世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

結局どう守ればいいのだ、クリエイターの著作権

どう守る? クリエイターの著作権(ITmediaニュース)

「クリエイティブコモンズ」って、著作権者が自身の著作物をどうコントロールするか?という話の中の、「ぼくらは緩いコントロールで行きます」という話だったと思うのですが、違ったかな?

「著作権者の権利を弱める」という話に「クリエイティブコモンズ」を持ってくるのは、ぼくとしてはちょっと違和感があります。
というのも、現行の著作権制度でもクリエイティブコモンズは実施できるわけですから。
正しくは、「著作権者が自身の権利の主張を弱める」という話じゃないのかな、と。

そうではなくて、著作権制度をクリエイティブコモンズのようにしましょうという話なのでしょうか。
・・・というか、そもそもクリエイティブコモンズって制度だったっけか? あれ?

・・・ま、いずれにしても、著作権の話というのはいろいろな問題を孕んでいて興味深いです。

たとえば、「デジタルコンテンツはコピーが容易だから、現行のシステムでは著作権違反を防ぎ切れない」という理由があったときに、「防ぐ技術を開発しよう」とするか「どうせ防ぎ切れないんなら止めちまえ」とするか。
普通に考えれば、前者だよねぇ。

CCCDなんかの場合は、不完全な防止技術によって利用者が必要以上に不利益を被っているところが問題なんですが、それはやっぱり技術の問題で、著作権の問題じゃない。
とはいえ、現実問題として防ぎ切れない以上、システムが成り立たないから変えざるを得ないというのも、筋が通っています。
権利の是非が、テクノロジーによって左右されるというのは面白い。

それとは別に、そもそも著作権としてどこまで保護するか?という問題もあるわけです。

こういったさまざまな問題がごちゃ混ぜになって「著作権問題」として議論されるところが、熱いなぁと思います。
[PR]
by kude104 | 2004-11-08 19:31 | PC&ネット