世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

洋画が不調な理由

洋画離れ止まらず 興行収入4割減少 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

邦画が好調で洋画が不調なんだったら、それは単に、「邦画に持ってかれた」ということじゃないだろうか。

ぼくの場合、今年劇場で観た映画は10本。
内、洋画は3本しか観てない(「ミラクル7号」を入れたら4本だけど)。
ぼくが物心ついた頃なんて、邦画は(個人的には)ぜんっぜん面白くなくて、「洋画しか見ない」と言っても過言ではなかった。
なのに最近じゃ、洋画より邦画のほうが面白そうな作品が多い気がします。

「DVDで済ます」影響は確かに大きかろうと思いますが、それでも邦画は好調だってんなら、魅力的な作品があれば客は来るわけで。
「吹き替えの海外テレビドラマに慣れた若者が、字幕の洋画を嫌っているのでは」という分析がたしかなのであれば、吹き替え版を上映すりゃいいじゃんと思うわけで。
やっぱり、「問題はそういうことじゃないだろ」という気がしてしまいます。

個人的には、公開本数が多くなり、公開から終了までの回転が速くなったことが、ひとつの大きな原因じゃないかと考えます。
劇場で映画を観るというのは、イベントなわけですよ。
単に映画の内容を観たいだけなら、それこそDVDでもいい。
それをわざわざ映画館まで出かけるのは、「劇場で観る」ことにイベント性を感じるからでしょう。

多くの人は、たいてい誰かと観に行くわけだ(ぼくは独りだけど)。
そうすると、「なに観に行く?」とか、「あれ面白そうじゃない?」とか、何を観るか選ぶところからすでにイベントなのです。
ほとんどの人は、ネットで情報集めて面白そうな作品を探して観に行くなんてことはしない。
「話題の映画」を観に行くのです。

で、公開本数が多く、回転が速いとどうなるか。
話題力が低下するんですよ。
本数が多いと、AさんとBさんとCさんが別々の作品を観ちゃうから共通の話題にならない。
回転が速いと、口コミでようやく話題になったころに公開が終了したりする。

邦画が好調なのは、洋画に比べて話題性が高いからだと思います。
洋画に比べて本数が少ないし。
テレビなどでよく宣伝されるし。
ワイドショーやスポーツ紙の芸能ニュースになったりもするもんね。
ハリウッド俳優の誰々が主演というより、日本人俳優の誰々が主演という方が、日本人にとって共通の話題になりやすいし。

そういう意味では、洋画ではピカイチの話題性を持っていたアレこういう展開なのはやっぱりじつに残念だなー。
[PR]
by kude104 | 2008-08-25 22:39 | 映画