世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こんにゃくゼリー

こんにゃくゼリー「ミニカップ」製造中止も マンナンライフ - MSN産経ニュース

ちくわのように穴をあけるだけで解決しそうな気がするけど、

1)穴をあけてもあまり効果がない。
2)技術的に難しい。
3)コスト的に難しい。

のだろうか。

それにしても、以前もさんざんニュースで騒がれていたのに、未だに不用意に子供にこんにゃくゼリーを食べさせる人がいるというのはどういうことなのだろう。

1)以前騒ぎになったことを知らない。
2)知っているが、危機感足りてない。
3)すっかり忘れていた。

のいずれかだろうか。
商品の袋に「お子様や高齢者の方はたべないでください」という注意書きがなされているらしいけど、基本的に上記三パターンの人間は注意書きなど読まないか、読んでも気にしないから、あまり意味がないのだろうなと思う。
やるのであれば、袋ではなく、容器ひとつひとつの蓋というかフィルムに目立つ表記で「のどに詰まると窒息死します。年寄り子供は食うべからず」くらい書かないと。
これなら、めくる時にいやでも目に入るから。

あとは、容器の大きさを小さくするのではなく、逆に大きくするほうがいいのではないか。
のどに詰まらせるケースでもっとも多そうなのが、容器からゼリーを取り出す際に、口で吸い、その吸引力で取り出すという方法じゃないだろうか。
それで勢い余ってスポンと喉までゼリーが吸い込まれてしまうというパターン。
容器が十分大きければ、口で吸い出そうとしても吸い出せないから、こうした事故は防げるのではないか。
プリンくらい大きければ、スプーンを使って食べるしかないわけで。

ただ、もしかしたら、こんにゃくゼリーの弾力はスプーンを弾いてしまうのかもしれない。
それでプリンのような食べ方を採用することができず、一口サイズにこだわらざるを得ないのではないか。
だとしたら、それほどの弾力を逆手に取るこんなアイデアはどうだろう。
棒アイスクリームのようなスタイルでパッケージングするの。
柔らかい普通のゼリーなら崩れてしまって棒を挿して持って食べることなどできませんが、こんにゃくゼリーならできそうじゃない?
これなら噛みちぎって食べるほかないので、のどに詰まらせる危険性も激減するのではないだろうか。

名づけて、「こんにゃくゼリーバー」。
[PR]
by kude104 | 2008-10-03 19:13 | 時事・社会