世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

崖の上のポニョ

というわけで、無事に「崖の上のポニョ」を観ることができました。
世間ではかなり賛否両論だし、ぼくとしても「はいはい、どうせストーリー破綻してるんでしょ。でもまぁ、イベントものですから」といった感じで軽く考えていたわけですけれども──。

正直すまんかった。

すげぇよ。
これすげぇ。
面白い面白くない、好き嫌いで言うなら、過去の宮崎作品あるいは他の映画でもポニョを超えるものは多々あるだろうけど、「すごい」という点で言うなら、ポニョを超えるあるいは匹敵する作品というものをちょっと思い浮かばない。
宮崎駿の名はまず間違いなく後世の何か──国語なのか社会なのか芸術なのか知らないけど──教科書に載るだろうと思うけど、そのときどれかひとつが彼の代表作として選ばれるとするならば、ナウシカでもラピュタでもトトロでもなく、ポニョだろうと思う。

ストーリー的な面白さでいえば、たしかにラピュタやなんかが上でしょう。
でも、というか、そもそもというか、ポニョは「ストーリーが破綻している」とか、そういったところとはもう別の次元に逝っちゃってる。
ラピュタやナウシカの頃の宮崎さんをハヤオ1.0とすれば、ポニョはハヤオ3.0くらいじゃないだろうか。
もうね、あのひとにトトロやラピュタを重ねて見るのは、「あなた、いつまでそんなところに居るんですか」って感じだと思うのよ。
本人はとっくに3.0まで進んじゃってるよ。

ポニョは、大ざっぱに分類するなら、おとぎ話や童話の類だと思う。
ポニョの物語の理不尽さに対するツッコミというのは、たとえば浦島太郎のお話に「海の中に竜宮城があるなんてありえねー」とか「玉手箱を開けるとジジイになるとか意味わかんねー」などとつっこむようなものじゃないだろうか。
宝島のつもりで浦島太郎を読んで「がっかりした」と言っている人が多いような、そんな印象を受けます。
これはまぁプロモーションの影響もあるのだろうけど、ハヤオと聞けばどうしてもハヤオ1.0を期待してしまうからでもあるんだろうなぁ。

おとぎ話や童話の類なんて、小説として読んだらたいして面白くない。
ポニョもたぶん、小説にしてもたいして面白くないだろう。
でも、その「小説にしてもたいして面白くない」ポニョをアニメーションにしたら、めちゃくちゃ面白い──というのが、たぶんアニメーション監督宮崎駿の真骨頂だろうと思う。
あんな、あっけらかんと彼岸を描いちゃうようなクレイジーなお話を一般向けの娯楽映画としてとにもかくにも成立させてしまう剛腕は、彼以外にいないだろ。
ほんとすごい。

というわけで、ポニョは面白い面白くないということよりも、「何だかわからないけどすごいものを観た」という映画でした。
ぼくの中では、宮崎駿の最高傑作だと思います。

ちなみに、ポニョについての宮崎さんの言葉として、「試写で作品を見た子供たちの反応が全く無く、『子供たちのために作ろうとしたのに空振りだったのか』と落ち込んだ」というものがあります。
思わず「そりゃそうだろ!」とつっこんでしまいますが、これが心底本当に子供たちのために作ろうとしてあれを作っちゃうところが彼の恐ろしいところだと思うのです。
[PR]
by kude104 | 2008-09-02 23:59 | 映画