃないだろうか。

動画が見られますって時代に、それでもケータイで小説読みたいって人間が、それほどいるとは思えない。

広域無線LANが全国的に普及すれば、携帯電話とモバイルPCが融合する方向に向かうと思うんだけどな。
そうなったらいろいろ面白そうなんだけど、まだまだ当分先の話だろうね。


・・・と、これで500文字ちょい。
この分量ですでに3人に1人は読むのが苦痛だったのかと思うと、なかなか厳しい数字ですな。
[PR]
by kude104 | 2005-08-27 21:53 | PC&ネット

猫の恩返し

金曜ロードショーで『猫の恩返し』を観ました。

前半、なんかジブリの短編作品とやらを見せられて、ダレる。
ああそうか、猫の恩返しって尺が短かったんだと気付くも、同時上映はたしか『ギブリーズ』だったよなぁ。

見事になかったことにされているギブリーズ。
あの短編作品よりもひどい出来だったのか? ギブリーズ。

いや、きっとギブリーズ作った人たちは、「アレをやるなら、ギブリーズだろうがぁぁぁ!」と悔し涙に濡れていたに違いない。
あるいは、バーでグラスを傾けながら、「ふっ、やっぱりな・・・分かっていたさ」とシニカルに呟いたのだろうか。

そんなギブリーズスタッフに思いを馳せながらテキトーに待っていると、ようやく猫の恩返しが始まりました。

まぁ、正直言って、猫の恩返しも全然期待していなかったんですよね。
見るからに、中途半端でつまんなさそうな感じじゃない?

と、期待値が低かったのが良かったのでしょうか、意外とけっこう面白かった。

ただ、この「面白い」ってのは、アレです。
クスクス笑っちゃう面白さです。
ラピュタやナウシカや、ああいった「面白い」とはまるで違います。

だってこれ、コメディですよね。
こう言うと褒め過ぎかもしれませんけど、系統としては、ぼのぼの的な面白さ。

猫が喋ったり、猫の国だなんだかんだという“非日常”。
これに対する、たとえば主人公の女の子のリアクションなんかが、微妙にズレている。
それがけっこうぼくのツボで、面白かったです。
好きなんですよ、こういう2ミリほどズレている感じ。

そんな作品をラピュタかナウシカかって感じで観ちゃうと、そりゃ、楽しめないわなぁって感じです。
はっきりいって、ストーリー的にはもう、ぺらっぺら。
感動とかドキドキ感とか、まったくない。

これを映画館で見てつまんなかったって人は、たぶんいっぱいいるだろうな。
それってやっぱり、宣伝の仕方に問題があるように思う。
どの映画でも、たいてい「感動」で売ろうとするだろ。

これなんかも覚えてないですけど、たぶん「感動の冒険ファンタジー」って感じで宣伝していたんじゃないでしょうか。
ある種、詐欺だね。

・・・まぁ、正直に「微妙に可笑しいです」って言ったら、それはそれで客が入らないでしょうけど。

内容的に言うと、主人公の女の子を小学生くらいにして、児童アニメですって装ったほうが、まだ誤解なくお客さんに届いたんじゃないかって思います。
そういう、作品と受け手のミスマッチで評価が低くなってしまうのは、もったいないよなぁ。

いずれにしても、今回改めて思い知らされた。
ちいちいは声だけでも可愛い。
[PR]
by kude104 | 2005-08-26 23:59 | 映画
今日、ついに店頭で「秋限定ビール」を目にしました。
ああ、夏ももう終わりか・・・と、ちょっとセンチメンタルな気分になったりならなかったり。
季節の変わり目をビールで知る。

・・・なんてしんみり気分でもなくてですね、実際には「初物は行っとかなアカンやろ!」と嬉々として『秋味』買って、ぷっはーと飲んでいい気分です。
四季折々、ビールが旨い。

それはさておき。
昨日の深夜、たまたま点けたテレビでやっていた『NHK世界遺産の旅 インド ダージリン・ヒマラヤ鉄道』は、なんだかとっても癒された。

120年前、産業革命の頃から走っている汽車なんですが、とにかくもう、すんげーロートルなの。
スピードもめちゃくちゃ遅くて、自転車に追い抜かれているシーンとか、実に味がありました。

なにしろ120年前の汽車だから、整備・運行するのにものすごい手間暇がかかるようで。
正直言って、無駄が多すぎるなぁと思えてなりません。

部品はすべて専用の修理工場で、120年前の鋳型を使ってひとつひとつ手作りだし、運転にだって、やれ運転手だ、石炭をくべる係りの人だ、カーブのときにレールにスベリ止の砂を捲く係りの人だと、3人も4人もいて人数多すぎ。

そんなに手間暇かけて、1日1便の運行じゃ採算合わんだろ、みたいな。

どう考えても、最新の技術を導入した新しい列車を作ったほうが──というより、もはやクルマで事足りるって話のようですけど──、はるかに安上がりでいいだろうにと思ってしまう。

でも。
その一方で、そういった「無駄」のおかげで生活している人たちがいるというのが、なんだかとってもいいなぁと思ったわけです。

「無駄のおかげで」というとちょっと違うかも知れないけど。
その人たちにとっては、ちっとも「無駄」なんかじゃないわけですから。

毎日数時間をかけて整備する労力とか、走行中の音で機械の不調を察知する技能とか、そんなものは“最新鋭”からすれば無駄でしかないんだけど。
でも、現状のあの現場では、それらはすごく有用で価値のある物事で、人々は誇りを持って取り組んでいるわけです。

経済的には、最新鋭の機械を導入することが正しいとしても、それによってあの人々のあの仕事っぷりが“無駄”なものになってしまうとしたら、果たしてそれは正しいことと言えるのだろうか・・・と。

そんなふうに思ってしまう雰囲気が、そこにはありました。
牧歌的で、いいところのようでしたよ。

べつに「効率よりも人情を」って言いたいわけじゃないですけど、一方に効率を追求する社会があるとして、一方にはそうでない社会があるというのもいいもんだなぁと思ったという、まぁその程度の話でしょうか。

いいなぁ、ダージリン・ヒマラヤ鉄道。
いつか行ってみたいなぁ。
のんびり8時間かけてダージリン・ヒマラヤ鉄道に揺られてみたい。

でもって、インド美人と相席できれば言うことなしですよね。
[PR]
by kude104 | 2005-08-25 22:31 | テレビ
「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に(ITmediaニュース)

ブログが、パブリックスペースかプライベートスペースかというのは、なんかけっこう微妙だなぁと思います。
ぼくも、最低限パブリックスペースであるという認識で書いてますけど、でも、ここに書くことがパブリックな自分の公式のコメントである、というところまでの認識はありません。

なんというか、あくまで内輪メインのパーティ会場での歓談くらいのパブリックレベルで、TVカメラの前での公式発表ってレベルではない。

という自分にも降り掛からないとは言えないこの問題。
なので、個人的には、「そんなことで、こんなに騒がなくてもいいじゃないか」って思います。
思いたいし、思って欲しい。

だってさー、そのブログ管理人は、実際に「オタばっかりで怖くてキモイ」って思っちまったんだから、しょうがないじゃない。
もちろん、そのことをバイト中に、客に聞かれるように言ってしまったんなら、そりゃ問題だと思う。
あるいは、それがバイト先のオフィシャルブログだったら、愚かにも程があるって思います。

でも、書いたのは、自分のプライベートブログにでしょ?

うーん、なんていうかなぁ。
バイトが終わって家に帰って、自分のプライベートブログを更新しましょうっていうそんなときにでも、自分はアルバイト先の一員であるという公的意識を持って行動しなきゃならないとしたら、それって窮屈な世の中だなぁと思うのです。

そりゃまあ、まったく無関係ってわけにはいかない、とは思う。
しかも、バイト先のことをネタにするとなれば、当然慎重になって然るべきであると思う。
それはそうなんだけど・・・。

思うに、一番不可思議って言うか、「そういうの、止めにしましょうよ」って思うのは、このブログ管理人の発言について、会社に苦情を言うって行為です。

それについては、このブログ管理人もいけない。
彼(彼女?)がブログを削除するから、行き場を失った怒りの矛先が会社に向かった部分は少なからずあると思う。
もしなにかトラブルが発生したら、自分ひとりできちんと受けとめる。
それが、プライベートブログで書くって事なんじゃないでしょうか。

つまり、「会社の一員としての自覚ある行動を」ってことよりも、やばくなったときにケツまくって逃げなきゃならないようなことは書くなよ、と。
「これに批判が来ても受けとめる」という覚悟をもってお書きなさい、というほうが、プライベートの場にも公的意識を持ち込んでお書きなさいってよりも、住み心地がいいかな・・・と思います。

その一方で、会社に苦情を言いたくなっちゃうひとも、そこはぐっと堪えてちょっと考えてみて欲しい。

そういう心理を拡大すれば、たとえば、日本人が海外で犯罪を犯しましたと。
責められるべきはそのひと個人なのに、「日本人、許すまじ!」みたいに、怒りの矛先がより大きなものに向けられてしまうことになる。
戦争って、こんな感じじゃないですか。

ロザリーを殺されたことで人類皆殺しを決心しちゃうデスピサロとかも、ちょっと待って下さいと言いたくてしょうがない。

個人。
事の発端は、あくまで個人ですから。

あんまり、個人のことまでも会社に管理責任を問うような社会にしてしまうと、息苦しい社会になってしまうと思うけどなぁ。
[PR]
by kude104 | 2005-08-24 23:59 | PC&ネット

高校野球と暴力と

<高校野球>暴力行為の内容に相違 部員の親と学校側(Yahoo!ニュース:毎日新聞)

ぼくは高校野球にほとんど関心がないですし、高校野球をやたらと美しいものとして消費する風潮はどうかと思っているので、この手の騒動も基本的にはあまり関心がない。
ただちょっと「高校野球もいろいろ大変だねぇ」って、皮肉っぽく思ってしまったくらいです。

きっとアレだ。
甲子園で勝つ一番確実な方法は、対戦校の不祥事を暴くことだね。
どこだって、叩けばホコリのひとつやふたつ、必ず見つかるに違いない。

だいたい、血気盛んな男子が数十人もいれば、一人くらいはなんかやらかしているに違いないと思う。
指導者だって聖人君子ってわけにはいかないから、探せばひとつくらい不適切な行動が見つかるんじゃないだろうか。

特に強豪校と呼ばれるところほど、周りのプレッシャーでストレスが溜まるだろうし、いろいろ人間関係も複雑だろうし・・・。

いやまあ、被害者の父親の証言が正しければ、30~40発も殴るって、そりゃちょっと度を越してるけどね。
普通、そんなに殴れるもんじゃないですよ。
しかも、殴ったほうが手の甲を骨折するほど殴るって、狂気の領域だ。
おそらくきっと、“高校野球脳”ですね。

事実関係は分かりませんが、これだけのおおごとになってしまったら、その殴られたという部員が逆恨みされないかと、ちょっと心配ですね。
「アイツが余計なこと言うから・・・」みたいに、ぜったい思っているやついるって。
[PR]
by kude104 | 2005-08-23 22:06 | 時事・社会

これ、すげぇー欲しい!

「ゲームボーイ ミクロ」に“ファミコン”のコントローラ(ITmedia Games)

ほ・・・欲しい!
なんかもう見た瞬間、久々に物欲が刺激されてしまいました。

その理由が「ファミコンちっくなデザインがズドーンと来たから」というもので、これではまんまと任天堂の思うツボです。
ゲームがやりたいというよりも、ただ単にこれを所有したいというだけの衝動。
萌えキャラに釣られて商品買っちゃう人々と、行動原理はまったく同じです。

ちくしょう任天堂め、いいとこ狙ってきやがるぜ。

この調子でさー、次世代機レボリューション(仮)もファミコンちっくなデザインにすればいいのに。
そうしたら、かなり売れると思うけどな。
いやいや、冗談抜きで。

個人的に、ゲームボーイミクロはレボリューションと組み合わせて使うに違いないと読んでいるんで、だったら、このデザインのミクロを出すんなら、ファミコンちっくなレボリューションは必須でしょう。
・・・と、妄想が加速する。

いやあ、それにしても、まさかデザインひとつでこれほど自分のテンションが上がるとはなぁ。
やはり、世の中見た目だ。
少々中身がイマイチでも、見た目良ければ百難隠すってね。

・・・いやだなぁ、人間の話じゃないですよ。
[PR]
by kude104 | 2005-08-22 22:56 | ゲーム