世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過程は美意識で

過程ばかりを重視してませんか? - 遥か彼方の彼方から

「結果がすべてか、過程が大事か」みたいなお話。
ぼくの答えとしては、「結果は他人のため、過程は自分のため」であると思う。
あるいは、「結果は他人が評価する、過程は自分が評価する」と言っても良い。
意識として、そのように考えておくとよいのではないかと思う。

過程というのは、ある種の美意識だと思う。
結果が同じならラクな過程を選びたいと思うのが人情だけど、そこで、ラクかどうかではなく、面白いかどうか、やりがいがあるかどうかで過程を選ぶ人間でありたい。
過程がのちのち役に立つとか、過程を誰かが評価してくれるとか、そんなことはどーでもいい。
というか、「役に立つ」や「評価される」を考えてしまうと、それは「結果」を求める気持ちになってしまうから。
たとえ役に立たなくても、誰も評価してくれなくても、それでも過程を重んずる心意気というのは、美意識以外にはなかろうて。

それで結果が出せなければ、単なる自己陶酔で終わってしまうのでカッコ悪い。
過程に美意識を込めるからには、結果を出すこと前提でなければならない。
そう思うから、過程を評価してくれとアピールするのは、ちょっとぼくの美意識に反する。
もちろん、他人が勝手に評価してくれるのは大歓迎だけど。

逆に言えば、他人の人となりを評価するには過程を見ろ、ということでもある。
能力の評価は結果で判断すればいいけど、人となりは過程で判断するといいんじゃないかな。
結果だけ出せれば過程なんかどうでもいいって人は、やっぱり「つまんねーヒト」って思っちゃうよね。

勘違いしてはいけないのは、「能力の評価」と「人間性の評価」とは別だということ。
ほとんどの場面で、結果というのは前者、過程というのは後者に関係してくる。
能力の評価で人間性を量ろうとしてはいかんし、人間性の評価を能力の評価に加算してくれと願うのも違う。
このへんをごっちゃにすると、ロクなことにならない。

無難なやり方としては、まずは結果を出すための最短ルートを考える。
あとは、自分の能力と余裕と美意識の許す限りで、その最短ルートをくねくねと面白ルートに延ばしていけばいいんじゃないかな。
[PR]
by kude104 | 2008-06-30 23:58